職場の頑固な上司・頭が固い上司との上手な接し方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

年配の方だと、融通が利かず頑固な考えを持っている人が多いです。それが職場の上司ともなると、非常に仕事がし辛いし、何かと面倒な事が増えます。

スポンサードリンク

 

頑固な上司・頭が固い上司を持つと、様々なデメリットが生じます。良い提案を出してもすぐに却下されるなど、思い通り仕事が進まないことも多々出てくるでしょう。

今回は頑固な上司・頭が固い上司の接し方&特徴についてご紹介します。このような上司が職場にいて悩んでいる方は、是非今回の記事を参考にして下さいね。

 

1,頑固な上司・頭が固い上司の特徴

まずは、頑固な上司の「特徴」についてご紹介します。「頑固」「頭が固い」「融通が利かない」色々な言い方がありますが、大抵は同じような共通点を持っています。

【頑固な上司の特徴】
●部下の話を聞かない
●チャレンジ精神がない
●プライドが高い
●考えが古い
●年配
●真面目すぎる
●強い固定観念や先入観を持っている

 

頑固な上司の特徴1:部下の話を聞かない

頑固な上司は、基本的に部下の話をまともに聞きません。自分より目上の人の話はちゃんと聞きますが、部下の話は適当に受け流す程度。

「上司は部下より偉い存在」

このような古い考えを持っているせいで、自分の方が優れていると錯覚を起こしてしまい、立場だけで優劣の判断をつけてしまいます。

 

頑固な上司の特徴2:チャレンジ精神がない

頑固な上司は保守的な人が多く、チャレンジ精神がありません。失敗を恐れているため、新しいチャレンジを嫌い行動に移しません。

仕事で大きな事を成し遂げようとするならば、それには失敗が付き物となります。このような失敗を嫌うため、どんな施策にも積極的に取り組む事が出来ません。

 

頑固な上司の特徴3:プライドが高い

人一倍プライドが高いのも、頑固な上司の特徴の一つに挙げられます。頑固な人は人一倍自己主張が強く、自分の考えを崩そうとはしません。

 

頑固な上司の特徴4:考えが古い

昔ながらの考えを持っている人には、頑固な人が多いですね。「○○であるべき」「○○じゃないとおかしい」などと、固定観念を持っているせいで、柔軟な考えが出来なくなっています。

 

頑固な上司の特徴5:年配

「頑固」「頭が固い」このような上司は、高い確率で「高齢」である事が特徴の一つとして挙げられます。50代~60代の方であれば、昔ながらの考えを持っており、その考えを変えようとはしません。

若い指導者や上司の場合、考えが柔軟で、臨機応変に対応できる人が多いです。

 

2,頑固な上司・頭が固い上司の心理

続いては頑固な上司の「心理」を見ていきましょう。頑固な上司、頭が固い上司はどのような考えを持っているのでしょうか?

相手の心理を紐解くことで、頑固な上司への対処法や上手な接し方が見つかっていくはずです。

【頑固な上司の心理】
●自分の意見が正しいと思っている
●部下に舐められたくない
●常に失敗を恐れている
●部下の意見を聞き入れたくない
●仕事では年功序列を徹底している

 

頑固な上司の心理1:自分の意見が正しいと思っている

頑固な上司はほとんどの場合、「自分の意見が誰よりも正しい」と錯覚を起こしています。当然部下の話なんて聞くわけがありません。

この考えを根本から変えるのは難しいです。正しい事を突きつけても、部下の話であれば否定から入るし、聞き入れようとはしてくれません。

 

頑固な上司の心理2:部下に舐められたくない

頑固な上司は部下から舐められる事を嫌います。舐められるとはバカにされるという訳ではなく、「意見を言ってくる」「自分の考えを否定される」このような部下の行為です。

こういった行為を「舐められている」と勘違いしてしまい、部下の話は聞かず常に自分ファーストの姿勢を崩しません。

 

頑固な上司の心理3:常に失敗を恐れている

先ほども申しましたが、頑固な上司は保守的で常に「失敗」を恐れています。

「失敗するくらいならチャレンジしない方がマシ。」

このような考えが根付いているため、新しい事にチャレンジしようとしません。

 

頑固な上司の心理4:部下の意見を聞き入れたくない

「部下の意見を聞き入れる=自分が負けた」

上司の中には、こんな風に考える頭の固い人間もいらっしゃいます。出来る上司は部下の考えであれば新しい事を取り入れ、常に改革・改善を怠りません。

しかし「頑固な上司」「頭の固い上司」は、常に自分の立場しか気にしておらず、部下の意見を聞き入れることをしません。

 

頑固な上司の心理5:仕事では年功序列を徹底している

頑固な上司がもっとも大切にしているのは、ズバリ「年功序列」です。これは古い会社に多いのですが、実績よりも「年齢」「経験」を重要視しており、年功序列を何よりも大切にしています。

若い人の話を聞こうともしないため、下が育ちません。古い会社ならではの「習慣」が根付いています。

このような会社では社員が同じような考えを持っているため、会社自体がどんどん衰退していきます。

 

スポンサードリンク

3,頑固な上司との上手な接し方や対処法とは?

続いては、頑固な上司との上手な接し方&対処法についてです。

頑固な上司、頭が固い上司、融通の利かない上司は非常に面倒な存在です。オススメの接し方としては下記のような方法が挙げられます。

【頑固な上司との上手な接し方や対処法】
●否定せずに導く
●相手を受け入れる
●どうしても気に入らない場合は、さらに上の上司に直訴する
●転職を考える

 

頑固な上司との上手な接し方や対処法1:否定せずに導く

頑固な上司、頭が固い上司がもっとも嫌うのが、部下から否定されることです。

「これって違うんじゃないですか?」「こうしたほうが良いですよ!」このように否定から入る言葉は、上司を苛立たせる原因となります。

頑固な上司を動かすには否定から入るのではなく、自然と答えに導かせる事が大切。

「○○すると、どうなるんですかね?」「先輩の意見を聞きたいです!」このように相手を尊重しつつも、疑問系から答えに導かせる方法です。

こうすれば上司は部下に動かされていると感じないため、自然に導く事が可能です。

 

頑固な上司との上手な接し方や対処法2:相手を受け入れる

頑固な上司、頭の固い上司が多い職場では、部下の離職率が非常に高まります。これは相手を受け入れられないからです。

やはり自分の意見が通らないと「ムカつく」「今の上司と合わない」と考えてしまいます。しかしこのように考え出すと、必ず「退職」という結論に至ります。

そうならないためには、上司の考え方を受け入れる事が大切。

悪いことばかりに目を向けるのではなく、良いことにも目を向けるようにして下さい。

保守的と聞くと悪く聞こえますが、よく言えば守りが堅いと言う事。上司のおかげで助けられる事もあると思うので、そういった良い面に目を向けてみましょう。

そうすれば自然と上司との関係がよくなり、自分の言う事を聞いてくれるようになるかもしれません。

 

頑固な上司との上手な接し方や対処法3:どうしても気に入らない場合は、さらに上の上司に直訴する

「今回ばかりは、絶対に自分が正しいから意見を通したい!」

仕事をしていれば、このようにどうしても意見を通したいことがあるかと思います。そんな時は「頭が固い上司」「頑固な上司」に相談するのではなく、もっと上の権限のある上司に直訴してみましょう。

自分の考えが正しくて、意見を聞いてくれる上司に相談すれば、必ず話に耳を傾けてくれるはずです。

 

頑固な上司との上手な接し方や対処法4:転職を考える

どうしても今の職場の上司が気に入らない場合は、「転職」という手段をとる方法があります。

転職にはリスクがありますが、気に入らない上司の下で一生働くほうがよっぽどリスクが高いと思います。

そんな時は「転職エージェント」を使って、もっと伸び伸び働ける会社を探してみてください。

 

4,オススメ転職エージェント3つ

続いては、私がオススメしたい転職エージェントを3社ご紹介します。どの会社も大手が運用しており、たくさんの実績があるので信頼できます。

「求人を見てみたい!」
「転職についてアドバイザーに相談したい!」

仕事を本気で探すのではなく、上記のような理由でもサービスを受けられます。まずは無料登録を行い、気軽な気持ちでサイトをチェックしてみましょう。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,頑固な上司・頭が固い上司との接し方&対策のまとめ

以上です。今回は「頑固な上司の特徴や心理、接し方」についてご紹介しました。頑固な上司はどこにでもいらっしゃいます。

このような上司と上手く接していくには、相手の考えを受け入れて、尊重しながら付き合う事が大切。否定から入るのではなく、尊重して相手に敬意を持って接してください。

そうすれば頑固な上司も心を開いてくれて、部下である「あなた」の意見を聞くようになるはずです。

どうしても受け入れる事ができない場合は、転職エージェントを使い、新しい職場を探すのも良いと思います。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*