仕事での転勤を断る理由&正しい断り方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

企業に勤めていると「転勤」を命じられる場合があります。しかしどうしても転勤するのが嫌な場合ってありますよね。そんな時は断る事はできるのでしょうか・・?

スポンサードリンク

転勤は複数の支社を設けている「大企業」で命じられる事が多いです。大多数の人は転勤を命じられたら、素直にそれに応じるでしょう。

しかし中には「どうしても転勤したくない!」「転勤するくらいなら会社を辞めてもいい!」と感じる人もいらっしゃるはずです。

そこで今回は仕事での転勤を断る理由&正しい断り方についてご紹介していきます。職場で転勤を命じられた人は、是非今回の記事を参考にして下さい。

目次

1,そもそも転勤を断る事はできる?できない?
2,おすすめの転勤の断り方&断る理由
3,転勤を断り続けたらどうなる?
4,早めに次の転職先を見つけておこう
5,転勤はデメリットだらけ!
6,仕事での転勤を断る理由&正しい断り方のまとめ

 

1,そもそも転勤を断る事はできる?できない?

企業からの転勤命令は突然起こります。「朝会社に出社したら転勤を言い渡された。」「来月から転勤命令が出た。」などなど。

会社側の命令だとしても、転勤はできれば避けたいですよね。

●現在の住まいが気に入っている
●家族、彼女がいるから転勤したくない
●知らない場所は不安が多いから嫌だ

転勤をしたくない理由は人それぞれ違いますが、上記のような理由で転勤を嫌がる人は多くいらっしゃいます。しかし基本的にこのような「個人的な理由」で転勤を断る事はできません。

会社側も何かしら理由があって転勤を命じているわけですから、「嫌だ」という理由だけでは、会社側は納得してくれない事がほとんどでしょう。

会社側の転勤命令を断るには、転勤できない正当な理由が必要となります。

 

まずは就業規則を見直してみよう!

転勤を断りたい場合にまず確認して欲しいのが、「就業規則に転勤に関する記載があるのか?ないのか?」です。

就業規則に「業務の都合により異動を命じる事がある」「人事異動で転勤を命じる場合がある」「社員は正当な理由がなければ異動を拒否できない」などの記載があれば、転勤を断るのは原則的に不可能です。

あらかじめルール化されている訳ですから、それを覆るのはよほどの理由がない限り難しいでしょう。

転勤に関する考え方は企業によって違います。厳密にルール化しておらず、転勤を強制しない企業もあるので、まずは就業規則にどのように記載されているのか確認してみてください。

 

理由次第では理解してくれる場合もある

転勤は正当な理由がないと断るのが難しいです。しかし企業といっても決断を下すのは人間(上司)です。どうしても転勤できない理由や、転勤する事で大きなデメリットを被るようであれば、理解してくれるはずです。

上司から理解を得るためには、転勤の断り方&断る理由が非常に大切だと言う事を、頭に入れておきましょう。

 

2,おすすめの転勤の断り方&断る理由

続いては、おすすめの転勤の断り方&断る理由を見ていきましょう。

転勤を断る時はあらかじめ「理由」を用意しておく必要があります。ただしその理由には「完全な嘘」をつくのはよくありません。

会社側もある程度探りを入れてくるでしょうから、後々バレないためにも、信憑性があり完全な嘘ではない理由を使った方が良いです。

子供がいないのに「育児」を理由に使ったり、親が亡くなっているのに「介護」を理由にするのは辞めておきましょう。

 

転勤のオススメの断り方&断る理由1:子供の育児

小さなお子様がいらっしゃる家庭であれば、「育児」を理由に転勤を断るのがベストです。

今の時代、男性も積極的に育児を行うのが当たり前になっています。女性一人に子育てを任せるのは非常識になりつつあります。

育児を積極的に手伝う姿勢や、妻への心配などを全面的にアピールすると良いでしょう。ただし子供が既に大きくなっていたり、子供が居ない場合はどこかでバレるのでNGです。

【育児を理由にした断り方】
「子供が小さく育児が大変なため、今回の転勤はできれば見送らせていただきたいです。」
「妻が育児で疲れきっているので、今は側で手伝ってあげたいんです。」

 

転勤のオススメの断り方&断る理由2:親の介護

親が近くに住んでいる、または同居している場合は、「親の介護」を理由に転勤を断るのがオススメです。

親の年齢が60歳以上であれば「介護」「認知症」などが普通に起こります。理由に使っても怪しまれる心配は少ないです。

親が介護施設に入っていたり、親が既に亡くなっている場合は理由に使えませんが、それ以外であれば割りと通用します。

完全に介護が必要な状態でなくても、「心配なので・・」と言っておけば正当な理由として理解してもらえます。

【親の介護を理由にした断り方】
「母が認知所を患っており、今離れるのは難しいです・・」
「両親の介護が必要なので、転勤はできません。」
「父親の体調が悪く心配なので、できれば転勤はしたくないです。」

 

転勤のオススメの断り方&断る理由3:その他家族のトラブル

他にも「家族」を理由にした断る理由はいくつか存在します。家族間のトラブルは会社側が介入できない所なので、ちょっとした理由でも転勤の拒否を認められる事が多いです。

【その他家族を理由にした断り方】
「身内で闘病中のものがいるため看病しなくてはいけない。」
「子供がイジメにあっているため、近くで様子を見ていたい。」
「二人目(子供)を考えているので、今は転勤したくない。」
「マイホームを購入して、家族で暮らそうと話している所なので・・」

 

転勤のオススメの断り方&断る理由4:自分自身の病気や精神状態

自分自身が精神的に病んでいる場合、体調に異変がある場合も、それを理由に転勤を断ることができます。風邪や一時的な怪我が理由で断るのは難しいですが、慢性的な体調不良であれば会社側も納得してくれます。

【自分自身を理由にした断り方】
「精神的に病んでおり現在通院しているので、良くなるまで転勤は避けたいです。」
「現在掛かりつけの病院で経過観察中なので、できれば転勤はしたくない。」

 

転勤のオススメの断り方&断る理由5:家族からの反対

他にも家族からの反対なども理由として考えられます。あまり強い説得力はないかもしれませんが、会社によってはこの程度の理由でも転勤を諦めてくれる場合があります。

【家族からの反対を理由にした断り方】
「妻が転勤を断固拒否しているため、今回は申し訳ありませんが辞退させて頂きたいです。」

 

スポンサードリンク

3,転勤を断り続けたらどうなる?

転勤を実際に断り続けたらどうなるのでしょうか?もちろん諦めてくれる企業もあるでしょうが、最悪の場合「懲戒解雇」を言い渡される可能性も考えられます。

特に就業規則に転勤の有無が記載されている場合は、会社側はそれを理由に懲戒処分する事が可能です。

ただし一度断ったからといって、すぐに解雇されるわけではありません。

会社側は必要な措置や説得を行い、それでも従業員が拒否をし続ける場合は「懲戒解雇」を行います。

どうしても転勤が嫌な場合は、一度拒否してみるのは良いと思います。しかし何度も説得されているのに拒否し続けると、解雇される可能性があるという事は頭に入れておきましょう。

 

4,早めに次の転職先を見つけておこう

どうしても転勤が嫌な場合、会社側が納得する「理由」を見つけて断るのが一番です。しかし職場によっては納得してくれない場合もあるでしょう。

その場合諦めて転勤するのが一番ですが、中には「転勤するくらいなら退職する!」と考える人もいるはずです。

このような場合は「転職エージェント」を使い、前もって新しい転職先を見つけておく事をオススメします。

転職エージェントは簡単な無料登録を行うだけで、全国の求人を見たり、転職に関する相談を聞いてもらえます。是非今のうちに無料登録を行い、いざという時のためにリスクヘッジを行っておきましょう。

 

転職ならリクルートエージェント(転職エージェント)


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

既卒、フリーターの方にオススメしたいジェイック


【公式サイト】
就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

ジェイックを使えば、無職やフリーターの方でも正社員として就職できます。こちらの転職エージェントでは、既卒やフリーターの方を積極的に支援しています。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

【ジェイックの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

非公開求人が多いマイナビエージェント


【公式サイト】
マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国展開する転職エージェントです。リクルートエージェントに比べると求人数が少なく、やや規模は小さめとなります。

ただし8割以上が非公開求人となっており、他のエージェントでは見つからない求人が多数載っているので、別の転職エージェントと併用して使うのがオススメです。

20代の若手に対して積極的にサポートを行っており、「20代既卒」や「20代社会人」であれば手厚いサポート体制が期待できます。

【マイナビエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,転勤はデメリットだらけ!

転勤はメリットもありますが、それ以上にデメリットが多いです。一般的に言われている転勤する上でのデメリットは以下の3つです。

▼転勤で生じるデメリット▼

 
・家族に負担がかかる
・手続きや引越し作業が面倒
・寂しい、孤独

 

転勤は家族への負担が大きく、時には単身赴任となり家族と離れ離れになる事もあります。

転勤をしたくない場合は、無理してすると後々後悔する可能性が高いです。良いいい訳を考えて、上司を納得させられるのが一番ですね。

 

6,仕事での転勤を断る理由&正しい断り方のまとめ

以上です。今回は、仕事での転勤を断る理由&正しい断り方についてご紹介しました。会社に勤めていれば誰にでも「転勤」を命じられる可能性はあります。

特に大企業や公務員などは転勤が多いので注意して下さい。

転勤が嫌な場合は、会社側が納得する「理由」「いい訳」を用意する必要があります。理由によっては会社側も転勤を諦めてくれるでしょう。

どうしても転勤が嫌で断れなかった場合は、転職エージェントで新しい転職先を探してみてください。

 

キャリコネで企業調査を行う

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

これから転職先を探す場合は、まずはキャリコネで企業の口コミをチェックしておきましょう。それだけでも人間関係が良好で、環境の良い職場に入社できる確率が高まりますよ。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

   

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*