中小企業を辞めたい理由10個。中小企業からの転職方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中小企業や零細企業は大企業に比べると、働くデメリットが何かと多いです。特に「給料面」や「世間体」などを理由に、中小企業からの転職を考える人は増えています。

スポンサードリンク

 

今回は中小企業を辞めたいと感じる理由や、中小企業からの転職方法、中小企業で働くメリット・デメリットなどについてご紹介します!

中小企業からの転職を考えている人は、是非今回の記事を参考にして下さい。

 

1,中小企業を辞めたい理由10個

中小企業は大企業に比べると、やはり人気がなく離職率が高い傾向があります。それでは実際に、「中小企業を辞めたい!」と感じてしまう理由には、一体どういった物があるのでしょうか・・・?

【中小企業を辞めたい理由】
●給料が安い
●世間体が良くない
●人間関係
●労働時間が長い
●将来性がない
●福利厚生の問題
●年間休日数が少ない
●社会的信用が低い
●一人で何でも行なわなくてはいけない
●社風と合わない

中小企業の会社を辞める理由で多いのは、上記の10個の理由が過半数を占めます。一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

中小企業を辞めたい理由1:給料が安い

中小企業や零細企業は一部の企業を除いて、基本的には給料が安く、ギリギリの生活を強いられる人がほとんどです。

大企業の平均年収 700万円~800万円
中小企業の平均年収 300万円~400万円

大企業と中小企業では、年収に倍近く差が出てきます。毎月支給される「基本給」はもちろんですが、「ボーナス」にも大きな差があります。

さらに大企業の場合、年々地位が上昇して昇給していきますが、中小企業だと給料がほとんど変わらないのも辛い所。

年収300万~400万くらいだと、独身であれば問題ないです。しかし家族ができて子供を養うとなると、家計状況はかなり苦しい状態になります。

こういった理由から、「給料面」で中小企業を辞めようと考える人が増えています。

 

中小企業を辞めたい理由2:世間体が良くない

中小企業や零細企業は、やはり世間体はあまり良くありません。

日本を代表するような企業、例えば「トヨタ」「パナソニック」「日産」などで働いており役職でもつけば、「あそこの旦那は凄い」「○○さんのお家はお金持ち」といった目で見られます。

中小企業の場合は、やはりそこまで世間体が良くないですよね。

他にも大企業で働いていると女性ウケが良くなります。特に結婚を考える世代になると、女性は「大企業は安心」と強く感じているため、大企業で働いているだけでモテる傾向があります。

 

中小企業を辞めたい理由3:人間関係

そもそも中小企業は、働いている人の数が少ないです。少数で良い人ばかりに囲まれていれば問題ありませんが、苦手な人や嫌いな人がいると最悪です。

中小企業では、狭い空間で社員同士が毎日顔をあせます。苦手な人が1人いるだけでも、その人と毎日顔を合わせて挨拶するのが苦痛に感じてしまいます。

大企業であれば、苦手な人がいても顔を合わせない時もあるし、「部署異動」などもあるので、そこまで気になりません。

それと中小企業では「社長」の存在が大きいです。大企業では社長は会う事が滅多にありませんが、中小企業では毎日顔を合わせるし、直接会話をする事が多いです。

社長の好き嫌いで社員への扱いが変わったり、昇進・昇給などにも影響があるので面倒です。

 

中小企業を辞めたい理由4:労働時間が長い

これは職場環境にもよありますが、一般的に中小企業は大企業に比べると、人手が足りず労働時間が長い傾向があります。

特に最近では「働き方改革」の影響もあり、大企業では定時に帰れる会社が増えています。しかし中小企業の場合は、まだ「働き方改革」自体が浸透しておらず、夜まで残業を強いられる職場が多く存在します。

 

中小企業を辞めたい理由5:将来性がない

中小企業は大企業に比べて、当たり前ですが将来性に欠けます。大企業のような「安定」はないので、会社によっては不安を抱えたまま働くことになります。

もちろん今の時代、大企業でも「倒産」「リストラ」の可能性は0ではありません。しかしやはり大企業に比べると、中小企業では「倒産」「リストラ」にあう可能性は高くなります。

大企業では今でも定年まで働く方が多くいらっしゃいますが、中小企業だと定年までずっと働く人は割りと少なめです。中小企業の場合は、何度か転職を繰り返して定年を迎える人が大半です。

 

中小企業を辞めたい理由6:福利厚生の問題

賃金を含め中小企業では、「福利厚生」がまだまだ整っていない企業が多く存在します。

出産や子育てに対する「育児休暇の充実」や、「社宅や寮の整備」「福利厚生」などなど。大企業はどの会社も、福利厚生が充実しています。

 

中小企業を辞めたい理由7:年間休日数が少ない

全体の年間休日数の平均 108日
大企業の年間休日数の平均 120日
中小企業の年間休日数の平均 96日

厚生労働省の調査によると、2018年の年間休日の平均値は上記のように算出されました。やはり中小企業は大企業に比べて、年間休日が少ない傾向があります。

これには「週の休み」はもちろんですが、「大型連休」や「有給」も大きく関係しています。

 

中小企業を辞めたい理由8:社会的信用が低い

中小企業は大企業に比べて、社会的信用に欠けます。例えば「住宅ローン」などが良い例ですね。

自宅を購入する際に「ローン」を組む際、中小企業と大企業では審査の通りやすさが全然違います。

大企業で年収が高いと、ローンで借りれる金額も大きくなります。中小企業の場合は借りれない事はないですが、やはり少額となります。

銀行によっても多少対応は違いますが、やはりいざという時「大企業の社会的信用」がありますと、何でも話を聞いてもらえるので有利です。

 

中小企業を辞めたい理由9:一人で何でも行なわなくてはいけない

中小企業では基本的に働く人員が少ないです。大企業のように豊富な人材が揃っていないので、一人一人がたくさんの仕事を補う必要があります。

そのため難しい仕事を一人で行わなければいけなかったり、突然仕事を上司から丸投げされるなんて事も・・・。

色々な仕事を経験できるのはメリットでもありますが、人によってはめんどくさく感じてしまうでしょう。

 

中小企業を辞めたい理由10:社風と合わない

中小企業や零細企業は小さい会社だからこそ、「社風」「会社の価値観」などが従業員にも強く影響を受けます。これは良い意味でも悪い意味でも言えます。

大企業でも「社風」は存在しますが、強要されることはないので気になりません。

しかし中小企業の場合は、社長や経営陣が近くで仕事をしているため、どうしても他の従業員に「社風」「会社の価値観」などが求められる事が多いです。

例えば「服装や見た目に厳しすぎる」「副業をさせてもらえない」「年功序列が大切にされており出世できない」などなど。

このように、社風と合わないせいで「仕事を辞めたい!」と感じる人は大勢いらっしゃいます。

 

2,中小企業には働くメリットも存在する

これまで中小企業の辞めたい理由をご紹介しましたが、中小企業で働く「メリット」も、もちろん存在します。続いては中小企業で働くことで得られる、メリットについて見ていきましょう!

【中小企業で働くメリット】
●人付き合いが少なくて済む
●転勤がない、少ない
●働きやすい
●職場によってはスピード出世できる

 

中小企業で働くメリット1:人付き合いが少なくて済む

中小企業では「人間関係」にメリット・デメリット両方存在します。

良い点としては人付き合いが比較的少なくて済む所。中小企業で人付き合いをするといっても、数人の同僚や上司、部下くらいでしょう。

しかし大企業ともなると、同じ部署の社員以外でも、他の部署の社員、取引先の担当者、自社の関連企業の人たちと、多くの人と人間関係を構築していかなければいけません。

さらに大企業で異動や転勤になれば、新しい人たちと、また1から人間関係を築かなければいけません。中小企業であれば、そういった面倒な人間関係はありません。

 

中小企業で働くメリット2:転勤がない、少ない

国内外に支社を構える大企業に比べて、中小企業は1社で運営している事が多く、基本的に転勤という概念がありません。

転勤はとても面倒です。

独身であれば良いかもしれませんが、家族がいれば家族にも大きな負担を掛ける事になります。家族で引っ越すのであれば、子供の転校や奥さんの転職なども考える必要があります。

単身赴任という形で1人で転勤する場合は、身軽ですがとても寂しいです・・・。転勤がないのは大きな魅力だと思います。

 

中小企業で働くメリット3:働きやすい

大企業はたくさんの人で構成されており、何をするにしても時間が掛かります。例えば仕事での良い改善案が見つかったとしても、それを上司に告げても「却下」される可能性が高いです。

上からの承認を得て、テストしてと、何かと面倒なことばかり。

しかし中小企業では、良い改善案が提案されれば、スピーディーにすぐに実行してもらえます。小さい会社は仕事がしやすく、自分の力を発揮しやすい環境が整っています。

 

中小企業で働くメリット4:職場によってはスピード出世できる

中小企業は会社の方針次第では、「スピード出世」できる場合があります。

良い意味でも悪い意味でも、中小企業では様々な仕事を任せられます。経営陣に理解力があれば、やる気を認められ若くして「役職」を貰える事もあります。

これは大企業では中々考えられません。大企業では年齢と共に、一歩ずつ昇給していく事がほとんど。若くして役職を突然もらえたり、スピード出世することはまず無いです。

 

スポンサードリンク

3,大企業への転職を考えるなら転職エージェントを利用するべき



「中小企業を辞めたい。」
「大企業に転職したい。」

このように感じているならば、大企業への転職にチャレンジしてみても良いと思います。ただし言っておきますが、大企業への就職は、中小企業への就職に比べて、倍率やハードルが非常に高いです。

1度や2度の転職活動では、採用されると思わない方が良いです。

大企業への転職をスムーズに進めるためには「転職エージェント」の利用が必須です。転職エージェントとは、ネットを使って利用できる転職サービス。

転職エージェントに登録すると、求人を見るだけではなく、転職のプロがサポートしてくれるので転職率が高まります。

さらに大手の転職エージェントになると、大企業の求人数が格段に多いので、非常にオススメです。

ハローワークや地元の求人には、基本的に大企業の求人は掲載されていませんが、転職エージェントにはたくさんの大企業の求人が掲載されています。

 

4,おすすめ転職エージェント3社


「今の仕事は自分には正直あっていないと思う・・・」
「すぐにでもマイペースに働ける仕事を探したい!」

このように感じたならば、まずは無料で使える転職エージェントを使って、どういった求人があるのかチェックしてみましょう!

転職エージェントを利用すれば、現在の仕事を続けながら転職活動が行えます。次の仕事が見つかってから、現在の仕事を辞めれば良いので、リスクがなくオススメ。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,中小企業を辞めたい理由のまとめ

以上です。今回は、中小企業を辞めたい理由や、中小企業で働くメリット・デメリット、中小企業からの転職方法についてご紹介しました。

中小企業は大企業に比べて、働く上で「劣る部分」が数多く存在します。

もしこれから大企業への転職を考えるのであれば、「転職エージェント」を利用する事をオススメします。転職エージェントには大企業の求人が多く紹介されているので、転職するチャンスがありますよ。

ただし大企業で働くには、それなりの「学歴」「経歴」「スキル」が必要となります。転職エージェントでは、これらの状況を踏まえた上で「大企業への転職は実現可能か?不可能か?」を相談できます。

興味があれば、一度転職エージェントへの無料登録を行ってみてください。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*