職場に馴染めない原因と対処法について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

居心地の良い職場環境を整えるためには、まずは職場に馴染む必要があります。人間関係や業務はもちろん、会社の考え方などに馴染んでいくと、ストレスが減り職場にいるのが苦痛でなくなります。

スポンサードリンク

今回は職場に馴染めない原因と対処法についてご紹介します。

新卒で馴染めない人はもちろん、入社後何ヶ月も経っているのに、未だに職場に馴染めない人も是非参考にして下さい。

目次

1,職場に馴染めない原因とは?
2,馴染む方法について
3,職場に問題がある場合は転職を考える
4,オススメ転職エージェント
5,職場に馴染めない原因と対処法のまとめ

 

1,職場に馴染めない原因とは?

転職や就職時にもっとも不安に感じるのは、新しい職場での「人間関係」です。新しい職場では「上手く職場で馴染めるか?」「孤立したらどうしよう・・」など様々な不安を抱きます。

人間関係が上手く行かないと、職場に馴染めず孤立する事になります。ちなみに職場に馴染めない原因には大きく分けて二通り存在します。

「1,自分自身に問題がある」
「2,職場に問題がある場合」

大抵は1番が原因となり、職場に馴染めない事がほとんどです。しかし2番のように、職場環境に問題があり馴染めない場合もあるので注意が必要です。

 

職場に馴染めない原因1:自分自身に問題がある

新しい職場では、どうしても知らない人ばかりなので萎縮してしまいます。自分からは積極的にコミュニケーションを取らず、極力人との交流を避けてしまう事が多いです。

社会に出て職場で馴染みたいのであれば、自分から積極的に人付き合いを行っていかなければいけません。面倒かもしれませんが、自分自身が積極的に溶け込もうとしないと、社会では受け入れてもらえません。

他にも様々な原因で職場で馴染めない事があります

【職場に馴染めない自分自身の問題点】
●自分の殻に閉じこもってしむ
●仕事ができない
●協調性が無い
●人の話を聞かない
●挨拶や会話の声が小さい
●見た目が怖い

自分自身に問題がある場合は、転職では解決しません。職場での人との交流を増やし、努力していく事が大切です。

 

職場に馴染めない原因2:職場に問題がある

職場によっては変わり者や性格の悪い人、癖が強い人が多い職場もあり、働き辛い事があります。

こういった職場では、その人自身に問題がある訳ではなく、職場自体に問題があるせいで職場に馴染めなくなります。

【職場に馴染めない会社側の問題点】
●上司や同僚に変わり者が多い
●癖のある社風(会社全体が体育会系、など)
●家族経営をしている
●ブラック企業

上記のような会社では、どんな従業員でも孤立しやすいです。このような会社では割り切って我慢して働くか、「転職」するしか解決策はありません。

長い目で見て人間関係が悪いとストレスを受けやすいので、個人的には転職してしまった方が良いと思います。

 

2,馴染む方法について

職場に馴染むためには、自分から積極的に周囲の人たちにアクションを取っていく必要があります。

職場に馴染めない人はほとんどの場合、「コミュニケーション不足」「自分から会話をしない」「会社の飲み会に参加しない」など、消極的な一面が原因となります。

馴染むためには積極的に周囲の人に話しかけ、自分から進んで馴染むための努力をしていかなくはいけません。ここでは職場で周囲の人たちに馴染む方法をご紹介します。

 

職場で馴染む方法1:誰にでも積極的に挨拶する

突然会社の人たちに積極的に話しかけるといっても、やはり緊張するし怖いですよね・・・。そんな時は「挨拶」から始める事をオススメします。

挨拶であれば誰にでもできるし、知らない人とコミュニケーションを取るのに便利です。相手からの挨拶を待つのではなく、自分から先手で挨拶を行うように心がけてください。

挨拶すれば大抵の人は気持ちよく挨拶を返してくれるし、次からは相手の方からも挨拶をしてくれるようになります。

これだけでも社内の大勢の人と顔見知りになり、コミュニケーションが取れます。

 

職場で馴染む方法2:飲み会や会社のイベントには積極的に参加する

職場に馴染みたいのであれば、「飲み会」「送迎会」などはもちろん、社内のイベント事には常に参加する事が大切です。

「会社の飲み会には出たくない・・」
「会社のイベントは理由をつけて断り続けている・・」

会社員の中には、上記のようにイベントや飲み会に「出来るだけ参加したくない!」と考えている人が多いです。これは誰でも同じように感じるので、当たり前ですよね・・

しかし「飲み会」「イベント」は会社内の人と唯一プライベートを共にできる時間です。

確かにイベントに参加するのは面倒ですが、出てみると、気の合う仲間が出来たり、上司と打ち解けたりするので、それなりに”メリット”も多く存在します。

 

職場で馴染む方法3:自分から仕事を取りいく

上司との人間関係を構築するためには、自分から積極的に仕事を貰いに行くのがオススメです。もちろん上司だけでなく、近くの同僚に「何か手伝いますか?」など、自分から声を掛けるだけでも人間関係を築けます。

職場では、仕事が最大のコミュニケーションツールとなります。

仕事を通じて会話を増やす事は、職場に馴染むきっかけになります。

 

職場で馴染む方法4:ランチや休憩時は積極的に雑談する

「ランチタイム」「休憩」は、会社で社員と会話する絶好のタイミングです。

会社の休憩は1人の方がゆっくり休めるかもしれませんが、これは「社内での孤立化」を進める原因になるので注意しましょう。

近くの同僚にランチを誘ったり、一緒に休憩を取ってみてください。仕事以外の時間で雑談をすると、お互いの距離が縮まり、同僚と仲良くなれるのでオススメです。

食事の話や家族の話、趣味の話など、何でも良いので雑談してみてください。

 

職場で馴染む方法5:協調性を持つ

社会に馴染むためには、「協調性」を持つ事が大切です。周囲の事を何も考えずに行動したり、平気で遅刻する、仕事での迷惑を考えないなど、協調性の無い行動は厳禁です。

協調性が無い人には誰も近づいてきません。

仕事に対しては真面目に取り組み、協調性を持って人と接していきましょう。

 

職場で馴染む方法6:人の話を聞く

職場で馴染むためには、周囲の人たちの話に耳を傾ける必要があります。一番ダメなのは、自分の話しばかりして、周りの話を聞かない人。

人の話を聞けない人には誰もついてきません。職場では孤立を高めるので注意しましょう。

 

職場で馴染むには最初が肝心!

新しい職場で人と打ち解けたり、馴染むためには最初が肝心です。職場での相手の印象は、最初の数ヶ月で決まってしまいます。

入社して半年、1年と、積極的にコミュニケーションが取れていないと、「暗い人」「無口な人」というイメージを持たれてしまいます。

最初の数ヶ月の間に、先ほどご説明したように積極的に周囲の人とコミュニケーションを取ることで、人間関係に上手く溶け込めるようになります。

職場で馴染みたいのであれば、早めに行動する事をオススメします。

時間が経てば経つほど、周囲からは「コミュ障」だと思われて、馴染むのが難しくなっていきます・・・

早い人は数週間~1ヶ月で友人を作り社内に上手く溶け込んでいきます。職場に早く馴染むコツとしましては、すぐにでも”コミュニケーション力を高める”ことが大切です。

 

スポンサードリンク

3,職場に問題がある場合は転職を考える

職場に問題がある場合は、やはり「転職」するのが一番楽だと思います。職場に変わった人や性格が悪い人が多い場合は、どれだけ馴染もうと努力しても、上手く行かない事がほとんどです。

こういった職場では努力するよりも、職場自体を変えてしまった方が簡単に解決します。

他にも「同性ばかりの職場」にも注意が必要です。特に女性ばかりの職場ですと、「イジメ」「無視」などが起こりやすく、良い人間関係を築くのが難しいです。

こういった場合も、男女が均等に配属されているような職場に転職するだけで、ストレスから開放されます。

 

4,オススメ転職エージェント

続いてはオススメの転職エージェント3社をご紹介します。転職を考える場合は、突然仕事を辞めるのはリスキーすぎるのでオススメしません。

まずは転職エージェントなど、ネットで使える転職サービスへの無料登録をして、どういった求人があるのかチェックしてみましょう。

転職エージェントを使って新しい転職先を決めてから今の仕事を退社すれば、転職でのリスクを最小限に抑えられます。

 

転職ならリクルートエージェント(転職エージェント)


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

既卒、フリーターの方にオススメしたいジェイック


【公式サイト】
就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

ジェイックを使えば、無職やフリーターの方でも正社員として就職できます。こちらの転職エージェントでは、既卒やフリーターの方を積極的に支援しています。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

【ジェイックの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

非公開求人が多いマイナビエージェント


【公式サイト】
マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国展開する転職エージェントです。リクルートエージェントに比べると求人数が少なく、やや規模は小さめとなります。

ただし8割以上が非公開求人となっており、他のエージェントでは見つからない求人が多数載っているので、別の転職エージェントと併用して使うのがオススメです。

20代の若手に対して積極的にサポートを行っており、「20代既卒」や「20代社会人」であれば手厚いサポート体制が期待できます。

【マイナビエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,職場に馴染めない原因と対処法のまとめ

以上です。今回は職場に馴染めない原因と対処法についてご紹介しました。職場で馴染めない原因は、「1,自分自身に問題があるか」「2,職場に問題があるか」によって、対処法が大きく変わってきます。

1番の自分に問題がある場合であれば、自分自身を変えていかなくては改善できません。積極的にコミュニケーションを取らなければ、次の職場でも同じような経験をするでしょう。

しかし2番の「職場に問題がある」場合は、どれだけ積極的にコミュニケーションを取っても、解決するのは困難です。

職場に問題がある場合は、やはり転職して、もっと環境の良い仕事に移るのが一番効果的です。

 

キャリコネで企業調査を行う

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

これから転職先を探す場合は、まずはキャリコネで企業の口コミをチェックしておきましょう。それだけでも人間関係が良好で、環境の良い職場に入社できる確率が高まりますよ。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

   

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*