夜勤が辛い、辞めたいと感じる理由や対処法、おすすめの転職方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
gahag-0038613911-1

夜勤の仕事はメリットもありますが、いつくかのデメリットも存在します。人によっては夜勤を続けるのが苦痛で、「辛い、辞めたい・・」と考えてしまう人も少なくありません。今回は夜勤を辞めたいと感じる理由や、感じた場合の対処法などをご紹介します。

スポンサードリンク

目次

1,夜勤がある仕事といえば?
2,夜勤を辞めたいと感じる理由
3,夜勤のメリットとは?
4,辞めたいときの対処法や解決策
5,オススメ転職方法
6,まとめ

 

1,夜勤がある仕事といえば?

夜勤は職業によってあるものとないものに分かれます。夜勤がある職業の代表的なものといえば、「工場勤務」ではないでしょうか?工場勤務では夜勤だけといった働き方もありますが、交代制(日勤と夜勤が一週間交代で変わる)なども存在します。

【夜勤がある仕事】
・工場勤務
・タクシードライバー
・看護師
・トラック運転手
・飲食店
・お水関係
・コールセンター
・コンビニ店員
・警備員
・宿泊施設

少し考えただけでも夜勤が行われている仕事はこんなにも存在します。特に工場や看護師は夜勤の代表格とも言われています。

【関連記事】・製造業、工場勤務の仕事を辞めたい理由。向いてる人の特徴は?

 

2,夜勤を辞めたいと感じる理由



「夜勤が辛い・・」
「夜勤を辞めたい!」

このように感じてしまう理由は一体何なのでしょうか?

 

夜勤に慣れていない

普段日勤の仕事をしていて、突然夜勤の仕事を始めると「夜勤が辛い。辞めたい。」と感じてしまいます。今までのライフスタイルを全て変えさせられることになるので、その変化に体がついていかないからです。

私も工場勤務をしていたことがあり、夜勤経験者を知っていますが、大抵の人は「夜勤を始めた頃が一番辛い」と話していました。逆に夜勤に慣れていけば、メリットもいくつか存在して夜勤の良さを語る人もいました。

体や生活スタイルが慣れるまでの1~2ヶ月程度は、夜勤の仕事が辛く感じる可能性は高いです。

 

眠れない

夜勤の仕事をすると、帰ってから朝方に眠りにつくことになります。やってみると分かりますが、これが意外と寝れません。眠れたとしても昼間なのですぐに目を覚ましてしまったりと、熟睡することが難しいです。

カーテンの隙間から入る日の光や、人の声、郵便配達、電話などなど、夜と違って睡眠の妨げになるものが多いです。選挙活動なんて外でしていたら、とってもイライラするし絶対眠れませんからね・・・こういった眠れない状況があると、夜勤の仕事を辞めたいと感じてしまいます。

 

家族・友人に会えない

夜勤の仕事をしていると、夜~朝にかけて仕事が入るためプライベートの時間が家族や友人とずれてしまいます。夜友達と飲みに出かけたくても行けないし、家族と時間を過ごしたくても難しくなります。

平日の昼間はほとんどの人が仕事です。一緒に出かけたり昼食を食べることもできません。すれ違いの生活になるので、1人が苦手な方であれば寂しさを強く感じてしまうかもしれません。

 

体調が崩れ易い

夜勤の最大のデメリットは、体にかかる負担です。若い時であれば負担を感じない人もいるかもしれませんが、やはり蓄積されていきます。病気になる確率が高かったり、免疫力が落ちるので体調管理は万全にしておくことが大切です。

・自律神経やホルモンバランスの乱れ
・偏頭痛を引き起こす
・ガンや脳卒中を引き起こす確率が高まる
・うつ病

夜勤を行っていると、上記のような病気にかかりやすくなります。免疫力の低下から風邪などもかかりやすいので、常に注意しておかなければいけません。

 

常にボーっとした状態が続く

これは人によるのですが、上手く睡眠を取れていないせいか無気力な人がいらっしゃいます。仕事のあとに睡眠はとるのですが、熟睡できていないので起きてからも眠い状態が続いてしまいます。

常にボーっとした状態が続き、何に対してもやる気がなくなって軽い「うつ病」のような状態を引き起こします。

 

食生活が乱れる

夜勤をしていると食事を摂る時間帯がバラバラになってきます。夜ご飯を食べてから仕事を始めても、夜中必ずお腹がすくのでカップラーメンやコンビニの食事をとってしまいます。

朝ごはんを食べて寝たとしても、昼過ぎまで眠ることになり昼食は食べないこともあるでしょう。こうなると不規則な食生活になり、体を壊しやすくなります。

夜勤をしている人は、「食欲がない」「コンビニの食事中心になっている」などといった方も多いです。

 

スポンサードリンク

3,夜勤のメリットとは?

いつくかの夜勤を辞めたい理由やデメリットを書きましたが、夜勤を好きでやっている方も大勢いらっしゃいます。次は夜勤の仕事をする上でのメリットをまとめます。

 

お金がいい

工場や看護師などすべての夜勤の職業に共通して言える事が、「夜勤はお金がいい」ということです。夜勤手当がもらえるので、「夜勤」と「日勤」では大きく月収に違いが出てきます。

私が昔働いていた工場では、はっきりとは覚えていませんが賃金に下記くらいの差は出ていました。

・日勤勤務者 1ヶ月の手取り19万円
・夜勤勤務者 1ヶ月の手取り29万円

同じ日数働いても、夜勤手当が毎日つくだけで1,5倍程度給料に差が出てきます。こういった理由から、「夜勤が好き」「夜勤をしたら日勤はできない」などといった人が数人いらっしゃいました。

 

仕事中に監視の目がない

日勤であれば上司や同僚など、仕事場には大勢の人がいることになります。その分監視されているので、ストレスはたまるし周囲の視線に気を配る必要があります。

しかし夜勤であれば上司や同僚はほとんどいなく、自分一人で仕事をすることがほとんどでしょう。あまりよくはありませんが、休憩を長く取っても怒られないしやることさえやっておけばOKといった状態です。

ストレスはたまり辛く自分のペースで仕事を行えます。

 

昼間出かけられる

日勤であれば、夜は家でゆっくりか出かけるとしても飲みに行く程度です。しかし夜勤であれば、日中いくらでも時間があるので「買い物」などに出かける事も可能です。

平日の昼間であれば人も少ないし、自由にどこへでも行けるのは大きなメリット。1人で行動するのが好きな人にとっては、夜勤は最高の仕事かもしれませんね。

 

4,辞めたいときの対処法や解決策

夜勤にはメリット、デメリットが存在しますが、結局のところ自分に合うかどうかが一番大切です。どれだけメリットを挙げても自分にとってメリットと感じなければ、それはメリットではありません。

夜行性で昼間寝るのに抵抗がない人であれば、「夜勤が辛い、辞めたい」と感じる事もないでしょう。逆に夜勤が嫌で嫌でしょうがない人であれば、正直どうする事もできません。

時間が経てば慣れていく可能性はありますが、数ヶ月働いてみても全く改善されないのであれば転職や何か解決策、対処法などを考える必要が出てきます。

 

夜勤前の仮眠

夜勤から帰ってきてから朝寝るのとは別に、夜勤の前に仮眠を取る事はおすすめ。1~2時間程度仮眠を取っておくだけでも、夜勤が驚くほど楽に感じられます。個人差はあるかもしれませんが、私が知っている夜勤勤務者の人たちは仮眠を取っている人が多かったです。

「夜勤は眠くて辛い。」このように感じている人であれば、「仮眠」をとることで解決に繋がるかもしれません。

 

耳栓、アイマスクを使う

夜勤の方が昼間に眠るための必須アイテムと言えば、「耳栓」や「アイマスク」ですね。耳栓をしておけば外から聞こえる小さな音は遮断できるし、眠りを妨げることが少なくなります。

携帯も出来ればマナーモードにしておけるといいですね。大事な連絡がある場合はダメですが、携帯が鳴るたびに起きているようでは深い眠りにつけません。寝ている間はマナーモードにしておきましょう。

アイマスクも意外と使えます。カーテンを閉めておいても、小さな光は入ってきます。日光を浴びると人は目が冴えてしまいますので、アイマスクを使って完全に日光を遮断して眠りにつきましょう。

・「アイマスク」を探す

・「耳栓」を探す

 

サプリメントを摂る

不眠が続く方であれば、サプリメントを摂取するのもオススメ。不眠で睡眠剤などを使う方もいらっしゃいますが、睡眠剤は医師の処方がないためあまりオススメしません。睡眠薬は無理やり薬の力で寝ることになるので、一時的な対策に過ぎません。

さらに飲みすぎると癖になり、睡眠薬なしで寝る事が難しくなります。「北の大地の夢しずく」であれば、アスパラガスから抽出した休息サポート成分が安眠効果を引き起こしてくれます。

食品から抽出する成分だから安心して使う事ができます。

通常定期¥3790円 お試し定期¥3411円

『北の大地の夢しずく』

1日あたり107円というリーズナブルな価格帯なので、夜勤で眠れない場合は試してみてもいいかもしれませんね。

 

簡単なストレッチやマッサージを取り入れる

朝眠れないようであれば、「ストレッチ」や「マッサージ」など行うのもオススメ。寝ていない状態なので長時間のストレッチやマッサージはオススメしませんが、軽いものであれば眠りにつきやすくなります。

最近では30分で2000円程度の安くて手軽なマッサージ屋さんも多いので、そういった所に帰りに寄ってもいいですね。ストレッチであれば、寝る前に自分の部屋でも行えます。

 

アロマや湯船につかる

寝る前にアロマの香りを嗅いだり、お風呂で湯船につかるのも効果的です。仕事の後はどうしても神経が研ぎ澄まされた状態になっています。

上手くリラックス効果を与えることで、神経が緩和され眠りにつきやすくなります。仕事の後はすぐにベッドに入りたくなりますが、10分程度でもリラクゼーションを与えることで不眠の対処、解決に繋がるかもしれませんよ。

 

5,オススメ転職方法

「夜勤が辛い、辞めたい」と感じてしまい、対処法や解決策が見つからない場合は、「転職」を考えてみてもいいかもしれません。仕事はこの先ずっと続けていかなければいけないし、夜勤で体調を壊してしまっては元も子もありません。

体は資本ですので、自分にあった仕事に転職して充実した毎日を過ごす事が大切です。

転職にはいくつか方法がありますが、個人的には転職エージェントを使うのがオススメ。転職エージェントを使えば、今の仕事を続けながら転職活動を行えるので、無職になるリスクがありません。

さらに転職エージェントでは、自分にあった求人を探して紹介してくれるのでとっても楽。仕事で忙しい毎日でも、転職活動を行う事ができます。

 

MIDASで仕事の面接オファーを受け取る

MIIDAS(ミーダス)で無料登録を行えば、自分の適正に合った「仕事の面接オファー」を受け取ることができます。

自分の適性を入力するだけで、自分に合った就職先を探してくれるので助かります。さらに自分の市場価値やおおよその年収も知ることができます。5分で出来る無料診断なので、試してみるだけでも楽しいですよ。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

 

ジョブハウスで工場職を探す

ジョブハウス工場職・製造業を専門とした求人サイト。全国展開しており首都圏、地方の求人もたくさん取り扱っています。

転職エージェントは一箇所だけでなく、数箇所に登録しておくのがおすすめ。その分就職のオファーを受ける件数も増えるし、より良い就職先が見つかります。

工場・製造業専門の求人サイト【JobHouse】


 

6,まとめ

以上です。今回は夜勤が辛い、辞めたいと感じる理由と、感じた時の対処法や解決策についてご説明しました。

夜勤にはメリット・デメリットが存在します。しかし人によっては感じ方が違ってきます。どうしても夜勤を続けるのが嫌な人もいれば、夜勤が楽でしょうがないと感じる人もいらっしゃいます。

自分に夜勤が合わないと思うのであれば、無理をしても体を壊すだけです。早い段階で転職エージェントを使って、夜勤のない転職先を見つけましょう。



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*