「社長を辞めたい!!」と感じた時に、私が取った行動。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop]

「社長」という響きに憧れて、実際に会社を立ち上げる人は大勢いらっしゃいます。しかしほとんどの人は、途中で挫折したり、倒産せざる負えない状況に追い込まれてしまいます。

スポンサードリンク

ちなみに創業してから10年後に会社が残っているのは、全体の3%程度と言われています。

ようするに97%の会社は、創業して10年以内に倒産しているという事になります。実際に私も会社を創業して、8年くらい経ちますが、これまでに「社長を辞めたい!」と感じる時は何度もありました。

現在は1人社長で自由に楽しくやっていますが、一時は社員を抱え、社長業というもの自体が嫌になっていました。

今回の記事は私の実経験を元に書いています。社員が数百名いる大きな会社の社長の話ではなく、社員数名の小規模な会社の話しです。

小さい会社の社長であれば、参考になる事も多いかと思います!

目次

1,社長を辞めたいと感じる理由について
2,社長を辞めたい場合の対処法3つ
3,本気で辛いなら、社長業を続けるべきではない!
4,会社員に戻るなら転職エージェントを使ってみよう
5,社長を辞めたい時の対処法のまとめ

まず簡単に私の自己紹介から。

私はネットショップを個人でスタートさせて、社員4名の小さな会社を経営しておりました。年商で1億円程度の本当に小さい零細企業です。「会社を大きくしたい!」という思いが強く、当時はがむしゃらに頑張っていました。

そんな中で感じたのが、「自分には社長業は向いていないのではないか・・・?」という疑問。

昔から人をまとめるというよりは、むしろ1人が好きな一匹狼タイプでした。人と接するのがあまり得意でなく、社長業のような人をマネージメントするような力は一切ありませんでした。

社員を抱えるようになると、少しずつ自分の限界を知るようになり、「社長を辞めたい・・」「人のマネジメントは自分には無理」このように考えるようになりました。

現在は従業員なしで、会社を1人で運営しています。自分の時間があるし、お金にも少しずつ余裕が出てきたので、今はとても幸せです。

 

1,社長を辞めたいと感じる理由について

まずは一般的に言われている、「社長を辞めたい」と感じる理由をいくつかご紹介します。社長を辞めたくなる理由には以下のようなものが存在します。

【社長を辞めたい理由】
●会社の業績が悪い、資金繰りが厳しい
●社員のマネージメントが大変
●仕事量が多すぎる
●自由がない
●仕事のプレッシャー、重圧

 

社長を辞めたい理由1:会社の業績が悪い、資金繰りが厳しい

社長業をやっており、もっとも辛く仕事を辞めたくなるのは「仕事の業績が悪い時」です。会社自体の業績が悪いと、資金繰りが厳しくなり、毎日胃がキリキリする状態が続きます。

「今月、従業員の給料は払えるか?」「取引先への支払いは行えるか?」こういったお金の面での苦労ですね。

仕事を軌道に乗せるまではもちろんだし、軌道に乗せてからも数字が伸び悩む時があります。このような時期は毎日資金繰りに悩まされます。

私の場合「小売業」でしたので、利益率が悪く、特に資金繰りには苦労しました。

 

社長を辞めたい理由2:社員のマネージメントが大変

社長は社員のマネージメントも行う必要があります。業績が良くないのに「給料を上げてくれ!」という社員の対応、遅刻ばかりする社員への注意、その他社員の悩みや愚痴を聞いてあげる、などなど。

マネージメント力のある社長であれば、難なくこなせるのかもしれません。しかし私の場合は人付き合い自体が得意でないため、社員をマネージメントするのに疲れてしまいました・・・。

 

社長を辞めたい理由3:仕事量が多すぎる

社長業はとっても大変です。椅子に座って仕事を全部部下に任せられるのは、成長して体勢が整えられた大企業の社長だけです。社員数名の零細企業の社長であれば、自分で出来る仕事は全て自分自身で行わなければいけません。

本業はもちろんですが、事務作業や雑務も全て社長である自分が行います。その上、社員のマネージメントや売上を伸ばす事を考えていたら、時間がいくらあっても足りません。

零細企業の社長は、本当に忙しいです・・・。

 

社長を辞めたい理由4:自由がない

社長って思っているほど自由な時間がありません。

私も以前は「社長になれば、自由に出かけられる。」「好きな時に旅行にいける!」なんて考えていましたが、実際にはやる事が多く、それどころではありません。

さらに従業員からの「視線」も気になる為、自分だけ仕事を休んで遊んでいる訳にはいかないんですよね。

気を使いすぎなのかもしれませんが、私の場合は新婚旅行で2週間休むだけでも、社員からの視線が非常に気になりました。

 

社長を辞めたい理由5:仕事のプレッシャー、重圧

小さな会社では、社長の努力が会社の業績に直結します。社長が頑張らなければ、会社が倒産するのは間違いありません。

ようするに社長である自分自身の手に、「従業員」「従業員の家族」「自分の家族」の生活が全て掛かっているという事。これは相当なプレッシャーです。

他にも様々な会社と取引をしたり、銀行での借り入れなど、社長は普通の会社員に比べて、責任の大きな仕事をこなさなければいけません。

こういったプレッシャー重圧に押しつぶされて、社長業を辞める方も多くいらっしゃいます。

 

2,社長を辞めたい場合の対処法3つ

社長が辛くて辞めたい場合、とるべき対処法は3つあります。

【社長を辞めたい場合の対処法】
●社長業を辞めて普通の仕事を探す
●社長業を他の人に任せる
●一人社長になる

基本的にはこの3つがオススメ。社長の仕事を無理して続けると、必ず体を壊すか精神的にやられます。社長業はそれくらい大変な仕事です。本当に辛いなら今の状況を変える必要があります。

 

社長を辞めたい場合の対処法1:社長業を辞めて普通の仕事を探す

「社長業を辞めて普通の仕事を探す」これがもっとも楽で、プレッシャーやストレスからすぐに解放される方法。ようするに普通の会社員に戻るという事ですね。

会社員に戻れば「売上を伸ばさなければいけない!」「お金が支払えない!」「従業員のマネージメントを行わなければいけない!」こういったストレスから解放されます。

やはり人を雇って仕事をするよりも、人から雇われた方が気持ちは楽です。

 

社長を辞めたい場合の対処法2:社長業を他の人に任せる

社長業が辛いと感じるのであれば、その仕事を他の人に任せる事もできます。仕事を任せられそうな人を見つけて、自分は社長業から退くという事ですね。

これには「人を見る力」が必要になります。力のある人を見つけられれば、自分で社長業をやる以上に成功できる可能性があります。これが出来る人が、何だかんだ一番会社経営に向いてるのかも知れません。

 

社長を辞めたい場合の対処法3:一人社長になる

ちなみに私が選択したのはこれです。会社は潰さずに存続させ、人を雇わなくて良い仕事にシフトチェンジしました。

ネットショップで利益を出そうと思うと社員が必要ですが、ブログやアフィリエイトであれば個人でも稼ぐ事は可能です。

私の場合は従業員がいなくなってからは、ネットショップは在庫処分程度に考えて、ブログに力を注ぎました。

結果としてネットショップ時代以上に稼げるようになりました。インターネットを使えば、一人でも中小企業並に稼ぐ事ができます。一人であれば人間関係に悩まされないし、社員のマネージメントも必要ありません。

 

スポンサードリンク

3,本気で辛いなら、社長業を続けるべきではない!

本気で社長を辞めたいと感じているならば、無理して続けるべきではありません。

従業員を雇ってしまっていると、確かに簡単に社長を辞める事はできません。しかしそんな状態で仕事を続けていても、遅かれ早かれ仕事がダメになるか、自分自信がまいってしまうだけです。

【仕事自体は好きだけど、人のマネージメントが苦手】
⇒一人社長がオススメ

【社長の仕事自体が嫌い】
⇒普通の会社員に戻りましょう

【仕事は嫌い、だけど従業員のマネジメントは好き】
⇒社長職を誰かに任せましょう

私の場合は一番上に該当したので、一人社長として仕事を続けています。自分の性格を理解して、どの道に進むのか決めてください。

 

4,会社員に戻るなら転職エージェントを使ってみよう

社長業に向かない人は続けても辛いだけです。普通の会社員に戻り、企業で活躍したほうが、よっぽど幸せになれます!

会社員に戻ろうと考えているのであれば、「転職エージェント」の利用をオススメします。

転職エージェントを使えば、全国の優良求人をチェックできます。自分に合った仕事を探したいなら、是非利用してみてください。

続いては私がオススメする転職エージェント3社をご紹介します。どのサービスも大手が運営しているので、信頼と実績があり安心して利用できます。

簡単な無料登録を行うだけで、すぐに利用できるようになります。

 

転職ならリクルートエージェント(転職エージェント)


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

既卒、フリーターの方にオススメしたいジェイック


【公式サイト】
就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

ジェイックを使えば、無職やフリーターの方でも正社員として就職できます。こちらの転職エージェントでは、既卒やフリーターの方を積極的に支援しています。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

【ジェイックの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

非公開求人が多いマイナビエージェント


【公式サイト】
マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国展開する転職エージェントです。リクルートエージェントに比べると求人数が少なく、やや規模は小さめとなります。

ただし8割以上が非公開求人となっており、他のエージェントでは見つからない求人が多数載っているので、別の転職エージェントと併用して使うのがオススメです。

20代の若手に対して積極的にサポートを行っており、「20代既卒」や「20代社会人」であれば手厚いサポート体制が期待できます。

【マイナビエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,社長を辞めたい時の対処法のまとめ

以上です。今回は「社長を辞めたい!」と感じた場合に、とるべき対処法についてご紹介しました。実際に私も社員を抱えている時は、プレッシャーや社員のマネージメントに疲れ果てていました。

そんな時に私が取った行動は、一人社長で仕事を続けていく道。

私の場合、人のマネージメントは苦手ですが、会社の売上を伸ばすのは好きでした。ですので結果として一人社長になって良かったと思っています。

社長業が嫌になった場合は、自分の向き不向きを理解して道を決める必要があります。従業員のマネージメントが得意なのであれば、本業は別の人に任せても全然OKです。

売上を伸ばす事も、人のマネージメントも苦手で、社長職自体が嫌になっているのであれば、普通の会社員に戻るのが楽なのでオススメです。

自分の得意、不得意や性格を理解して、これからの道を考えてください。

   

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*