仕事のプレッシャーを乗り越える方法!ストレスで逃げたい、辞めたい場合の対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どんな仕事にも、多少なりとも「プレッシャー」があります。強いプレッシャーが掛かると、やはり「仕事を辞めたい!」「この場から逃げ出したい!」ってネガティブに考えちゃいますよね・・・

スポンサードリンク

今回は、仕事でのプレッシャーを乗り越える方法をご紹介します。上司からのプレッシャーや重要な仕事に押しつぶされそうな時は、是非参考にしてくださいね!

仕事を頑張るのは良いことですが、無理をし過ぎると長続きしません。

時には息抜きをしながら、上手にプレッシャーを乗り越えていきましょうね。

 

1,仕事のプレッシャーを乗り越える方法

仕事では様々なシーンでプレッシャーを感じます。皆さんは仕事のプレッシャーに押しつぶされそうな時は、どのように乗り越えていますか?

それでは、仕事のプレッシャーを乗り越える方法を見ていきましょう。

 

仕事のプレッシャーを乗り越える方法1:オン/オフをしっかり切り替える

仕事のプレッシャーに押しつぶされてしまうのは、考えすぎる事が原因の1つに挙げられます。

例えば大切なプレゼンを控えている場合。仕事中はもちろん、家に帰っても休日もプレゼンの事で頭がいっぱいになっていると危険です。

仕事のオン/オフは上手く切り替えなければいけません。休日であれば仕事の事は完全に忘れて、プライベートや趣味をしっかり楽しむ事が重要。

オン/オフの切替が上手な人は、休日に一週間の疲れをリセットして、月曜の朝からはまた1から仕事を頑張れます。

しかしオン/オフの切替が下手な人は、リセットができず、ずっと仕事でのプレッシャーのせいでストレスを溜め続けます。

 

仕事のプレッシャーを乗り越える方法2:プレッシャーは成長のためと考える

仕事でプレッシャーを強く感じてしまうのは、失敗した時の事ばかり考えてしまうからです。この場合は少し思考を変えてみるのがオススメ。

ネガティブな事ばかり考えず、プレッシャーは「仕事での成長段階の1つ」と捉えて、視野を広く持ってみましょう。

仕事で成長する場面は、プレッシャーを感じられる大きな仕事を任せられたときです。そんな仕事を任せられるあなたは、恵まれた環境にいると思いませんか?

世の中には大きな仕事を任せてもらえず、いつまで経っても昇進できない人が大勢いらっしゃいます。

上司があなたに期待して、大きな仕事を任せてくれているのですから、成長のためとプラス思考に考え方を切り替えましょう。

このように思考を自分でコントロールできるようになると、プレッシャーはもちろん、緊張などにも強くなれますよ。

 

仕事のプレッシャーを乗り越える方法3:もっと大きなプレッシャーを抱えている人と比べてみる

世の中には、自分以上に大きなプレッシャーを抱えて仕事をしている人が大勢いらっしゃいます。例えば起業家や社長、フリーランスで仕事をしている人。

このように自分で事業を行っている場合、大きな失敗は許されません。失敗すれば会社は倒産しますし、運が悪ければ多額の借金を負うことにもなります。

こんな人たちと比べたら、会社に守られて仕事をしているのが、とっても楽な気がしてきませんか・・・?

社内での失敗は、上司や会社からの評価に関わります。しかし失敗しても、会社が倒産したり自分自身が借金を背負う事はないです。

社内での評価なんて、次の仕事で頑張ればすぐに戻せますよね。そう考えば、仕事でのプレッシャーはそこまで辛くないですよね。

 

仕事のプレッシャーを乗り越える方法4:プレッシャーに慣れる

仕事でプレッシャーを感じるのは、プレッシャーに慣れていないからです。何度も大きな仕事を任せられれば、少しずつプレッシャーにも慣れて、淡々と仕事が行えるようになります。

新卒で大きな仕事を任せられたり、突然大きな仕事を任せられた時は、大きなプレッシャーやストレスを感じるでしょう。

しかしそれは最初のうちだけです。緊張と同じで経験を重ねることで、プレッシャーを感じなくなっていきます。

「辛いのは最初だけ。」と割り切って仕事をする事が大切。

 

2,プレッシャーが少ない仕事・職業って何がある?

社会に出て仕事をする以上、どんな仕事でも少なからず「プレッシャー」は存在します。

全くプレッシャーを感じない仕事をしたいのであれば、それこそ誰にでも出来る「アルバイト」をするしかありません。しかし仕事によっては、「プレッシャー」があまり掛からない物も存在します。

まず仕事で大きなプレッシャーを感じたくないのであれば、大企業は避けるべきです。大企業では取り扱う仕事の規模が大きいので、その分社員にとってはプレッシャーを感じやすいです。

他にも営業の仕事はオススメしません。営業の場合はお客さんを相手にするので、どうしてもストレスやプレッシャーが掛かり易いです。営業はプレゼンなども多いですしね・・・

後は管理職など上のポジションに就くと、どうしても大切な仕事を任せられるのでプレッシャーは大きくなります。

 

プレッシャーが少ない仕事・職業1:工場職

ライン作業などの工場職は、仕事でのプレッシャーが比較的少なめ。基本的には機械を相手に黙々と作業をこなすだけなので、大きなプレッシャーはありません。

 

プレッシャーが少ない仕事・職業2:販売職・飲食系

販売職や飲食関係の仕事も、お客さんの相手はしますが、大きな仕事を任せられることがありません。基本的に毎日接客をするだけで、同じ仕事の繰り返しになります。

大きなプレッシャーを受ける事はまずないでしょう。

 

プレッシャーが少ない仕事・職業3:受付、事務

受付や事務の仕事もプレッシャーは比較的少なめです。淡々とパソコンを相手に仕事をこなすので、上司から大きな仕事を任せられたり、プレッシャーを与えられる事はまずないです。

 

プレッシャーが少ない仕事・職業4:警備員

警備員は基本的に立っているだけで、その他の仕事と言えばモニターのチェックや巡回程度です。昼間であれば人が多いところで立っていることになりますが、夜勤などであれば誰もいない所を巡回するだけです。

誰にも監視されていないし、基本的に自由なので仕事でプレッシャーを感じる事はないでしょう。何か事件や事故が起きれば警察に任せることになるので、危険にさらされる事もほとんどありません。

勤務先としては会社のビルや学校、美術館にレジャー施設、デパートなどといった人が多く集まる場所です。

 

プレッシャーが少ない仕事・職業5:倉庫業務

倉庫での仕事も基本的に楽な仕事が多いです。荷物を出荷したり入ってきた荷物の受け入れなどを行います。倉庫で扱っているものにもよりますが、力を使うことはありますが、仕事でのプレッシャーはありません。

仕事では重いものを移動させたり、持ち運ぶこともあるので腰を痛めやすいと聞いたことがあります。

 

プレッシャーが少ない仕事・職業6:農業

田舎では農業を夫婦でやっている方々が多いですが、プレッシャーはほとんどないです。自分で野菜や果物を育てて販売する事になるので、金銭的な不安は多少あります。

しかし上司や部下がいるわけではないので、誰かに命令されることもなく自分たちのペースで仕事ができます。

扱う作物次第では、長い休みがあったりと自由が利くのもいい所です。肉体労働になるので体は疲れますが、人間関係がなく楽に仕事ができます。

 

スポンサードリンク

3,それでも逃げたい、辞めたいと感じた場合の対処法

仕事でのプレッシャーによるストレスで、体を壊す人は大勢いらっしゃいます。あまり無理し過ぎると、「うつ病」など精神疾患を起こしてしまい仕事の復帰が難しくなります。

そんな場合は無理せず、上手くプレッシャーを回避する事も大切です。これまで精神論ばかり話してきましたが、人によってはプレッシャーやストレスに弱い人もいらっしゃいます。

そんな人はプレッシャーと向き合うのではなく、プレッシャーから逃げる方法を考えてください。

 

仕事から逃げたい、辞めたいと感じた場合の対処法1:上司に直訴する

仕事の大きなプレッシャーやストレスで押しつぶされそうな時は、上司に相談してみるのも良いと思います。仕事量を調整してもらったり、もう少し「責任」の少ない仕事に変えてもらいましょう。

上司からの評価は落ちますが、仕事を辞めてしまうよりは全然マシです。まずは体調や気持ちを回復させて、気が向いたら仕事を頑張れば良いだけです。

 

仕事から逃げたい、辞めたいと感じた場合の対処法2:周囲の人に助けを求める

信頼できる同僚がいるのであれば、助けを求めるのも1つの手段です。アドバイスを貰ったり、仕事を手伝ってもらうのも良いですね。

人に話して共感してもらうだけでも、一人で考え込むよりは、よっぽど気持ちが楽になりますよ!

 

仕事から逃げたい、辞めたいと感じた場合の対処法3:もっと楽な仕事への転職を考える

これは最終手段になりますが、「仕事を辞めたい。仕事から逃げたい!」って感じているのであれば、「転職」するのが手っ取り早い解決策です。

やはり仕事によっては大きなプレッシャーが掛かる職場が存在します。今の仕事が自分に合わないと感じるようであれば、他の仕事への転職を考えてみましょう。

転職活動をする場合、仕事を辞めてから行うのはNGです。まずは転職エージェントに登録して、水面下で転職活動を行ってください。

 

転職エージェントを使うべき理由

仕事を辞めずに転職活動を行う場合は、必ず転職エージェントを使うべきです。転職エージェントは無料で登録ができて、今の仕事を続けながら転職活動が行えます。

転職でのリスクを最大限に抑えられますので、是非利用してくださいね。

▼転職エージェントが優れている理由▼

 
・転職のプロに何でも相談出来る
・エージェント側が面接の日程を調整してくれる
・休みの日や仕事が終った後でも転職活動できる
・自分の適性や向いている仕事が分かる
・転職先の企業を調査できる

 

 

4,おすすめ転職エージェント

続いては私がオススメする転職エージェントをご紹介します。どれも大手でサポート体制が良いのでオススメです。

ちなみに転職エージェントは複数登録するのが一番です。転職エージェントによって担当者の当たり外れがあるので、1箇所だけ使っていると、なかなか良い転職先が見つからないことがあります。

複数の転職エージェントを利用すれば、良い担当者に当たる可能性が高くなり、その分優良な仕事も見つかりやすいです。
 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,仕事のプレッシャーの対処法のまとめ

以上です。今回は、「仕事のプレッシャーを乗り越える方法」をご紹介しました。仕事で大きなプレッシャーを感じると、「この場から逃げたい!」「仕事を辞めたい。」とネガティブに考えてしまいます。

プレッシャーに押しつぶされそうな時は、思い切って別の職業への転職を考えても良いと思います。この先ずっと働くわけですから、過度なストレスが掛かる仕事は長続きしません。

今回紹介したような、プレッシャーを受け辛い仕事への転職がオススメです。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*