もう嫌だ!苦手な上司との接し方や付き合い方は?転職の前に対策を考えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
img_1b330e8433d5e1ed4b45bef9a685727592607

嫌な上司にあたってしまうと、仕事が本当に苦痛になりますよね。毎日嫌味を言われて、いつ仕事を転職しようかと悩んでいる・・・こんなサラリーマンは大勢いるはずです。今回は転職する前に一度考えて欲しい、苦手な上司と上手に接する方法についてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク


目次

1,尊敬できる所を探してみる
2,言葉で感謝の気持ちを伝える
3,自分の考えを言ってみよう
4,旅行に言ったらお土産を買ってみる
5,自分ではなく上司に手柄を渡す
6,上司はそういうものと割り切る
7,お酒を一緒に飲んでみる
8,上司側に立つよう心がける
9,生理的に無理であれば距離をとって接する
10,自分の成長に繋げる
11,仕事場の異動を申し出る
12,転職を考えてみる
13,自分の市場価値を知ろう
14,まとめ


 

1,尊敬できる所を探してみる

「もう無理!あんな上司の下では働けない!」

このように感じているならば、上司に対しての見方を変える必要があります。上司の嫌な部分ばかり見ていても、もっと嫌いになるだけだし居心地はどんどん悪くなる一方です。

そんな時は上司の「尊敬できる面」に注目してみましょう。

性格は悪いが仕事はできる

よく上司にいるのが、部下に対して性格が物凄く悪いけど、仕事はできるといった人です。仕事ができるせいで部下を下に見てしまう傾向があり、結果的に性格に難が出てしまいます。

考えてみて下さい。一番仕事ができると、どうしても人に頼られるしストレスがたまるものです。自分より仕事ができない人に対しては、「もっと考えろよ!」とイライラをぶつけてしまうし、優しくしてあげる余裕は生まれません。

尊敬することで苦手を克服できる

「尊敬」という感情を抱くと、それだけで相手を敬うようになります。嫌いな上司であったとしても、相手の長所を1つだけでもいいので探して尊敬してみましょう。

「性格は悪いけど、こんなに仕事できるんだな。自分も同じくらい仕事ができるように頑張ろう!」

尊敬することで上司に対しての苦手意識は克服されることがあります。相手のためではなく自分のために、相手の長所を探してみましょう。

 

2,言葉で感謝の気持ちを伝える

職場で上司との関係性が悪い場合の原因は、お互いに相手のことを理解していないことが多いです。

お互いに嫌いあっていると勘違いしてしまい、それがさらに溝を深めて関係性を悪化させてしまいます。そのような時はこちらから感謝の気持ちや、尊敬などを言葉で表してやると改善する場合があります。

部下「今日は仕事の確認してもらってありがとうございます。やっぱり○○○さん(上司の名前)は仕事が早いですね!」

こういった言葉をかけられると、どんな上司であっても気分はよくなるものです。「こんなこと考えていたのか。」「こいつはいい奴だな。」などと部下に対する見方も変わってくるので、積極的に褒め言葉や感謝の気持ちを伝えてみましょう。

 

スポンサードリンク

3,自分の考えを言ってみよう

上司が部下に苛立ちを覚える原因を知ることが、関係性をよくする対策に繋がります。

上司は仕事ができない部下のことが嫌いです。これはほとんどの場合自分で解決しようとしない姿勢に苛立っていることが多いです。

何かある度に上司に任せていませんか?

自分の仕事内容を振り返ってみて下さい。

問題が起きた時や、困った時にすべて上司に仕事を任せていませんか?会社に入ったばかりならしょうがないですが、数年経っても同じ状態であれば上司が苛立つのも無理はありません。

上司に相談するにしても、「不具合が起きたので、プランBに変更して対応してみようと思うのですが問題ありませんか?」このように「相談+自分の意見を言う」といった形で報告をして下さい。

そうすれば仕事について考えていることが分かるし、上司は部下に腹をたてたりしません。

 

4,旅行に言ったらお土産を買ってみる

小さなことですが、上司に単独でお土産を買うことはとても有効的です。お土産をもらえば上司も「自分のためにわざわざ申し訳ないな。」という感情が働き、部下に強く当たれなくなります。

「媚を売る」というと聞こえが悪いですが、こういった上手な付き合い方は社会では必要な力となります。ただ仕事ができても人付き合いがヘタであれば、出世する事ができないしいつまで経っても平社員のままです。

上司との上手な付き合い方を学んで、まずは上司に好かれることに力を入れましょう。

 

5,自分ではなく上司に手柄を渡す

出世を考えている場合、何か仕事で成功したらそれを自分の手柄にして周りにアピールしますよね?しかしそれでは上司を敵に回すだけだし、出世には効果的とは言えません。

上司を立てることが大切

手柄は自分のものにするのではなく、上司のものにするのがオススメです。上司は手柄をもらえば気分がよくなるし、部下のことを評価します。

これによって上司には好かれるし、上司からの評価も上がります。一見すると手柄を渡すことは不利益に感じますが、実は「上司の評価」と「上司に好かれる」といった二つのメリットが得られます。

何か成果をあげたなら、「○○○さんがサポートしてくれたからです。」「○○○さんの教えがよかったからです。」などと上司を立ててみて下さい。

 

6,上司はそういうものと割り切る

一般的な仕事上の上司であれば、厳しいしキツイことも言われるものです。「自分だけがそう」と考えずに、「上司とはそういうもの。」と割り切ってしまう方が楽になります。

無理に接し方を考えるのではなく、今まで通りの接し方で「考え方」を変えてみましょう。

考え方次第で楽になる

「あの人が嫌い、あの人と一緒に居るのが苦痛だ。」

このように考えていると、だんだんイライラしてくるし上司と接する度に気分が悪くなってしまいます。そうではなく、「上司とはこういうもの、部下に不条理に怒るのが当たり前。」と考えられるようにすれば、そこまで悩むこともなくなります。

”接し方”ではなく、”考え方”を改めてみるのも改善の方法の1つです。

 

7,お酒を一緒に飲んでみる

会社では”上司と部下”という関係性でも、お酒の席では距離感がグッと近づきます。自分の思っていることやプライベートを話すことができるし、聞くこともできます。

それまで会話がなく上司との関係性が悪かったとしても、「お酒の席で一緒になってから、二人で飲みにいくほど仲良くなった!」

こういった事例も聞いたことがあります。

一歩踏み込んでみよう

嫌いな上司とお酒を飲むなんて、できれば避けたいですよね。しかしそれでは何も変わりません。相手の懐に一歩踏み込むことで、お互いのことを知って関係を改善してください。

上司も一緒に飲んでくれる部下ができたら、間違い無く可愛がってくれるし出世にも近づくことができます。

 

8,上司側に立つよう心がける

常に上司の側にいる平社員の人は、上司に好かれやすいです。あえて同じ平社員と一緒に行動するのではなく、上司と行動するように心がけている人ですね。


・課長といつも一緒に居る平社員
・平社員で固まっている人たち

同じ平社員であっても、管理職や上司側と一緒に行動をしていると、上の人から好かれるし出世にも近づけます。

同僚でなく上司の評価を最優先する

上司の側にいると、周りの同僚からはもちろん冷めた目で見られます。しかしそういった人だけが上司との関係を円滑に進められるし、上にいくこともできます。

平社員同士で固まっている人たちは、いつまで経っても何も変わりません。そういった人たちは管理職の人から嫌われるし、仲良くなることもできません。

同僚の目ではなく上司と親密になるために、常に上司側に立つよう心がけてみましょう。

 

9,生理的に無理であれば距離をとって接する


「上司との接し方云々ではなく、もう会話することすら辛い!」

このように感じているのであれば、できるだけ距離をとって行動するしかありません。無駄な会話をせずに最低限の仕事の話をして切り上げましょう。

感情を出さずに接する

喜怒哀楽を出した接し方は、上司との距離を近づける原因にもなります。生理的に無理な上司であれば、たんたんと感情を出さずに接するのがおすすめ。

仕事の会話を敬語で話し、それ以上のことは話さないでおきましょう。

出世はない

このような接し方をしていれば、上司との時間を極力減らすことができます。しかし上司に好かれることはなく、溝は深まる一方なので出世などは期待できません。

「とりあえず今の職場でこのまま平穏に働きたい。」

このような考えであれば、上司と距離をとって働いてもいいと思います。しかし給料アップや出世などを考えているのであれば、このような接し方は辞めるべきだといえます。

新しい職場への転職を探した方が、幸せになれるかもしれません。

 

10,自分の成長に繋げる

嫌な上司と接するのは、苦痛以外何もありません。しかしそれを自分の成長へと結びつけることもできます。


「自分が上司になったらこんな言い方は絶対にしないでおこう。」

こういった自分が感じた嫌なことを、自分の成長に役立てるようにしましょう。そうすることで自分が同じ立場になった時に、嫌な上司にならずに済みます。

 

11,仕事場の異動を申し出る

どうしても上司と一緒に仕事をすることが苦痛であれば、社内での異動を申し出るのも1つの対策です。大きい会社であれば相談する場所があったりもするので、そういった場所で話を聞いてもらいましょう。


「正当な評価を受けられない。」
「パワハラにあっている。」

などのように話をしてみると、内容によっては異動させてくれるかもしれません。ただし「面倒な人間」といったレッテルを社内で貼られる可能性もあるし、上司に異動を申し出ていることがバレる可能性もあるので慎重に行ってください。

 

12,転職を考えてみる

もし何をしても解決しないし、仕事場でストレスがたまる一方な場合は「転職」も視野に入れてみましょう。

「転職」と聞くと面倒で大変に聞こえますよね。

しかし、「やめてよかった」「なぜもっと早くに転職しなかったのだろう」このような声も実は多いです。

転職するなら自分に合った仕事を見つける

仕事が上手くいかないのは、根本的にはその仕事が好きでない可能性が高いです。好きな仕事であれば頑張れるし、努力しようと考えます。

あまり意欲のわかない仕事であれば、小さなことでも辛く感じてしまうし、前向きに仕事に臨めなくなります。

 

13,自分の市場価値を知ろう

自分に合った仕事を探すのって大変です。しかしネット上で行える無料診断を受ければ、自分の市場価値を知ってどのような仕事に向いているかなどが分かります。

さらに自分のデータに対して、どういった転職のオーファーが来るのかも確認できます。

 

MIDASで仕事の面接オファーを受け取る

MIIDAS(ミーダス)で無料登録を行えば、自分の適正に合った「仕事の面接オファー」を受け取ることができます。

自分の適性を入力するだけで、自分に合った就職先を探してくれるので助かります。さらに自分の市場価値やおおよその年収も知ることができます。5分で出来る無料診断なので、試してみるだけでも楽しいですよ。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!


 

リクナビネクストに登録する

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


 

リクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】


 

14,まとめ

以上です。今回は、苦手な上司との接し方や付き合い方についてご説明しました。転職する前にまずは改善することができるか、様々な対策を練ってみましょう。

それでもダメなら転職であったり、社内異動など上司から離れることを考えてみて下さい。転職してよかったと感じている人は意外と多いです。

ストレスで体に負担が掛かったり、どうしても今の上司と噛み合わないのであれば、早めに自分に合った仕事を探した方がいいですね。

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*