接客業が疲れた、辞めたい時の対処法。接客でのストレスについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
publicdomainq-0001259pfe

接客業はストレスを感じやすいし、精神的にも大変な仕事です。人と関わる仕事なので、メリットもありますが、デメリットもたくさん生じます。今回は接客業が疲れた、辞めたいと感じた時の対処法や、接客でのストレスについてまとめたいと思います。

スポンサードリンク

現在接客業に就いており大きなストレスを抱えている人は、是非今回の記事を参考にして今後について考えてください。

やはり接客向きでない人が接客業をしていると、人一倍疲れるし仕事を辞めたいと感じます。まずは自分が接客に向いているのか考えてみましょう。

仮に接客に向いていない場合は、早い段階で転職を考えるのがオススメです。

目次

1,接客でストレスを感じやすい人とは?
2,接客業は「人と接するのが好き」だけではやっていけない
3,接客業が疲れた・辞めたいと感じたら?
4,次の仕事でストレスを溜めないためには、どの職種を選ぶべき?
5,接客業を辞めたい時の対処法のまとめ

 

1,接客でストレスを感じやすい人とは?

接客業はお客さんと関わりを持つ事が多い職種です。お客さんと接する事が多いという事は、それだけストレスを感じるポイントが増えます。

まずは、接客でストレスを感じやすい人の特徴を見ていきましょう。

 

社交性が無い人は、人一倍接客業でストレスを感じる

接客業では毎日新しいお客さんと会話することになります。根本的に人と話すのが苦手だったり、人見知りするような方であれば接客業は向いていないと言えます。


「知らない人と話すのは緊張する。」
「人と話すのが基本的に苦手・・・」
「人見知りが激しい。」

こんな人は他の人に比べて、人一倍接客でのストレスを感じやすいです。接客業に向いているのは、社交性があり、人と話すのが好きな人です。

 

辛い時に笑顔を作るのが苦手な人

気分のいい時や平穏な時に「笑顔」を作るのは簡単です。これは誰でも同じです。しかし嫌な事があった時や、ストレスが溜まっている時は、笑顔を作るのは非常に大変ですよね。

接客業では毎日お客さんと接するので、常に笑顔でいる必要があります。どんなに辛くてもお客さんと会話する時には、無理してでも笑顔をつくる・・・

接客に慣れているプロは、これが当たり前にできますが、慣れていない方や接客に向いていない人は笑顔が作れないことが多いです。

接客にずっと携わっていれば、少しずつ笑顔でいることに抵抗はなくなってきますが、それでも本質的に向いていない人が笑顔を作るのは大変な事です。

 

マイペースな人は接客業に向いてない!

接客業はお客さんの立場になって、機敏に行動しなければいけません。自分のペースでゆっくりと仕事をしていては、お客さんも苛立つしクレームの原因になる恐れもあります。

マイペースで自分の世界観があり、1つの仕事にのめり込んでしまう人は接客業に向いていないと言えます。

 

プライドが高い人は接客でストレスを感じやすい

接客業が向いていない人の特徴に、「プライドが高い人」が挙げられます。接客業という仕事に対してプライドが高いのはいいですが、自分自身のことでプライドが高いのはNG。

接客をしていれば色々な人と接することになります。いい人もいれば悪い人もいるし、気分が悪くなるような事を言われるのも日常茶飯事です。

特にお客さんからのクレームは、自分自身の事をバカにされたり、侮蔑される事があります。そんな時にプライドが高い人は、人一倍落ち込むし、大きなストレスを溜め込みます。

プライドが高い人はクレーム対応時に、顔に怒りが出てしまったり、お客さんに言い返してしまう事があります。そうなるとさらにエスカレートして、大きな問題に繋がってしまうでしょう。

プライドが高くなければ、何を言われても気にず割り切って対応ができるので、お客さんとのトラブルに繋がることは少ないと言えます。

 

鈍感な人は接客に不向き

接客業に性格が鈍感な人は向いていないです。お客さんへの気配り配慮は最低限必要になってきます。周囲を見ておらず、他人への関心がなかったり人への配慮がないと、いい接客をすることは不可能です。

もちろん気付けないこともあるでしょうが、お客さんがどうして欲しいのか考えてあげることで、感謝してもらえるようになるし、プロ意識が芽生えてきます。

相手の事を考えず仕事をしていれば、いつまでたっても接客業としての成長はありません。

 

自己主張が強い人

接客業では理不尽に怒られることもあるし、自分が間違っていなくても誤らなければいけないこともあります。

例えば、お客さんが言っていることが明らかに間違ったことでしたら、どのように対応しますか?

「それは間違っています。私が言っていることが正しいです。」

仮にお客さんが間違っていたとしても、このように頑固で自己主張が強いとトラブルを招きます。

自分が正しくてお客さんが間違っていたとしても、「はい、確かにそうですね。申し訳ありませんでした。」とお客様ファーストで考える事が大切です。

本当に接客が得意な人は、衝突を避けるのを一番に考えて、仕事と割り切って謝罪してしまいます。

自己主張が強すぎたり、お客様ファーストの精神を持てない人は、接客業には向いていないと言えるでしょう。

 

2,接客業は「人と接するのが好き」だけではやっていけない


「私は人と接するのが好きだから接客業に向いている」
「私は人と触れ合いたいから接客業をやりたい」

上記のような理由で接客業に就く人がいらっしゃいますが、正直これは考えが安易すぎます。

確かに「接客業」は人と接することが多いし、人と接するのが好きな人の方が向いています。しかしそれ以外にも接客では、様々問題があります。

●理不尽なクレームを付けられた時に、怒らずキチンと対応ができるのか?
●辛い時も毎日笑顔でいられるのか?
●自分の意見を我慢できるのか?

接客業では様々な「ストレス」が存在します。それらに上手く順応できないと、接客業で大きなストレスが溜まります。

接客業は「人と接するのが好き」という理由だけでやっていると、辛い思いをする事になります。

 

勘違いは危険

「自分はこの仕事に向いている!」と思い込むのはあまりよくありません。もちろんその考えがあるおかげで、仕事に自信を持つこともあるでしょう。

しかし思い込みが強すぎると、その仕事から身を引くことが出来なくなり、一生辛い仕事を続ける事になります。

仕事が辛いと感じたら、「人と接するのが好きだから接客業以外考えれない!」と思うのではなく、他の職業を考えてみたり、「接客業は自分に向いていない可能性はないだろうか・・・?」と疑ってみる事も大切です。

もしかすると、接客業以上に自分に向いている仕事が見つかるかもしれませんからね。

 

スポンサードリンク

3,接客業が疲れた・辞めたいと感じたら?

接客業を行っていれば、「接客が疲れた。」「接客業を辞めたい。」「別の仕事を試してみた!」と考えてしまう事はよくありますよね。

こう感じた場合の対処法は、一体どうすればいいのでしょうか?

 

突発的なもの?慢性的なもの?

接客業を辞めたいと感じるのは、突発的に感じる時と慢性的に感じる時の二通りがあります。これらのどちらかによって、対処方法が変わってきます。

「突発的に辞めたいと感じる時」
・お客さんに理不尽なクレームをつけられた
・お客さんに怒鳴られた
・お客さんに反論したら上司に怒られた

「慢性的に辞めたいと感じる時」
・毎日笑顔を振り向くのに疲れた
・人に気を使うのが嫌になった
・何度もクレーム対応するのに疲れた

 
嫌なお客さんに当たった時は、「接客業を辞めたい」と一時的に感じてしまうものです。しかし一時の出来事であれば、数日経てば忘れることができます。

何か仕事でたまたま嫌な事があり、「仕事を辞めたい。」と感じた場合は何かでストレス発散をしたり、しばらく様子を見るのがオススメです。

しかし、慢性的に日頃から「辞めたい」「接客が疲れた」と感じるようであれば、それは転職を考えてもいいかもしれません。

 

クレームには割り切って対応しよう

クレーム対応時は「接客業を辞めたい。」と誰もが感じます。しかしこれは突発的であることがほとんど。もちろん、「クレームを二度と受けたくない!」と感じるのであれば、仕事を続けるのは困難です。

しかし一時的なものであれば、考えすぎずに、上手なクレーム対応方法などを学ぶべきです。

「数ヶ月に一度はクレーマーの対処をしなければいけない。ストレスを溜めるだけ無駄。」

このように予め割り切って、クレーマーに怒鳴られることを予測しておけば、割り切った対応ができてスムーズに顧客対応ができます。

「なんで怒られなければいけないんだ・・・」「あの客がムカつく!」などと考え出すときりが無く、ストレスが溜まるだけなのでいい事はありません。

上手く受け流す技術を身に付ければ、クレームに対してイチイチ腹を立てる事もなくなり上手に対処できるようになります。

 

慢性的に辞めたいのならば転職の準備をする

一時的でなく接客業についてずっとネガティブな考えしか持てなくなったら、次の就職を考えるチャンスかもしれません。

やはり仕事には「向き・不向き」がありますので、向いてない仕事を続けるのは辛いです。そんな時は早い段階で、自分に向いてる仕事を見つけるべき。それには転職しかありません。

 

転職エージェントがオススメ

転職の際に気をつけて欲しいのが、”仕事を辞める前に次の就職先を探しておくこと”です。仕事を辞めてから探すと、無職が続き焦りが出ます。

そのせいで希望通りの職場が見つかる前に妥協したり、しっかりと下調べができないまま次の仕事場を決めることになってしまいます。

仕事を続けながら転職活動をする方法は、「転職エージェント」を使う方法以外ありません。転職エージェントを使えば、仕事の後や休みの日、空いた時間などに新しい就職先をネット上で探すことが可能になります。

続いては私がオススメの転職エージェント3社をご紹介します。どれも無料登録を行うことで、求人をチェックできます。

 

転職ならリクルートエージェント(転職エージェント)


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

既卒、フリーターの方にオススメしたいジェイック

【公式サイト】
ジェイック

ジェイックを使えば、無職やフリーターの方でも正社員として就職できます。こちらの転職エージェントでは、既卒やフリーターの方を積極的に支援しています。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

【ジェイックの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

非公開求人が多いマイナビエージェント



【公式サイト】
マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国展開する転職エージェントです。リクルートエージェントに比べると求人数が少なく、やや規模は小さめとなります。

ただし8割以上が非公開求人となっており、他のエージェントでは見つからない求人が多数載っているので、別の転職エージェントと併用して使うのがオススメです。

20代の若手に対して積極的にサポートを行っており、「20代既卒」や「20代社会人」であれば手厚いサポート体制が期待できます。

【マイナビエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

就職先の下調べも忘れずに!

転職活動で気をつけて欲しいのが、次に考えている会社の評判です。「入社してみたらブラック企業だった!」なんてことはよくある話で、そうならないためにも口コミや評判を先に調べておく必要があります。

キャリコネというサービスを使えば、会社の口コミや働いていた人の意見を前もって確認することができます。自分が入ろうとしている会社であれば、入社する前に一度調べておいた方がいいですね。登録は無料で出来ます。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 

4,次の仕事でストレスを溜めないためには、どの職種を選ぶべき?

接客業に疲れたら、次はどんな職種を選ぶのが正解なのでしょうか?

 

別の接客業についてみる?

接客業と言っても中身はそれぞれ全く違います。コールセンターなどの仕事であれば、クレーム対応が頻繁に出てきます。

しかし「本屋さん」などであれば、接客にはなりますが、会話は少なくクレーム対応などはほとんどありません。

接客の質を求められる仕事はクレームにもなりやすく、精神的に疲れる事も多いです。そういった場合は接客の中身が重視されない接客業を選んでみましょう。

【クレーマーが少ない接客業】
・本屋
・スポーツジム
・図書館

【クレーマーの多い接客業】
・携帯ショップ
・コールセンター
・美容師

【関連記事】・美容師が辛い・辞めたいと感じる理由や対処法は?私がアシスタントを辞めた話

【関連記事】・私が働いて感じた美容師のやりがい、魅力について。

 

全く違う業種にチャレンジしてみる

「接客業を辞めたい・・・」と心から思って辞めるのであれば、全く違った仕事についてみることをオススメします。

「事務職」「製造系」「企画・開発」などの仕事は、お客さんと接することが少なく接客をする必要がありません。「営業」などは、接客業と似ているのであまりオススメしません。

【関連記事】・事務職に向いていない人の特徴。向いている人の性格とは?
【関連記事】・営業に不向きな人は営業をするな!向いていない人の特徴、性格は?

 

起業を考えてみる

接客に限らず、どのような仕事でも上司は存在して、それなりにストレスは抱えるものです。これは社会で仕事をしていく以上、仕方がありません。

唯一開放される対処法があるとすれば、「独立」することですね。自分で仕事を持てば誰に気を使うことも無く、自由に働くことが出来ます。

【独立におすすめな仕事】
・ネットショップ
・ブログ
・投資

起業する場合は、出来るだけお金をかけずにやるのがオススメです。「ブログ」であればほとんど経費0円からスタートできるし、ネットショップもやり方次第では、お金をかけずに始められます。

【関連記事】・サラリーマンや会社員の副業にはブログアフィリエイトが圧倒的にオススメ!
【関連記事】・副業ネットショップで稼ぐ方法

 

5,接客業を辞めたい時の対処法のまとめ

以上です。今回は接客業でのストレスや、「辞めたい・疲れた」と感じた時の対処法についてご説明しました。

接客業は仕事の中でも、特にストレスが溜まりやすい仕事です。ストレスを溜めずに続けるには、上手くお客さんを受け流す技術を身に付けて、ストレスをためないように割り切って仕事をする事が大切。

接客業自体が嫌になってしまった時は、違う業種やクレーム客が現れない接客業を探してみましょう。

新しい転職先を探す時は、必ず仕事を辞める前に見つけること。それには転職エージェントを使うのが一番です。転職エージェントは無料登録しておけば、いつでも使えるので、仕事でのリスクヘッジになります。

   

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*