家族経営の会社を辞めたい!特徴や働くメリット・デメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本の中小企業の会社では、家族経営の会社がたくさんあります。親族や身内側であれば、「出世が早い」「待遇がいい」などメリットが多いのですが、働く従業員はそうでもありません。嫌な事や理不尽なことも多いし、何かとデメリットが生じます。家族経営の中小企業に勤めており、「もう辞めたい・・・」このように感じている方も多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

 

1,家族経営の会社の特徴

 

親族が高給取り

まず家族経営の中小企業ですと、社長を含めその嫁、子供、親戚が「高給取り」といった特徴があります。私が知っている会社ですと、嫁に関してはほとんど会社にも出てこないのに従業員より給料をもらっているそうです。

当然真面目に働いている従業員からすればバカらしくなるし、納得できませんよね。しかし中小企業では社長が絶対的な権力を握っており、文句なんて言ったら首になってしまうでしょう。

中には会社の不景気だということで従業員の給料を下げて、自分の親族への給料を上げている社長もいるそうです。これでは一生懸命働いている従業員は、「仕事を辞めたい・・」と感じてしまいますね。

しかしこれは「税金対策」として給与を大めに支払っている事もあります。

会社の利益として残しておけば、税金として国に持っていかれてしまいます。ですので「給与」という形で親族に支払うことで、税金の額を抑えているのです。

 

社員数が少ない

家族経営の会社は中小企業がほとんどで、比較的小さな会社であることが多いです。社員数も10人~30人程度となっており、重要なポジションは親族で固められています。

社長の友人や直接的な知人が役職をもらうことはありますが、基本的に血の繋がりのない従業員はずっと平社員であることが多いです。

 

ワンマン社長が多い

中小企業の家族経営の場合、社長がワンマンである事が考えられます。大企業に比べて社長の権力が強く、誰も文句を言えません。実際仕事も社長がほとんど回していることが多く、会社を1人で引っ張っている形になります。

社長の一言ですべて決まるので、ブラック企業になることもしばしば。

 

社内派閥がある

家族経営の会社って基本的には団結力があります。社長が親でその息子や娘が2番手。こういった社員構成ですと、団結しており面倒なこともありません。

しかし社長が退職して、その娘や息子、親戚などが後を継いだ時が大変です。仮に息子が跡継ぎになったとしましょう。社内の親戚や兄弟と仲が悪ければ反発しあうことになるし、自動的に社員同士でも派閥のようなものが出来てしまいます。

会社を引っ張る息子についていく社員と、親族側に立つ社員。こういった派閥ができると社内がギスギスして、働きづらい環境になります。

 

2,働くメリット

 

気に入られると待遇がいい

家族経営の会社では社長をはじめ、親族に気に入られると待遇がよくなります。給与アップはもちろんですが、昇格も早く重要なポジションにつくことも可能です。ただしこれは社長や専務、部長などといったある程度権力がある人に気に入られる必要があります。

親族でも会計を任されている奥さんや、役職のない親族であれば、気に入られても出世に影響することはありません。

 

何かと楽

仕事場にもよりますが、家族経営の中小企業はアットホームで楽な仕事場である事が多いです。大企業のような変な規則やルールが少なく、伸び伸び働けるのも1つのメリットではないでしょうか?

「会社に来る時は制服着用」
「朝の朝礼は当番制」

大企業って上記のような面倒なルールが多いですよね。しかし中小企業ではこういった無駄なことは省かれていることがあります。

 

会社によっては大きな恩恵を受けられる

会社によっては社長が素晴らしい人物で、従業員を手厚く待遇してくれる仕事場も存在します。努力や頑張りを正当に評価してくれて、会社が成長すればボーナスや給料も上げてくれます。

こういった会社は稀ですが存在します。中小企業の場合は大企業以上に成長率が高く、一気に売上が伸びる事もあります。このような会社で働いていると、やりがいや給料などの面で大きな恩恵を受ける事ができます。

 

スポンサードリンク

3,働くデメリット

 

意見が何も通らない

家族経営の会社では、社長を中心に親族で仕事について決めていきます。給与であったり会社のあり方、働き方などなど。

親族以外の従業員が何を言っても意見は通らないし、逆に面倒な事を言い出せば不当な扱いを受ける可能性だってあります。「豪に入れば郷に従え」と言うことわざがありますが、まさにその通りです。

家族経営の会社に入ったなら、その一族に歯向かうことは何のメリットもありません。仮に「会社をもっと良くしたい!」「働き易い環境にしたい!」などと目標を持っていても、親族に歯向かえばクビにされたり待遇が悪くなるだけです。

もし「会社に貢献したい!」「自分の主張を通したい!」と思うのでしたら、家族経営の仕事場は選ばないことです。

 

面倒な親族がたまにいる

家族経営の会社には、必ずといっていいほど癖のある親族が一人、二人存在します。例えば社長の奥さん。大して仕事はしないくせに、自慢や愚痴をダラダラと従業員に喋ってくる・・・・ムカつきますが反発すれば何をされるか分からないので、絶対に逆らえません。

 

親族との待遇の違いにイライラする

家族経営の会社では親族は待遇されますが、それ以外の従業員は普通に扱われます。例えば親族であれば有給をすぐに取らせてもらえたり、外出の許可もすぐに下ります。

しかし従業員であれば、「旅行に行く」などの自己都合で有給をとるのは難しいです。これは有給が取れないことではなく、親族の人間だけが自由に休みを取っていることにストレスが溜まります。

「何であの人は先週休み取れたのに自分は取らしてもらえないの?」

こういった不満が溜まりストレスが蓄積していきます。有給がとれないこと事態はどこの会社でもありえますが、親族との扱い方の違いに不満が溜まりストレスを溜める事がデメリットとなります。

 

一生平社員

家族経営の会社では、「一生平社員の可能性が高い」といったデメリットがあります。なぜかといいますと、1つの会社で役職を持つ人数は限られています。

当然親族がそのポジションを固めていくので、それ以外の従業員は平社員のままでいることが多いです。「親族が退職するのを待つ」といった方法もありますが、次はその子供が入社してくる可能性も高く役職をもらうのは難しいです。

 

正当な評価を受けられない

普通の職場であれば、仕事で成果を出せば評価されますよね。しかし家族経営の会社では「仕事ができる」というだけでは、正当に評価されて出世することは難しいです。

どちらかというと、社長やその親族に気に入られることの方が重要です。どれだけ仕事ができても嫌われていれば、「ミスが多い」「挨拶がなっていない」などと難癖をつけられて、正当な評価を受ける事ができません。

逆に社長や親族に気に入られていると、「やる気がある」「将来性がある」などと言って、仕事がそこまで出来なくても出世したり昇給することがあります。

 

1人に嫌われると命取り

家族経営の会社にいると、全員にゴマすりをしなければいけません。仮に社長に気に入られてても、その会社に勤める奥さんに嫌われていたら、いつクビになってもおかしくありません。

会社では社長の方が権力があったとしても、家庭では奥さんの方が力があることがあります。家庭内で「あの従業員が気に入らない。働きにくいから辞めさせて欲しい」などと告げ口されれば、クビはなくても出世などは難しくなりますよね?

家族経営の会社ではどの親族も敵に回してはいけないのです。

 

不景気になると解雇される

家族経営の会社は家族や親族を守ることを第一に考えています。もちろん素晴らしい社長であれば従業員のことも考えているかもしれませんが、やはり二の次になることは間違いないでしょう。

まずは家族や親族を守ろうとするので、不景気になり人員削減が必要になった時は仕事の出来る出来ない関係無しに、親族以外の血のつながりのない従業員がカットされていきます。

これは、実際私が働いていた会社でも行われていたので間違いありません。自分が重要なポジションについており、いくら仕事が出来るといっても、すぐに辞めさせれられます。

大企業であれば能力や適正、働きぶりなどを考慮してリストラしていくのでまだ納得できますよね。

 

4,転職に対する知識をつけておく

今働いている家族経営の会社が順調で居心地がいいというのであれば、そのまま働いていも問題ないかと思います。不景気になればクビにされる可能性はありますが、それはどの会社でも同じ事です。

しかし不満が多く将来性がないと感じているならば、転職を考えてもいいかもしれません。家族経営の会社では不景気になれば、まずは血のつながりのない従業員がリストラされていきます。

そういった会社にいるだけでもリスクが高いので、今のうちに転職について知識を付けておきましょう。

 

転職エージェントに登録する

転職エージェントとは、登録をするだけで自分にあった就職先を紹介してくれるサービス。今すぐ転職しなくても、どういった仕事があるかチェックしておくだけで、いざという時の備えになります。

登録は無料ですので、どんな就職先があるのかまずは見ておきましょう。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,まとめ

以上です。今回は家族経営の特徴や、働くメリット・デメリットについてまとめました。家族経営の会社で働いている人の中には「仕事を辞めたい・・・」と感じている人も少なくありません。

社長やその親族と仲良くやっていけているのであれば問題ありませんが、大抵は何かかしらトラブルを抱えています。そういった場合は無理して仕事を続けるのでなく、転職エージェントを使っていい就職先がないかチェックしてみるのがオススメ。

転職エージェントを使うだけでしたら、今の仕事を辞める必要もないしリスクはありません。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*