会社か個人経営、起業するならどちらが幸せ?メリットデメリットのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
103

ネットショップやブログ、投資などは個人でも行うことができる仕事です。ある程度の売上になると従業員を雇い、「会社」として経営する方も多いですが、将来的に「会社経営」と「個人経営」ではどちらが幸せなのでしょうか?二つのメリットデメリットをまとめてみます。

スポンサードリンク


目次

1,会社経営はしがらみが多い
2,人を雇うメリットは?
3,個人は何もかもが自由
4,幸せなのはどっち?
5,まとめ


 

1,会社経営はしがらみが多い

私はネットショップを法人化し、人を雇って数年経ちますが、会社経営のデメリットとしては面倒なことが多いことです。従業員と上手く接しなければいけないし、面倒を見るのも社長の仕事です。

分からないことがあれば、すべて社長に聞いてくるし正直疲れます。

人を雇えば大きな責任が掛かってくる

当たり前ですが従業員を雇っている以上、給料を支払い続けなくてはいけません。会社の状況がどれだけ悪かろうと、給料は払わなければいけないし、すべて社長に圧し掛かってきます。

私も楽観的ですが、こういった状況では眠れない日も出てくるし、日々考えることもあります。普通に働いていることがどれほど気楽か痛感する瞬間ですね。

人を雇うと面倒も多い

人を雇っていれば、面倒なことも増えます。社員同士の仲が悪くなれば、仲裁に入るのは社長の仕事だし、相談事もすべて社長にしてきます。

大きな会社ではそうでもないかもしれませんが、零細企業であればそうなってしまいます。

周りの目を気にする必要がある

社長であれば何をしてもいいし、「自由」と考える人も多いですがそれは少し違います。

確かに従業員が仕事をしている時に旅行に行っても、誰も文句は言いません。言わないというより、言えないんですね。

これは典型的なダメ社長のパターンで、大抵会社の業績は悪くなります。社長が頑張っていないのに、社員が仕事を頑張りますか?

トップに立つということは従業員から尊敬されなくてはいけなくて、実は「自由」とは程遠い職業なんです。

 

2,人を雇うメリットは?

人を雇うメリットとは一体何なのでしょうか?まず挙げられるのが、「作業が捗る」ということでしょうか。仕事のできる従業員であれば、社長ほどではなくてもそれに匹敵する作業量をこなします。

間違い無く給料以上の働きをしてくれるので、会社には大きく貢献していると言えるでしょう。こういった社員が数人いれば、会社は成長しやすいです。

仲間ができる

私も個人経営が長いので、一人で起業して一人で仕事をすることの「孤独」は分かります。毎日もくもくと作業をする必要があるので、人によっては耐えられないかもしれません。

私の場合は作業に没頭するタイプなので、そこまで苦痛ではなかったですが、ふとしたときに「孤独」を感じる時はありましたね。

従業員がいれば休憩で会話を楽しむことも出来るし、一緒にご飯へ行く事だってできます。従業員と上手に接している社長だと、毎年会社で海外旅行など行く方もいます。

これは性格が大きく関係しています。社交的であれば会社に仲間がいることのメリットは大きいです。しかし社交的でない場合は、人と働くことが逆にストレスになるかもしれません。

 

スポンサードリンク

3,個人は何もかもが自由

個人で会社経営をしていれば、何をしても許されます。業績さえ落とさなければ、どれだけ旅行に行ってもいいし、本当の自由です。

ただし誰も作業をしてくれないので、自分自身がすべての作業をしなくてはいけません。

仕事次第で自由度が変わる

個人経営で自由な生活を手に入れようと思うなら、仕事の内容は吟味する必要があります。例えばネットショップの場合は、顧客対応や出荷作業などが毎日あります。

ですので平日は基本的に拘束されるし、休みは土日だけで普通のサラリーマンと大して変わりません。しかしアフィリエイターや投資家であれば、作業さえ終了すれば後は自由です。

さらにパソコン一台で仕事ができるので、旅先で働いていてもいい訳です。

※関連記事
⇒投資家になって自由なデュアルライフを手に入れる

 

4,幸せなのはどっち?

従業員を連れて会社経営をするか、一人で自由に伸び伸びと個人経営をするか。一体どちらが幸せなのでしょうか?

これはその人次第だと思います。「会社を作って仲間と大きな事をしたい!」と考えているのであれば、間違いなく人を雇う必要があります。

逆に家族との時間を好きなだけ取れるような、自由な生活を求めているのであれば「個人経営」がおすすめです。ただし「アフィリエイター」や「投資家」など、仕事の内容は限られてきます。

どうなりたいかを考えよう

もし起業前であれば、「将来自分がどうなりたいか?」を真剣に考えてみて下さい。起業も大きな分かれ道ですが、それと同じくらい人を雇うのも大きな分かれ道です。

従業員が10人、20人になってから、やっぱり疲れるから一人でやりたい・・このように考えても戻ることはできません。従業員を雇って大きな会社にする決断ができていないのであれば、一人でやるかパートやアルバイトを雇うことをオススメします。

 

5,まとめ

起業するのなら「個人経営」を貫くのか、「会社経営」にするのか決めなくてはいけません。どちらも「社長」という立場に変わりはありませんが、将来のライフスタイルを比べると大きく違ってきます。

自分がなりたい方を選び、後悔のない人生を送りましょう。



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*