飲食店の仕事を辞めたい・・向いている人、向いていない人の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
a689121f5c88efcba099289d60540dae_s

飲食店の仕事は実は意外と辛いもの。実際働いている方の中でも、「辛い、辞めたい」と感じている人は多いです。今回は飲食店の仕事を辞めたい理由や、向いている人、向いていない人の特徴をご紹介します。

スポンサードリンク

目次

1,飲食店を辞めたいと感じる理由
2,向いている人の特徴
3,向いていない人の特徴
4,仕事を辞めたいと感じてしまったら?
5,まとめ

 

1,飲食店を辞めたいと感じる理由

 

とにかく忙しい!

飲食店は暇な時と忙しいときのギャップが激しい仕事。どんな仕事でも「忙しい時間帯」というのはありますが、特に飲食店はこれが顕著に現れます。

ランチ時やディナーの時間になれば、お客さんはたくさん来るし手が回らないこともしばしば。しかしそれ以外の時間ですと、そこまで忙しくなく割りと余裕を持って仕事をこなせます。

お店の業種にもよりますが、繁盛店ですと仕事が忙しくて帰りが忙しくなる事が多々あります。10時~19時(交代制)などと勤務時間が設定されていても、仕事が忙しければ平気で何時間も残業させられます。

お客さんが次から次へと来るので、自分だけ帰ることなんて出来ないですよね。大抵の飲食店は時間通りに終らず、仕事時間をオーバーしてしまいます。

こういった状況が続くと、「飲食店の仕事が辛い、辞めたい・・」と感じてしまいます。

 

休みが少なすぎる

飲食店での休みは、週に1日程度がほとんどです。バイトやパートであれば別ですが、まともに正社員になれば休日はかなり少なくなります。普通の飲食店であれば定休日は週一日だけなので、従業員もそれにあわせて休むことになります。

場合によっては24時間年中無休で営業している場所(ファミレスなど)もあり、そういった場所ではまともに休みをもらえないことも・・・。

世間では土・日・祝日で3連休があることもありますが、飲食店では稼ぎ時になるので「3日間すべて出勤・・・」なんてことも。周囲の友達や恋人、家族とも休みが会わず、皆が出かけている時でもずっと仕事をしていなくてはなりません。

周囲に比べて休みが少ないのも、仕事を辞めたい理由の1つですね。

 

給料が安い

飲食店は自分のお店を持つ事ができれば、高い給料をもらえますが、普通に働いてれば給料が安い仕事。10時間を越えるような仕事を毎日していても、アルバイトと対して給料は変わりません。

営業の仕事などのように何か成果をあげて給料アップさせることも難しいし、大きく昇給することは難しいです。独身の時や修行として働いているのであればいいですが、家庭を持ったり将来的に考えると、「辞めたい。」と感じてしまう人も多いです。

アルバイトなどの短期的にお金を稼ぐ場合であれば問題ないですが、ずっと続けるとなると少し疑問が出てくる人も多いですね。

 

人間関係

飲食店では人間関係でも嫌になる事があります。例えば仕事ができない部下や要領の悪い同僚がいると、すべて周りのスタッフにとばっちりが来ます。

接客業になるので、お客さんとのやり取りも大変です。たまに店員を完全に見下したような偉そうなお客さんも来ますが、やはり丁寧に接客しなくてはいけません。

仕事に追われているときであれば、ちょっとしたミスを出してしまう事もあり、そういった時にクレームをつけられると気がおかしくなります。

飲食店では、「上司」「部下」「お客さん」などといった、色々な人たちとやり取りを行う必要があり、ストレスが溜まる事も多いです。

 

2,向いている人の特徴

 

夢がある人

まず飲食店の仕事で働き続けるには、「自分の店を持つ」などの夢があることが必須条件。バイトやパートであれば、生活費やお小遣い稼ぎで頑張れますが、就職してずっと働こうと思うのであれば、自分のお店を持つという夢がないと続かない事が多いです。

安月給に加えて仕事量も多く、休みも少ない。その期間を修行と捉えれば頑張る意味もありますが、何の希望もなく働いていればすぐに「飲食店の仕事を辞めたい。」と感じてしまうでしょう。

 

いつでも笑顔でいられる

飲食店での仕事は、裏方もありますが接客をすることも多いです。長時間労働で心身共に疲れきっていても、お客さんが来れば笑顔で接する必要があります。

疲れがすぐに顔に出てしまったり、いつでも笑顔を作れない人であれば接客業を続けるのは難しいかもしれません。

 

短期的に稼ごうとしている人

バイトやパートで短期的に収入を得たい人であれば、飲食店は向いています。飲食店で働くには資格など要らない事も多く、短気でサクッと働けます。

学生や主婦のアルバイトであれば、長時間労働でも時給換算すればいいお金になるので悪くないです。逆に正社員になってしまうと、残業代が付かなくなることもあり、月給も安いので厳しいです。

 

行動力がある

飲食店はとにかく忙しくバタバタすることが多いです。そういった時に頭で考えて動く人は、飲食店での仕事が向いていない人の特徴です。逆に直感で動き行動力がある人は、人を動かしたりお客さんへの対応もスムーズにできます。

飲食店に向いている人は、とにかく考える前に直感で動くので物事に取り掛かるのが早いです。その場その場で的確な仕事をこなすには、行動力はとっても大切です。

 

料理が好きな人

何でもそうですが、好きなものに囲まれていると仕事は頑張れるもの。料理を食べることや作る事が好きな人であれば、自然と仕事にも興味を持つようになります。

仮に今料理を作らせてもらえなくても、先輩シェフの仕事を見たり手伝うことでモチベーションも上がります。

料理好きな人はお客さんの気持ちも分かるし、どういった料理を作りたいかなどアイデアも出てくるはずです。食べることや作る事が嫌いな人であれば、料理に全く関心が出ないし、ただ言われたことをやるだけになってしまいます。

 

ジッとしているのが苦手な人

デスクワークなどのじっと座って仕事をするのが苦手な人も、飲食店には向いています。飲食店では基本的に動き回ることになるので、体を常に動かしていたい人にはオススメ。

逆に立ち仕事が苦手で、座って動かずに仕事をしていたい人であれば飲食店の仕事は「辛い」と感じるでしょう。

 

スポンサードリンク

3,向いていない人の特徴

 

短気な人

性格が怒りっぽかったり、短気といった特徴を持っている人は、飲食店の仕事に向いていないです。お客さんにイラッとすることは日常茶飯事なので、その度にイライラを表に出してしまえば、クレームや文句を付けられる可能性もあります。

飲食店が忙しい時は、従業員皆がピリピリしている状態です。ちょっとしたミスでも上司からきつく怒られる事もあり、短気な性格ですと長続きしないです。

 

体力が無い人

飲食店では精神的な面もありますが、それ以上に体力が必要です。体力がある人であれば、長時間労働でもそこまで疲れないし続ける事が可能。

逆に体力が無い人の場合は、体が疲れてしまいそこから精神的にも追い詰められていきます。周囲がバリバリ働いているのに、自分だけ休んでいるわけにはいかないですからね。

年配の方や体力の無い女性の方であれば、飲食店での仕事は向かないです。

 

雑な人

飲食店では料理を作ったり、運んだり、皿を洗ったりしなければいけません。性格が雑な人は、料理の盛り付けが下手だったり、皿洗いで洗い残しなどを出してしまい仕事でミスが出やすいです。

マメな人ですと、料理を綺麗に盛り付けられるし、お客さんへの細かい気配りなどもできます。やはり飲食店で働くには、ある程度マメな性格でないと厳しいですね。

 

掃除が苦手

飲食店で上司から気に入られる社員の特徴としては、掃除が得意な人。トイレや食器、テーブルなどを小まめに掃除出来る人は、上司からも気に入られるし重宝されます。

飲食店の仕事は接客や料理を運んだり作ることもしますが、それ以上に掃除をする頻度は多いです。暇な時があれば、とにかくお店や調理場を綺麗にしておく必要があります。

お客さんが食事をする場所なので、汚れていると気持ち悪いですからね。掃除が苦手な人は飲食店での仕事は向いていないです。

 

4,仕事を辞めたいと感じてしまったら?

飲食店の仕事は、向いている人と向いていない人が存在します。「仕事を辞めたい」と感じてしまった方であれば、向いていない可能性が高いので転職を考えてみてもいいと思います。

「働く時間が長い」「給料が安い」「休みが無い」こういった環境で働く場合は、何か別で”働くメリット”や”働く理由”がなければ続けるのは難しいです。

「自分の店が欲しい」などといった明確な理由が無いのであれば、転職を考えてみましょう。もっと待遇のいい仕事場はいくらでも存在します。

 

転職エージェントに登録する

転職エージェントに無料登録すれば、今の仕事場を辞めずに転職活動が行えます。無料ですので、どんな就職先があるのかまずは見ておきましょう。

 

リクナビネクストに登録する

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


 

リクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】


 

MIDASで仕事の面接オファーを受け取る

MIIDAS(ミーダス)で無料登録を行えば、自分の適正に合った「仕事の面接オファー」を受け取ることができます。

自分の適性を入力するだけで、自分に合った就職先を探してくれるので助かります。さらに自分の市場価値やおおよその年収も知ることができます。5分で出来る無料診断なので、試してみるだけでも楽しいですよ。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!


 

5,まとめ

以上です。今回は飲食店での仕事を辞めたいと感じる理由や、向いている人、向いていない人の特徴を挙げました。飲食店の仕事は求人情報にたくさん載っていますが、向き不向きはあります。

正社員として働くのであれば「自分の店を持つ」「料理が好き」などといった、働く理由を持つ事が大切。何か目標を持つことで、厳しい飲食店での仕事も続けられます。

逆に何も目標がなく仕事を楽しめていない場合は、転職を考えてもいいかもしれません。飲食店より給料がよかったり待遇がいい仕事はたくさんあります。

自分にあった仕事を見つけることで、より充実した生活を送れるはずです。

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*