無能なダメ社長の特徴・共通点とは?こんな会社はすぐに辞めるべき!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

一生を捧げる会社の社長が”ダメ社長”だったらどうしますか?社長は従業員の将来を握る大切なポジションです。その社長が無能ですと、従業員に様々な悪影響を及ぼすことになります。今回はダメ社長の特徴や共通点をご紹介するので、現在働いている会社の社長と当てはまらないかチェックして下さい。

スポンサードリンク

目次

1,無能な社長は会社をダメにする
2,ダメ社長の特徴や共通点
3,ダメ社長が社員にもたらすデメリット
4,おすすめ転職エージェント
5,まとめ

 

1,無能な社長は会社をダメにする

社長は会社の顔とも呼べる存在です。有能なできる社長がいれば、それだけでも社員のモチベーションは上がるし、会社も伸びやすいです。

しかし社長が無能ですと、それだけでも会社をダメにする可能性があるので非常に危険です。

どれだけ優秀な社員が揃っていようが、やはりトップがダメ社長では会社は成長しません。優秀な社員は結果的に辞めていくし、どこかで倒産に追い込まれるでしょう。

 

成功は長続きしない

事業は何かのタイミングで上手くいくことがあります。しかし無能な社長は、成功を長続きさせることが出来ません。会社の資産を食い潰して事業を行っていたり、どんどん衰退していくのが目に見えています。

もしあなたが働く会社の社長が、無能なダメ社長だったら・・・?

いつ会社が倒産するかも分からないし、いつクビを切られるかも分かりません。今回ご紹介する”ダメ社長の特徴”に当てはまっているようでしたら、早い段階で転職を考えるか、何か合った時のために”準備”をしておくべきです。

 

2,ダメ社長の特徴や共通点

 

ワンマン社長

ワンマン社長にはワガママで強欲、人の事など考えない利己主義な人が多く見受けられます。人の意見も聞かず、経営は完全なトップダウン式です。

従業員が的を得た事を言っても、ワンマン社長は「気に食わない」という気持ちが出るだけで正当な評価をしません。

中には力のあるワンマン社長もいらっしゃいますが、やはりワンマンでは限界があります。人を育てられないので、どこかのタイミングで事業は衰退していくし、社員がついていかなくなります。

 

2代目、3代目社長

創業者が優秀であっても、2代目、3代目が同じように優秀だとは限りません。2代目、3代目が甘やかされて育てられてしまうと、社長の素質がなく会社をダメにします。

創業者は苦難を乗り越えているため、会社経営の厳しさが分かっています。だからこそ人より努力するし、会社にも全力で取り組みます。

しかしある程度形になった会社を引き継ぐと、創業期の苦難を知らないため、資産を食い潰して結局は会社をダメにします。

 

好き嫌いで評価をつける

自分の感情で従業員の評価をつけるような社長は、無能でダメ社長の典型例です。このような社長は、自分の意見に同調して、言う事を素直に聞く社印しか評価しません。

ですので、自然と周囲には”イエスマン”ばかり集まるようになり、会社の成長は期待できなくなります。当然優秀な人は社長の下を離れていくので、会社は衰退していく事になります。

 

やり方を変えない、頑固

自分のやり方にばかり固執して、新しい事を取り入れないのはダメ社長の特徴です。時代の流れや流行と共に、会社は形を変えていかなければいけません。

周囲の意見も取り入れず、頑なに昔ながらのやり方を貫いていると、どこかで事業が失敗します。

もちろんビジョンが明確にあり、正しいやり方であればやり方を変えず頑固に貫く事も必要です。

ダメなのは何も考えず、とにかく今までやってきた事を頑固に貫くことです。

 

将来のビジョンが何もない

目先の利益しか考えない経営者は、必ず会社をダメにします。有能な経営者は会社の明確なビジョンを持っており、社員にもキチンと説明します。

そうすることで社員の士気を高めるのが社長の務めですが、ダメ社長はそういった大切な経営者としての仕事を忘れてしまっています。

 

「働かせてやっている」と勘違いしている

会社は社員の存在があってこそです。無能な経営者はそんなことも分からないので、常に上から目線で「従業員を働かせてやっている!養っている!」と勘違いしています。

こんな横柄な経営者の下に優秀な社員は残らないので、会社は必ず衰退していきます。

 

事業に関する考えが浅はか過ぎる

有能な社長は新しい事業を始める時、下調べをして明確な戦略を持って挑みます。しかし無能なダメ社長は、流行に流されて何も考えず次々新しい事業に手を出してしまいます。

こうなると新しい事を始めては辞めての繰り返しとなり、何も成功せず資金と時間だけを食いつぶしていきます。

 

スポンサードリンク

3,ダメ社長が社員にもたらすデメリット

 

正当な評価が受けられない

ダメ社長は従業員の働きをしっかり見ていません。どれだけ努力して頑張ってても、仕事を評価してもらえない場合が多々あります。

サボってばかりで社長と仲の良い社員ばかり評価されていたらどう感じますか?

どれだけ頑張っても評価されないような会社では、努力するだけ無駄ですよね・・

どうせ働くなら、ちゃんと社員の努力を見ていてくれる社長の下で働きたいものです。

 

従業員が使えない人間ばかりになる

優秀な社員は、無能なダメ社長を見分けるのが得意です。ダメ社長だとジャッジすればすぐに会社を離れるので、会社には自然と優秀な社員がいなくなっていきます。

残るのは使えない従業員ばかりです。

そうなれば仕事での負担も増えるし、会社の業績悪化にも響きます。しかしダメな社長はなぜそうなったかも理解できないため、とにかく従業員を叱責するだけです。

 

社長の家族に逆らえない

ダメ社長は家族の事ばかり考えて、社員のことを一切考えません。どれだけ会社に貢献している社員がいても、やはり身内に重要な役職をつけます。

後から入ってきた「社長の奥さん」「社長の子供」「社長の弟」など、社長の身内が上司になってしまうので、社員は会社に居辛くなります・・・

全然仕事を分かっていない人が上司になっても、頑張ってきた社員は困りますよね・・・?

 

給料が上がらない

ダメ社長は正当な評価をつけないので、社員は給料が上がりません。身内やお気に入りの社員であれば別ですが、純粋に仕事を頑張っても昇給や昇進は難しいでしょう・・・

ダメ社長の下では昇給が難しいので、モチベーションも下がっていきます。

 

役職がもらえない

ダメ社長はとにかく自分のことしか考えていません。自分が働き易い環境にすることを第一に考えるため、周囲を家族で固める傾向があります。

社長は家族を周囲においておいた方が、居心地もいいし何かと都合がいいですからね・・

長く働いてきた社員はいつまで経っても役職がもらえず、フラストレーションを抱えることとなります。

 

4,おすすめ転職エージェント

 

リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェント】

 

リクナビネクスト(転職サイト)

リクナビネクストは、リクルートグループが運営している大手転職サイトです。転職サポートが面倒に感じる場合は、転職エージェントではなく転職サイトを使うことをオススメします。

転職エージェントの場合は担当者がついて、転職面でサポートが受けられます。しかしまだ本格的に転職活動をする気がなく、「求人だけチェックしてみたい」という人ですと、サポートが邪魔に感じちゃいますよね・・・

そういった人は転職サイトに無料登録して、豊富な求人をチェックしたり、気軽に使える転職サイトのサービスを使うのがオススメ。

リクナビネクストでは、無料登録することで「グッドポイント診断」が使えるようになります。

「グッドポイント診断」とは、自分のアピールポイントや強みを知ることができる、無料の診断テスト。書類選考対策や自己分析などに役立ちます。

さらに「スカウト登録」を行うことで、直接企業から就職のオファーを受け取る事もできます。

グッドポイント診断LP


 

キャリコネで企業調査を行う

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

これから転職先を探す場合は、まずはキャリコネで企業の口コミをチェックしておきましょう。それだけでも人間関係が良好で、環境の良い職場に入社できる確率が高まりますよ。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 

5,まとめ

以上です。今回は、無能なダメ社長の特徴・共通点についてご紹介しました。自分が働いている会社の社長がダメ社長でしたら、すぐに辞めるべきです。

しかし実際問題、そんな簡単に仕事は辞められませんよね・・・

生活はかかっているし、辞めてもいい転職先があるか分かりません。ですので転職エージェントを使って、とりあえず転職の準備を進めておいて下さい。

いつでも転職できるようにしておけば、リスクを抑えられるし、いざという時にすぐに行動に移せます。無能な社長は会社をダメにします。

不足の自体に備えて、できる対策はやっておきましょう。

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*