仕事が出来ない人の特徴!原因や改善する方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ThinkstockPhotos-501332192

会社で一緒に働いていて、「この人仕事できないなー!」などと感じたことはありませんか?これは誰しもが一度は経験のあることで、逆に言えば同じように思われている可能性だってあるのです。今回は「仕事が出来ない人の特徴」についてまとめてみます。

スポンサードリンク


目次

1,言われた事をやるだけの人
2,長時間働けば評価が上がると勘違いしている
3,自意識過剰やプライドが高い人
4,仕事に対する責任感がない人
5,理解していないのに知ったかぶりをする
6,人に合わせることができない
7,仕事が丁寧すぎる人
8,仕事の優先順位がつけれない人
9,人のミスばかり指摘する人
10,メモを取らず何度も聞いてくる人
11,休憩が長い人
12,仕事が出来ない人は資格に頼ろうとする
13,自分に合った仕事を選べていない
14,まとめ


 

1,言われた事をやるだけの人

仕事をしていれば、必ず上司が存在して仕事で支持を受けます。入社間もない頃であれば、ただ従っていればいいのですが、数年同じ場所に勤務しており、上司が言った事だけやっていては「仕事ができない奴」と思われてしまいます。

先を見通して仕事をする

言われた通りにしか行動しない人は、「自分で物事を考える」ということを一切しません。ですので上司からすれば、仕事を任せることがいつまで経ってもできないし、一生言う事を聞くだけの「部下」という存在から変わりません。

逆に自分で先を見越して動ける人物は、それが間違った行動でなければ、上司も職場を任せられるし出世することも可能です。

出来る人間は聞く、出来ない人間は何もしない

先を見越して動くにしても判断に困る時ってありますよね?ヘタに動いて上司に怒られるのも嫌だし、どうするべきか迷います。

こういった時に仕事が出来ない人の特徴としては、「怒られるのが嫌だから動かない。」こう考えてしまいます。

逆に仕事が出来る人は、「分からないからとりあえず聞いてみる!」このような思考が生まれる訳です。

仮にそれが間違った行動であっても、そこで知ることができるし仕事の面でも成長できます。しかし聞きもしないと、それが正しい行動かも分からないままなので、いつまで経っても仕事の面で成長がありません。

仕事について質問すると評価も高くなる

分からない事を聞くことは上司の評価へと繋がります。いつも同じことばかり聞いていてはダメですが、判断に迷った時は上司に判断を委ねましょう。

「分からない事を聞く」という行動は、やる気がある証だし上司からの評価は必ず上がります。

 

2,長時間働けば評価が上がると勘違いしている

「今日は4時間残業しました!」

このように自信満々に言っている人は、「自分は仕事ができない」と言っているようなものです。確かに仕事の内容を理解していない人から見れば、「長時間働いている=頑張っている」と勘違いしてしまいます。

しかし普通の会社であれば、部下を評価するのはその仕事内容を理解している上司である場合がほとんどです。長時間労働をして、それだけの成果が上がっていればいいですが、他の人と実際行っている仕事の量が変わらなければ、それは「ただ仕事が出来ない人」ということになってしまいます。

 

スポンサードリンク

3,自意識過剰やプライドが高い人

「自分は仕事ができる!」このように自意識過剰な人は、実際仕事ができない場合とても迷惑な存在になります。自分はできると勘違いしているため、ミスをしても認めないし変にプライドが高い場合がほとんど。

この手の人は上司からも嫌われやすいし、とっても扱いづらい傾向があります。注意してもいい訳ばかりして、自分の非を認めようとしません。

 

4,仕事に対する責任感がない人

責任感がない人は仕事が出来ない人の特徴とも言えます。まず責任感がないとリスクやミスに対して危機感がないため、何度も同じようなミスを繰り返します。

上司に怒られてもすぐに忘れてしまい、また同じようなミスを繰り返します。仕事ができる人間であれば、一度注意されたら「次からはミスはできない。」このように考えますよね。

しかし仕事が出来ない人は「面倒くさい」「分かっているよ」などと反省がなく、成長が全く見られません。

上司にも存在する

一番厄介なのは、責任感がない上司です。仕事をすべて部下になすりつけ、ミスをしたらその部下を怒鳴るだけです。自分は一切責任のある仕事を受け持たず、常に大事な仕事を避けようとしています。

最初は一生懸命働いて出世した人でも、役職などがつくと怠慢になりこういった症状が現れます。周りから嫌われるし、部下は誰も付いてこなくなるので早く直すべきですね。

時間通りにあがってしまう

仕事に責任感のない人は、「定時になったら必ず帰宅する」という特徴もあります。仕事が遅れていようが、勤務時間以外では働く気がなく、完全にプライベートを優先してしまいます。

仕事に責任感がある人間であれば、残業などで補うのが普通です。

 

5,理解していないのに知ったかぶりをする

仕事が出来ない人の特徴の1つに、「知ったかぶり」があります。実際はちゃんと理解できていないのに、適当に解釈して仕事をしてしまう。

これの背景には「賢いと思われたい」という浅はかな考えが先行してしまっていることが原因となっています。何度も聞くと理解力がないと思われるため、すぐに分かったような”フリ”をしてしまいます。

大きなミスをしやすい

知ったかぶりをする人の場合、どこかで大きなミスをする可能性が高いです。理解せずに仕事をしているので、非常に危険だし仕事内容によっては怪我などに繋がることもあります。

こういった人は地道に出世していても、どこかで一気に転落する可能性があるので注意しましょう。仕事に対して理解できていなければ、しっかり”聞く”ことも仕事の一部です。

 

6,人に合わせることができない

仕事をする場合はよっぽどの零細企業でもない限り、他の人との共同作業になります。実際仕事がいくらできても、周囲に合わせることが出来なければ、その人は「仕事が出来ない!」と位置づけられてしまいます。

ルールを守らないといけない

会社で働く場合は、会社のルールに沿って仕事をする必要があります。当然「ここは無駄な時間だな・・・」「こうすればもっと効率いいのに・・」このように感じることはあると思います。

しかしルールを破って自分のやりたいように仕事をしてしまうと、上司からは怒られるし評価が下がることは間違いありません。

会社のルールを守れない人は出世できない

仕事が出来る人にありがちなのが、「ルールを無視して効率よく仕事をする」といった行動をとること。確かにこれによって作業は捗るかもしれません。しかしルールを無視すると、周りも真似するし、結果的に会社にとっては利益を生み出さない人間とみなされます。

まずは聞く癖をつけよう

何か改善点があれば、とりあえず上司に相談することが大切です。ルールを破ってまで効率化を図ってしまうと、上から嫌われて「使えない奴」と思われます。

しかし「こうした方が効率よくならないですかね?」などと相談してみれば、「会社の事を考えている」「仕事が出来る奴」と思ってもらえます。

 

7,仕事が丁寧すぎる人

仕事を丁寧にやることは大切ですが、丁寧すぎると逆に仕事の効率が悪くなってしまいます。仕事のスピードが遅い人はまさに仕事が出来ない人の特徴そのものだと言えますよね。

「スピード」は仕事を行うにあたり、重要項目となります。社会では利益を追求しなければいけないので、何でもかんでも丁寧にやればいいという訳ではありません。

8割の力でスピードを意識する

すべての仕事内容を完璧にこなそうと思ったら、それこそ時間が何時間あっても足りません。そうでなく8割の完成で、スピーディーにこなすのが「仕事が出来る」と思わせられる働き方です。

上手く力を抜くことで、仕事が次々こなせるようになります。この感覚を身につけると、上司からの評価も高くなり出世しやすくなります。

 

8,仕事の優先順位がつけれない人

「仕事の優先順位が付けられない人」これも仕事が出来ない人の特徴です。

仕事には必ず優先順位が存在します。これを考えずに目の前にある作業を行ってしまうと、作業効率が悪くなり仕事が捗らなくなります。

(例)クレームが出た場合

例えば仕事をしていて、お客さんからクレームが出たとします。それと同時に上司から急ぎで仕事をお願いされていました。さてどちらを優先するでしょうか?

おそらく仕事が出来ない人は、上司からの仕事を優先するでしょう。なぜか理由を聞けば、「この仕事を最優先でお願いされたから・・・」このように答えるはずです。

普通に考えれば、「お客さんのクレーム対応」は何よりも優先して行わなければいけません。こういった「何を優先しなければいけないか?」を理解できていないと、いつまで経っても仕事が出来る人間にはなれません。

 

9,人のミスばかり指摘する人

仕事場に、人の落ち度やミスを見つけるのが生きがいになっている人はいませんか?これも仕事が出来ない人の特徴です。

仕事ができる人間は、人のミスを見かけたら、それを改善できるようにサポートや注意をしてくれます。しかし仕事が出来ない人間は、とりあえずその人の評価や立場を落とすために、ガンガンピンポイントで攻撃してきます。


「○○○さんまた間違えたの?いつになったら覚えてくれるの?」
「ここ間違えたでしょ?しっかりしてよ。」

こういった注意の仕方では、ミスをした人も改善できないし苛立ちを覚えるだけです。結果として周りに人間が育たなくなり、注意した人も仕事ができない人となります。

 

10,メモを取らず何度も聞いてくる人

これから働こうと思っている若い世代の人であれば、必ず「メモ」を取るように心がけてください。記憶力に自信があるのか、メモを取るのが面倒なのか、教えられた事を書き留めない人がいます。

そして必ずと言っていいほど、教えた事を後から聞きなおしてきます。

どの会社でもこういった人は「仕事が出来ない人間」として扱われてしまうので、新入社員であればメモを取る癖をつけておきましょう。

それだけでも、「しっかりしてそう」「成長しそう」と上司は感じるので、ポイントが上がりますよ。

 

11,休憩が長い人

休憩が長い人は仕事が出来ないことと直結はしません。しかしこういった行動を取っていると、上司からは嫌われるし結果的に出世することが難しくなります。

日本は特に時間に厳しい

海外のIT会社などであれば、少し休憩が遅れた所で仕事さえしっかりしていれば文句は言われません。しかし日本は時間にはとても厳しく、いくら仕事ができても時間が守れないやつは評価されない、といった考え方が根付いています。

日本でも若手のIT会社などであれば、考えは変わりつつありますが、従来の古い会社であれば時間には厳しいです。

休憩時間を守ったり、遅刻をしないことで上司への評価へと繋がります。

 

12,仕事が出来ない人は資格に頼ろうとする

仕事が出来ない人の特徴の1つに、「資格を無駄に取る」といった行動があります。とりあえず資格を持っていれば安心するのか、関係のない資格まで取ろうとします。

仕事で大切なのは内容

仕事ができる、出来ないの判断基準は、その仕事内容にあります。どれだけ資格を持っていようが、どれだけ休日出勤しようが、行った仕事内容が大したことなければ上司から評価されることはありません。

 

13,自分に合った仕事を選べていない

仕事が出来る人の特徴に、「自分に合った仕事を選べている」というのがあります。人にはそれぞれ性格や能力があります。自分自身と全く合わないことをしていれば、それは仕事が上手くいかないのも当然ですよね。

しかし意外と「自分に合った仕事を見つける」というのは難しいものです。

 

リクナビネクストに登録する

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


 

リクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】


 

MIDASで仕事の面接オファーを受け取る

MIIDAS(ミーダス)で無料登録を行えば、自分の適正に合った「仕事の面接オファー」を受け取ることができます。

自分の適性を入力するだけで、自分に合った就職先を探してくれるので助かります。さらに自分の市場価値やおおよその年収も知ることができます。5分で出来る無料診断なので、試してみるだけでも楽しいですよ。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!


 

14,まとめ

以上です!今回は仕事が出来ない人の特徴や、改善する方法などについて説明しました!仕事が出来ない人の原因は様々ですが、一番もったいないのは「自分に合った仕事を見つけられていないこと」です。

まず仕事が合っていないと、頑張ろうという気になれないし、仕事に意欲が湧きません。仕事をしている時間は人生の大半を占めます。せっかくなら自分の適性を知って、自分が活躍できる仕事を見つけましょうね。

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*