【副業】ヤフオクでお金を稼ぐ方法!私は30万程度売上がありました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
1111

オークションで副業している方って結構いると思います。参入障壁も低く誰でも手軽に始めることが出来ますからね。

スポンサードリンク

私もネットショップを開業する前は、副業でオークションを使って売上を作っていました。主に使っていたのは「ヤフオク」と「モバオク」だけです。どちらも服しか売っていませんでしたが、ヤフオクで30万、モバオクで10万程は毎月売っていました。今回はその方法をご紹介します。


目次

1,ヤフオクって売れるの?
2,オークションで売れるものアイデア集
3,副業としてもヤフオクで稼げるか?
4,ヤフオクでの売り方
5,まとめ


 

1,ヤフオクって売れるの?

ブログの過去記事のリライト作業とは?
出典:https://jp.pinterest.com/pin/573997914989391124/

私は過去にヤフオクだけでも30万以上の売上は作っていました。大体3年前ぐらいでしょうか?よっぽどのことがなければ今でも状況は変わっていないと思いますが。

ちなみに販売していたのはメンズアパレルで新品をおもに販売していました。ネット上で仕入れた商品なのですが、他にも近くの古着屋さんで仕入れて売ったりもしました。

 

2,オークションで売れるものアイデア集

 

中古品を売る

ネットショップですと中古商品を取り扱う場合免許が必要になります。しかしオークションであれば何の免許もなしで販売が可能です。これは大きなメリットですよね。

最初に自分の服を売ってヤフオクの市場調査することもできます。服が好きな人であればたくさんいらなくなった服があると思うので、それらを毎月売って副業としてお金を稼ぐことだってできます。

 

amazonやebayを使って海外商品を転売する

インターネットが普及してからは、ネット上で海外の商品を手に入れることができるようになりました。それをヤフオクで転売すると言う方法です。お店でも取り扱っていない商品を見つけられれば、ヒットする可能性だってありますね。ただ同じように稼ぐ競合は増えているので、数年前より難しくなっていると思います。

 

古本をブックオフで仕入れて販売する

ブックオフで古本を買うと、100円で売っているものがたくさんあります。そういったものをヤフオクで売ると高額が付く場合があります。ただし市場調査をすることが大事です。出回っているものであれば売れないし、単価が安すぎるのも辛いところですね。

「せどり」など呼ばれてましたが、現在副業として稼げるのかは怪しいところですね。

 

ネット上で新品の商品を仕入れて売る

ネット上でも個人に商品を販売してくれる会社はたくさんあります。商品数もかなり多く売りたい物が決まっていれば、ネット上で探してみるのが一番いいです。

私も最初は自分の服を中古販売してましたが、途中からはネット上で仕入れて売るといったやり方になりました。新品であれば売れても在庫の追加が効きますので、安定した収益を作ることができますね。

副業として安定的にお金を稼げるようになると経済的にとても助かりますね。

※関連記事
⇒ネットショップの仕入れサイトや卸サイトを大公開!アパレル、雑貨etc・・

ヤフオクで物を売る時には、便利なツールがたくさんあります。例えば、オークファンを使うと、過去10年の商品の価格を調べることも出来ます。

どの程度の価格で販売すれば売れ易いかも分かるので、是非ヤフオクを使うのなら合わせてオークファンも使いましょう。

 

スポンサードリンク

3,副業としてもヤフオクで稼げるか?

副業としてもヤフオクで稼げるか?
出典:https://jp.pinterest.com/pin/573997914989391124/

私は仕事を別でしながら、副業としてヤフオク販売をしていました。その時で30万以上の売り上げはありました。大体一日に数件は売れていたので、夕方梱包作業をして次の日の仕事帰りに出荷してました。

 

ヤフオクは個人間の取引だから副業でもOK

ヤフオクは基本的に個人間のやり取りです。それは購入者側も分かっているので、1日、2日出荷が遅れても文句は言われません。それがネットショップになると1日遅れるだけでもクレームに繋がる場合があります。

ヤフオクであれば「購入者も販売者も立場が一緒」というのが安心して販売することができますね。

 

ヤフオクはそこまで忙しくない

ネットショップと違ってお客さん対応などはあまりありません。ヤフオク上で質問のやり取りぐらいですかね。必要なことはちゃんと記載しておけば、質問すらあまり無かったと思います。ネットショップになれば電話対応も必要になってくるし、とても大変です。

 

ビジュアルオークションで出品作業も楽

私が使っていたのは確か「ビジュアルオークション」という無料のソフトだったと思います。間違えてたらごめんなさい。この無料ソフトを使えば、ヤフオクの商品を一気に再出品ができます。オークションの面倒なところは、期限が終わると再出品をしなくてはいけない所なんです。

それがこのソフトを使えば一気に再出品してくれるので、何十商品もあるとかなり時間短縮になります。

 

4,ヤフオクでの売り方

数年前にやっていた売り方なので、現在も同じような機能が備わっているか分かりません。相違がありましたらお許しください。

 

オークションの時間設定は短く

ヤフオクで販売するときはオークションの期間設定があります。1週間で締め切るのか、1日で締め切るのか。これはあまり長く設定しないほうがいいです。再出品の手間があるので長く設定する人がいるのですが、露出が減るのでおすすめできません。

ヤフオクで商品を検索したときに「検索結果の表示方法」があります。例えば、”人気順”、”安い順”などです。これに”終了時間が短い順”というものがあります。終了間際になればここに表示されるので、お客さんの流入が一気に増えます。これは凄く使えるので、出品時間を短くしてここに出来るだけ露出できるようにしましょう。

 

注目のオークション機能を使う

注目のオークションという機能がヤフオクにはついています。これはオークションの広告のようなもので、お金を掛ければ掛けるだけ上位表示がされうというものです。人商品毎にかけるもので、最低価格が10円です。確かジャンルで競合がいくらくらいで注目のオークションを掛けているか見ることができるはずです。

最低価格の10円はたくさんお金をかける人がいるので、11円などにすると費用対効果がいいですね。この機能も私は毎回使っていました。

 

ヤフオクでは写真が命

ネットショップであればお店のファンなどがいますが、ヤフオクでは商品のみが導線となります。そこから出品者の情報を見ることはありますが、基本的には欲しい商品を見つけて購入します。さらに載せられる情報も少ないので、商品の写真が一番大事です。一枚目の写真がいい感じに撮れていると、勢いよく売れることもあります。

服を少し細身に見えるように撮ったり、色合いを鮮やかにして画像を作ったり。実物と違ってしまうとクレームに繋がるので気をつけましょうね。ハンガーにかけて撮影する場合でも、テープなどを使って綺麗な形のまま撮影するといいですよ。写真一つで”稼げるか、稼げないか”道が分かれてくるので、必ず「欲しい」と思わせる写真を撮るようにしましょう。

 

5,まとめ

まとめ
出典:https://jp.pinterest.com/pin/573997914989391124/

現在のヤフオクの状況は分かりませんが、数年前には結構売れていました。なぜ私がやめたかというと、オークションに時間を使うくらいならネットショップに集中しようと思ったからです。オークションではやはり限界があるし、大きな売り上げを作ろうと思ったら、お店を構えなくてはいけませんからね。

副業としてお金を稼ぐつもりなら、自由に個人で販売できるオークションはとてもオススメです。もしネットショップに興味があればこちらも併せて一読ください。

 

ネットショップ出店なら楽天がオススメ!

楽天はECモールの中でも最大級の規模です。ネットショップを出店するなら、楽天は一番オススメです。資料請求は無料なので、一度料金や体制を確認してみましょう。

⇒【楽天市場】出店案内はこちら


 

ネットショッピングの仕入先はネッシーがオススメ!

ネットショッピングを運営するなら、「ネッシー」での仕入れをオススメします。
業界最大手で、ジャンルを問わず様々な商品を仕入れることが可能です。
費用は一切掛からず、開業前でも使えるのが嬉しいですね。無料会員登録すれば、商品の仕入れ価格が見れるようになります。

ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)


 

服の仕入れやオリジナルブランドを作るならイチオクネット!

イチオクネットはアパレル系に特化されたの仕入れサイトです。レディースメインですがメンズもあり、オリジナル商品の作成なども行ってくれます。登録は無料なので是非活用してください。

・アパレル仕入れならイチオクネット!





「Wowma!ワウマ」に無料出店しよう!

ワウマは現在急成長しているショッピングモールの1つ。初期費用や月額手数料が無料なので、ネットショップを運営しているのであれば出店するべきです。

【※今なら出店無料】

KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*