飲食店が辛い、辞めたい・・。飲食からの転職について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
too@

飲食店の職場には当たり外れがあります。場所によっては給料が安く、仕事が忙しいので、離職率が高い傾向があります。それでは飲食店の仕事が「きつい、辞めたい・・」と感じた場合はどういった行動を取るのがベストなのでしょうか。

スポンサードリンク

目次

1,飲食店の仕事には当たり外れがある
2,現在の仕事が辛いなら別の飲食店への転職を考えるべき
3,飲食店がつらい・辞めたいと感じる理由とは?
4,飲食店を選ぶ時の注意点
5,飲食店の仕事に向いている人の特徴
6,飲食店の仕事に向いていない人の特徴
7,飲食の仕事を辞めたいと感じてしまったら?
8,飲食が辛い、辞めたいのまとめ

 

1,飲食店の仕事には当たり外れがある

飲食店の仕事は求人数が多く人気の職業です。飲食店への就職を考える人は非常に多く、常に需要がある業界です。しかし一方で問題となっているのが、離職率の高さです。

なぜ飲食店業界の離職率が高いのかと言いますと、一部の飲食店ではブラック企業のような働かせ方をしているからです。

そういった職場では、「長時間労働」「安月給」「サービス残業」「休日出勤」が当たり前のように行われており、それが原因で離職者が増えています。

ブラック企業は年々減少していますが、やはり一部の企業ではこのような働き方を続けています。そのせいで、飲食店の求人には当たり外れが多く存在します。

 

2,現在の仕事が辛いなら別の飲食店への転職を考えよう

もし現在働いている飲食店での仕事が、「キツイ、辞めたい」と感じるなら別の飲食店への転職をオススメします。

飲食店の仕事自体が嫌になっているのであれば別ですが、そうでない場合は今まで学んだ「スキル」や「経験」を生かすべきです。飲食店で学んだ接客のスキルやマナー、経験は次の仕事でも十分活用できます!

 

同じ業界の方が転職に有利!

当然ですが「飲食店⇒異業種」への転職よりも、「飲食店⇒飲食店」の転職の方が有利です。

飲食店で働いていた人であれば、「経験」「スキル」がある事は企業側も分かっています。未経験者よりも、即戦力になる「経験者」を積極的に採用するのは言うまでもありません。

「飲食店⇒異業種」への転職となると、飲食店で培った「経験」「スキル」は使えないので、転職が困難なのは当然です。特別やりたい仕事がないのなら、条件の良い飲食店への転職がオススメです。

 

飲食店を探すのにオススメしたい転職エージェントは「クックビズ」!


【公式サイト】
飲食特化の転職支援サービス【クックビズ】

飲食店への転職を考えるのであれば、「クックビズ」がオススメです。クックビズは求人数が5万件以上掲載されている人気の転職エージェント。

飲食店に特化された求人を取り扱っており、幅広い飲食の仕事を見つける事ができます。

「フレンチ」「イタリアン」「居酒屋」などの、ホールスタッフやマネージャー、調理スタッフなど職種も様々。さらに今なら転職が決まった場合、転職のお祝い金として3万円が貰えます!

飲食関係専門のプロのアドバイザーが、転職に関するサポートを全面的に行ってくれます。無料登録するだけで、クックビズの全てのサービスが利用できるようになります。

【クックビズの詳細】
・ジャンル:飲食、フード、バー
・種類:転職エージェント

 

飲食探しにオススメの転職エージェント2:フーズラボエージェント(飲食特化型)


【公式サイト】
飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント

フーズラボエージェントは、優良求人を多く取り扱う飲食特化型の転職エージェントです。

「年収400万~600万円」「週休二日制」「充実した福利厚生」など、質の高い求人が多く、年間相談実績は5,000件以上です!

大手企業、チェーン店、個人店、レストラン、ホテルなど、一般には掲載されていない非公開求人を、国内外問わず取り扱っています。

未経験や若手スタッフはもちろん、店長、料理長、幹部候補、商品開発、SV候補など幅広い職種が揃えられています。

独自レポート(従業員のインタビュー)や体験入店をフーズラボ自体が行っており、独自の情報を元に求人を紹介してくれます。企業の内部まで知った上で求人を紹介してくれるので、安心して転職できますね!

フーズラボでは専任のアドバイザーが、「履歴書の添削」「面接対策」「条件交渉」など転職のサポートを個別に行います。転職活動中はもちろんですが、転職後もサポートしてくれるので安心です。

【フーズラボエージェントの詳細】
・ジャンル:飲食、フード
・種類:飲食特化型転職エージェント

 

スポンサードリンク

3,飲食店がつらい・辞めたいと感じる理由とは?

続いては、飲食店がつらい、辞めたいと感じる理由についてご紹介します。


【飲食店がつらい・辞めたいと感じる理由】

・忙しすぎる
・休みが少なすぎる
・給料が安い
・人間関係
・汚れ作業・力作業が多い
・将来性がない
・正社員になれない

飲食店を辞めたくなる理由には、上記のようなものが一般的に挙げられます。一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

飲食店を辞めたい理由1:忙しすぎる

どんな仕事でも「忙しい時期」「忙しい時間帯」というのはありますが、飲食店はこれが顕著に現れます。

特にランチ時間やディナーの時間は、たくさんのお客さんが来店するので仕事が忙しくなります。

鳴り止まないオーダーに洗わなくてはいけない食器の山。さらには「まだ料理が出てこない!」と一部のお客さんは怒ります。従業員もイラつくので、忙しい時間帯は店内がギスギスした雰囲気に包まれます。

特に繁盛店だと仕事が忙しくて、帰りが遅くなる事も多々あります。10時~19時(交代制)などと勤務時間が設定されていても、仕事が忙しければ平気で何時間も残業させられます。

繁盛店の忙しさは尋常じゃありません。あまりの忙しさに、「飲食店の仕事が辛い、辞めたい・・」と感じてしまいます。

 

飲食店を辞めたい理由2:休みが少なすぎる

一部の飲食店は休みが少ない事が問題視されています。よく問題になっているのは、どことは言いませんが大手居酒屋チェーン店などですね。

人材をちゃんと揃えれば、従業員はキチンと休む事ができます。しかしブラック企業のような飲食店で働くと、人材確保がされておらず、少数の従業員に厳しい労働が課せられます。

もちろん職場によっては、従業員が休みを取り易いように、ちゃんと人材を確保しています。ストレスなく働くには、ちゃんと休みが確保されている飲食店を選ぶべきです。

 

飲食店を辞めたい理由3:給料が安い

飲食店は給料の高低差が激しい世界です。

大きな飲食店に勤めたり、店長、マネージャーなど役職を貰えると給料は高くなります。ですが、アルバイトや若手のホールスタッフなどだと、最初の給料は20万円以下と少ない場合が多いです。

飲食業で給料を上げたいのであれば、ちゃんと昇進の制度が整っている場所で働きましょう。「役員」「幹部」「マネージャー」「店長」など、ちゃんと昇進できる環境であれば給料は上がっていきます。

 

飲食店を辞めたい理由4:人間関係

飲食店では人間関係で仕事が嫌になる事があります。例えば厳しい上司がいたり、苦手な同僚がいると、やはり働き辛く感じます。

接客業になるので、お客さんとのやり取りも大変です。自分が悪くないのにクレームを付けられたり、注意される事もしばしばあります。

飲食店では、「上司」「部下」「お客さん」など、色々な人たちとコミュニケーションを取る必要があり、ストレスが溜まる事も多いです。

 

飲食店を辞めたい理由5:汚れ作業・力作業が多い

飲食店の仕事って、実は「汚れ作業」「力作業」などが意外と多い職場です。厨房の掃除や残飯の後片付け、トイレの掃除なども行う必要があります。

食べ物を扱う場所なので、ねずみやゴキブリが出る事もありますよね・・・

他にもお酒を提供している場所であれば、「お客さんが吐いた後の片付け」を行わなければいけません。

お酒食べ物を運んだりテーブルを動かしたりもするので、力作業も多い職場です。

 

飲食店を辞めたい理由6:将来性がない

飲食店はお店の倒産率が非常に高く、将来的に見て不安定な仕事と言えます。従業員が暴言を吐きSNSにでもアップされれば、そのお店は一気に廃業へと追い込まれます。

他にも食中毒やお店自体が人気がなくなるなど、様々な不安要素を抱えています。

 

飲食店を辞めたい理由7:正社員になれない

飲食店では「アルバイト」「パート」からスタートする事が多いです。正社員を希望していても、ずっとバイトどまりの人は世の中に大勢いらっしゃいます。

これは飲食店選びを間違えています。

積極的に正社員への登用を行っているお店であれば、数年働けば正社員に昇格してもらえます。飲食店で正社員になりたければ、こういったお店を選ぶ事が重要です。

転職エージェントに相談すれば、正社員として雇ってもらえる飲食店を探してもらえます。

 

4,飲食店を選ぶ時の注意点

それでは一体どのように飲食店を選べば、働き易い職場が見つかるのでしょうか?続いては飲食店を選ぶ時や、転職の際の「注意点」をご紹介します。

 

必ず転職エージェントに相談する

ブラックな飲食店に当たらないためには、必ず転職エージェントを利用してください。転職エージェントは転職のプロがサポートを行ってくれます。

自分一人では分からない事も、転職エージェントのアドバイザーに相談すれば、何でも教えてもらえます。

「○○会社の求人は評判が良い」「○○店の求人は休みが少ない」など、プロ目線で飲食店の仕事を紹介してもらえます。転職者が自分で求人を探すと運任せになりますが、アドバイザーに聞けば色々聞く事ができます。

ブラック企業に当たらないためにも、飲食店の仕事を探す時は、「飲食専門の転職エージェント」を利用する事をオススメします。

【公式サイト】
飲食特化の転職支援サービス【クックビズ】


【関連記事】・飲食に強い転職エージェント特集!おすすめのエージェントを徹底比較!

 

ネット上で口コミを調べる

大抵の情報はネット上に載っています。「○○カフェ 仕事 口コミ」「○○居酒屋 仕事 評判」などと検索をかければ、そのお店の情報が出てきます。

転職を考えている飲食店があるのであれば、必ずネットで情報が出ていないか調べてみましょう。下記のような口コミサイトも便利なのでオススメです。

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

これから転職先を探す場合は、まずはキャリコネで企業の口コミをチェックしておきましょう。それだけでも人間関係が良好な職場に入社できる確率が高まりますよ。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 

お客として来店しておく

普通の企業であれば、「アポ」を取ってからでないと会社見学は出来ません。しかし飲食店の場合は、お客として足を運べば、店内の状況がすぐに分かります。


●人手が足りているのか
●営業時間が長すぎないか
●従業員同士の関係性

こういった情報はお客として来店すれば確認できます。ランチ時やディナー時など、お店が一番忙しい時に行くのがオススメです。

 

5,飲食店の仕事に向いている人の特徴

飲食店で働くのに向いている人とは、一体どういった人なのでしょうか?続いては、飲食店に向いている人の特徴をご紹介します。

仕事を続けるべきか悩んでいる場合は、自分が飲食店に向いているのかチェックしてみましょう。

 

向いてる人の特徴1:自分の店を開きたい人

飲食店の最終的な目標は、自分のお店を開くことです。将来自分のお店を開こうと考えている人は、やはり辛いことにも耐えられます。

「将来は海辺でカフェをオープンしたい!」「気楽に立ち寄れる居酒屋を作りたい!」「飲食店で儲けたい!」

このように将来自分のお店を持とうと考えている人は、飲食店で働いてスキルや経験を磨きましょう。ちょっとくらい大変でも、下積みと思えば頑張れるはずです。

 

向いてる人の特徴2:いつでも笑顔でいられる

飲食店の仕事は、裏方もありますが接客をすることが多いです。長時間労働で心身共に疲れきっていても、お客さんが来ればいつでも笑顔で接する必要があります。

疲れや嫌な事があるとすぐに顔に出てしまう人は、飲食店で働くのは厳しいかもしれませんね。常に笑顔を作れるのは接客業の強みになります。

 

向いてる人の特徴3:体を動かすのが好き

飲食業は立っていること、動き回る事が多い仕事です。特にホールスタッフは常に動き回る必要があります。お客さんからオーダーを取り、料理を運ぶ。時間があれば掃除なども行います

裏方の仕事も、基本的には一日中立ちっぱなしです。皿洗いや料理、料理の仕込みなどを行うので、休む事はなく、やはり体を動かしています。

体を動かすのが好きな人、体力に自信がある人は飲食業に向いてます。

 

向いてる人の特徴4:自発的に動ける人

飲食店の仕事では、与えられた仕事だけこなしていてはダメです。お店の雰囲気や状況を見て、自分で仕事を率先して行わなければいけません。

ずっと突っ立ってて、上司から仕事を与えられた場合だけ動くようでは、誰も評価してくれません。自発的に動いて、店が上手く回るように努力しましょう。

 

向いてる人の特徴5:料理が好きな人

何でもそうですが、好きなものに囲まれていると仕事は頑張れるもの。料理を食べることや、料理を作る事が好きな人であれば、自然と飲食の仕事にも興味を持つようになります。

仮に今料理を作らせてもらえなくても、先輩シェフの仕事を見たり手伝うことでモチベーションが上がります。

料理好きな人はお客さんの気持ちも分かるし、どういった料理を作りたいかなどアイデアも出てくるはずです。食べることや作る事が嫌いな人であれば、料理に全く関心が出ないし、ただ言われたことをやるだけになってしまいます。

 

向いてる人の特徴6:ジッとしているのが苦手な人

デスクワークなどのじっと座って仕事をするのが苦手な人も、飲食店には向いています。飲食店では基本的に動き回ることになるので、体を常に動かしていたい人にはオススメ。

逆に立ち仕事が苦手で、座って動かずに仕事をしていたい人であれば飲食店の仕事は「辛い」と感じるでしょう。

 

6,飲食店の仕事に向いていない人の特徴

 

向いていない人の特徴1:短気な人

性格が怒りっぽかったり短気な人は、飲食店の仕事に向いていないです。というより、短気な人は客商売全般向いていません。

飲食店ではクレームをつけられたり、嫌味を言われることもあるので大らかな気持ちを持つ必要があります。

飲食店が忙しい時は、従業員皆がピリピリしている状態です。ちょっとしたミスでも上司からきつく怒られる事もあり、短気な性格ですと長続きしないです。

 

向いていない人の特徴2:体力が無い人

飲食店では精神的な面もありますが、それ以上に体力が必要です。体力がある人であれば、長時間労働でもそこまで疲れないし続ける事が可能。

逆に体力が無い人の場合は、体が疲れてしまうので、そこから精神的にも追い詰められていきます。周囲がバリバリ働いているのに、自分だけ休んでいるわけにはいかないですからね。

年配の方や体力の無い女性の方であれば、飲食店での仕事は向かないです。

 

向いていない人の特徴3:雑な人

飲食店では料理を作ったり、運んだり、皿を洗ったりしなければいけません。性格が雑な人は、料理の盛り付けが下手だったり、皿洗いで洗い残しなどを出してしまい仕事でミスが出やすいです。

マメな人ですと、料理を綺麗に盛り付けられるし、お客さんへの細かい気配りなどもできます。やはり飲食店で働くには、ある程度マメな性格でないと厳しいですね。

 

向いていない人の特徴4:掃除が苦手

飲食店で働くいは掃除が得意な方が良いです。トイレや食器、テーブルなどを小まめに掃除出来る人は、上司からも気に入られるし重宝されます。

飲食店の仕事は接客や料理を運んだり作ることもしますが、それ以上に掃除をする頻度が多いです。暇な時があれば、とにかくお店や調理場を綺麗にしておく必要があります。

お客さんが食事をする場所なので、汚れていると気持ち悪いですからね。掃除が苦手な人は飲食店での仕事は向いていないです。

 

7,飲食の仕事を辞めたいと感じてしまったら?

基本的に飲食店から転職するのであれば、同じ飲食店への転職がオススメです。やはり同じ業種だと、これまでのスキルや経験を生かせるし、転職時にも強みになるからです。

しかし「飲食の仕事自体が嫌になった。」「他でやりたい仕事が見つかった」というように、飲食業から離れたくなった場合は、別の職業を探す必要があります。

別の職業を探す場合は、総合型の転職エージェントを利用するのがオススメです。

 

総合型転職エージェントに登録する

総合がた転職エージェントとは、飲食店だけでなくオールジャンルの求人を取り扱う転職エージェントです。「飲食」の仕事だけではなく、「営業」「販売業」「経理」「企画」など幅広い職種が用意されています。

飲食業以外の職業を探す場合は、総合型転職エージェントを使ってください。

 

転職ならリクルートエージェント(転職エージェント)


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

既卒、フリーターの方にオススメしたいジェイック

【公式サイト】
ジェイック

ジェイックを使えば、無職やフリーターの方でも正社員として就職できます。こちらの転職エージェントでは、既卒やフリーターの方を積極的に支援しています。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

【ジェイックの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

非公開求人が多いマイナビエージェント



【公式サイト】
マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国展開する転職エージェントです。リクルートエージェントに比べると求人数が少なく、やや規模は小さめとなります。

ただし8割以上が非公開求人となっており、他のエージェントでは見つからない求人が多数載っているので、別の転職エージェントと併用して使うのがオススメです。

20代の若手に対して積極的にサポートを行っており、「20代既卒」や「20代社会人」であれば手厚いサポート体制が期待できます。

【マイナビエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

8,飲食が辛い、辞めたいのまとめ

以上です。今回は飲食店の仕事がきつい、辞めたいと感じる理由やその対処法をご紹介しました。飲食から転職を考えるのであれば、基本的には同じ飲食業界への転職がオススメです。

スキルや経験があると、次の仕事も楽だし転職しやすいです。飲食業界には働き易い職場がたくさんあるので、是非検討してみて下さい。

どうしても飲食店を辞めたい場合は、別の職業に就く必要があります。その場合は「総合型転職エージェント」を利用しましょう。

転職する時は「転職エージェント」に相談すれば、正しい解決策を教えてもらえます。

   

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*