職場で会話に入れない理由と対処法。会話に入る具体的な方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仕事での一番多い悩みは「人間関係」です。「同僚の輪の中に入れない!」「会話に混ざる事ができない!」このような悩みを抱えている人も、社会には多くいらっしゃいます。

スポンサードリンク

 

職場で会話に入れない理由は様々です。「趣味が異なる」「他の社員に嫌われている」「積極性がないから」などなど。

理由にもよりますが、これを改善するためには「会話に入る努力」をするしかありません。

今回は職場で会話に入れない理由や、対処法についてご紹介します。会社で会話に参加できず困っているなら、是非今回の記事を役立ててくださいね。

 

1,職場の会話に入れない理由

まずは職場の会話に入れない理由から見ていきましょう。

同じ社員の輪の中に入れない人は、何かしらの原因を持っている場合がほとんどです。自分に当てはまる物がないのか、項目をチェックして下さい。

【職場の会話に入れない理由】
●積極性がない
●趣味や思考が異なる
●同僚に嫌われてしまっている
●既にグループが出来上がってしまってる
●年齢が離れすぎている
●同性が少ない
●萎縮してしまっている

 

職場の会話に入れない理由1:積極性がない

会話に進んで参加しない人は、職場でも孤立する事が多いです。

このような人は、「鬱陶しく思われたらいやだ・・・」「邪魔者扱いされないか心配。」こんな風に被害妄想が働いてしまい、積極的に人に話しかけれなくなっています。

これは非常にもったいない事。

積極的に話しかけなければ、他の同僚からすれば「あの人は無口な人。」「一人が好きなんだろう。」と勝手に解釈されます。

相手に自分の事を知ってもらうためには、自分から積極的に話しかけなければいけません。

 

職場の会話に入れない理由2:趣味や思考が異なる

職場の人と趣味思考が異なる場合も、会話には入りづらくなります。

例えば女性の場合、一般的な女性従業員の会話は「食事」「恋愛」などです。しかし食べる事や恋愛には全く興味が湧かず、「ゲーム」「運動」などが好きな人もいらっしゃいますよね?このような場合、女性従業員同士の会話に入るのは難しいです。

女性同士の輪に入るのであれば、やはり食事や恋愛ネタに興味がないと、周りの人とは会話が続きません。

男性の場合も同じです。「ギャンブル」や「スポーツ」の話で盛り上がっている輪の中に、料理好きな男性が来ても会話には入りづらいはずです。

趣味や思考が異なると、職場での会話に入れない事が多いです。

 

職場の会話に入れない理由3:同僚に嫌われてしまっている

同僚に嫌われている、もしくは特定の誰かに嫌われていると、仲間外れにされてしまい会話に入れません。これは一番厄介です。

自分に原因がある場合は、自分の行動次第で何とでもなります。しかし、イジメや仲間外れにされている場合は、自分の力で解決するのが難しいです・・・。

 

職場の会話に入れない理由4:既にグループが出来上がってしまってる

新卒などに多い悩みがこれです。既に社員同士でグループが出来てしまっており、その輪の中に入りづらくなっているケース。

嫌われているわけではないので、自分の行動次第で解決する事は可能です。しかしグループが出来ている以上、その輪の中に入るのは勇気が入ります。

 

職場の会話に入れない理由5:年齢が離れすぎている

20代の輪の中に50歳の人が溶け込もうと思っても、正直難しいですよね・・・。職場による年齢のギャップは、多少なりとも存在します。

年齢がバラバラな人が集まっている職場であれば問題なありません。しかし、20代中心、50代中心、このように偏ってしまっていると、そこからズレている世代の人が輪に入れない事が考えられます。

 

職場の会話に入れない理由6:同性が少ない

女性ばかりの職場、男性ばかりの職場、こういった職場でも輪に入れない事があります。同性同士は反発も起きやすいですが、結束力も強いです。

同性が少ない職場では、会話に入れない可能性が高いです。

 

2,会話に入れない場合の対処法

続いては、職場の会話に入れない場合の「対処法」についてご紹介します。会話に入れない場合はどうするのが良いのでしょうか?

【職場の会話に入れない場合の対処法】
●自分から進んで輪の中に入る努力をする
●まずは誰か一人と仲良くなる
●話しかけるのが難しければ挨拶から
●会社の集まり事に積極的に参加する

 

対処法1:自分から進んで輪の中に入る努力をする

一番手っ取り早いのは、グループの輪の中に飛びこみ、積極的に話しかけることです。休憩の時にさりげなく一緒に付いて行ったり、「一緒に座ってもいいですか?」などと積極的にアピールするのもOK。

かなり難易度は高いですが、上手く行けば、すぐに職場の人たちと打ち解ける事が可能です。

ただしあまり勢いを付けすぎると、「変な人」と思われる可能性もあるので、自然に溶け込んでいく必要があります。

 

対処法2:まずは誰か一人と仲良くなる

グループの輪の中に入るのに抵抗があれば、まずはグループの一人と仲良くなる事を考えてください。誰か一人と仲良くなれば、その人についていれば、自然とグループの一員になる事ができます。

自分と話が合いそう、年齢が近い人、趣味や思考が似てそうな人、こんな人を選ぶと割りと簡単に仲良くなれます。

 

対処法3:話しかけるのが難しければ挨拶から

突然話しかけたり、グループの輪に入るのが難しければ、「挨拶」を積極的に行っていくのもありです。

明るく挨拶をしていれば、自分自身の事を知ってもらえ、相手から話しかけてくれる事があります。時間は掛かるかもしれませんが、何もしないと孤立化が深まるだけなので、せめて挨拶だけはして下さい。

 

対処法4:会社の集まり事に積極的に参加する

意外と簡単でオススメなのがコレ!普段会社では話しかけ辛くても、「忘年会」「新年会」「送別会」のような、会社の集まりでは同僚にも話しかけやすいです。

突然社内で会話に入ってこない人が話しかけてしまうと、不思議がられる可能性があります。しかし会社の集まりであれば、お酒の場だし、普段話さない人が話しかけても、同僚は不思議がる事はないはずです。

こういった場に積極的に参加していれば、嫌でも話しかけられるし、自然と打ち解けていきますよ。

 

スポンサードリンク

3,理由によっては解決が難しい場合もある

「自分に積極性が無い」「輪に入る勇気が出ない」このように自分に原因がある場合は、行動次第で簡単に会話に混ざる事は可能です。

問題なのは、「同僚に嫌われている」「同僚たちと趣味・思考が違うため受け入れてもらえない」このように同僚から拒否されている場合。

こういった場合はどれだけ自分自信が「会話に入りたい!」と思っても、相手側が拒否しているため改善するのは難しいです。

こんな時は「会社なんてそんなもの」と開き直ってしまうのも一つの方法です。会話に入れないくらい、正直大したことありません。むしろ一人の時間を大切にできるし、面倒な人間関係に悩まされずにすみます。

しかし、どうしても同僚との会話の混じりたいのであれば、「転職」も視野に入れるべきだと思います。人によっては孤立する事に強いストレスを感じ、仕事にも支障が出る場合があるので注意しましょう。

 

転職エージェントで自分にあった仕事がないか調べてみよう!

そんな時オススメしたいのが、「転職エージェント」と呼ばれるネットを使ったサービス。無料登録を行うだけで、全国の求人をチェックできるようになります。

現在の仕事を続けながら使えるので、リスクが無くオススメ。「もう少し働きやすい職場はないか?」「ちょっとだけ求人を見てみたい!」こういった理由で利用するのもOKです!

 

4,おすすめ転職エージェント

続いては、私がオススメする転職エージェントを3つご紹介します。どのサービスも大手が運用しており、全国の優良求人が揃えられています。

是非、無料登録を行い、どのような求人があるのかチェックしてみて下さいね。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,まとめ

以上です。今回は、職場で会話に入れない理由と対処法についてご紹介しました。職場で同僚たちの会話に入れなくて、悩みを抱えている人は大勢いらっしゃいます。

そんな時はまず、何故会話に入れないのか考えてみてください。その原因が自分自身にあるのか?それとも同僚側にあるのか?

自分自身にあるのであれば、行動次第で簡単に解決する事が可能です。逆に同僚側にある場合は、自分一人の力で解決するのは難しいかもしれません。

状況によって適切な行動が取れると良いですね。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*