【サザエさん症候群】月曜の仕事が憂鬱・・・対処法や解決策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
man-2734073_960_720

日本人のサラリーマンは、「サザエさん症候群」に掛かる方が多いと言われています。働く時間が長い日本だからこそ、休日の次の日の月曜の仕事には出たくないと感じてしまいます。今回は、月曜に仕事に行きたくないと感じた場合の対処法や解決策をご提案いたします。

スポンサードリンク

目次

1,サザエさん症候群とは?
2,対処法や解決策は?
3,仕事に対する意識を変えることが大切
4,まとめ

 

1,サザエさん症候群とは?

サザエさん症候群とは、日曜の夜のテレビ番組「サザエさん」を見ると、次の日の仕事の事を考えてしまい、憂鬱になる現象の事を指します。

サラリーマンなどの会社勤めの方であれば、土日は休んで月曜から仕事が始まることが多いです。こういった会社勤めをされている方に起きる、精神的ストレスが「サザエさん症候群」です。

「ブルーマンデー症候群」などとも呼ばれており、ひどい方ですと、“うつ病を発する”など深刻な事態を招く場合もあります。

 

2,対処法や解決策は?

何も考えずに毎日を繰り返していては、月曜の仕事に対しての憂鬱な気持ちを取り除くことはできません。しっかりとした「対処法」や「解決策」を実践していくことで、サザエさん症候群になる気持ちを和らげることができます。

 

日曜も適度に働く

土日に完全にオフモードにしてしまうと、月曜の仕事が憂鬱になったり面倒な気持ちになってしまいます。例えば日曜の夜に、月曜の仕事を少しでも進めておくと多少はサザエさん症候群が改善されます。

これは何も長く仕事をする必要はありません。日曜の夜に30分程度、月曜にするべき仕事に着手しておく程度でOKです。

休みの内に少しでも仕事に慣れておくことで、月曜の仕事に対しての嫌な気持ちを取り除くことができます。

 

仕事場で何でも話せる友人を作る

仕事場での大きなストレスも仕事に行きたくない原因になります。特に「人間関係」です。仕事場で何でも話せる同僚がいないと、ストレスが溜まるし仕事に行きたくないと強く感じてしまいます。

これを改善するには、仕事場に1人でも信頼できる仲間を作っておくことです。上司の悪口や仕事に対する不満など、何でも話せる同僚が1人いると、それだけで仕事場に行くのが辛くなくなります。

そういった仲間がたくさんいることに越した事はないですが、まずは1人信頼出来る仲間を作りましょう。1人何でも話せる仲間がいるだけで、仕事場での居心地は大きく変わってきます。

 

月曜の仕事は簡単なものにする

月曜にプレゼンなどの大きな仕事を入れてしまうと、それこそサザエさん症候群が悪化するし日曜日が憂鬱になってしまいます。

月曜は最低限のやらなければいけない仕事に着手して、普段の仕事量の7割程度に抑えておきましょう。これをルーティン化して、「月曜の仕事は楽」と頭に埋め込むことができれば、日曜の夜や月曜の朝に”憂鬱”になることを防ぐことができます。

何でもそうですが、やり始めは面倒であったり億劫に感じてしまいます。しかしやり始めればすぐに切替ができて、いつも通り頑張れるようになります。

月曜の朝は”週始めの慣らし”と考えて、極力簡単な仕事をするようにしておきましょう。

 

日曜の夜に次の週の計画を立てる

日曜の夜から月曜の朝にかけては、仕事に行きたくないと考えたり憂鬱な気分になりやすいです。これは仕事前ということもありますが、その時間に考えることがないせいでもあります。

日曜の夜って大抵の人は、テレビを見たりしてゆっくり過ごすことが多いです。このせいで嫌な仕事のことを考えてしまい、サザエさん症候群、ブルーマンデー症候群などに陥ってしまいます。

日曜の夜は、「次の週の計画を立てる時間」に当てるのもおすすめ。

・火曜日は同僚と飲みに行く
・水曜はゆっくり映画を見る
・金曜は家族でおいしいものを食べに行く
・土日は家族で旅行に行く

このように計画を立てることで、変に仕事のことばかり考えなくなります。さらに楽しみができるので、月曜の朝に憂鬱な気持ちになったりもしません。

この計画はもっと些細なことでも全然OKです。

・月曜は1人で晩酌する
・火曜はマッサージに行く
・週末は暴飲暴食する

小さな楽しみでも計画として立てると、意外と効果があります。

 

早朝出勤する

「月曜から早朝出勤なんてありえない!」と言う人も多いと思いますが、これが意外とオススメです。「早めに仕事に行ってたくさん仕事をしろ」、という意味ではありません。

「いつもより早めに仕事に行って、仕事をその分早く終わらせる」という意味です。早く仕事を終らせることでいつもより早く帰れるようになりますね。

仮に定時が決まっており早く帰ることが難しくても、仕事の後半は半ばサボり気味で気楽に仕事ができます。日曜の夜~月曜の朝にかけて憂鬱な気分になるくらいなら、日曜の夜は早い時間に寝て、月曜の朝もすぐに仕事に行ってしまうのが解決に繋がります。

月曜から早朝出勤するのは面倒ですが、ちょっと無理して行うことで、サザエさん症候群やブルーマンデーなどの嫌な気分になる時間を取り除けます。

 

月曜の朝は豪華な朝食にする

月曜の朝は仕事が面倒なことから、朝食を適当に済ます方が多いです。しかし反対に、毎週月曜の朝はホテルのビュッフェのような豪華な朝食にしてみてはいかがでしょうか?

朝起きるのが楽しみになるし、お腹一杯にすることで力もつきます。ちなみに月曜の朝憂鬱な気持ちになるのは、自分だけでなく家族も一緒なはずです。

「月曜は豪華な朝食にする」といった決まり事を家族で立てて一緒に朝食を食べれば、毎週月曜の朝が楽しみになるし元気も出ます。

これも1つの対処法にはなるはずです。

 

日曜日に運動を取り入れる

サザエさん症候群に掛かりやすい人の特徴としては、「日曜にダラダラと過ごしている人」というのがあります。

日曜にゴロゴロして過ごすことで、気持ちが完全に緩んでしまい月曜に行動するのが億劫に感じてしまいます。

これを解決するには、日曜に運動を取り入れることです。そこまでハードな運動でなくても、朝か夕方に軽くジョギングをする程度でもOKです。

 

ダラダラ過ごすのは土曜に回す

「休みの日は昼過ぎまで寝てダラダラ過ごしたい!」このように考えている会社員の方も多いはずです。確かに毎日早起きをして仕事ばかりしていれば、休みくらいゆっくり過ごしたいと考えるのが普通ですよね。

ここでおすすめなのは、土曜日と日曜日の生活習慣を変えることです。

よくあるのは土曜日は友達や家族などと出かけて、日曜は家でゆっくり過ごすといった休日の過ごし方。これだと日曜にだらけてしまい、月曜がしんどくなるので逆転させましょう。

土曜にゴロゴロ過ごして、日曜は友人や家族などと出かけるようにしましょう。こうすれば日曜にアクティブに動くことになり、月曜に会社に行くことがそこまで苦痛に感じなくなります。

 

とにかく月曜を楽しくする事が大切

「月曜の夜映画を見る」「月曜の朝食を豪華にする」「月曜の仕事は軽めにする」どれも大きな効果を感じないように捉えてしまう人もいるかもしれません。

しかしこの小さな楽しみを積み重ねることが改善に繋がっていきます。小さな楽しみを増やすことで、「月曜は楽しい曜日!」と潜在意識に刷り込むことができれば、いちいち憂鬱になる事もなくなります。

少しでも月曜に楽しいことを行うことで、ネガティブな意識を吹き飛ばすように努力してください。

 

スポンサードリンク

3,仕事に対する意識を変えることが大切

サザエさん症候群やブルーマンデー症候群などは、そもそも「仕事に行きたくない」と強く思うことが原因となっています。

もちろん多少は誰でもありますが、この気持ちが強いと対処法や解決策を実行しても効果が薄い可能性があります。根本から改善を望むなら、仕事に対する意識を変えることが大切。

 

仕事にのめりこむ

仕事をやらされている感覚ですと、強制的に出勤する気持ちになってしまいます。しかし仕事に対して「もっと成果を出してやろう!」とか「早く出世したい!」といった意欲を持つことが出来れば、仕事に行くのがそこまで嫌にはならないはずです。

簡単なことではありませんが、少しずつ目標を立てて、仕事に対して前向きに考えるよう努力しましょう。「嫌だ嫌だ」と考えていれば、その気持ちは膨らむだけでいつまでたっても改善されることはありません。

 

その仕事は自分に合ってる?

心から仕事が嫌だと感じており、毎日行きたくないと感じているのであれば、今の仕事を見つめなおすことも大切。例えば人付き合いが苦手なのに営業職をしていたり、じっとしていられない性格なのに事務職をしていたり。

こういった自分の性格と合わない仕事をしていると、周囲の人に比べて仕事に対するストレスが大きくなります。こういった場合は自分の性格にあった職種を考えてみる事も大切です。

【関連記事】・事務職に向いていない人の特徴。向いている人の性格とは?
【関連記事】・営業に不向きな人は営業をするな!向いていない人の特徴、性格は?
【関連記事】・接客業を辞めたい時の対処法。向いていない人の特徴や性格は?

 

ブラック企業ではない?

自分が勤めている職場がブラック企業であれば、仕事に行くのが嫌になるのは当たり前です。残業時間が異常に長かったり、手当てが付かないなど、法を守っていない会社は一定数存在します。

自分の会社がブラック企業かどうか見分けるには、その会社の口コミや評判をチェックすることが一番です。自分で調べていても答えは出ませんが、他の不特定多数の人が同じ意見であればそれは「ブラック企業」と断言できるでしょう。

こちらのサイトを使えば、会社の口コミなどをチェックする事ができます。自分の会社やこれから転職を考えているのであれば、一度チェックしてみる事をおすすめします。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 

転職も考えてみる

毎日の仕事が辛かったり、うつ病になりそうな状態であれば、転職を考える必要があります。転職をする場合は、今の仕事場を辞めずに転職活動をするようにしましょう。

転職エージェントを使えば、休日などに家にいながら転職活動を行えます。

 

リクナビネクストに登録する

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


 

リクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】


 

MIDASで仕事の面接オファーを受け取る

MIIDAS(ミーダス)で無料登録を行えば、自分の適正に合った「仕事の面接オファー」を受け取ることができます。

自分の適性を入力するだけで、自分に合った就職先を探してくれるので助かります。さらに自分の市場価値やおおよその年収も知ることができます。5分で出来る無料診断なので、試してみるだけでも楽しいですよ。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!



 

4,まとめ

以上です。今回は「サラリーマン症候群」や、「月曜の朝に仕事に行きたくない」と感じた場合に取るべき対処法や、解決策についてまとめました。

月曜の朝に仕事が行きたくないのは誰もが思うことです。しかしその考えが体に支障をきたすほどであれば、何かかしら対策を打つ必要があります。

考え方や生活習慣を少し変えるだけでも、憂鬱な気持ちから開放されることがあるので、面倒だと思わずに積極的に行動に移してくださいね。

それでも全く改善されない場合は、転職を考えてみるのも1つの手です。好きな仕事や楽しめる仕事に就くことができれば、そこまで仕事が嫌だと感じなくなるはずです。

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*