会社の遅刻に対するオススメの理由&いい訳。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は仕会社の遅刻に対するオススメの理由&いい訳特集をご紹介します。会社員として働いている人は、是非参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

長く会社員を続けていれば、遅刻をしてしまう事もあると思います。よくあるのが「寝坊」ですよね。

寝坊で遅刻する人は多くいらっしゃると思いますが、「寝坊したので今から出勤します!」こんなバカ正直に伝えてしまうと、自分の評価を落としてしまうだけです。

それでは一体、どのような「いい訳」であれば遅刻が通用するのでしょうか?

 

1,会社に遅刻する場合のオススメの理由

ほとんどの場合遅刻の理由は「寝坊」だと思います。しかしバカ正直に伝えるのではなく、上司がキチンと納得してくれるような「遅刻の理由」を作る事も大切です。会社の遅刻に使えるオススメの理由特集をご紹介するので、是非参考にしてくださいね。

【遅刻にオススメの理由】
・「忘れ物をしたので遅れます」
・「車がパンクしてしまって・・・」
・「ぎっくり腰になってしまったので遅刻します」
・「子供が熱を出してしまったので病院に連れて行きます」
・「お腹を壊してしまって・・」
・「すいません!寝坊しました・・・」
・「交通トラブルで・・・」
・「前日一睡もできずに朝方寝てしまった・・・」

遅刻にオススメの理由1:「忘れ物をしたので遅れます」

遅刻の理由に忘れ物を使うのはおすすめ。

何回も忘れ物をいい訳に使うと、「ミスの多い部下」「忘れっぽい」「嘘っぽい」などとネガティブな印象を上司や同僚に与えてしまいますが、1度や2度であれば立派な遅刻の理由として使えます。

忘れ物するアイテムとしては、「携帯」が一番定番ですね。「お弁当」や「ハンカチ」などといった、忘れても困らないものは遅刻のいい訳には使わないでおきましょう。

他にも「財布」もおすすめ。財布がなければ電車にも乗れないし、取りに帰らなければいけない必須アイテムです。「会社の書類」なども絶対に必要なので、遅刻の理由として使えます。

 

遅刻にオススメの理由2:「車がパンクしてしまって・・・」

車のパンクも起こりえるので、遅刻のいい訳としては使えます。

車のタイヤがパンクしてしまったので、近くの車屋さんに寄っていました。」

このように言われて「嘘だろ?」と勘ぐる人はそうそういません。何度もパンクを連発すると怪しいですが、初めてのいい訳としては充分使えます。

 

遅刻にオススメの理由3:「ぎっくり腰になってしまったので遅刻します」

ぎっくり腰になったことのある人であれば分かりますが、ぎっくり腰がひどいと本当に立てなくなります。人によっては丸一日寝たきりになる場合もあり、会社に行けず休む事もあり得ます。

上司がぎっくり腰の経験者であれば、心配してくれて遅刻どころか休める可能性もあります。

 

遅刻にオススメの理由4:「子供が熱を出してしまったので病院に連れて行きます」

家族ネタも仕事を遅刻する場合には、おすすめないい訳の1つです。「子供がインフルエンザで高熱を出してしまって・・・」などと言えば、「大丈夫か?」「大変だな・・」などと同情をかう事も可能です。

ただの熱だと嘘っぽいし、「そのくらいで遅刻する必要はあるのか・・・」と思われてしまうので、「高熱」「インフルエンザ」「おたふく風邪」などと、風邪でも少し具体的に伝えるのがポイントです。

家族の病気であれば、「診断書」の提出なども必要ないので、安心して遅刻のいい訳に使えます。

 

遅刻にオススメの理由5:「お腹を壊してしまって・・」

「朝、賞味期限切れの食品を食べてしまって・・・腹痛がひどいので遅刻します。」

ただ「お腹が痛い」と言っても怪しいので、できればなぜお腹が痛くなったのかまで、キチンと説明することをオススメします。

そうすることで信憑性が増して、遅刻のいい訳として使っても怪しくなくなります。

「家族もみんなお腹壊しちゃって・・・」

などと付け加えれば、さらに信憑性が増して心配してもらえますね。

 

遅刻にオススメの理由6:「すいません!寝坊しました・・・」

嘘をつくのが下手な方であれば、正直に「寝坊」と伝えるのも一つの手です。これも伝え方があって、「寝坊したので今から出社します。」これでは上司もイラッとしてしまいます。

「自分の不注意で寝坊してしまいました!本当に申し訳ありません。今からすぐに向かいます!」

このように慌てた感じを演出するのも大切です。遅刻をして焦っている感じを上司に伝えることができれば、上司も一度の遅刻でそこまで腹を立てる事はないでしょう。

 

遅刻にオススメの理由7:「交通トラブルで・・・」

交通手段を遅刻の理由に使ってみましょう。一番いいのは「自家用車」のトラブル。例えば、「エンジンから煙が出ているので、車屋に持っていってから会社に行きます。」「溝にタイヤがはまってしまって・・・」こういった自家用車のトラブルは、上司も知るすべはないので、バレる恐れがありません。

電車の遅延なども使えますが、電車の場合は同じ方面に乗る人が社内にいれば嘘がバレる恐れがあります。

 

遅刻にオススメの理由8:「前日一睡もできずに朝方寝てしまった・・・」

「不眠症」「夜寝れなかった」「家族の付き合いがあった」などを理由に、前日に一睡も出来ず朝方眠りについてしまった・・・というのも遅刻の理由に使えます。

間違い無く怒られるし、上司は腑に落ちないと思いますが、納得できない事もないです。この理由が使えるのは一回までです。

2回、3回と同じような理由で無断欠勤を繰り返せば、完全に嘘なのがバレるし、「やる気がない」というのを認めているようなもの。しかし1度くらいであれば、理解してくれるはずです。

 

2,遅刻を伝えるタイミングや伝え方は?

遅刻をしてしまう場合は遅刻の理由が大切です。しかしそれ以外にも「伝えるタイミング」「伝え方」なども大事ですので、合わせて覚えておきましょう。伝え方が変わるだけでも、上司への印象が大きく変わります。

【遅刻を伝えるタイミングや伝え方のポイント】
・遅刻はできるだけ早く伝えておく
・時間帯によっていい訳を使い分ける
・電話で伝えよう

 

ポイント1:遅刻はできるだけ早く伝えておく

いい訳の仕方によっても遅刻を伝えるタイミングは変わってきます。例えば「子供の急な発熱」であれば、朝早くに会社に電話するのが一番いいでしょう。

9時出社であれば、朝の8時くらいに上司に電話することをオススメします。そうすれば、「ちゃんと自分が起きていること」「会社には行こうとしていたこと」などが上司も読み取れます。

これが9時ぎりぎりや、10時に電話を掛ければ、「寝坊して子供の発熱をいい訳に使った」と捉えられてしまいます。

 

ポイント2:時間帯によっていい訳を使い分ける

寝坊してしまって遅刻のいい訳を考える場合は、突発的な出来事をいい訳に使うようにしてください。

9時出社で9時に起きたのであれば、すぐに電話して「会社の近くまで来たのですが、携帯を忘れてしまったので今家に戻っています。」こういった突発的ないい訳であれば、時間が過ぎてしまっていても上手く理由として使えます。

しかし9時ジャストに起きて、「今日は頭痛がひどいので病院に行ってきます。」と言い訳してしまえば、あきらかに寝坊したことがバレてしまいます。

このように、自分が電話する時間帯によっていい訳を選ぶ必要があります。


・出社ギリギリに電話する時 「交通のトラブル」「忘れ物」
・出社一時間前に電話する時 「体調不良」

 

ポイント3:電話で伝えよう

LINEやメールで遅刻を告げる人もいらっしゃいますが、上司からすると印象は悪くなるので出来るだけ電話で伝えてください。電話して繋がらなかった場合に、メールを送っておくのはOKですが、最初からメールやLINEですと上司もあまりいい気はしません。

「今朝起きたら腹痛がひどくて・・・おそらく昨日食べた夜ご飯がダメだったんだと思います。家族みんな腹痛を起してしまって。体調がよくなり次第すぐに出社しますので、申し訳ありません・・・」

このように具体的な遅刻の内容まで伝えて、ちゃんと口頭で誤ることが大切です。

 

スポンサードリンク

3,遅刻を伝える時の注意点

嘘のいい訳を使って遅刻を伝える場合は、いくつかの注意点があります。後々面倒なことにならない為にも、頭の片隅に入れておくようにしてください。

 

交通事故は使わない

たまに出社中の交通事故などをいい訳に使う方がいらっしゃいますが、これは絶対に止めて下さい。

出社中の事故であれば、会社側の責任を問われる場合もあります。仕事の時間は規則どおり守られているか?無理な残業で寝不足になっていないか?など。

軽はずみに「簡単な事故」と言ってしまったばっかりに、詳しく聞かれる羽目になり、嘘がバレてしまう可能性もあります。「事故」は遅刻の理由には使わないでおきましょう。

 

具体的に説明する

「頭が痛くて・・・」「お腹が痛くて・・」

こういった理由は遅刻の定番のいい訳として使われますが、これだけでは信憑性がないし子供のいい訳のように聞こえてしまいます。

「昨日から体調が悪く、今朝起きると頭が痛く熱っぽいので病院に行ってから会社に向かいます。」「昨日食べた夕食があたってしまったようで・・・」このように遅刻する理由を具体的に伝えることで、信憑性が増して上司に疑われなくなります。

 

大きな嘘はつかない

嘘をつくときに、あまり大げさな嘘をつかないほうがいいです。例えば「親戚が病気で倒れた」「知人が亡くなった」「近所に強盗が入った」など。

大きな嘘はネットや人伝いにばれる恐れが高いです。変に大掛かりな嘘をついて、上司に嘘がバレないように気をつけましょう。

 

上司だけでなく、周囲の人にもフォローを入れておく

遅刻する場合、仕事上で被害を被るのは同僚など一緒に働く仲間です。自分が遅刻した分、仕事が同僚に回っている可能性も考えられます。

ですので遅刻した際は、上司の顔色だけを伺うのではなく、必ず周囲の仕事仲間にも謝罪しておきましょう。

「こちらの都合で遅刻してしまい、すいませんでした。」

同僚の場合はいい訳まで考える必要はありません。しっかり誠心誠意込めて謝罪すれば、大抵の人は理解してくれるはずです。謝罪の一言があれば周囲は納得してくれるはずです。

 

4,頻繁に遅刻を使っている場合

どんな遅刻のいい訳であっても、頻繁に使っていればそれはすべて「嘘」と思われてしまうでしょう。

仮に先週「食あたりの腹痛で休みます」と言い訳していて、今週は「風邪で熱があるので・・・」といい訳すれば、遅刻の期間が短すぎて「嘘」と思われてしまいます。

遅刻は最低でも月に1回か2ヶ月に1回程度。これ以上使うと、どんないい訳でも信用されなくなります。社会人として働く以上、信用は何より大切です。

 

仕事を楽しめていないなら転職を考えてみる

たまに遅刻したり遅刻を理由にサボるのはありだと思います。ただし頻繁に遅刻を理由にサボっている場合は、そもそも仕事を楽しめていない可能性が高いです。

そんな時は転職エージェントを使って、もっと楽しめる仕事がないか探してみるのもオススメ。休みの日や暇な時間に無料登録をするだけでも、仕事の面接のオファーなどを受け取ることができます。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,まとめ

以上です。今回は、仕事を遅刻するためのおすすめのいい訳特集をご紹介しました。仕事を長く続けていれば、「今日は遅刻したい・・」「朝起きたら寝坊していた!」などのように、遅刻をすることは起こり得ます。

そのような場合は、ちゃんとした遅刻の理由を考えて自然に上司に伝えることで、自分の評価に影響させないで済みます。どのようないい訳であっても、頻繁に繰り返したり、伝え方を間違えると「嘘」がバレてしまう可能性があるので注意しましょう。

遅刻は社会ではマナー違反です。出来るだけ時間を守って出社することが大切です。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*