ネットショップへの就職・転職。やりがいや仕事内容、給料について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

ネットショップは就職・転職先としても人気が高い職場です。成長している業界なので比較的転職もしやすく、キャリアアップにもオススメな業界です。今回はネットショップへ就職・転職するにあたり、やりがいや仕事内容、実際の給料面などをご紹介します。

スポンサードリンク

目次

1,やる気があれば働ける業界
2,ネットショップの仕事内容とは?
3,やりがいや給与体制について
4,転職エージェントでネットショップの就職先を探す
5,まとめ

 

1,やる気があれば働ける業界

ネットショップはIT関係の仕事なので、経験や特別な知識がないと働けないと思っていませんか?

実はネットショップに就職・転職する人は、大半が未経験の人ばかりです。会社側もそれが分かっているので、必要以上の能力を最初から求めないし、割と就職でのハードルは低めです。

 

成長している業界なので就職しやすい!

通販業界は一時ほどではないですが、まだまだ成長している業界です。毎年売上が上昇し続けている会社も多いので、比較的”就職しやすい業界”だと言えます。

大手はどうか分かりませんが、私の知っているネットショップの中小企業では、常に人員を募集しており、新しい社員が増え続けています。

パソコン操作が可能であれば、ほとんどの人が正社員として働けます。

 

スキルはあるに越したことはない

ネットショップはパソコンを使った作業や写真撮影が主な仕事となります。

そういった分野の”スキル”があれば、就職・転職の際にはもちろん有利になります。

【ネットショップへの転職で強みとなるスキル】

・フォトショップなど画像編集ソフトを使える
・エクセルの複雑な数式が使える
・写真撮影の技術を持っている
・洋服に詳しい(ファッション関係に限る)
・コーディネートのセンスがある(ファッションに限る)
・ネットショップを運営、もしくは働いた経験がある

上記のような強みがあれば、ネットショップの会社へ転職する際は、ガンガンアピールするべきです。

ほとんどの人が、完全に素人からスタートする業界ですので、上記のような強みを1つでも持っていると、就職・転職の際には優遇されます。

 

特別なスキルは必要ない、必要なのは”やる気”!

ネットショップで働くとなると、パソコンでのプログラミングができたり、画像を作るセンスなどが必要だと感じますよね?

しかし実際働いている人でも、プログラミングができたりデザインのセンスがある人なんて、ほんの一握りです。ほとんどの人はパソコンが触れる大学生と同じ程度の知識しか持ち合わせていません。

そんな時にネットショップの企業が重視するのは何だと思いますか?

それは「やる気」です。

ネットショップでは色々な仕事があり、常に新しい事を吸収してアグレッシブに実行していかなくてはいけません。正直ネットショップで覚える仕事内容はそんなに難しくありません。

やる気さえあれば乗り越えられるので、企業側も「やる気のある人材」を求めています。

 

2,ネットショップの仕事内容とは?

ネットショップでは様々な仕事内容が存在します。特に中小企業では人が少ない事もあり、一人ひとり仕事が明確に決まっている事は少ないです。

ネットショップでは、色々な仕事を兼任して行っている事がほとんどですね。

 

梱包・出荷作業

ネットショップは毎日売れた商品を梱包して出荷する必要があります。

ショップにもよりますが、何百件と一日に出荷することになるので、かなりの時間を要します。梱包や出荷作業は比較的誰でもできる作業なので、「バイト」「パート」に任せます。

休み明けの出荷ですと、出荷件数が多いので正社員や役員の方も一緒に手伝う事があります。

 

画像編集・商品アップ作業

ネットショップは常に新しい商品をアップし続ける必要があります。毎週新作アップをするので、商品画像を毎日作り続けなくてはいけません。

ちなみに商品画像を作るのは、実はとっても簡単です。会社ごとにフォーマットが決まってしまっているので、決められた通りに写真を組み合わせて文字を入れるだけ。

こちらもの仕事も、アルバイトやパートの方々が行っていることが多いです。

 

ショップの企画・マーケティング等

例えばネットショップのセールを行ったり、広告出稿などの販促活動。こういった仕事はネットショップの店長や、各スタッフが行います。

こちらは「出荷作業」や「画像作成」に比べて難易度が高いので、基本的に正社員の方が行います。

楽天やヤフーのコンサルタントなどと電話で相談しながら、お店の売上拡大を二人三脚で目指していきます。

お店にもよりますが、「楽天担当 田中さん」「ヤフー担当 児島さん」というように、各ショップごとに専任の店長が一人つけられます。

お店のページを触ることになるので、最低限度の「HTMLの知識」なども必要になります。

【関連記事】・ネットショップでHTMLの知識は必要?必須のパソコンスキルは?

 

写真撮影・倉庫係

自社で写真撮影や倉庫管理を行っているのであれば、これらの仕事内容も社内で行う必要があります。

大き目のショップですと、選任のカメラマンや倉庫係を決めますが、中規模ネットショップであれば、スタッフが別の仕事と兼任して行っています。

写真撮影は、平日の昼間から外に出かけられるので結構楽しいです。

夏であれば海に行って撮影したり、街中でランチを食べたりもできます。

 

仕入れ担当

仕入れもネットショップでは重要な仕事内容の1つ。そもそもネットショップではいかに良い商品を仕入れるかが、ネットショップを伸ばすポイントになります。

仕入れはお店の規模にもよりますが、数名で行う事が多いです。

大阪や東京などの展示会に泊りがけで参加したり、海外へと買い付けに行くお店もあります。

数名で県外や海外に出張しに行くことになりますので、ちょっとした旅行感覚になります。仕事しておいしいものを食べて、夜は飲み歩いたりもできるので、出張は楽しいですよ♪

 

経理担当

ネットショップでは膨大な仕分けが行われますので、「経理」は数名体制で行われています。専任の税理士さんに相談しながら仕事を進めることになります。

ネットショップを運営していて感じますが、ネットショップは仕分けが非常に複雑です。細かい作業も多く取引の数も膨大なので、経理の仕事は大変です。

仕分け以外にも、従業員から受け取ったレシートや領収証、クレジットカードなども管理しなくてはいけません。

 

電話・クレーム対応

電話対応もネットショップではしなくてはいけません。

・いつ出荷するのか?
・サイズはどのくらいか?
・再入荷はないのか?
・購入の相談に乗ってほしい・・

ネットショップでは様々な問い合わせが入ってきます。こういった問い合わせに一つ一つ答えるのも、電話担当の仕事となります。

通常の質問であればいいのですが、たまに「クレーム」もあります。

私が一番苦手な仕事です・・笑

発送ミスや商品不良であれば、こちらが悪いので謝ったり誠意のある対応を見せなければいけません。

しかし中には「サイズ表記が違う!」「頼んだ商品と違うものが発送された!」などと、自分のミスを棚に上げてクレームを言ってくるお客さんもいらっしゃいます。

半日クレーム対応で罵声を浴びせられると、さすがに嫌になりますね・・・

【関連記事】・ネットショップでのクレーマー対策!悪質クレームの対処法は?

 

スポンサードリンク

3,やりがいや給与体制について

これから転職を考えるのであれば、気になるのは”ネットショップの給与体制”ですよね

もちろん企業にもよりますが、私が知っている限りでは、リアルショップよりは全然給料が高いイメージです。

例えば通常のアパレルショップでは、手取りが20万以下のお店はたくさんあります。しかしネットショップの場合は、リアルショップに比べて利益率が高い傾向があるので、30万円以上貰っている人が多いです。

もちろんこれは、会社によって全然違うので、転職の際は会社選びを慎重に行う必要があります。

 

伸びている会社に入社すべき!

毎年売上が伸びているネットショップであれば、忙しいかもしれませんが、その分従業員への給料は高いことが多いです。

片手間でネットショップを運営しているような会社でなく、ガンガン売上を伸ばしている会社の方が、給料も高いことが多いのでオススメです。

 

利益率が大切

就職の際に気を付けて頂きたいのが、「ネットショップの利益率」です!例えば型番商品ばかり扱っており、利益率が10%しかないような会社であれば、何十億と売上があっても、厳しい経営をしている可能性が高いです。

反対に自社製品を取り扱っており、利益率が70%以上あるような会社であれば、数千万円の売上でも資金は潤沢にあるでしょう。

利益率の高い会社選びができれば、将来も安泰だし給料も高くなります。

 

やりがいを求めるなら評価してくれる会社を選ぶ!

ネットショップは非常にやりがいのある仕事です。特に「楽天」や「自社サイト」などのショップを任せられると、ショップの売上に応じて給料やボーナスが支給されます。

色々な販促を行い運営するモールの売上アップに貢献すれば、昇格や昇給も期待できます。

 

4,転職エージェントでネットショップの就職先を探す


「ネットショップで働きたい!」
「どんな求人があるのかチェックしたい!」

このように感じたならば、実際に転職エージェントを使って求人内容を確認してみましょう。

転職エージェントは無料登録を行えば使えるので、すぐに求人を見る事ができます。

 

リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェント】

 

MIDASで仕事の面接オファーを受け取る

MIIDAS(ミーダス)で無料登録を行えば、自分の適正に合った「仕事の面接オファー」を受け取ることができます。

自分の適性を入力するだけで、自分に合った就職先を探してくれるので助かります。さらに自分の市場価値やおおよその年収も知ることができます。5分で出来る無料診断なので、試してみるだけでも楽しいですよ。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!


 

キャリコネで企業調査を行う

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

これから転職先を探す場合は、まずはキャリコネで企業の口コミをチェックしておきましょう。それだけでも人間関係が良好で、環境の良い職場に入社できる確率が高まりますよ。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 

5,まとめ

以上です。今回は、ネットショップで仕事をする、やりがいや仕事内容、給料などについてご紹介しました。

ネットショップは成長している業界なので、転職・就職も行いやすいです。人材が間に合っていない会社が多いので、特別なスキルや経験がなくても正社員として働けます。

ネットショップで働くほとんどの人が未経験者なので、初めて働く人でも安心して働く事ができます。

ネットショップでの仕事に興味を持ったなら、「転職エージェント」を使って、実際の求人内容をチェックしてみましょう!

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*