お金を稼げる人、稼げない人の違いとは?それぞれの共通点や特徴について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ここ最近「お金を稼ぐ人」と「お金を稼げない人」が両極端に分かれるようになりました。片方では副業で月100万、200万と稼いでいるのに、もう片方では会社員の給料だけで質素な生活をしている。

スポンサードリンク

稼げる人、稼げない人、この二つの違いには何があるのでしょうか?大前提として、やはり自分のビジネスを持っている人は稼いでいます。起業している人はもちろんですが、副業でも給料以外の収入があると大きいですね。

他にも投資の力を身に付けたり、経済や税に強くなる事も大切です。トップセールスマンのように、会社員として活躍することで収入を増やす事も可能です。

今回はお金を稼げる人・稼げない人の共通点についてご紹介します。副業で稼げていない人はもちろん、会社員として出世できない人にもオススメです!

 

今後「稼げる人」「稼げない人」はさらに両極端化していく<

数十年前の日本であれば、そこまで人々の「稼ぎ」に差がありませんでした。

大抵の人は会社員としての収入だけで生活しており、景気がよくなれば従業員全員の給料が上がったし、景気が悪くなれば従業員全員の給料が下がりました。

もちろんその時代だと、副業で稼ぐ人なんてほとんどいなかったです。

しかし最近では、SNSやブログ、youtubeなどの影響により、副業で大きく稼ぐ人が増えてきました。会社でも個人の力が重要視されるようになり、年功序列は消えて、若くても優秀な人が出世しています。

こういった背景もあり、社会で「お金を稼ぐ人」「お金を稼げない人」が大きく分かれるようになりました。

 

今後さらに差は開いていく・・・

これからの時代、「稼げる人」と「稼げない人」はさらに両極端化していきます。お金の知識がある人は年収1000万、1億、中には年収10億稼ぐ人も出てくるはずです。

これは起業してようが副業だろうが関係ありません。実際に副業で普通に会社員をしながら、自分のビジネスで年間何億も稼いでいる人がいますからね。

反対にお金の知識が無い人は、ずっと会社員の給料20万~30万だけのまま、止まった状態になります。

今後、世の中の構造は大きく変わり、世の中にはお金持ちと貧乏な人が顕著に現れるようになっていきます。というよりも気付いていないだけで、既に個人の収入の差は広がり続けています。

何も考えずに会社員の給料だけで生活していると、今よりもっと辛い状況になる事は間違いありません。

 

お金を稼げる人・稼げない人の違い1:副業をやるか、やらないか<

お金を稼げる人・稼げない人の違いとしては、副業をやるかやらないかによって大きく変わります。正直これが一番重要です。

会社員として稼げる金額は決まっています。どれだけ給料が高い職業についても、会社員としての給料だけで月に1000万稼ぐ事は難しいでしょう。

しかし副業など別のビジネスを持っている人は、サラリーマンの給料以外に、月に1000万稼ぐ人はザラにいらっしゃいます。

大抵の人は月に1000万稼ぐと仕事を辞めてしまいますが、一部の人は会社員を続けながら稼ぎ続けています。

お金を大きく稼ぐためには、やはり副業や本業として自分のビジネスを持つ事が大切。

「ビジネス」と聞くと大変そうに感じますが、「ツイッターの運営」「ブログの運営」「インスタの運営」「youtubeの運営」なども立派なビジネスです。

むしろリアル商売よりも、こういったネットのツールを使ったビジネスの方が、個人の場合稼ぎ易いです。

副業をやっているのかやっていないのかは、収入が一番大きく変わるポイントだと思います。最近では高校生や大学生でもSNSを使って、月に100万くらい稼ぐ人が増えていますよ。

【オススメの副業】
●ブログ・アフィリエイト
●youtube
●ツイッター×自社製品販売×企業案件
●インスタ×自社製品販売×企業案件
●ネットショップ

最近の副業だと、上記のような物が主流となっています。ブログやアフィリエイト、youtubeなどは上手く行けば、月に数千万稼ぐ事が可能です。

ツイッターやインスタなどのSNSを使って稼ぐ方も増えていますね。若い方であればSNSで情報発信するのが圧倒的にオススメです。SNSは個人でもフォロワー数さえ増やせば、いくらでも稼ぐ事が可能です。

ネットショップなども始めやすいのでオススメです。」

 

スポンサードリンク

お金を稼げる人・稼げない人の違い2:会社員として優秀かどうか

副業をやらなくても会社員として優秀であれば、ある程度の収入を得る事は可能です。

一昔前の日本では「年功序列」が重要視されており、年齢と共に出世できるような仕組みが整っていました。しかし企業もそれだけでは成長が難しくなり、個人の力を重要視するようになりました。

特に若手のベンチャー企業などは個人の実力しか見ていません。会社員として優秀であれば、若くても認められ、収入を大幅に上げる事が可能です。

会社員としての収入を上げるためには、個人の実力を発揮する事も大切ですが、会社選びも非常に重要です。昔ながらの年功序列を重んじている会社はまだまだたくさんあるので、こういった会社では若くして収入を大幅に上げるのは難しいです。

それよりもベンチャーやIT系、営業のような、実力が収入に反映されやすい仕事を見つける事が大切。

 

お金を稼げる人・稼げない人の違い3:金融リテラシーを持っているか

お金を稼げる人になるためには、最低限度の金融リテラシーを持っておく必要があります。金融リテラシーとは資産運用や税金対策など、お金に対する知識やお金の使い方の事を差します。

ちなみに日本人は海外の人に比べて、この「金融リテラシー」が物凄く低いと言われています。


「保険会社を比較せず大手の保険にとりあえず加入する」
「家をローンで購入する」
「クレジットカードで何でも後払い」
「家庭の収支管理をしない」
「お金は銀行に預けるだけ」
「税金に対する知識が一切無い」

大抵の日本人は周りと同じ事を、当たり前のように行っています。日本人は何故か、周りと同じ事をしているだけで「安心感」を得る、という共通点があります。

「周囲と同じ事をしていれば大丈夫」というおかしな安心感のせいで、お金に対する勉強を何もしなくなっています。

しっかりお金を稼ぎ資産を形成するためには、最低限度の金融の知識を高める事が大切です。

 

お金を稼げる人・稼げない人の違い4:行動を共にする人の違い

お金を稼いでいる人の周りには、同じように稼げている人が多いです。反対に副業も何もせずお金に興味が無い人の周りには、同じような人が集まってきます。

間接的になりますが、実は意外と大切なポイントです。

稼げる人が周囲にたくさんいると、それだけでお金に関する情報が自然と集まってきます。反対にゲームや娯楽ばかりしている人が周囲にいると、その情報しか入ってこなくなります。

自分の環境を整える事も大切です。最近ではSNSを使えば色々な人と交流を作れるのでオススメ。

 

お金を「稼げる人」「稼げない人」の特徴や共通点について<

副業として稼ぐ場合も会社員として稼ぐ場合も、稼げる人、稼げない人にはいくつかの共通点があります。続いては、お金を稼げる人、お金を稼げない人の、それぞれの特徴や共通点をご紹介します。

【お金を稼げる人の特徴・共通点】
●とにかく行動している
●トライ&エラーを繰り返す
●お金に対する危機感を持っている

 

お金を稼げる人の特徴・共通点1:とにかく行動している

お金を稼いでる人はとにかく行動しています。副業にしろ投資にしろ、何でも試してみるスタンスです。お金を稼ぐのって難しいです。何が自分に合うか分からないので、とにかく試してみるスタンスが大切です。

 

お金を稼げる人の特徴・共通点2:トライ&エラーを繰り返す

副業や仕事で成果を出すためには、ただ何も考えず行うだけではダメです。「トライ&エラー」を何度も繰り返し、試行錯誤して仕事に取り組む必要があります。「トライ&エラー」を繰り返すことにより、少しずつ改善されて稼げるようになっていきます。

 

お金を稼げる人の特徴・共通点3:お金に対する危機感を持っている

お金に対する危機感を持っている事も重要です。危機感があるとそれに対して勉強を行うため、お金に対する知識が備わります。
  

【お金を稼げない人の特徴・共通点】
●何でも人のせいにする
●質問しかしない
●すぐに諦める

 

お金を稼げない人の特徴・共通点1:何でも人のせいにする

お金を稼げない人の特徴には、「何でも人のせいにする」というのが挙げられます。このような人は自分の実力を認められないため、いつまで経っても成長がありません。

 

お金を稼げない人の特徴・共通点2:質問しかしない

何も考えず質問をするのも悪い例です。「行動力がある=質問をする」と勘違いしている人がいますが、これは間違っています。分からない事があれば、何でも人に聞くのではなく、自分でまずは調べてください。

例えば会社でも上司に何でも聞く人って居ますよね?あれって自分の評価を下げているだけです。

 

お金を稼げない人の特徴・共通点3:すぐに諦める

先ほども申しましたが、何かで成果を出すためにはとにかく続けることが大切。トライ&エラーを繰り返さなければ、お金を稼げるようにはなりません。

 

まとめ<

以上です。今回はお金を稼げる人、稼げない人の違いや、それぞれの共通点や特徴についてご紹介しました。

年々お金を稼ぐ人と稼げない人は両極端化していますが、大きな違いとしては「副業」を持っているかどうかですね。年収が1000万、2000万とある人は、高い確率で別のビジネスを持っています。

副業である程度成功するだけで、年収が会社員の数倍、数十倍に簡単に膨れます。もちろんサラリーマンとして出世して稼ぐ方法もありますが、やはり会社員の給料だけでは限界があります。

ツイッターやブログ、インスタやyoutubeを使った副業は、個人でも簡単に始める事が可能です。そこにネットショップやアフィリエイトを絡ませれば、大きく稼ぐ事が可能です。

今後「稼げる人」の側につきたいのであれば、何でも良いので自分のビジネスを持つことから始めましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*