会社員が給料や年収を上げる方法とは?出世、副業、転職

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
turn-on-3020730_960_720

仕事の給料が安くて辛い思いをしていませんか?「もう少し給料が多かったらいいのにな・・」このように感じている会社員の方は多いです。そこで今回は、給料や年収を上げる方法についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

目次

1,残業や休日出勤をする
2,資格を取る
3,昇進する
4,歩合制の仕事に転職する
5,会社に昇給の交渉をする
6,管理能力をつける
7,自分しかできない仕事を作る
8,副業を始める
9,転職する
10,まとめ

 

1,残業や休日出勤をする

会社員が給料を簡単にアップさせるには、「休日出勤」や「残業」がありますね。シンプルに働く時間を増やして、その分給料を上げるだけです。

残業や休日出勤は会社によって、規定が様々です。忙しく景気がいい会社であれば、いくらでも残業させてもらえますが、逆に経費削減している会社であれば、無駄な残業を繰り返せば怒られるし最悪残業代をもらえないこともあります。

残業や休日出勤をたくさん行うには、自分で仕事を上手く調整したりバランスを取る事が大切です。仕事が出来る人であれば、わざと少し力を抜いて仕事をして、残業に回すといった方法も取れます。

ブラック企業や残業代をケチる会社ですと、「残業」や「休日出勤」で年収を上げることは難しいです。

 

2,資格を取る

仕事には様々な「資格」が存在します。資格を取って給料を上げたい場合は、一度下調べしておくことをオススメします。

意外と知らないだけで、職種ごとに取れる資格は多くあります。自分が働いている職場で有利になる資格はあるか調べて、その資格を取ったことで給料が上がる可能性はあるのか上司に聞いてみましょう。

せっかく頑張って資格を取っても、無意味に終ってしまうケースもあるので上司に確認しておくのがベストでしょう。

 

スポンサードリンク

3,昇進する

とにかく仕事を頑張って昇進することで給料を上げる事は可能です。しかしこれも職場によって大きく左右されますね。IT関連など勢いのある会社であれば、仕事で成功を収めて出世して給料を大幅に上げることは可能です。

しかし昔ながらの安定した会社や普通の中小企業に勤めていれば、5年掛かって数万円上がればいい所。仕事を頑張って成果を出した所で、すぐに給料が上がるわけでもないのでモチベーション維持が大変です。

昇進して給料アップしたければ、勢いのある若い企業に入社することです。そういった会社では実力主義なことがほとんどなので、頑張りや成果に応じて給料を上げてもらえます。

 

4,歩合制の仕事に転職する

頑張りや結果次第で給料を上げるには、「歩合制」の仕事に転職するのが手っ取り早いです。これには営業や販売業などが上げられますが、業種選びには注意しましょう。

「アパレル」などはノルマをクリアした所で、直接的に給料は上がりません。たくさん販売する事で、上司からの評判が上がり昇進することは可能ですが、すぐに給料が上がるかといったらそうでもありません。

逆に保険の営業マンや車の営業マンなどは、契約を取れば取っただけ給料アップすることが多いです。実際にできる営業マンですと、普通の営業マンの何倍も給料を貰っていることもあります。

最初にしっかりと歩合制の制度が整っているか確認をしてから、転職したほうがいいですね。会社によっては、実績がそこまで給料に影響しないこともあります。

 

5,会社に昇給の交渉をする


「今の仕事は自分しか出来ない」
「現在の給料以上の仕事をしている」
「上司に好かれている」

上記のように感じているのであれば、直接昇給の交渉をしてみてもいいと思います。日本人は交渉がとっても下手です。給料は上司が上げてくれるのを待つだけだし、いつまで経っても自分から行動を起しません。

これはとってももったいないことです。アメリカでは積極的に賃金アップの交渉をするし、実際交渉で給料が上がっています。

しかし給料に見合った仕事をしていなかったり、いくらでも代わりがいるような状況では、「じゃあ辞めてくれていいよ」ってなっちゃいますから、自分の立場などをしっかり確認した上で交渉してみましょう。

「子供ができて生活費が厳しい・・」
「家のローンで生活費が間に合わない。」

このように、給料アップで上司が納得できるような理由があると有利ですね。

 

6,管理能力をつける

給料を上げるには昇進する必要があります。これはただ仕事ができるだけではダメです。昇進するにはマネジメント力、つまり管理する能力があると有利です。

例えば進んで仕事仲間を統括したり、周囲のスケジュール管理をするなど。こういった管理能力が備わると、上司も仕事を一任できるので「リーダー」や「課長」といった管理職につけます。

周囲を気にせず自分のペースで仕事を行っているだけでは、どれだけ仕事が出来ても評価が上がるだけで出世することは難しいです。

 

7,自分しかできない仕事を作る

「自分がいないと仕事が回らない」
「この仕事は自分にしか出来ない」

このような状況を作り出せると会社でも重宝されますので、給料面でも交渉がしやすいです。こういった人物ですと上司も辞められては困るので、大幅な給料アップは難しくても多少の昇給は考えてくれます。

 

8,副業を始める

会社員が仕事をやめずに年収をアップさせるには、やはり副業を始めるのがオススメです。昇進や昇給はどうしても時間が掛かるし、すぐに給料を上げたい場合にはオススメできません。

副業であればやり方次第では、1年程度で稼げるようになる人も多いです。仕事に努めながら、月に5万、10万程度の副収入を得る事はそこまで難しくありません。

ただしそれなりに努力と根性は必要なので、本気でやる気がある方以外は失敗するでしょう。

 
「オススメ副業1:ネットショップ」

私も現在のネットショップを始める初期段階では、工場で務めながら運営していました。ネットショップといってもオークションなどをメインに販売しており、副業のときでも月に40万円程度は稼いでいました。

さすがに月に50万、100万となると副業では厳しくなってきますが、40万程度まででしたら全然運営できます。

副業でネットショップを始める場合は、副業としても運営できるショップを選ぶ事が大切です。「楽天」などは売上は作りやすいですが、開業届けや固定電話が必要なので副業としては厳しいです。(※日中の電話対応も必要になってきます)

アマゾンであれば登録電話番号は、携帯電話でもOKだし最悪電話に出なくても運営できます。(個人で出品している方も多いため)
他にもヤフーのオークションを使ったりと、副業でも販売できる場所はたくさん存在します。

ネットショップを始める場合は、仕入れサイトだけは確保しておきましょう。私が実際使っている仕入れサイトを載せておきます。

NETSEA(ネッシー)

NETSEA(ネッシー)
NETSEA(ネッシー)

登録はコチラから
ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)

ネットショップでの仕入れサイトを行うなら、ネッシーに登録しておきましょう。圧倒的な商品数を誇り、さらに登録は無料。書類なども必要なく、すぐに登録して仕入れる事が可能です。もちろん開業前の個人でも登録ができます。費用も完全0円ですのでリスクなしで仕入れられます。

【関連記事】・ネットショップの仕入れサイトや卸サイトを大公開!アパレル、雑貨etc・・

 
「オススメ副業2:投資」

投資と言っても株式やFXは難易度が高く、初心者が始めても稼ぐどころか損をする確率の方が高いです。個人的にオススメなのは、暗号通貨(仮想通貨)への投資ですね。ビットコインなど様々な通貨が存在しますが、現在はどの銘柄も軒並み上がり続けています。

どこかのタイミングで下落しますが、しばらくは今のような相場が続くのではないでしょうか。仮想通貨で稼ぐ場合は、国内の取引所に登録しましょう。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

私もかなり後発で始めていますが、既に数百万円の利益は出ています。資金はかなり抑えていますが、それでもある程度の利益は出せています。

サラリーマンとして稼いだお金の一部を投資してみる価値はあります。

 

9,転職する

今の仕事の給料に不満があるなら、思い切って転職するのもオススメです。転職エージェントを使えば、仕事をやめずに転職活動が行えるのでリスクがないのでオススメです。

歩合制の営業や販売業について大きく給料アップするのもいいですし、元々の固定給が高い仕事を探してみるのもいいですね。転職エージェントを使えば、転職のプロが転職先へ給料アップの交渉などもしてくれます。

 

リクナビネクストに登録する

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


 

リクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】


 

MIDASで仕事の面接オファーを受け取る

MIIDAS(ミーダス)で無料登録を行えば、自分の適正に合った「仕事の面接オファー」を受け取ることができます。

自分の適性を入力するだけで、自分に合った就職先を探してくれるので助かります。さらに自分の市場価値やおおよその年収も知ることができます。5分で出来る無料診断なので、試してみるだけでも楽しいですよ。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!


 

10,まとめ

以上です。今回は、会社員が給料や年収を上げる方法についてご紹介しました。一度入社してしまった会社で給料を上げるのは、非常に大変です。

多少上げることはできても、大幅にアップさせることは難しいでしょう。それよりも副業を始めたり、もっと稼ぎやすい仕事に転職を考えた方がいいです。

入社前であれば転職エージェントを使って、賃金の交渉なども行えます。給料が低いと一生辛い思いをします。まずは転職エージェントに登録して、いい給料が貰える仕事がないかチェックしてみましょう。

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*