飲食店の仕事内容&給料について。年収が高い飲食業の見つけ方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

飲食業は数ある仕事の中でも、求人数が非常に多く人気の仕事です。「飲食店で働いてみたいけど、具体的な仕事って何するの?」「飲食店の仕事で貰える給料はいくらくらい?」これから飲食店への転職を考えているなら、このような疑問を持たれている方も多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

今回は飲食店の仕事内容や給料、具体的な年収などについてご紹介します。

飲食店は一般的に「給料が安い」なんて言われてますが、職場や仕事の種類によっては高給を受け取る事も可能です。

ただし飲食業は求人数が多く、職場によって当たり外れが大きい業界です。残業代の未払いなど不正労働を繰り返す「ブラック企業」が存在する一方で、高給を受け取れて従業員思いのホワイト企業も存在します。

大切なのは自分一人の力で仕事を探さないこと。

条件の良い飲食業の探し方などもご紹介するので、最後まで記事をチェックして下さいね。

目次

1,飲食店の仕事の種類と仕事内容
2,飲食業の給料・年収
3,どうやって給料の高い飲食業の仕事を探せば良いのか?
4.オススメの転職エージェント3つ
5,飲食店の仕事内容や給料、年収のまとめ

 

1,飲食店の仕事の種類と仕事内容

まずは、飲食店の仕事の種類と仕事内容をそれぞれ見ていきましょう。飲食店の仕事の種類は、基本的に下記の5つで構成されています。

【飲食店の仕事の種類】
●ホールスタッフ
●キッチンスタッフ
●店長
●料理長
●エリアマネージャー

この中で給料が高い傾向があるのは、「店長」「料理長」「エリアマネージャー」の3つです。反対にホールスタッフやキッチンスタッフは、バイトの採用率が高く、給料が安い傾向があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

飲食店の仕事の種類と仕事内容1:ホールスタッフ

飲食業界で一番募集が多いのは、ホールスタッフの仕事です。ホールスタッフはアルバイトと正社員で構成されており、主にお客さんからのオーダーを取ったり料理を運ぶ、お会計や後片付けなど、ホールでの仕事がメインとなります。

ホールスタッフの場合は、接客の技術が必要となります。お客様とコミュニケーションを取り、お客様に喜んでもらえるようサービスを提供できる人が、職場では活躍できます。さらに周りを見る力があり、小さな気遣いができると良いですね。

キッチンスタッフはバイトと正社員で構成されていますが、バイトの比率が高めとなっています。

飲食業界の求人といえば、ホールスタッフが一般的です。未経験者からでもスタートできるため非常に人気が高いです。

 

飲食店の仕事の種類と仕事内容2:キッチンスタッフ

調理や盛り付け、皿洗いなどはキッチンスタッフの仕事です。飲食業でもホールスタッフと違い、キッチンスタッフは接客を行う必要がありません。

調理師の場合、職場によっては調理師免許やその他の資格が必要な場合もあります。

キッチンスタッフはオーダーに対して迅速に対応し、お客様に最高の料理を提供するのが仕事です。裏方の作業になるため、接客をしたくない方、料理を作る事が好きな人にオススメです。

 

飲食店の仕事の種類と仕事内容3:店長

従業員全体を管理して、お店をまとめるのが店長の仕事です。従業員の教育や指導、マネージメントを行いながらも、お店の売上アップの施策やマーケティングを考えなくていけません。

やる事が多いですが、店長の実力次第でお店の売上も変わるので、非常に重要なポジションとなります。店長は、ホールスタッフやキッチンスタッフ全体を総括する立場となります。

 

飲食店の仕事の種類と仕事内容4:料理長

キッチンのリーダー的役割を果たすのが「料理長」です。料理の味や盛り付けなど、スタッフに支持して自分自身でも行います。味見や最終チェックなども料理長の仕事となり、お客様に提供する料理を任せられる需要ポジションです。

料理の腕はもちろん大切ですが、スタッフとのコミュニケーション力、リーダーシップ性なども必要となります。

 

飲食店の仕事の種類と仕事内容5:エリアマネージャー

エリアマネージャーは、担当地域の飲食店を総括するのが主な仕事内容です。直接お店に入るわけではないので、接客や料理をする必要がありません。

その分「コンサルティング力」「マーケティング力」「お店の管理力」「リサーチ力」「データ分析力」など、より経営的視点から見たスキルが求められます。

エリアマネージャーになるには、ホールスタッフやキッチンスタッフとして働き店長になり、そこからさらにエリアマネージャーに選ばれる必要があります。

難易度が高いですが、給料が高く魅力的なポジションです。

 

2,飲食業の給料・年収

続いては飲食業の気になる「給料」「年収」について見ていきましょう。飲食業界は職業全体で見ると、賃金が安い部類に属します。

ちなみに給料が高いのは「金融業」「保険業」など。これらの職業では平均年収が400万円程度なのに比べて、飲食業は平均年収が200万ちょっとと半分くらいしかありません。

ただしこれはキッチンスタッフやホールスタッフのバイト比率が高いというのも理由の1つにあります。飲食店の「店長」「料理長」「エリアマネージャー」クラスになれば、高給を得ることが可能です。

【飲食店の平均年収】
●ホールスタッフ・・・15万円~20万円
●キッチンスタッフ・・20万円~25万円
●店長・・・25万~30万円
●料理長・・・30万円~35万円
●エリアマネージャー35万円~40万円

 

飲食業は職場によっても給料の差が激しい

ご紹介した給料は、あくまでも業界全体の「平均値」です。

飲食業界は仕事の種類や職場によっても、給料体制が大きく異なります。同じように居酒屋で働いても、片方では手取り30万近く貰っているのに、もう片方では手取り15万なんていうのはザラにあります。

ですので飲食業に就職・転職するなら、職場選びが何より大切ということです。

給料はもちろんですが「働き易い環境なのか?」「人間関係は大丈夫か?」「昇給・昇進制度は整っているか?」「福利厚生は?」こういった面から吟味する必要があります。

「近場の飲食店で求人を募集していたから・・・」

こんな理由で就職してしまうと、ずっと低賃金で働かされる可能性があるので注意しましょう。

 

スポンサードリンク

3,どうやって給料の高い飲食業の仕事を探せば良いのか?

飲食店の求人を探すには、色々な方法があります。

よくあるのは「地元の冊子などから飲食系求人を探す」「ハローワークを利用する」「近くの飲食店に直接問い合わせる」と言った探し方。どれも手軽ですぐに仕事を見つけられる方法です。

しかしこういった探し方をすると、表面的な情報しか分からないまま仕事を決めることになる為、どうしても労働環境の悪い職場に当たる場合が多いです。

飲食店にはブラック企業が多く存在します。ブラック企業は面接段階で見抜くのが非常に難しいです。大抵の会社は面接段階では良いことばかり話すので、従業員は実際に働いてみてから「ブラックな企業体質」に気づくことになります。

しかし一度入社してしまうと、辞めづらいし、本当に辞めて良いのか迷いますよね。ですので、やはりブラック企業には入らないのが一番です。

給料が高く従業員の事を大切にする良い職場を見つけるためには、第三者の協力が必要不可欠となります。

第三者とは転職に対する知識があり、企業の事をよく知る人たちです。例えば転職エージェントなどが該当しますね。

転職エージェントは企業と求職者を斡旋するサービスです。企業の事をよく知るエージェントがサポートしてくれますので、希望に沿った求人を紹介してもらえます。

「給料が高い飲食店に転職したい!」
「ホワイト企業の飲食店で働きたい!」

こういった希望を告げるだけでOKです。

 

4,オススメの転職エージェント3つ

続いては、オススメの転職エージェント3つをご紹介します。転職エージェントには「特化型」「総合型」の二種類が存在します。

特化方とは専門性のある転職エージェント。例えば飲食の場合だと、飲食業界に特化された転職エージェントですね。

総合型とは、ジャンルを問わず様々な職業の求人を取り扱っている転職エージェントです。

飲食業への転職であれば「飲食業特化型転職エージェント」、異業種への転職を考えているなら「総合型転職エージェント」を利用してください。

 

飲食店を探すのにオススメしたい転職エージェントは「クックビズ」!


【公式サイト】
飲食特化の転職支援サービス【クックビズ】

飲食店への転職を考えるのであれば、「クックビズ」がオススメです。クックビズは求人数が5万件以上掲載されている人気の転職エージェント。

飲食店に特化された求人を取り扱っており、幅広い飲食の仕事を見つける事ができます。

「フレンチ」「イタリアン」「居酒屋」などの、ホールスタッフやマネージャー、調理スタッフなど職種も様々。さらに今なら転職が決まった場合、転職のお祝い金として3万円が貰えます!

飲食関係専門のプロのアドバイザーが、転職に関するサポートを全面的に行ってくれます。無料登録するだけで、クックビズの全てのサービスが利用できるようになります。

【クックビズの詳細】
・ジャンル:飲食、フード、バー
・種類:転職エージェント

 

飲食探しにオススメの転職エージェント2:フーズラボエージェント(飲食特化型)


【公式サイト】
飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント

フーズラボエージェントは、優良求人を多く取り扱う飲食特化型の転職エージェントです。

「年収400万~600万円」「週休二日制」「充実した福利厚生」など、質の高い求人が多く、年間相談実績は5,000件以上です!

大手企業、チェーン店、個人店、レストラン、ホテルなど、一般には掲載されていない非公開求人を、国内外問わず取り扱っています。

未経験や若手スタッフはもちろん、店長、料理長、幹部候補、商品開発、SV候補など幅広い職種が揃えられています。

独自レポート(従業員のインタビュー)や体験入店をフーズラボ自体が行っており、独自の情報を元に求人を紹介してくれます。企業の内部まで知った上で求人を紹介してくれるので、安心して転職できますね!

フーズラボでは専任のアドバイザーが、「履歴書の添削」「面接対策」「条件交渉」など転職のサポートを個別に行います。転職活動中はもちろんですが、転職後もサポートしてくれるので安心です。

【フーズラボエージェントの詳細】
・ジャンル:飲食、フード
・種類:飲食特化型転職エージェント

 

異業種への転職ならリクルートエージェント(総合型転職エージェント)


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,飲食店の仕事内容や給料、年収のまとめ

以上です。今回は、飲食店の仕事内容や仕事の種類、給料・年収などについてご紹介しました。飲食店は仕事の種類や職場によって、給料体勢が大きく異なる職業です。

ホールスタッフやキッチンスタッフは給料が安い傾向がありますが、職場によってはこういった仕事でも高給を得る事が可能です。大切なのはいかに条件の良い職場に就職するかです。

職場によっては、ずっと時給800円で働かされる場合もある一方で、すぐに正社員になり月収30万円以上貰える場合もあります。

飲食店の仕事探しには自分で探すのではなく、「転職エージェント」を使いまずは相談して下さい。転職エージェントに相談する場合は、自分の希望の条件を告げましょう

「月収30万円以上」「正社員希望」などですね。ただしあまりにも条件を付けすぎると、いつまで経っても仕事が見つからなくなるので注意が必要です。妥協できる部分は妥協して、外せない条件だけ伝えるようにして下さい。

飲食店探しなら「クックビズ」を使えば間違いありません。クックビズはとにかく求人数が多いので、希望の飲食店がきっと見つかります。

【公式サイト】
飲食特化の転職支援サービス【クックビズ】


   

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*