派遣の仕事が辛い、行きたくない!派遣社員が嫌になる理由や対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

派遣の仕事が自分に合わないと、「行きたくない・・」って感じる事がありますよね?派遣社員といえど、やはり仕事を嫌になる時はあります。

スポンサードリンク

実際に私も何度か派遣の仕事をしていましたが、仕事によっては嫌になる事もありました。しかし仕事を始めたばかりですと、すぐに辞め辛いですよね・・・・

かと言って無理して仕事を続けたくありません。

こういった場合は一体どうすれば良いのでしょうか?私が長年派遣として働いた経験を元に、「辛い、行きたくない!」と感じた時の対処法をご紹介します!

 

1,派遣社員が辛い、行きたくないと感じる理由

正社員が「仕事に行きたくない!」「仕事が辛い・・・」と感じるように、派遣社員でも同じような悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。

派遣社員と言えば、「楽」「ストレスがない」「いつでも辞められる」など気楽に思われがちですが、派遣社員には派遣社員なりの”悩み”が存在します。

それでは一体、派遣社員が仕事に行きたくなる理由にはどういったものがあるのでしょうか・・・?

【派遣社員が辛い、行きたくないと感じる理由】
●人間関係のトラブル
●重要な仕事を任せてもらえない
●仕事についていけない
●仕事内容がつまらなさ過ぎる
●職場環境や労働条件が聞いていたものと違う
●社会的地位が低いと感じた
●正社員との差を痛感した
●不景気になれば真っ先にカットされる
●労働環境が整っていない
●世間体が悪い

 

派遣社員が辛い、行きたくないと感じる理由1:人間関係のトラブル

派遣社員は割りと人間関係が多い仕事です。まず派遣会社の担当に人や、派遣会社から派遣されている同じ立場の派遣社員。

さらには派遣先の正社員の方や上司などとも交流があります。「派遣元」「派遣先」この2つの人と関わることになるので、必然的に人間関係が増えます。

当然苦手な人と知り合う可能性も高いですし、私の個人的な意見としては派遣社員は個性的な人が多いです。普通に会社員として働くよりは、人間関係に悩まされる方が多いですね。

 

派遣社員が辛い、行きたくないと感じる理由2:重要な仕事を任せてもらえない

正社員と派遣社員では、やはり正社員の方が会社側から信頼されるし重要な仕事を任せられる傾向があります。若い時であれば気にならないかもしれませんが、30代にもなれば社会的ステータスが劣っていることを悔しく感じるでしょう。

「どうせ派遣でしょ?」

正直このような扱いを受けると、派遣の仕事を辞めたくなります。後から入った若い正社員が出世していくのを見ていると、このまま続けていいのか不安になりますよね・・・

 

派遣社員が辛い、行きたくないと感じる理由3:仕事についていけない

派遣の仕事は即戦力が重要視されます。雇用主側も短期で雇うつもりなので、とにかく学ばせて即戦力をつけさせようとします。

正社員のようにじっくり教えてもらえない事も多く、最初から難しい仕事を与えられて仕事が嫌になることもあります。

慣れてしまえば難しくないのですが、入社して覚える事が山のようにあると「仕事に行きたくない・・」と感じてしまう人も多いみたいです。

 

派遣社員が辛い、行きたくないと感じる理由4:仕事内容がつまらなさ過ぎる

派遣の仕事は正社員に比べて、簡単な事がほとんどです。せっかく仕事に就いても、やりがいを感じられず辞めていく人もいらっしゃいます。

大変すぎる仕事も辛いですが、楽すぎる仕事も時間が経つのが遅く意外と嫌になるものです。

 

派遣社員が辛い、行きたくないと感じる理由5:職場環境や労働条件が聞いていたものと違う

派遣会社から聞かされていた話と、実際働いてみて職場環境や労働条件が違ったというのはよくある話です。働く前に気になるポイントは派遣会社の人と、できれば派遣先の会社にも聞いておくようにしましょう

働き始めてから違いに気付いた時は、派遣会社に相談してみましょう。内容によっては職場を変えてもらえるかもしれません。

 

派遣社員が辛い、行きたくないと感じる理由6:社会的地位が低いと感じた

派遣社員はやはり正社員と比べると、安定がなく誰にでも出来る仕事なため、社会的地位が低く見られることがあります。

例えば同窓会で旧友と久しぶりに出会ったとき、周囲が正社員として仕事で活躍している中、自分が派遣社員ですと伝えるのにちょっと抵抗ができますよね。

他にも女性との合コンや食事会などに出かけて、「仕事は何をされているんですか?」と聞かれて、「派遣社員です・・・」と答えるのは辛いものです。

若いときであればいいですが、30代、40代と年を重ねれば少しずつプライドが出てきて、「派遣社員」という社会的地位の低さに嫌気がさしてきます。

こういった社会的地位の低さを痛感したときに、「派遣の仕事を辞めたい・・・」と感じてしまうものです。

 

派遣社員が辛い、行きたくないと感じる理由7:正社員との差を痛感した

派遣社員は正社員と同じ職場で働くこともあります。そういった場合、様々な箇所で不満が溜まることになります。

「ボーナスの違い」

基本的に正社員と派遣社員では、ボーナスの額に大きな違いが出てきます。どれだけ長く働いていても派遣社員であれば、正社員のボーナスのもらえても半分程度になるでしょう。

仕事ができなかったり待遇の悪い会社ですと、派遣社員にはボーナスが出ないこともあると思います。かたや新入社員として入ってきた若い正社員が、1年目から自分よりもボーナスを貰っていたらどう感じますか?

何年も会社に尽くしてきたのに、ボーナスに差が出ると「会社を辞めたい」と感じてしまいますよね。

「正社員に上から見られた」

仮に会社内で働いている年数が長かったとしても、正社員と派遣社員では一定の格差が出てしまいます。礼儀のある正社員であれば、年功序列を考えて派遣社員であっても長く働いている人には敬意を表してくれます。

しかし派遣社員を下に見る正社員であれば、年功序列など気にせず「派遣なんだから」といった感覚で構わず下に見てきます。面倒な仕事を押し付けてきたり、仕事での命令をしてきたりと。

自分より仕事が出来ない人や、働いている期間が短い人に見下されれると腹が立ちますよね・・・・これも辞めたいと感じる理由としてあげられます。

 

派遣社員が辛い、行きたくないと感じる理由8:不景気になれば真っ先にカットされる

私も昔派遣社員として勤務していたことがありますが、大企業であっても不景気になれば迷わず派遣社員を解雇していきます。

私が働いていた会社でも、不景気になった時は20人~30人以上の派遣社員が数年に渡って解雇されました。私はその時は解雇には至りませんでしたが、その時の心境はかなり辛いものでしたね。

仕事の話で上司に呼ばれると、「次は自分が解雇されるのか・・・」と不安になるし、常に頭の中で考えてしまいます。

「○○○さんが解雇されるらしい・・・」こういった、本人が知らない情報も漏れてしまい、派遣社員の間で噂になったりもしましたね。

私が勤めていたのは、誰もが知る大企業ですが、そんな大企業であっても景気が悪くなれば派遣社員を迷わず切っていきます。

 

派遣社員が辛い、行きたくないと感じる理由9:働環境が整っていない

「派遣社員」と一言でいっても、様々な仕事内容があります。例えば、サービス残業が当たり前のブラック企業であったり、体に害のある薬品を扱う仕事場だったりと、予期せぬことがおこる場合もあります。

こういった会社では派遣社員の入れ替わりも激しく、長く続かないのが特徴としてあげられます。無理して働くと、体を壊したり精神的にやられますので、転職を考えたほうがいいですね。

 

派遣社員が辛い、行きたくないと感じる理由10:世間体が悪い

派遣社員は世間体が悪い仕事と言えます。やはり親や親族からすれば、「子供が派遣社員として働いている」というのはあまりいい気がしませんので、「早く就職しろ!」「いつまで続ける気だ!」などと、口出しをされることもあるでしょう。

ガミガミと言われ続けるのは嫌になるので、こういった状況になると、きちんとした正社員に転職する人は多いです。

 

2,辛い時にオススメの対処法

派遣社員は基本的に正社員ほどの「責任」はありません。だからと言って適当に働いていい訳ではないですが、息詰まった時は少しくらい肩の力を抜いてみましょう。

せっかく自由な派遣社員として働いているのですから、ガチガチに働くのではなくストレスを溜めずに働く事が大切です。

続いては「派遣の仕事に行きたくない!」と感じた時の対処法についてご紹介します。

 

派遣会社の人に別の派遣先を紹介してもらう

何か仕事が嫌になる正当な理由があるのであれば、それを派遣会社に説明して派遣先を変えてもらう事が可能です。単に「仕事がつまらないから」「嫌いな人がいるから」といった理由では、派遣会社は移動を認めてくれません。

「仕事が難しくてついていけない」「人間関係でトラブルを抱えている」といった、深刻な事態を説明すれば派遣会社も別の派遣先を認めてくれます。

 

バックレル・逃亡

派遣の仕事が嫌になれば、連絡を無視してバックれる人も大勢いらっしゃいます。突然仕事に行かなくなるのは社会人としてはどうかと思いますが、正直そこまで責められることはありません。

派遣社員がいなくなっても、「またか。派遣だからしょうがない。」程度にしか思われないでしょう。

サボった当日は何度も電話が掛かってくるでしょうが、それで終わりです。間違っても「戻ってきてくれ!」などと懇願されることはないですし、それっきりになります。

この場合は、派遣先の会社はもちろんですが、派遣会社との繋がりも無くなると思って下さい。突然バックれるような人を、派遣会社も再び雇おうとは思わないはずです。

派遣の仕事に突然行かないという選択肢は、できれば行わない方が良いでしょう。仕事に行きたくないのであれば、仮病などを使い休みを取り、辞めるのであればちゃんと説明した上で仕事を辞めさせてもらいましょう。

そちらの方がスッキリするし、誰にも迷惑を掛けなくて済みます。

 

新しい派遣会社から仕事を探す

相談しても派遣会社が力になってくれない場合は、新しい別の派遣会社も利用してみましょう。会社によって担当者の対応は異なってきます。

良心的な派遣会社の担当者に出会えると、ただ仕事を紹介するだけでなく相談や悩みも聞いてもらえるので非常に助かります。

色々な派遣会社を使ってみて、自分に合った場所と長く付き合っていく事が大切です。

 

仕事を休んでリフレッシュ

無断欠勤をして仕事に行かないよりは、嘘をついてズル休みのほうがマシです。「インフルエンザ」「体調不良」などを利用して、数日休んでみてはいかがでしょうか?

有給があれば有給を使うのもいいですね。仕事が辛くて追い込まれているのであれば、少し休息して仕事について考える時間が必要です。

数日経ってそれでも「仕事に行きたくない」と感じるようであれば、派遣会社に辞めたい事を相談してみましょう。

 

スポンサードリンク

3,派遣の仕事を辞めるのは悪いことではない

派遣の仕事はフットワークが軽く、色々な仕事にチャレンジできるのが最大の魅力です。正社員のようにガチガチになって働いていては、派遣社員として働くメリットが何一つありません。

もし「今の仕事が辛い・・」「仕事に行きたくない。」と感じているのであれば、思い切って辞めるのも良いと思います。

正社員の仕事であればそう簡単に辞めれませんが、派遣社員は説明すれば担当者も分かってくれるはずです。

せっかく派遣社員として働いているなら、もっと色々な仕事を経験して自分にあった仕事を見つける事が大切です。

一番最悪なのは辞めれなくなりズルズルいき、40代や50代になってから仕事を辞めてしまう事。これでは再就職が難しいし、何もやりたい事が見つけられないまま終っていきます。

 

大手の派遣紹介サイトを使おう!

派遣の仕事は実はたくさんあります。しかし小さな派遣会社を利用していると、条件の良い求人に出会う事ができません。

そんな時は、ネット上で使える大手の派遣紹介サイトに登録しましょう。

無料登録を行うだけで利用できるので非常に便利です。

 

オススメ派遣紹介サイト:マンパワーグループ

マンパワーグループは、大企業の求人情報を多く取り扱う派遣サイトです。「amazon」「BMW」「ソフトバンク」「マイクロソフト」などの、国内外の大手企業や優良企業を中心に求人を揃えています。

外資系も豊富に取り扱っているので、英語を使える求人なども準備されています。

世界最大級の規模を誇るので、たくさんの求人から自分にあった派遣の仕事を見つけられます。

派遣なら世界最大級のマンパワーグループ


 

5,派遣が嫌なら就職する

派遣の仕事が嫌になったのであれば、正社員への転職を考えてみても良いと思います。派遣は自由な仕事ですが、やはり社会的信用が低くずっと働き続けるのは難しいです。

派遣社員から正社員へと転職したくなった場合は、転職活動を行う必要があります。一般的には派遣社員を辞めてから、ハローワークなどで正社員の求人を探す方法があります。

しかしこの転職方法ですと、一時的に無職になってしまい、収入が確保できない状態に陥ってしまいます。こうなると「仕事を早く見つけなければいけない」と焦りが出てしまい、条件に合った就職先を見つけることができません。

 

転職エージェントを使う

正社員の仕事に転職したい場合は、転職エージェントを使っての転職方法がおすすめ。転職エージェントを使えば、派遣社員を続けながら転職活動を行うことができます。

仕事が終った後や暇な時間に、転職エージェントのサイトを使って就職活動を行いましょう。

下記は正社員の仕事探しにオススメの転職エージェントです。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

6,派遣社員の辞め方

派遣社員といっても会社員に変わりは無いので、キチンと礼儀のある辞め方で辞めるべきです。

まずは派遣会社に連絡する

派遣社員を辞めようと思ったら、働いている派遣先で話をする前に、まずは派遣会社に相談するようにしてください。あくまで雇用関係になっているのは、派遣会社と自分自身です。

派遣先の会社とは雇用関係にはなっていないので、辞めることが決定するまでは話す必要はないでしょう。

 

できれば一ヶ月前に申告する

正社員であれば仕事を辞めたい場合は、基本的に一ヶ月前には深刻をしなければいけません。派遣社員の場合は会社によって規定が違いますが、余裕があるのであれば一ヶ月前に伝えておくといいでしょう。

なぜなら、「仕事を辞めるときは一ヶ月前に伝える」というのが一般的な常識になっているからです。一ヶ月前に伝えておけば、代わりの人を派遣会社が用意する時間があるし迷惑が掛かる事はありません。

 

今後のことを考えて辞める

例えば派遣を辞めた後にどこかに就職して、その会社をクビになったとします。そんな時に「次の仕事が決まるまで派遣で働こう」と考えても、辞め方が悪いと次に雇ってもらえない可能性もあります。

派遣社員であればすぐに辞める事は可能ですが、やはり今後のことを考えると派遣会社のことも考えてお互い納得できる形で辞めるべきです。

 

働かせてもらった会社にお礼を言う

派遣会社に辞める事を相談して決定したなら、次は働かせてもらっている会社へも伝えましょう。本来雇用関係ではないので、伝える義務はないのですが、感謝の気持ちが少しでもあるなら、一言伝えるのがマナーだと思います。

「こちらの派遣の仕事を、今月一杯で辞めることになりました。短い間でしたがお世話になりました。」

おそらく派遣先の会社には、派遣会社から辞めることは伝えられていると思います。しかし本人の口から一言伝えるだけでも、働いている会社の上司は気持ちよく送り出せるようになるでしょう。

辞めることが分かっていても、何も言わずに来なくなったらあまりいい気はしないはずです。社会人であれば、一言お礼くらいは伝えるようにしてください。

 

7,おすすめの派遣を辞める理由

派遣社員の期間が満期を迎えて辞めるのは簡単です。しかし「働いてみたけど思ったのと違った」「今すぐにでも辞めたくなった」こういった場合はそれなりの辞める理由を考える必要があります。それでは一体、どういった理由が適切なのでしょうか?

 

別の会社で正社員になるのが決まった

正社員と派遣社員では世間一般から見ても、「正社員>派遣社員」という構図で成り立っています。ですので派遣社員として働いており、別で正規雇用している会社が見つかればそれは辞めるのには相応しい理由だと言えます。

派遣会社も辞める事を納得してくれるはずです。

 

正社員になる転職活動をしたい

まだ正社員になることが決まっていないのであれば、「正社員になるために転職活動をしたい」といった理由でやめるのもありです。

通常の転職活動であれば、昼間にハローワークや面接などに行く必要があるので、派遣会社会社も納得してくれるでしょう。

 

辞めたいときに辞めよう

派遣社員は簡単にクビになる可能性もありますが、その分こちらからも自由に辞めることができます。そこまで深く会社側を納得させる理由を考える必要はありません。

「別の仕事をしたくなったので、辞めさせてもらいます」

こういった理由でもOKです。ただし仕事場に迷惑がかかるのは社会人としてはよくないので、引継ぎや辞めた後のことを考えて、早めに伝えるようにしましょう。

 

8,派遣社員が辛い、行きたくないと感じる理由&対処法のまとめ

以上です。今回は、「派遣の仕事が辛い。」「仕事に行きたくない!」このように派遣社員が嫌になった時の“対処法”についてご説明しました。

仕事が嫌になった場合は、まずは派遣会社の担当の人に相談してみましょう。担当の人が話しの通じる方であれば、他の派遣先を紹介してくれることがあります。

インターネットを使った派遣紹介サイトや、転職エージェントを使えば、気楽に新しい仕事先を探す事ができます。とっても便利で使いやすいので、新しい職場を探す時は是非使ってみてくださいね♪

仕事を無断欠勤したり、バックれるのは最終手段として出来れば行わない方が良いです。トラブルを作らないためにも、辞める時は自分の意思表示をした上で派遣を辞めさせてもらいましょう。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*