ネットショップやオークションで売れるもの(商品)って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
1

ネットショップやオークションを始める場合、一番悩むのが商品選びです。
これはかなり重要で最初からつまづくと、努力が無駄になってしまう可能性があります。

「ショップが出来上がり商品もたくさん仕入れたけど、商品選びが間違っていた」なんてことになったら最悪ですよね?

スポンサードリンク

これを防ぐには最初から過剰な仕入れをやめましょう。
当たりを見ながら少しずつ試して行くのが大事です。

私は仕事柄いろんな販売者の方を見ています。

ここの商品はネットショップやオークションで売れる売れないなど、目利きはある程度ついています。
「その中で今回はどういった商品が今後ネットショップで売れるのか」を解説します。


目次

1,今後一番売れるものはオリジナル商品
2,ネットショップで売れない、売りづらい商品は?
3,ありふれた商品でもダーゲットを絞れば売りやすくなる
4,まとめ


  

1,今後一番売れるものはオリジナル商品

量産可能なオリジナル商品が強い

ネットショップやオークションで、今後一番売れるのは間違い無くオリジナル商品です。

さらに量産できるオリジナル商品であれば最強だと思います。ハンドメイド等も強いのですが、量産性がないと大きな売上は作れません。

「独自の商品を作って、売れれば追加で生産する」こういったやり方が一番稼げます。ただ商品のバッティング(同じ商品が出回っている)があると危険です。

安く作っても値段競争に巻き込まれ、薄利多売になり利益が全く出ないです。
「量産が可能で、他では売っていない商品」これが一番いいですね。

※関連記事
⇒ネットショップの仕入れサイトや卸サイトを大公開!アパレル、雑貨etc・・

 

真似されやすい商品はよくない

一度ヒット商品を生み出すと、間違い無く他社が「マネ」をしてきます。
そこで簡単にマネされる商品だと、すぐみウマミがなくなり商品は埋もれて行きます。

長く売り続けようと思うなら、マネできない商品を考えましょう。
ハンドメイドのものは最初はオリジナルアイテムなのでいいのですが、売れれば他社が同じものを海外で大量生産するでしょう。

アパレルや雑貨もそうですが、最近では意外と簡単に作れちゃいます。
アパレルでよくやるやり方は売れている商品を1点購入して、そのまま中国に送って同じものを作ってくれ、というやり方です。

しかし真似されない商品もあります。
私が知っている会社であるのは、スクリーンのようなものを売っている会社です。

作ろうと思えば他社でも作れるでしょうが、技術が必要なのでマネされにくいです。
こういった「簡単には真似できない商品」を見つけれると強いですね。

  

2,ネットショップで売れない、売りづらい商品は?

型番商品は売るのが難しい

ネットショップで売りづらいものは、型番系の商品です。
電化製品がいい例ですが商品名のところに型番も載っています。

型番が載っていれば型番での検索が可能になり、価格の安いものに自然とお客さんが集まります。
こういった製品は大型店舗が独占しており、価格で太刀打ちできません。

個人で始める場合は手を出さないでおきましょう。
他にもパット見で同一商品とわかりやすいもの。

最近では検索の精度上がっており、さらにユーザーも買い物に慣れてます。
大抵は同じ商品で安い店舗がないか調べてから購入します。

全く同じ画像で値段が安いものであれば、間違い無くそちらから買いますよね?

 

利益率が悪い商品は後から大変

利益率が悪いものもよくないです。
目安としては50%くらいは利益率がほしいですね。

販売するとわかるのですが、広告費やモールに支払う手数料など経費がかなり掛かります。
売れる商品が決まってからでは遅いので、商品選定の時点である程度利益率のいいものを選びましょう。

最初は利益率はそこまで気にならないかもしれませんが、ある程度売れてくると経営を圧迫します。

  

スポンサードリンク

3,ありふれた商品でもダーゲットを絞れば売りやすくなる

ターゲットを変える

あまり他で取り扱っていなくて需要がある商品がベストですが、正直探すのが難しいです。
そういう場合は商品の違ったアプローチ方法を仕掛けるのもありです。

例えば商品で男性用の白いシャツがあるとします。
ネットショップを見ていると、同じ商品をどこのお店もさわやかな若い男性が着用した写真で販売されています。

あえてそこで若いモデルを使うのではなく、ワイルドな中年のオジサンをモデルにしてみたらどうでしょう?
もちろん若い男性からの購入はなくなります。

しかし白いシャツを探している中年の男性ならば、モデルに親近感を覚え購入する人は間違いなくいます。
このように同じ商品でもターゲット層を変えれば、価格競争に巻き込まれず販売することができます。

この場合は特定のジャンルのお店を作ることが大事で、他店舗であまり見かけないジャンルのお店を作りましょう。
「大きいサイズ専門のギャル服」などはうまくニッチな層を狙っていますね。

扱っているアイテム自体はどこにでもあるギャル服です。
しかしサイズが大きいものだけに特化して、特定のお客さんを囲い込めているいい例です。

  

4,まとめ

ネットショップやオークションでは「見つからないものはない」というくらい物が溢れています。
しかしそれで全てのお客さんが満足しているかと言うと違います。

もちろんまだまだ供給されていないものもあるし、満足いく商品を購入できていない方もいます。

「同じものでもっとサイズが小さいものが欲しい」
「検索をかけてもマニアックすぎて欲しいものが出てこなし」

など供給過多と言われる現代でも、まだまだ狙える商品はたくさんあります。
先ほど記述したお店のジャンルを絞りこむというのも、戦略として大事です。

少し考えたくらいでアイディアは浮かびませんが、真剣に四六時中考えていれば何かかしら思いつくはずです。
簡単ではないですがネットショップやオークションで物を販売するならば、もっとも重要なことです。

 

ネットショップ出店なら楽天がオススメ!

楽天はECモールの中でも最大級の規模です。ネットショップを出店するなら、楽天は一番オススメです。資料請求は無料なので、一度料金や体制を確認してみましょう。

⇒【楽天市場】出店案内はこちら


 

ネットショッピングの仕入先はネッシーがオススメ!

ネットショッピングを運営するなら、「ネッシー」での仕入れをオススメします。
業界最大手で、ジャンルを問わず様々な商品を仕入れることが可能です。
費用は一切掛からず、開業前でも使えるのが嬉しいですね。無料会員登録すれば、商品の仕入れ価格が見れるようになります。

ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)


 

服の仕入れやオリジナルブランドを作るならイチオクネット!

イチオクネットはアパレル系に特化されたの仕入れサイトです。レディースメインですがメンズもあり、オリジナル商品の作成なども行ってくれます。登録は無料なので是非活用してください。

・アパレル仕入れならイチオクネット!





「Wowma!ワウマ」に無料出店しよう!

ワウマは現在急成長しているショッピングモールの1つ。初期費用や月額手数料が無料なので、ネットショップを運営しているのであれば出店するべきです。

【※今なら出店無料】

KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*