FXは逆張り・順張りどっちがオススメ?トレードで取るべき戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
entrepreneur-2411763_960_720

FXを始めた初心者からの質問で多いのが、「順張り」と「逆張り」どっちが勝てますか・・・?といった質問です。今回はこの質問についての私なりの見解を書きたいと思います。

スポンサードリンク

副業でも大人気のFX。主にデイトレードなど短期の売買が人気で、専業としてやられている方もいれば、副業としてサラリーマンをしながら行っている人もいらっしゃいます。

これが難しいんですよね・・・

勝ち続けられるトレーダーって本当に一握りだと思います。しかしその一握りに入れれば、億万長者になるのも夢ではありません。

FXで勝つには「戦略」「資金管理」「メンタル」「技術」「手法」など、様々な”能力”が必要になってきます。

トレードを行う時は、順張りかそれとも逆張りのほうが勝率が高いのか?トレーダーであれば1度は悩むテーマだと思います。

 

目次

1,順張り・逆張りについて
2,上位足で順張り、下位足で逆張りを狙う!
3,大切なのは流れを見分ける力と、エントリーポイント探る能力
4,FXのオススメ証券口座
5,まとめ

 

1,順張り・逆張りについて

FXに限らず、チャートを見てエントリーする場合、「順張り」「逆張り」の2つに分かれます。

順張りとは、全体の流れに逆らわずエントリーする事。つまり相場全体が上がっている時は買いで入り、反対に下がっている時は売りで入るという相場の流れに合わせたエントリーです。

逆張りは順張りの反対の意味です。相場全体が上がっている時は売りで入り、下がっている時は買いで入るという、全体の流れに逆らったエントリーをする事ですね。

上記の図で見ると下落トレンドなので、ショートが順張り、ロングが逆張りとなります。

この図だけ見ると下落しているので、ショートエントリーの方が勝率が高そうだし、簡単に儲けられそうですよね。しかし次の図だったらどうでしょうか・・?

上昇相場だったのに、○部分で下落相場へと変わってしまっています。

一番上の○部分でエントリーした場合、逆張りで入れば大きな値幅を取る事ができますね。

トレンドが発生していれば、順張り方は簡単そうに感じます。しかし、レンジ相場やトレンド変換ポイントだと、逆張りで入ったほうが大きな値幅を取れるようになります。

 

順張りと逆張りのメリット・デメリット

【順張りのメリット】
・流れに乗りやすいので勝率が高い
・気分的に楽にトレードできる
【順張りのデメリット】
・トレード1回当りの利益が少ない
・レンジでは往復ビンタをくらう可能性あり

【逆張りのメリット】
・1回で大きな値幅が取れる
・レンジで勝ち易い
【逆張りのデメリット】
・エントリーポイントが難しい
・読みが間違っていると負け続ける

順張り、逆張りどっちにも、メリットデメリットは存在します。

一般的には、順張りはトレンドが発生している時に強く、反対に逆張りはレンジの時に強いと言われています。

 

上手く使い分けることが大切

順張りと逆張りは上手く使い分ける事が大切です。どちらかに固執するのではなく、「今回は順張りで細かく取る。」「今回は逆張りで大きめの利益を狙いに行く」こういったイメージ。

当然その人によっても、「私は順張りで確実に利益を積み重ねたい!」「僕は逆張りで大きな利益を追いかけたい」このように投資スタイルが各々で違いますよね。

ですので自分に合ったトレード方法を見つける事が大切です。

続いてご紹介するエントリー方法は、私に合った手法ですので参考程度に留めてくださいね。

 

2,上位足で順張り、下位足で逆張りを狙う!

トレードで勝つためには、様々な時間足からチャートをチェックする必要があります。

「スカルピングだからチャートは1分足しか見ない。」「スイングだからチャートは日足しか見ない。」これは間違っていますよね・・・?

よりトレードの精度を高めるためには、様々な時間足からチャートを見てエントリーポイントを探らなければいけません。

トレンド時には順張りをして、レンジの時に逆張りをしているだけでは正直勝てません・・・

 

順張り、逆張り、両方の強みを生かす

順張りで仕掛ける最大のメリットは、勝率が高い事です。反対に逆張りで仕掛ける最大のメリットは、取れる値幅が大きい事。

これら2つの良いとこ取りをするのがトレードで勝つための秘訣。

具体的には、「1時間足でトレンドの流れに乗り、5分足で逆張りトレードを行う」といったイメージ。

「日足でトレンドに乗り、1時間足で逆張りエントリー」などでもOKです。とにかくエントリーする時間軸の上位足でしっかりトレンド、つまり流れを読む必要があります。

こちらの1時間足チャートでは、上昇のトレンドが出ていますね。ロングでエントリーできるポイントを探します。

続いては「5分足」チャートを見てみましょう。5分足では落ちてきた所を拾います。こうすると1時間足でトレンドに乗っかり、5分足で逆張りエントリーを行うことになります。

こういったポイントを上手く掴めると、勝率は高くなり、取れる値幅が大きくなります。

 

スポンサードリンク

3,大切なのは流れを見分ける力と、エントリーポイント探る能力

トレードで勝つためには、「流れを見分ける力」「エントリーポイントを探る能力」が必要不可欠です。

1時間足で現在どうなっているのか?上に行くのか下の行くのか、それともレンジになっているのか?まずはこの流れを読めるようにならなければいけません。

さらにそこから、5分足や1分足といった小さな時間軸でエントリーするポイントを探す必要があります。ポイントの探し方は、「Wボトム・Wトップ」「逆三尊・三尊」など、自分なりのエントリースタイルでOKです。

上位足で流れを読み、下位足でエントリーポイントを掴めるとFXで勝てるようになります。

 

FXはやり続けなければ勝てない

FXで勝つためには、とにかく相場に向き合い勝負し続ける事です。どれだけブログや書籍で知識を詰め込んでも、実際にチャートを見て考えてポジションを持たなければ、勝てるようにはなりません。

私もまだまだ勉強中ですが、トレードは検証していけば勝率を上げれます。

 

4,FXのオススメ証券口座

 

FX始めるなら最大手のGMOクリック証券


【詳細はコチラから】
GMOクリック証券【FXネオ】

GMOクリック証券は、FXの取引高が6年連続で世界第1位を記録している大手証券会社。

今なら新規口座開設すると、最大で30000円のキャッシュバック、アプリリリース記念で3,000円プレゼントなど、お得なイベントが目白押しです!

スプレッドは業界最狭水準で、高いスワップポイントや、24時間体勢のサポートも安心です。

最短3分で無料で口座開設できますので、FXに興味がある方はチェックしてみましょう。

 

5,まとめ

以上です。今回は、FXトレードでは「逆張り」「順張り」どっちがオススメなのか?についてご紹介しました。

順張りはトレンドが発生している時に強く、逆張りはレンジの時に強いと言われています。

さらに勝率を上げるためには、上位足(1時間,4時間足)では順張りを狙って、下位足(5分,15分足)で逆張りを狙うと、しっかり値幅を取れるのでオススメです!

トレード手法によって変わってくると思いますが、私はこの手法を取り入れてから、リスクリワードが改善されたし、勝率も高くなりました。

【関連記事】・おすすめ投資金融映画!株、FX投資家なら必ず見るべき11作品

【関連記事】・FXでデイトレードするなら読むべき本・書籍。為替トレーダーの勉強におすすめ



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*