アパレル商品のオススメ仕入れサイト!ネットショップで服を売る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
NKJ56_Lsizenooyouhuku-thumb-815xauto-15360

ネットショップで「アパレル」は、常に人気の高い分野です。「服」が好きな方は多く、自分で商売を始めてみたいと思う方も少なくありません。私もファッション系のネットショップを運営しているので、アパレル系でオススメの仕入れ先を今回はご紹介します。

スポンサードリンク


目次

1,ネットショップの仕入れはネット上で行おう
2,アパレル系仕入れ先オススメ1:ネッシー
3,アパレル系仕入れ先オススメ2:イチオクネット
4,アパレル系仕入れ先オススメ3:スーパーデリバリー
5,まとめ


 

1,ネットショップの仕入れはネット上で行おう

アパレル系のネットショップを始めるにあたって、「仕入れ先」は前もって確保しておく必要があります。

これもすべてネット上で行えるようになったので、とても便利ですよね。

特に開業間もないのであれば、ネット上のみの仕入れ先だけで十分です。

変に海外へ仕入れなどに行くと、”失敗する”可能性もありますからね。

アパレル以外の仕入れに興味がある方は、コチラの記事を参考にして下さい。

※関連記事
⇒「ネットショップの仕入れサイトや卸サイトを大公開!アパレル、雑貨etc・・

 

ネットを使えば簡単に仕入れが出来る

一昔前であれば、仕入れといえば「東京」や「海外」に直接足を運ぶ必要がありました。

その中で卸先と1店舗1店舗契約を結び、そこからようやく仕入れをスタートさせられるといった感じです。

これは時間も掛かるし、自分からアグレッシブに行動しないといけないので、ハードルが高いです。

しかし最近では、ネットで仕入れることが可能になっています。

さらに、1つのサイトにたくさんのお店が集結してくれているので、1店舗1店舗契約を結ぶ必要がありません。

サイトに登録して、すべてのお店からすぐに仕入れを行えるようになりますからね。とても便利です。

 

ネット上での仕入れサイトをすすめる訳

私も月300万くらいまでは、ほぼネット上での仕入れのみでした。

特にファッション系であれば、「海外仕入れ」などに憧れるのも分かるのですが、これは規模が大きくなってからにしましょう。

海外仕入れとなると、数量も多くなるし「交通費」もそれなりに掛かってしまいます。

アパレルの小売業は非常に利益率がシビアな世界です。経費を増やしてしまうと、すぐに赤字になる可能性が出てきます。

ですので規模が小さいネットショップであれば、まずは費用を抑えることを考えるべきです。

 

ネット上でオリジナル商品を作ることも可能

アパレルのネットショップを始めるなら、「オリジナルの服を製作・販売したい!」という方は多いです。

これも実はネット上で行えます。

これから紹介する仕入サイトで私も実際に行っているので、是非興味があればサイトをチェックしてください。

 

2,アパレル系仕入れ先オススメ1:ネッシー

アパレル系の仕入れサイトで一番オススメしたいのが、「ネッシー」です。

DENAが運営している仕入れサイトで、仕入れ先の卸会社もたくさん入っています。

登録すれば無料で使えて、年会費なども一切掛かりません。

簡単な審査はありますが、私が登録した時は「開業前」であっても登録がOKでした。

 

ネッシーでは下調べが出来る!

仕入れサイトというのは、基本的にお店(実店舗、ネットショップ等)をすでに持っている場合でないと、使うことが出来ません。

しかしネッシーでは、開業前であっても登録することが出来ます。これには大きなメリットがあります。

開業前に「仕入れ価格」を見れるようになるので、そこからどういった商品構成にするか前もって決められます。

「若者向けにネットショップを作ったけど、いざ仕入れ価格を見たら、シニア層への商品を取り扱いたくなった・・・」

なんてことにならないためにも、先に商品の仕入れ価格をチェックしておくことは重要です。

 

メンズ、キッズ、レディース何でも揃っている

ネッシーには、どんなジャンルのアパレル商品も取り揃っています。メンズ、レディース、キッズ、ユニセックスなど様々なジャンルの商品が展示されています。

 

中国企業に注意

ネッシー上には、日本の企業以外にも、「中国企業」も商品を販売しています。

中国企業の販売する商品と、日本の企業が販売する「中国製」の商品には大きな違いがあります。

それは「品質」です。同じ中国で作られていても、日本企業が販売する中国製の服は、縫製がしっかりしています。

日本の会社が間に入ることで、縫製のチェックも厳しくなりますからね。

しかし中国企業はここら辺が少し甘い気がします。もちろんしっかりした会社もありますが、私はネッシー上で何度か縫製が緩い商品に当たったことがあります。

ネッシーを経由しているので、「返品ができない」ということはありませんが、手間と時間の無駄になるので気をつけましょう

ただ中国の会社は安く、魅力的な商品が多いのも事実です。日本に売られていないようなアパレル商品を発掘することもできるし、個性的なアイテムもたくさんあります。

私はネットショップの規模が小さい時は、たまに失敗もありましたが、中国の会社の個性的なアイテムを結構売っていました。

無料登録はコチラから
ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)


 

スポンサードリンク

3,アパレル系仕入れ先オススメ2:イチオクネット

イチオクネットはメイン商材はレディースになります。

私の場合はメンズファッションを販売していますが、実はイチオクネットも仕入れ先として使っています。

 

OEMが可能

先ほどもお話しましたが、「OEM」つまり「オリジナル商品の製造」ができるんですよね。

これは1から商品を作るので、メンズの服も作ってくれます。

最小ロットですと、30点くらいから私の場合作ってもらってます。

原価が1,000円程度であれば、1,000円×30点=30,000円でオリジナル商品が作れるという計算になります。

少し売上が出てきて、売れる商品が分かってきたら、オリジナル商品を作ることも検討してみましょう。

イチオクネットに無料登録して、お店に直接電話かメールで問い合わせてみて下さい。

「OEMを組みたいのですが、ミニマムで何点くらいから発注可能ですか?」

などと問い合わせをすればOKです。お店によって数量や金額は違いますので、何店舗かに連絡をしてみましょう。

無料登録はコチラから
アパレル仕入れならイチオクネット!



 

4,アパレル系仕入れ先オススメ3:スーパーデリバリー

最後にオススメしたいアパレル系の仕入先が、「スーパーデリバリー」です。

スーパーデリバリーも商品数が多く、様々な商品が展示されています。

ネッシーに出店していない企業もたくさんあり、アパレルだけでなく、どのジャンルのお店でも仕入先として人気が高いです。

 

やや敷居が高め

仕入の数量としては正直、ネッシーにも匹敵するくら魅力的なサイトです。

しかしやや敷居が高いのが難点で、オススメ度は上記2サイトに比べて、下がります。

なぜかと言いますと、一つ目は「月額2,000円」が掛かるところです。

ある程度売上があるお店なら、あまり気にしないかもしれませんが、開業間もないネットショップであれば気になる所です。

無料登録はコチラから
スーパーデリバリー

 

5,まとめ

ネットショップでアパレル系を始めるなら、「ネッシー」には登録しておきましょう。

オリジナル商品の製作なども考えているのであれば、「イチオク」を使ってください。

この2つに関しては、費用も全く掛からないので登録しておいてもいいと思います。

「スーパーデリバリー」については、売上がある程度拡大してからでいいです。

月額2,000円くらいの費用が全く気にならなくなってから、スーパーデリバリーにも登録して仕入先を増やしてください。

 

ネットショップ出店なら楽天がオススメ!

楽天はECモールの中でも最大級の規模です。ネットショップを出店するなら、楽天は一番オススメです。資料請求は無料なので、一度料金や体制を確認してみましょう。

⇒【楽天市場】出店案内はこちら


 

ネットショッピングの仕入先はネッシーがオススメ!

ネットショッピングを運営するなら、「ネッシー」での仕入れをオススメします。
業界最大手で、ジャンルを問わず様々な商品を仕入れることが可能です。
費用は一切掛からず、開業前でも使えるのが嬉しいですね。無料会員登録すれば、商品の仕入れ価格が見れるようになります。

ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)


 

服の仕入れやオリジナルブランドを作るならイチオクネット!

イチオクネットはアパレル系に特化されたの仕入れサイトです。レディースメインですがメンズもあり、オリジナル商品の作成なども行ってくれます。登録は無料なので是非活用してください。

・アパレル仕入れならイチオクネット!





「Wowma!ワウマ」に無料出店しよう!

ワウマは現在急成長しているショッピングモールの1つ。初期費用や月額手数料が無料なので、ネットショップを運営しているのであれば出店するべきです。

【※今なら出店無料】

KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*