職場ですぐキレる人の心理や特徴&正しい対処法について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

社会に出ると色々な人がいらっしゃいます。変わった人、適当な人、何を考えているのか分からない人。そんな中でも特に厄介なのが、すぐにキレる人です!

スポンサードリンク

 

職場ですぐにキレる人に出会った事はありますか・・・?

私は出会った事がありますがこういう人は本当に厄介です。突然切れて場を乱すし、若い人や立場の弱い人にキレやすかったりします。

しかし実際の所は、周囲は怖がってしまい誰も注意できません。気を使いながら最小限で接するけれど、それでもキレられる事があります。

今回は「職場でキレる人の心理・特徴・対処法」についてご紹介します。

 

職場ですぐキレる人の心理

まずは、職場ですぐキレる人の「心理」について見て行きましょう。

人それぞれキレるポイントは違いますが、一体どういった心理でキレるのでしょうか。

【職場ですぐキレる人の心理】
●職場でマウントを取りたい
●使えない部下(同僚)にイライラしている
●日頃のストレスを職場で解消している
●性格が細かすぎる
●自分を強く見せたい
●常に自分が正しいと思っている

 

職場ですぐキレる人の心理1:職場でマウントを取りたい

社会に出ると立場上の上下関係だけでなく、性格やリーダシップ性などでも、上下関係が作られる場合があります。

仕事では同じ立場なのに、場を取り仕切っている人はいませんか?日頃の行いや言動、考え方、リーダーシップ性などで、立場が同じでも職場での上下関係は作られていきます。

職場でマウントを取りたい人、つまり周囲の人より上に立ちたいと考える人は、キレる事でそれを実現させようとします。キレて自分の力を見せ付ければ、周囲はその人に従うようになりますからね。

ただし表向きは従っていても、実際にはその人が怖くて従っているだけ。

誰も支持していないので、ただの自己満足で終っていきます。

 

職場ですぐキレる人の心理2:使えない部下(同僚)にイライラしている

職場でキレる人は上司に多いです。「上司⇒部下」にキレる場合は、仕事が出来ないことや仕事が遅いことにイラついている可能性が高いです。

人間の心理的に、やはり弱い物に当たる傾向があります。そんなつもりは無くても、どうしても部下が仕事で足を引っ張るとイライラが募ってしまいます。

これは部下がいる人であれば、誰でも経験があるのではないでしょうか?

 

職場ですぐキレる人の心理3:日頃のストレスを職場で解消している

プライベートや日頃の鬱憤を職場で晴らす人もいらっしゃいます。非常に悲しいことですが、このような人は稀に存在します。

「私生活が上手くいっていない!」「プライベートで嫌な事があった・・。」

こういった時に職場で立場の弱い人にキレるのは、みっともないし恥ずかしい行為です。

 

職場ですぐキレる人の心理4:性格が細かすぎる

性格が細かい人は、何においてもキレやすい傾向があります。100パーセント完璧主義なので、他人のちょっとした「ミス」や仕事に対する「姿勢」にイライラしていまいます。

特に直属の上司の性格が細かいと、毎日のように怒られるので大変です・・・。

 

職場ですぐキレる人の心理5:自分を強く見せたい

すぐキレる人には実は、「小心者」が混じっている事があります。キレる事で自分を必要以上に大きく、強く見せようとします。

 

職場ですぐキレる人の心理6:常に自分が正しいと思っている

自分が常に正しいと考えている人は、人から注意や指摘を受けることでキレる事があります。

周囲の人は良かれと思って指摘しても、本人は自分を否定された気がしてイラつきます。特に仕事に対してのプライドが高い人は、否定されることで怒る傾向が強いので注意しましょう。

 

キレる人の特徴について

続いては職場でキレる人の特徴についてご紹介します。

【職場ですぐキレる人の特徴】
●仕事に大してめちゃくちゃ真面目
●正義感が強い
●見るからに怖そう
●熱しやすく冷めやすい
●せっかち
●しつこい、執着心が強い
●コンプレックスを持っている

キレる人には色々な人がいらっしゃいますが、よくいるのは上記のような人たち。

 

職場ですぐキレる人の特徴1:仕事に大してめちゃくちゃ真面目

私の経験上、仕事に対して真面目な人は、仕事を通して周囲の人にキレる事が多いです。これは真面目すぎるがゆえ、周囲の不真面目な態度や、やる気が無いことに怒りを覚えてしまうからです。

決して悪いことではないのですが、社会で働く以上、周囲とある程度合わせて働く事も必要です。

 

職場ですぐキレる人の特徴2:正義感が強い

正義感が強い人には、頭が固く、考えを変えない頑固な人が多いです。物事を柔軟に考える事ができないため、少しでも気に入らないこと、おかしな事があれば切れます。

 

職場ですぐキレる人の特徴3:見るからに怖そう

当たり前ですが、見るからにヤンチャそうな人・怖そうな人は切れやすいので注意。「人を見た目で判断するのは良くない!」なんて言いますが、結局の所、見た目どおりである事がほとんどです。

一部見た目が怖くても優しい人がいらっしゃいますが、基本的には見た目どおりと考えて良いでしょう。

ヤンチャそうな人、怖そうな人には滅多な事を言わない方が良いです。

 

職場ですぐキレる人の特徴4:熱しやすく冷めやすい

キレやすい人は情緒不安定である事が多いです。何かの拍子で突然スイッチが入りキレ出す。しかし自分の言いたい事を言ったら、すぐに元に戻ります。

真面目に話し合っても無駄なので、相手の気持ちが治まるまで放っておくのが一番です。

 

職場ですぐキレる人の特徴5:せっかち

せっかちな人にはキレる人が多いです。何に対してもせっかちだと、常にイライラしており、キレるスイッチが入りやすいです。

せっかちで常に時間に追われているような人には、十分注意しましょう。

 

職場ですぐキレる人の特徴6:しつこい、執着心が強い

すぐ切れる人は、人一倍しつこく執着心が強いです。ですので一回切れさせると非常に面倒です。またすぐにキレられたり、あからさまに冷たくなったりします。

会社にはこのような面倒な上司が多いですよね・・・。

 

職場ですぐキレる人の特徴7:コンプレックスを持っている

すぐキレる人の特徴で多いのが、何か特有のコンプレックスを持っていることです。例えば「太っている」「はげている」「体臭がひどい」などなど。

このようなコンプレックスを持っている人は、自分に自信が持てず、常にイライラしています。ですのでちょっとした事でもイラつき、怒ってしまいます。

 

スポンサードリンク

正しい対処法や付き合い方とは?

キレる人は付き合うのが難しいですが、仕事がある以上、無視する訳にはいきません。それではどのような接し方・対処をするのが一番良いのでしょうか?

【正しい対処法や付き合い方】
●毅然とした態度を取る
●できるだけ距離をとって接する
●否定せず相手の言い分を聞き入れる
●自分の手に負えない場合は周囲に助けを求める

 

正しい対処法や付き合い方1:毅然とした態度を取る

一番良いのはやはり、毅然とした態度で対応する事です。キレる時の相手の心理は様々ですが、変に怖気付いたり言い返すと、何かと面倒な事になりやすいです。

相手の言い分に対してはちゃんと耳を傾け、怖気づかずにしっかり向き合って話をしましょう。

特にキレる人は「弱い人」「言い返さない人」にだけ強く当たる傾向があるので、毅然とした態度で怖気づいた姿を見せない事は大切です。

 

正しい対処法や付き合い方2:できるだけ距離をとって接する

それとキレやすい人の近くには、できるだけ近寄らない方が良いです。同じ職場であれば難しいかもしれませんが、距離を取れる範囲で取っていきましょう。

接触回数が増えると、それだけキレられる回数が増えます。

 

正しい対処法や付き合い方3:否定せず相手の言い分を聞き入れる

怒っている相手には何を言っても無駄です。「でも、それは○○でしたよ・・・。」「いやそれ僕じゃないですよ・・」こんな風に相手の言い分を否定すると、さらに激怒する可能性が高いです。

それよりも、「はい、わかしました。」「次からは、そうします!」と受け入れてしまった方が、相手は何も言い返せなくなります。

 

正しい対処法や付き合い方4:自分の手に負えない場合は周囲に助けを求める

人によっては危険で自分の手に負えない場合があります。そんな時は自分で全て背負うのではなく、周囲の人に助けを求めてみましょう。

助けを求めるのは「キレる人」よりも立場的に上である「上司」であったり、正義感が強く守ってくれそうな人が良いと思います。

周りに助けを求めることで解決できる場合もあります。

 

働き辛い職場なら転職を考える

今の職場の人間関係が悪くて、「働き辛い!」「仕事に行きたくない!」と感じるようであれば「転職」を考えてみましょう。

すぐに転職する必要はありませんが、本当に仕事を辞めたくなった時のために、転職の準備は進めておいた方が良いです。

具体的に何をするかと言いますと、「転職エージェント」への無料登録を済ませておくだけです。転職エージェントとはネットを使って利用できる、無料の転職サービス。

無料登録を行っておけば、いつでも求人をチェックしたり、転職活動が行えるのでオススメです。

夜暇な時や、仕事でイライラした時なんかに、新しい仕事をネットで探せるのは非常に助かります。

 

おすすめ転職エージェント

転職エージェントには色々なサービスがありますが、個人的にオススメなのは大手を選ぶこと。大手であれば色々な企業とのコネクションがあるので、求人数が多いし転職しやすいです。

私がオススメしたい転職エージェントは、下記の3社です。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

職場でキレる人の心理・特徴・対処法のまとめ

以上です。今回は職場ですぐキレる人の特徴・心理・対処法についてご紹介しました。職場でキレる人は非常に厄介な存在ですが、仕事を続ける以上、無視するわけにはいきません。

切れる人の特徴や心理を掴み、柔軟に対応していく事が求められます。

自分の力でどうする事もできない場合や、その人のせいで仕事が本気で嫌になった場合は、遠慮せずに周囲の人に助けを求めてください。上司や正義感の強い人が近くにいれば、きっと助けになってくれるはずです。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*