メルカリ転売での仕入れ方法。プロがオススメする仕入先、仕入れサイトは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
technology-3190200_960_720

副業として人気を集めているのが、メルカリを使っての転売。メルカリ転売はちょっとしたお小遣いにもなるし、本気で取り組めば大きな収入源になります。今回はメルカリ転売を行う際の、仕入先、仕入れ方法などについてご紹介します。

スポンサードリンク

目次

1,メルカリについて
2,仕入れが肝心!
3,オススメの仕入先トップ3
4,その他の仕入先
5,仕入れる時に注意すべきポイント
6,まとめ

 

1,メルカリについて

メルカリとは無料で使えるフリマアプリです。メルカリ自体を知らない人は少ないかと思いますが、実際に副業として稼いでいる人はまだまだ少数です。

それでも中にはメルカリを使った転売だけで、「月20万円」「月50万円」と副業の枠を超えて本業並に稼ぐ人が増えてきています。

 

メルカリは過去のヤフオクに似ている・・・

私も数年前、ヤフオクを使って副業をして稼いでいた時期がありました。ちょうど今のネットショップを運営する前で、同じようにメンズアパレルをヤフオク内で販売して、月に40万円くらい稼いでいた実績があります。

今でこそヤフオクは低迷していますが、当時は商品を出品するだけで売れる状態でした。次から次へと仕入れサイトから商品を仕入れて、それをヤフオクでオークション販売していました。

メルカリはオークション形式ではありませんが、現在知名度が高まっており、昔のヤフオクのような状態にあると思います。たくさんの人が使っているので、物を販売すれば売れやすいのは間違いありません。

 

2,仕入れが肝心!

どんな商売も同じですが、ネットで物を販売する時は”仕入先の確保”が非常に大切です。常にネット上で仕入れられるような状況を作っておけば、それを横流ししていれば、利益を抜く事ができます。

反対にやってはいけないのが、単発で商品を売ること。例えば自分の私物をメルカリで売る場合ですが、1点物なので1つ売ったら販売終了となってしまいます。

次々に売れるものがあれば良いですが、1つ1つ商品画像を作って、商品説明文を作成しなくてはいけません。これって手間が掛かるし、安定的な収入には繋がりませんよね。

しかし売れる商品を常に仕入れられるような、仕入先があったらどうでしょうか・・・?

1回商品画像や商品説明文を作ってしまえば、”売れたら仕入れる”を繰り返すだけでOKです。仕入先を確保する事により、無駄な手間がなく利益が入る仕組みを確立できます。

 

まずは仕入れサイトに登録してみよう!

「ネッシー」や「イチオク」といった仕入れサイトは、無料登録するだけで使えます。開業前の個人でも使えるので非常にオススメ。

まだメルカリで売りたい商品が決まっていないのであれば、仕入れサイトを見て、どんな商品が販売されているのかチェックしてみましょう!

ネッシーやイチオクの登録方法やその他疑問点については、下記の記事で詳しく説明しているので併せてチェックして下さい。

【関連記事】
・ネッシー(NETSEA)での仕入れ方法。仕入れサイトは個人でも使える?
・アパレルの仕入れならイチオクがおすすめ!個人でも仕入れは可能?

 

スポンサードリンク

3,オススメの仕入先トップ3

私はメンズファッションのネットショップを経営しており、これまでに数多くのショップの運営経験があります。様々な仕入れチャネルを持っているのですが、その中でもオススメの仕入れサイトトップ3をご紹介します。

仕入れサイトで良い商品を見つけられると、安定的な収入源となります。メルカリで副業として「月に20万」「月に50万」稼ぐ事は可能なので、是非トライして下さいね!

 

オススメ仕入れサイト1:ネッシー

ネットショッピングを運営するなら、「ネッシー」での仕入れをオススメします。業界最大手で、ジャンルを問わず様々な商品を仕入れることが可能です。
費用は一切掛からず、開業前でも使えるのが嬉しいですね。無料会員登録すれば、商品の仕入れ価格が見れるようになります。

ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)

 

オススメ仕入れサイト2:イチオクネット

「イチオクネット」には、レディースファッションやメンズファッションの商材が多く販売されている仕入れサイト。オリジナル商品の製造ができ、雑貨なども多数展示されています。

ネットでは出回っていない商品もあるので、ネットショップ運営には欠かせません。

アパレル仕入れならイチオクネット!


 

オススメ仕入れサイト3:TOPWHOLE(トップホール)

「トップホール」は、ファッション専門の仕入れサイト。韓国系ファッションやアクセサリなど、トレンド品を安く仕入れる事が可能です。どんどん仕入れられる商品数も増えているので登録必須です。

TOPWHOLE公式サイト

TOPWHOLE

※関連記事
⇒アパレル商品のオススメ仕入れサイト!ネットショップで服を売る!
⇒ネットショップの仕入れサイトや卸サイトを大公開!アパレル、雑貨etc・・

 

4,その他の仕入先

メルカリ転売で仕入れるときは、仕入れサイトを使って安定的に稼ぐのが一番です。しかし初期段階であれば、1点物を仕入れて販売して、コツや容量を掴むのもOKです。

続いては仕入れサイト以外での、仕入先をご紹介します。私も仕入れサイトを利用する前は、こういったチャネルを使い仕入れを行っていました。

 

古着屋、中古ショップからの仕入れ

近所の古着屋や、中古ショップなどは意外とオススメです。中にはブランド品でも、状態が良く安価な価格帯で販売されているものがあります。そういった商品を購入してメルカリで転売すれば、利益を得られます。

余談になりますが、私の知っている経営者の方は、当時古着屋で大人買い(ここからここまで下さいといった感じ)をして、それをすべてヤフオクで販売していました。

月に100万以上稼がれていましたが、凄いことですよね。

古着を転売する時は、古着サイトがオススメです。ベクトルには古着が激安価格で販売されているので、仕入れにも使えます。

【公式サイトはコチラ】
ブランド古着通販ベクトルパーク<中古ブランド品も充実>

古着屋さんにはお宝が一杯

古着屋に売っている商品って、結構個性的なものがあるんですよね。ネット上では販売されていないようなデザインも多く、そういった商品は値段がある程度高くても売れる傾向があります。

他にも有名ブランドが低価格で販売されているのもザラにあります。色々な古着ショップを回ると、お宝がたくさん見つかりますよ!

 

激安ショップからの仕入れ

他にも近所の激安ショップから仕入れるのもオススメ。私の場合はアパレル系だったので、「しまむら」などの商品が意外と売れました。近所の雑貨屋さんや輸入商品を扱っているようなショップでもOKです。

とにかく値段が安く、メルカリで転売しても売れそうな商品を見つけてください。

 

アマゾンやヤフオクからの仕入れ

アマゾンやヤフオクなどネット上には激安で商品が販売されています。商品によっては、仕入れサイトよりも低価格で販売されていることもありますね。

アマゾンやヤフーには数千万単位の商品が販売されており、国内外のアイテムがボタン1つで手に入ります。これだけの商品数があれば、メルカリ内で他の出品者と被る恐れも少ないので、安心して販売できますね。

 

海外買い付け

メルカリを通して売上が伸びてきたなら、海外買い付けも視野に入れてもいいかもしれません。中国や韓国には、それこそ問屋街が多く存在するので、激安な商品をたくさん仕入れられます。

海外買い付けをするとなると、それに伴う交通費や商品を送る運賃などが費用として掛かります。余程の売上が無い限りは、赤字になる可能性が高いのでオススメしません。

 

見本市・展示会に足を運ぶ

シーズンごとに見本市や展示会が都心部では開かれています。地方では開かれませんが、東京や大阪では頻繁にやってますね。こういった場所に足を運び、仕入れ商品を探すのも1つの方法です。

これらは卸会社が小売業者に向けて行うイベントで、そこから新しい仕入先を開拓していけます。1つの会場に数十社集まっていることがほとんどで、一気にたくさんの仕入先の話を聞くことが出来ます。

見本市であれば「ジェトロ」に情報が載っていますので、確認してみるといいかもしれませんね。

・ジェトロ(世界の見本市・展示会情報)

アパレル系の展示会であれば「ファッションワールド」などは私も実際に行ってました。一応日本で最大のファッション総合展と言われています。

・ファッションワールド東京

色々なジャンルの展示会であれば、「東京インターナショナル・ギフト・ショー」も外せません。

・インターナショナル・ギフト・ショー

 

5,仕入れる時に注意すべきポイント

転売で稼ぐ時に大切なのは、仕入額と販売額からいかに利益を抜くかです。仕入れる時に注意するポイントは、「高単価」「利益率」の2点です。

 

単価が高い、利益率が高い商品を選ぶ

【悪い例1】販売額100円ー仕入れ額10円=利益90円 
【悪い例2】販売額10000円ー仕入額9000円=利益1000円 

例1は利益率は良いのですが、商品の単価が安すぎます。これでは何百点、何千点と売らなければいけないので、無駄な労力が掛かるためオススメしません。

例2は単価は高いのですが、利益率が悪すぎますね。例えば2点仕入れて1点売れ残った場合、完全な赤字になってしまいます。

従って良い仕入れ例は、下記のような仕入れ方です。

【良い例1】販売額10000円ー仕入れ額1000円=利益9000円

このように単価が大きく、利益も大きく抜けるものを販売するようにして下さい。これだけの利益率があれば、仮に在庫が売れ残っても赤時になるリスクを抑えられます。

 

定期的に仕入れられるものを選ぶ

自分の持ち物や中古ショップからの転売だと、どうしても単発的な販売になってしまいます。先ほども申しましたが、メルカリ転売で安定的な収入を得るためには、常に供給できる商品を選ぶこと。

メーカー側が定番商品として取り扱っているものであれば、「売れたら仕入れる」という流れを作る事ができます。

 

マスよりニッチ向け商品を選ぶ

インターネットを使って商品を販売する時、マス向けの商品よりも”ニッチな商品”を選ぶのがオススメです。ニッチな商品とは言い方を変えると、少しマニアックな物。

他での取り扱いが少なかったり、珍しい商品のことですね。こういった商品は競合が少ないので、個人販売でもまだまだ成功のチャンスを秘めています。

反対にマス、つまり一般的に人気の商品は、すでに大手や特定の販売者が市場を独占している傾向があるため、個人が新規で参入するのが難しいです。

 

ジャンルを固める

ネットショップやオークションも同じですが、ジャンルを決めず、どんな商品でも販売するのはオススメしません。「この人はこういった商品を売っている」というのが明確に意識付けできるように、ジャンルを絞って販売するのがオススメです。

関連した商品の取り扱いが多ければ多いほど、商品同士での相乗効果が期待できます。そのためには「メンズアパレル」「レディースアパレル」というように、ジャンルを固める必要があります。

メルカリ転売の初期段階であれば、色々な商品を販売してみて、何が売れるのか市場調査を行ってみるのはOKです。最終的にジャンルを絞ればいいという事です。

 

仕入先は常に開拓しよう!

メルカリやネットショップを使って稼ぎ続けるためには、常に新しい仕入先を開拓し続ける必要があります。同じ商品や似た商品ばかり販売していると、売上がどこかで頭打ちとなります。

常にアンテナを張って、良い仕入先がないのかチェックしておきましょう。

 

6,まとめ

以上です。今回はメルカリ転売での、「仕入れ方法」や「仕入れサイト」についてご紹介しました。メルカリは副業としても大人気です。

メルカリを使って月に20万、50万稼ぐ人は大勢いらっしゃいます。メルカリで安定的な売上を作るためには、仕入れサイトを開拓する事は必須事項となります。

私物や中古品を購入してくると、どうしても1点物になるので、毎回写真や商品説明を考えなくてはなりません。さらに商品によって売上にバラツキも出てきます。

しかし仕入れサイトで売れる商品を見つけてしまえば、”売れたら仕入れる”を繰り返すだけなので、安定的な副業収入となります。

是非今回ご紹介したサイトに登録して、メルカリで売れる商品を見つけて下さいね!下記の記事では”メルカリで稼ぐコツ”についてご紹介しています。

【関連記事】
・副業メルカリで稼ぐコツや方法!主婦、OL、サラリーマンにオススメ

 

ネットショップ出店なら楽天がオススメ!

メルカリやオークションを使っての転売は、副業としては大人気です。しかしそれよりもさらに稼ごうと思うなら、ネットショップを運営するのが一番効率的です。

私はネットショップを多いときで5店舗以上複数運営しており、月に1000万円程稼いでいました。その中でも楽天市場は売上規模が大きいのでオススメです。

ネットショップで成功するためには、楽天市場への出店は必須です。資料請求は無料で行えるので、一度料金や体制を確認してみましょう。

【楽天市場】出店案内はこちら


【関連記事】・古着屋を開業したい!必要な資金や資格について

   

服の仕入れやオリジナルブランドを作るならイチオクネット!

イチオクネットはアパレル系に特化されたの仕入れサイトです。レディースメインですがメンズもあり、オリジナル商品の作成なども行ってくれます。登録は無料なので是非活用してください。

・アパレル仕入れならイチオクネット!





「Wowma!ワウマ」に無料出店しよう!

ワウマは現在急成長しているショッピングモールの1つ。初期費用や月額手数料が無料なので、ネットショップを運営しているのであれば出店するべきです。

【※今なら出店無料】

KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*