接客業を辞めたい時の対処法。向いていない人の特徴や性格は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
publicdomainq-0001259pfe

接客業はストレスを感じやすいし、精神的にも大変な仕事です。人と関わる仕事なので、メリットもありますが、デメリットもたくさん生じます。今回は接客業を辞めたいと感じたときの対処法や、向いていない人の特徴についてまとめたいと思います。

スポンサードリンク

目次

1,接客業が向いていない人の特徴
2,接客業は「人と接するのが好き」だけではやっていけない
3,接客業を「辞めたい」と感じたら?
4,どんな職種を選べばいいのか?
5,まとめ

 

1,接客業が向いていない人の特徴

接客業はお客さんと関わりを持つことが多い職種。向いていない人の特徴が自分にどの程度当てはまっているのかをチェックして、客観的に向いているか向いていないか判断してみましょう。

人と話すのが苦手な方

接客業では毎日新しいお客さんと会話することになります。根本的に人と話すのが苦手だったり、人見知りするような方であれば接客業は向いていないと言えます。

誰とでも気さくに会話を楽しめなければ、接客業では辛い思いをするだけです。

 

どんな時でも笑顔でいられない人

気分のいい時や平穏な時は、「笑顔」を作るのは簡単です。しかし嫌な事があった時や、ストレスが溜まっている時などは、笑顔を作るのは非常に大変です。

接客業では毎日お客さんと接するので、常に笑顔でいる必要があります。どんなに辛くてもお客さんと会話する時には、無理してでも笑顔をつくる・・・

接客に慣れているプロは、これが当たり前にできますが、慣れていない方や接客に向いていない人は笑顔が作れないことが多いです。

接客にずっと携わっていれば、少しずつ笑顔でいることに抵抗はなくなってきますが、それでも本質的に向いていない人が笑顔を作るのは大変な事です。

 

マイペースな人

接客業はお客さんの立場になって、機敏に行動しなければいけません。自分のペースでゆっくりと仕事をしていては、お客さんも苛立つしクレームの原因になる恐れもあります。

マイペースで自分の世界観があり、1つの仕事にのめり込んでしまう人は接客業に向いていないと言えます。

 

プライドが高い人

接客業が向いていない人の特徴に、「プライドが高い人」が挙げられます。接客業という仕事に対してプライドが高いのはいいですが、自分自身のことでプライドが高いのはNG。

接客をしていれば色々な人と接することになります。いい人もいれば悪い人もいるし、気分が悪くなるようなことを言われるのも日常茶飯事です。

特にクレーム時などは、仕事以外でも自分自身の事をバカにされたり、侮蔑されることもあります。そんな時にプライドが高い人は、適切な対応が取れなくなります。

顔に怒りが出てしまったり、お客さんに言い返してしまうこともあります。そうなるとさらにエスカレートして、大きな問題に繋がる恐れもあります。

プライドが高くなければ、何を言われても気にず割り切って対応ができるので、お客さんとのトラブルに繋がることは少ないと言えます。

 

鈍感な人

接客業に性格が鈍感な人は向いていないです。お客さんへの気配り配慮は最低限必要になってきます。周囲を見ておらず、他人への関心がなかったり人への配慮がないと、いい接客をすることは不可能です。

もちろん気付けないこともあるでしょうが、お客さんがどうして欲しいのか考えてあげることで、感謝してもらえるようになるし、プロ意識が芽生えてきます。

相手の事を考えず仕事をしていれば、いつまでたっても接客業としての成長はありません。

 

折れない人

接客業では理不尽に怒られることもあるし、自分が間違っていなくても誤らなければいけないこともあります。

例えば、お客さんが言っていることが明らかに間違ったことでしたら、どのように対応しますか?

「それは間違っています。私が言っていることが正しいです。」

仮にお客さんが間違っていたとしても、このように頑固で折れない性格で対応してしまうのは避けるべきです。お客さんは間違い無く逆上するし、さらに面倒なトラブルに発展します。

自分が正しくてお客さんが間違っていたとしても、「はい、確かにそうですね。申し訳ありませんでした。」と自分から折れて、その場を上手く収めるのも接客では必要です。

本当に接客が得意な人は、衝突を避けるのを一番に考えて、仕事と割り切って謝罪してしまいます。「折れない性格」を持っている人は、接客業には向いていないと言えるでしょう。

 

2,接客業は「人と接するのが好き」だけではやっていけない



「私は人と接するのが好きだから接客業に向いている」
「私は人と触れ合いたいから接客業をやりたい」

こういった考えを持っている方を度々拝見しますが、これは考えが安易すぎます。確かに「接客業」は人と接することが多いし、接するのが好きな人であれば向いている可能性はあります。

しかしそれ以外にも接客では様々な障壁があります。

理不尽なクレームを付けられた時に、怒らずキチンと対応ができるでしょうか?相手の立場になって機敏に行動することが出来るでしょうか?

接客業は「人と接するのが好き」という理由だけでは、向いているとは言えません。

 

勘違いは危険

「自分はこの仕事に向いている」と思い込むのはあまりよくありません。もちろんその考えがあるおかげで、仕事に自信を持つこともあるでしょう。

しかし思い込みが強すぎると、その仕事から身を引くことが出来なくなり、辛い仕事を続ける状態になります。

仕事が辛いと感じたら、「人と接するのが好きだから接客業以外考えれない!」と思うのではなく、他の職業を考えてみたり、「接客業は自分に向いていない可能性はないだろうか・・・?」と疑ってみる事も大切です。

もしかすると接客業以上に自分に向いている仕事が見つかるかもしれませんからね。

 

スポンサードリンク

3,接客業を「辞めたい」と感じたら?

接客業を行っていれば、「接客業を辞めたい」「別の仕事をしたい」などと考えてしまう事はよくありますよね。こういった場合の対処法はどうすればいいのでしょうか?

 

突発的なもの?慢性的なもの?

接客業を辞めたいと感じるのは、突発的に感じる時と慢性的に感じる時の二通りがあります。これらのどちらかによって、対処方法も変わってきます。

「突発的に辞めたいと感じる時」
・お客さんに理不尽なクレームをつけられた
・お客さんに怒鳴られた
・お客さんに反論したら上司に怒られた

「慢性的に辞めたいと感じる時」
・毎日笑顔を振り向くのに疲れた
・人に気を使うのが嫌になった
・何度もクレーム対応するのに疲れた

 
嫌なお客さんに当たった時は、「接客業を辞めたい」と一時的に感じてしまうものです。しかし一時の出来事であれば、数日経てば忘れることができます。

逆に慢性的に日ごろから「辞めたい」「接客が疲れた」と感じるようであれば、それは転職を考えてもいいかもしれません。

 

クレームには割り切って対応しよう

大抵辞めたいと感じるのは、怒られてからの2日~3日程度で、時間が経過すれば元通り仕事ができます。そのような嫌なお客さんに当たるのも、数ヶ月に一度などと、頻繁にあるわけではないので割り切って気持ちを切り替えていくのが大切。

「数ヶ月に一度はクレーマーの対処をしなければいけない。これは考えるだけ無駄」

このように予め割り切って、クレーマーに怒鳴られることを予測しておけば、割り切った対応ができてスムーズに顧客対応ができます。

「なんで怒られなければいけないんだ・・・」「あの客がムカつく!」などと考え出すときりが無く、ストレスが溜まるだけなのでいい事はありません。

上手く受け流す技術を身に付ければ、クレームに対してイチイチ腹を立てる事もなくなり上手に対処できるようになります。

 

慢性的に辞めたいのならば転職の準備をする

一時的でなく接客業についてずっとネガティブな考えしか持てなくなったら、次の就職を考えるチャンスかもしれません。

ここで気をつけて欲しいのが、”仕事を辞める前に次の就職先を探しておくこと”です。仕事を辞めてから探すと、無職が続き焦りが出ます。

そのせいで希望通りの職場が見つかる前に妥協したり、しっかりと下調べができないまま次の仕事場を決めることになってしまいます。

仕事を続けながら転職活動をする方法は、「転職エージェント」を使うこと。転職エージェントを使えば、仕事の後や休みの日、空いた時間などに新しい就職先をネット上で探すことが可能になります。

 

リクナビネクストに登録する

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


 

リクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】


 

MIDASで仕事の面接オファーを受け取る

MIIDAS(ミーダス)で無料登録を行えば、自分の適正に合った「仕事の面接オファー」を受け取ることができます。

自分の適性を入力するだけで、自分に合った就職先を探してくれるので助かります。さらに自分の市場価値やおおよその年収も知ることができます。5分で出来る無料診断なので、試してみるだけでも楽しいですよ。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!


 

就職先の下調べも忘れずに!

転職活動で気をつけて欲しいのが、次に考えている会社の評判です。「入社してみたらブラック企業だった!」なんてことはよくある話で、そうならないためにも口コミや評判を先に調べておく必要があります。

キャリコネというサービスを使えば、会社の口コミや働いていた人の意見を前もって確認することができます。自分が入ろうとしている会社であれば、入社する前に一度調べておいた方がいいですね。登録は無料で出来ます。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 

4,どんな職種を選べばいいのか?

接客業に疲れたら、次はどんな職種を選ぶのが正解なのでしょうか?

 

別の接客業についてみる?

接客業と言っても中身はそれぞれ全く違います。コールセンターなどの仕事であれば、クレーム対応が頻繁に出てきます。

しかし「本屋さん」などであれば、接客にはなりますが、会話は少なくクレーム対応などはほとんどありません。

接客の質を求められる仕事はクレームにもなりやすく、精神的に疲れる事も多いです。そういった場合は接客の中身が重視されない接客業を選んでみましょう。

【クレーマーが少ない接客業】
・本屋
・スポーツジム
・図書館

【クレーマーの多い接客業】
・携帯ショップ
・コールセンター
・美容師

 

全く違う業種にチャレンジしてみる

「接客業を辞めたい・・・」と心から思って辞めるのであれば、全く違った仕事についてみることをオススメします。

「事務職」「製造系」「企画・開発」などのような、お客さんと接することが少ない仕事ですね。「営業」などは接客業と似ているので、あまりオススメしません。

【関連記事】・事務職に向いていない人の特徴。向いている人の性格とは?
【関連記事】・営業に不向きな人は営業をするな!向いていない人の特徴、性格は?

 

起業を考えてみる

接客に限らず、どのような仕事でも上司は存在して、それなりにストレスは抱えるものです。これは社会で仕事をしていく以上仕方がありません。

唯一開放される対処法があるとすれば、「独立」することですね。自分で仕事を持てば誰に気を使うことも無く、自由に働くことが出来ます。

【独立におすすめな仕事】
・ネットショップ
・ブログ
・投資

起業する場合は、出来るだけお金をかけずにやるのがオススメです。「ブログ」であればほとんど経費0円からスタートできるし、ネットショップもやり方次第では、お金をかけずに始められます。

【関連記事】・サラリーマンや会社員の副業にはブログアフィリエイトが圧倒的にオススメ!
【関連記事】・副業ネットショップで稼ぐ方法

 

5,まとめ

以上です。今回は接客業が向いていない人の特徴と、「辞めたい」と感じた時の対処法についてご説明しました。

接客業は特にストレスが溜まりやすい仕事です。上手くお客さんを受け流す技術を身に付けて、ストレスをためないように割り切って仕事をする事が大切。

接客業自体が嫌になってしまった時は、違う業種やクレーム客が現れない接客業を探してみましょう。新しい転職先を探す時は、必ず仕事を辞める前に見つけること。

そうすることで精神的なプレッシャーがなくなるし、無職になる心配はなくなりますからね。

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*