フリーランスを辞めたい理由と対処法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

フリーランスとして働く方、これから働きたいと思っている方は、年々増加傾向にあります。しかし一人で稼ぐのは思っているより大変で、フリーランスになったはいいけど、すぐに「仕事を辞めたい・・」と感じてしまう人が多くいらっしゃいます。

スポンサードリンク

フリーランスを辞めたい・・・

このように感じてしまう理由には一体何があるのでしょうか?今回は「フリーランスを辞めたい理由」についてと、そのように感じてしまった場合の「対処法」をご紹介します。

現在フリーランスとして働いている方はもちろん、これから独立を考えている人も是非参考にして下さいね。

目次

フリーランスの仕事を辞めたい理由
フリーランスの仕事を辞めたい場合の対処法
会社員に戻るなら転職エージェントを使ってみよう
まとめ

 

フリーランスの仕事を辞めたい理由

まずは、フリーランスの仕事を辞めたいと感じてしまう理由についてご紹介します。一般的にフリーランスになり、仕事を辞めたいと感じる理由には、以下の6つが挙げられます。

【フリーランスを辞めたい理由】
●仕事が見つからない、なくなる
●収入が少ない
●やる事が多く大変
●確定申告や税金面の苦悩
●孤独
●プライベートがなくなる

 

フリーランスを辞めたい理由1:仕事が見つからない、なくなる

フリーランスには様々な仕事がありますが、基本的には「Webデザイナー」「ライター」「プログラマー」など、企業や個人から仕事を請け負う仕事が一般的です。

このような仕事は”クライアントありき”なので、クライアントの数をいかに多く抱えるかが重要です。クライアントの数が少なければ、突然依頼がなくなり、収入が無くなってしまう可能性も考えられます。

元々同じ仕事でどこかに務めていたのであれば、会社員時代に人脈を作っておき、フリーになった時に仕事を依頼してもらうケースが多いです。しかしその人脈が少なかったり、そもそも人脈が無い場合は、仕事を請ける事ができません。

この場合は自分で集客しなければいけませんが、実績がない段階で顧客を集めるのは意外と大変です。

 

フリーランスを辞めたい理由2:収入が少ない

「儲けた分だけ給料になる」と言えば聞こえが良いですが、逆に言えば「儲けが無ければ給料がない」と言う事です。フリーランスは成功すれば儲かりますが、失敗する人も多い事を頭に入れておきましょう。

収入が少なすぎると生活ができず、フリーランスとして成功する前に辞めてしまう可能性があります。

フリーランスになるなら、最低でも2年分くらいの生活費を貯金してからスタートするのが良いでしょう。

 

フリーランスを辞めたい理由3:やる事が多く大変

フリーランスを始める場合、「個人事業主」という形でスタートします。個人事業主は企業ではないにしても、一つの事業として国から認められています。本業以外でも各種書類の手続きや申告、納税などを行わなければいけません。

フリーランスの場合、最初はお金がないため自分で全て行うことになります。

本業以外でもやる事が多く、仕事が嫌になる人もいらっしゃいます。

 

フリーランスを辞めたい理由4:確定申告や税金面の苦悩

私も個人事業主時代に苦戦したのが、「確定申告」や「税金」です。慣れてしまえば簡単なのですが、最初は何をどうすれば良いのか全くわかりませんでした・・・。

フリーランスの場合稼ぎが少ない為、税理士を雇うのは基本的にNGです。「確定申告」や「税金」に悩まされたくないのであれば、個人の場合「会計ソフト」を利用するのが一番オススメ!

年間の利益が20万円以上、専業であれば年間38万円以上になると確定申告の必要があります。

会計ソフトはfreee(フリー)が1つあれば、簿記や会計の知識がなくても税金や確定申告が簡単に行えます。freee(フリー)は無料で30日間試せるので、一度導入してみて使いやすければ有料版に切り替えましょう。有料版でも月々1,000円くらいです!

入力自体は自分で行わなければいけませんが、「勘定科目が全然分からない」「確定申告は何を提出すればいいの?」という悩みから解放されます!私も個人事業主時代は、会計ソフトにかなり救われました。

【購入はコチラ】・無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

【関連記事】・個人事業主におすすめの会計ソフト3選!確定申告や経理は自分で行おう

 

フリーランスを辞めたい理由5:孤独

フリーランスになると、最初は上司や同僚の存在から解放されて幸せに感じるかもしれません。しかしそれは最初だけです。少しずつ、「誰もいない」「喋る人もいない」このような状況に、大きな「孤独感」を感じるようになっていきます。

1日中人と全く会話しないのって、意外と辛いものです。人によっては鬱状態になってしまったり、全く仕事に身が入らなくなる事もあるので注意しましょう。

しかし中には、一人になることに全く抵抗が無く、逆に伸び伸びと働けるようになる人もいらっしゃいます。これは性格次第となります。

 

フリーランスを辞めたい理由6:プライベートがなくなる

フリーランスになると、24時間365日が仕事です。特に売上が少ない時は少しでも売上を伸ばそうと、年がら年中仕事を行います。休日にクライアントから電話が何度も鳴ったり、夜中に突然仕事の対応に追われる事もあります。

自分で上手く仕事とプライベートの仕切りを作れると良いのですが、最初の時期は皆さんガムシャラに働くので、ずっと仕事に追われてストレスを溜める人が多いです。

 

フリーランスの仕事を辞めたい場合の対処法

続いてはフリーランスの仕事を辞めたい、このように感じてしまったときの「対処法」についてご紹介します。

【フリーランスを辞めたい場合の対処法】
●社員を増やして会社にしてしまう
●仕事のジャンルを変える
●会社員に戻る

 

フリーランスを辞めたい場合の対処法1:社員を増やして会社にしてしまう

「やる事が多い!」「誰もいなくて寂しい!」こういった悩みがあるのであれば、社員を増やして会社にしてしまうのも一つの方法です。ある程度人に任せられるような会社を作れば、時間に余裕ができるし、人もたくさんいるので孤独感から解放されます。

この場合、従業員を抱える「社長」になるので、社員やその家族の生活を支える「プレッシャー」が発生します。

 

フリーランスを辞めたい場合の対処法2:仕事のジャンルを変える

「Webデザイナー」「ライター」「プログラマー」など、企業や個人から仕事を請け負う仕事って、実は収入を伸ばしづらいです。何故かと言うと、やった分しかお金にならないから。

社員を雇い会社として成長させていくなら良いですが、一人でフリーランスとして生活していく場合、正直将来性がなくオススメできません。受注が増えれば月に100万くらいは稼げますが、とにかく忙しいです。

それよりもブロガーやアフィリエイター、ユーチューバーのように、個人でも1000万、2000万稼げる領域で仕事をしたほうが、個人の場合「お金」にも「時間」に余裕が生まれます。

50万くらいでそこそこ忙しい生活が理想、というのであれば今の仕事を続けても問題ないです。

 

フリーランスを辞めたい場合の対処法3:会社員に戻る

フリーランスが辛くてどうしようもない場合、最も簡単に解決できるのは、ずばり会社員に戻ることです。

一人で仕事を行うのと、企業に雇われるのでは、全くやる事が違うしストレスやプレッシャーの度合いが変わってきます。

もちろん会社員にも会社員なりの「大変さ」は存在しますが、フリーランスに比べれば可愛いものです。フリーランスは自分の腕に生活が掛かっているので、並大抵のストレスじゃないです。

責任が大きいだけでなく、やる事も多く時間もありません。将来的に見て大きく成長できる可能性はありますが、それまでは本当に辛いです。

そういった意味では、給料が保証されている会社員に戻るのは賢明だと思います。若い方であれば再就職も割りと簡単にできます。

一人で稼ぐにはどうしても「向き不向き」が存在するので、向いてない人は正直続きません。自分で稼ぐ能力がなかったり、努力出来ない人は、フリーではなく会社員として活躍するべきです。

 

スポンサードリンク

会社員に戻るなら転職エージェントを使ってみよう

フリーランスの仕事が「自分に合っていない」と感じるようであれば、会社員に戻る事をオススメします。20代、30代であれば、再就職も簡単に見つける事ができます。

年齢を重ねると、正社員としての仕事が見つかり辛くなるので注意して下さい。

仕事を探す場合「転職エージェント」を使うのがオススメです。転職エージェントとはネットを使って利用できる、無料の転職サービスです。

自分に合った仕事や、希望の条件で仕事を探してもらえるので非常に便利です!全国の優良求人もたくさん掲載されているので、是非無料登録を行い、チェックしてみて下さいね。

 

転職ならリクルートエージェント(転職エージェント)


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

既卒、フリーターの方にオススメしたいジェイック


【公式サイト】
就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

ジェイックを使えば、無職やフリーターの方でも正社員として就職できます。こちらの転職エージェントでは、既卒やフリーターの方を積極的に支援しています。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

【ジェイックの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

非公開求人が多いマイナビエージェント


【公式サイト】
マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国展開する転職エージェントです。リクルートエージェントに比べると求人数が少なく、やや規模は小さめとなります。

ただし8割以上が非公開求人となっており、他のエージェントでは見つからない求人が多数載っているので、別の転職エージェントと併用して使うのがオススメです。

20代の若手に対して積極的にサポートを行っており、「20代既卒」や「20代社会人」であれば手厚いサポート体制が期待できます。

【マイナビエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

まとめ

以上です。今回は、フリーランスの仕事を辞めたいと感じる理由とその対処法についてご紹介しました。フリーランスの仕事は夢がありますが、実際にフリーで稼げるのは一部の人だけです。

努力できて自発的に行動できる、そしてフリーの仕事を心から楽しめる人ですね。

逆に行動力が無かったり、プレッシャーに弱い人には、フリーランスとして働くことはオススメしません。こういった人は遅かれ早かれ、途中で挫折してしまいます。

どのような仕事にも向き不向きがあるので、自分に向いてないと感じた場合は、若いうちに再就職することが大切です。売上を伸ばそうと努力するのなら良いですが、ただ何となく仕事を続けていると、再就職すら危うくなります。

20代、30代であれば良い正社員の求人もたくさん準備されていますよ。

   

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*