夜勤に向いている人の特徴や性格は?おすすめの仕事や転職先

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
top

今回は、夜勤の仕事に向いている人の特徴や性格をご紹介したいと思います。仕事を選ぶ場合は、向き不向きが非常に大切です。既に夜勤をしている方もこれから夜勤を考えている方も、夜勤の仕事が自分に合っているのかしっかり見極めましょう。

スポンサードリンク

目次

1,夜勤の向き不向きは大切
2,向いている人の特徴や性格
3,夜勤でおすすめの仕事先は?
4,仕事を辞めたいと感じてしまったら?
5,まとめ

 

1,夜勤の向き不向きは大切

どんな仕事でも、その仕事に「合う人」と「合わない人」は存在します。夜勤の仕事ではこれが非常に大切で、夜勤が体や性格に合わないと本当に苦痛に感じます。

まず夜勤が合わない人というのは、昼間上手く眠る事が出来ず睡眠不足になってしまいます。そこから「頭痛」「めまい」などといった体調不良を起こし、さらに日頃から睡眠不足のせいでイライラ状態になります。

「給料がいいから・・」

こういった理由で夜勤を続けていれば、すぐに体を壊してしまうかもしれません。

 

時間が解決してくれることも・・・

夜勤は「慣れ」もあるので、最初から「体調が悪くなったし自分には合わない!」と決め付けるのはよくありません。実際私が知っている夜勤勤務者の方も、最初は「しんどい、辞めたい」と言っていましたが、2ヶ月もすれば「夜勤は最高。」「もう日勤には戻れない!」といった感じで、一気に心境に変化が現れていました。

最初は睡眠不足になる事が多いですが、上手く体が慣れてくると、夜勤のメリットからか日勤には戻れなくなるそうです。

 

2,向いている人の特徴や性格

それでは、夜勤が向いている人の特徴や性格にはどういったものがあるのでしょうか?順番に見ていきましょう。

 

夜型人間

毎日夜更かしばっかりしている人は、夜勤に向いていると言えます。日頃から夜型の生活を送っており、朝起きるのが苦痛に感じる人は夜勤も難なくこなせる可能性が高いです。

例えば休みの日であれば朝まで起きており、朝から睡眠を取り昼過ぎや夕方まで平気で寝ていられる人。こういった方は既に夜型の生活を送っているので、そのまま夜勤にも順応できるでしょう。

 

いつでもどこでも寝れる人

私は結構神経質な方で、物音がしたり外が明るいと眠れません。逆にどんな状況でも寝れる人っていますよね。いくら物音を立てても起きないし、目覚ましがならなければ何時までも寝ていられる人です。

こういった方は夜勤で仕事が終って、朝からの睡眠であっても普通に眠れることがほとんどです。

昼間って子供の声や車の騒音など、意外と夜とは違い物音がします。太陽の光も気になりますよね。カーテンを閉めればいいのですが、やはり多少は光が漏れるし寝付きが悪くなります。

物音や光で眠れない人は、夜勤を始めると急に寝不足になる恐れが高いです。こういった方は夜勤には向いていません。

「アイマスク」や「耳栓」を使用することで、改善されることもあるので試してみましょう。

・「アイマスク」を探す

・「耳栓」を探す

 

お金のために頑張れる人

やはり夜勤を心から楽しめる人の特徴は、お金が好きということです。夜勤をしていれば夜勤手当がもらえるし、短時間で日勤以上に稼ぐ事も可能です。

私が以前働いていた職場では、日勤勤務者と夜勤勤務者では1,5倍近く給料が離れていました。お金をたくさん稼ぎたい人や、短時間で稼ぎたい人であれば、ちょっとくらい辛くても夜勤を頑張れるのではないでしょうか?

 

マイペースに仕事がしたい人

夜勤は基本的に少数か1人での勤務になるので、自分のペースでゆっくり仕事をすることができます。1人でのんびりと仕事をしたい方は、夜勤には向いているでしょう。

逆に人とコミュニケーションを取りながら、「達成感」などを求めている方は夜勤はおすすめしません。

 

プライベートでどこにでも出かけたい人

夜勤をしていると朝帰ってきてそこから睡眠を取っても、昼間ある程度行動することができます。買い物や遊びに行くにしても、平日なのでどこに出かけても空いています。

昼間活発に行動したいという性格の持ち主であれば、夜勤はピッタリの職業かもしれません。

 

1人暮らしの人

家族がいる方であれば、夜勤は基本的にオススメしません。何故かと言いますと、生活が逆転するので、家族との時間がなくなってしまうからです。逆に1人暮らしであれば誰とも合わせる必要がなく、好き勝手できるので夜勤はオススメです。

 

人間関係が苦手な人

人間関係が苦手な性格の人も、夜勤に向いています。夜勤であれば煩わしい人間関係がほとんどなく、会ったとしても朝帰る時や出社する時程度。

夜は人と関わる事もなく、もくもくと機械の作業を行うだけです。寂しいといえば寂しいですが、接客などで疲れてしまった人にとっては天国に感じるかも・・・

 

スポンサードリンク

3,夜勤でおすすめの仕事先は?

それでは次に、夜勤でおすすめの仕事先について見ていきましょう。もしこれから「夜勤の仕事に就きたい」と考えているひとであれば、参考にしてくださいね。

 

工場職

夜勤の定番といえば、「工場職」です!3交代や2交代など勤務体制はバラバラですが、最近では機械を24時間動かす会社も出てきており、夜勤業務が増えています。

私が知っている工場では、どこも夜勤では上司がおらず、とっても快適に働いているイメージです。あまりサボるのはよくありませんが、多少休憩を長く取ってしまっても、誰もいないのでバレる心配もありません。

工場職の夜勤は自分のペースで働くことが出来て、上司もいないのでストレスフリーで働けるのでオススメです。さらに給料にも夜勤手当が付き、通常の「1.25倍~1.5倍」まで跳ね上がることが多いです。

 

コンビニ・カラオケなどのバイト

飲食店などのバイトでも夜勤は多いです。夜中であればお客さんの数も少なくなるので、日中の仕事よりは楽に働くことができます。しかし深夜の飲食店は、酔っ払いや癖のあるお客さんも多くいい事ばかりではありません。

工場職のように自分のペースで、ストレスフリーで働くことは難しいでしょう。

 

看護師

看護師の夜勤はとっても大変です。まず少数で患者さんを全員見なくてはいけないので、責任感も出てくるし「サボる」「ゆっくり仕事する」などは決して出来ません。

患者さんによっては夜中徘徊しだす人もいるし、常に気を張っておく必要があります。もちろん給料はいいのですが、それ以上に眠い中でプレッシャーや責任感も強く感じるので疲れてしまう人も多いです。

眠いからといって処置にミスが出れば大問題ですからね。

 

警備員

警備員の仕事も夜勤ではおすすめの仕事先です。多少警戒しておく必要はありますが、何か事件や事故が起こるケースはほとんどありません。警備員の夜勤であれば、定期的に見回りをして防犯カメラでの監視を続ける程度。

1人か2人体制で警備する事が多く、こちらもストレスフリーで働けます。深夜の警備員も給料が割り増しになることがほとんどです。

 

4,仕事を辞めたいと感じてしまったら?

夜勤の仕事がもう嫌になってしまい、転職を考えているのであれば「転職エージェント」を使うのがオススメ。転職エージェントであれば、今の仕事を辞めずに転職活動が行えます。

「仕事を辞めて転職活動をする」といったリスクがないので、余裕を持って新しい仕事場を探せます。

 

リクナビネクストに登録する

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


 

リクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】


 

MIDASで仕事の面接オファーを受け取る

MIIDAS(ミーダス)で無料登録を行えば、自分の適正に合った「仕事の面接オファー」を受け取ることができます。

自分の適性を入力するだけで、自分に合った就職先を探してくれるので助かります。さらに自分の市場価値やおおよその年収も知ることができます。5分で出来る無料診断なので、試してみるだけでも楽しいですよ。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!


 

サプリメントを摂る

夜勤で不眠が続く方であれば、サプリメントを摂取するのもオススメ。不眠で睡眠剤などを使う方もいらっしゃいますが、睡眠剤は医師の処方箋がないためあまりオススメしません。睡眠薬は無理やり薬の力で寝ることになるので、一時的な対策に過ぎません。

さらに飲みすぎると癖になり、睡眠薬なしで寝る事が難しくなります。「北の大地の夢しずく」であれば、アスパラガスから抽出した休息サポート成分が安眠効果を引き起こしてくれます。

食品から抽出する成分だから安心して使う事ができます。

通常定期¥3790円 お試し定期¥3411円

『北の大地の夢しずく』

1日あたり107円というリーズナブルな価格帯なので、夜勤で眠れない場合は試してみてもいいかもしれませんね。

 

5,まとめ

以上です。今回は、夜勤に向いている人の性格や特徴、おすすめの仕事や転職方法についてご紹介しました。夜勤は向き不向きが大きく分かれる仕事です。

夜勤の仕事が向いている性格の人は、毎日の仕事がストレスフリーで楽に感じるでしょう。逆に向いていない人であれば、睡眠不足に陥り体調を崩す恐れがあります。

最初のうちは夜勤がしんどく感じても、1ヶ月~2ヶ月程度で慣れて楽に感じる場合もあるので、少し続けてみてもいいかもしれませんね。

「すぐに夜勤を辞めたい!」このように感じる場合であれば、転職エージェントに早めに登録して新しい転職先を見つけましょう。

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*