仕事を辞めるオススメな退職理由と、NGな理由とは?嘘をついてもOK?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
d7207d4a8480badecf71971399c7a91b_t

仕事を退職する事を決めて、いざ上司に告げる時は慎重に行動する必要があります。辞める理由はとっても大切で、理由次第では引き止められたり後々面倒なことにもなりかねません。今回は円満退社するための理由と、言ってはいけないNGな退社理由についてご紹介します。

スポンサードリンク

目次

1,退職理由は絶対必要?
2,円満退社にオススメな退職理由
3,言ってはいけないNGな退社理由
4,大きな嘘はつかない方がいい
5,小さな嘘は必要
6,会社への不満は言わないでおこう
7,会社を辞めるときに注意したいこと
8,自分の適正に合った新しい仕事を見つける
9,まとめ

 

1,退職理由は絶対必要?

退職理由が「会社への不満」「上司への不満」といったネガティブな理由だと、できれば言いたくないですよね。

ちなみに法律上は、退職理由を言わなくても仕事を辞める事は可能です。

しかし普通に考えて、何の理由もなしで「仕事を辞めたい」と突然言い出すのは、ちょっと失礼だし常識外れにも思えますよね?

長年お世話になった上司や同僚、社長に退職理由を説明しないのは、人としてどうかと思います。

仮に退職理由が言いたくない理由、あるいは言い出せない理由の場合は、少しくらい「嘘」をついてOKです。

何の理由もなく退社するよりも、ちょっとくらい嘘をついてでも会社側を納得させた方が、絶対スムーズに物事が進みます。

突然理由もなく退職を伝えても、会社側は納得しない可能性が高いです。

 

賢く仕事を辞めよう!

自分の中で退職するのが決まっていれば、正直、その後の事なんてどうでも良く感じますよね・・・?しかし最後って実は一番大切です。

良い印象のまま退職できれば、その後もずっと良い印象を持ったままとなります。反対に最後に無理な退職理由で仕事を辞めてしまうと、これから先ずっと悪い印象を持たれる事になります。

退職理由次第では、会社や上司を敵に回すことになるので注意が必要です。

「辞めるんだから関係ない。」と感じるかもしれませんが、社会はどこで繋がるか分かりません。最後に敵を作るのはオススメしません。

 

2,円満退社にオススメな退職理由

仕事を辞める時には理由がとっても大切です。理由次第で円満退社にも繋がるし、変に上司や同僚と揉めなくて済みます。まずは、ストレートに説明してもOKな、会社を辞める理由についてご紹介します。

 

やりたいことが見つかった

自分のやりたいこと、夢や新しい職種へのチャレンジは立派な仕事を辞める理由になります。会社の同僚や上司もやりたいことが見つかった人間を引き止めることはしないし、「引き止めるだけ無駄」と諦めてくれます。


●営業にチャレンジしてみたい!
●パソコンのスキルを生かした職種に就きたい!
●美容の世界に進みたい!
●建設の仕事に携わりたい!

他にも「起業」「独立」なども、新しいチャレンジになるので、胸を張って辞める理由として説明すればいいです。

 

金銭的な理由を使う

例えば、「今の収入では家計がやっていけない」「子供が生まれてもっとお金が必要になってしまった」というように、「お金」を辞める理由に使うのもオススメです。

この場合、「給料が安いから」という理由だけではダメです。これは会社の給料体勢に不満をぶちまけているだけですからね。

「自分の都合でお金が必要になった」といった趣旨を伝えるようにしましょう。

もしどうしても会社にいて欲しい存在であれば、昇給などで引き止められる可能性もあります。しかし大きな金額を提示してしまえば、上司もすぐに諦めて仕事をすんなり辞められるはずです。

ただしお金の使い道が、「ギャンブル」「買い物」などのように私欲のためですと、辞める事を納得してもらえません。必ず生活や家族を理由に、金銭面の話を持ち出しましょう。

 

結婚を理由に

「結婚」を機に仕事を辞める女性は多いです。もちろんこれは女性のみ有効な仕事を辞める理由ですが、上司もすんなりOKしてくれることがほとんどです。

結婚すれば新しい家庭ができるわけだし、女性は何かと忙しくなります。家のこともあるだろうし、仕事場に引き止めておくことはできません。

おめでたいことなので、大抵の人は気持ちよく送り出してくれるはずです。

仮に結婚が決まっていなくても、「結婚のために準備をしていきたい。」「これからは専業主婦として頑張りたい」といった話であれば、立派な退職理由になります。

 

健康的な問題

仕事の内容によっては健康を害する場合もあります。例えば薬品を使ったりするような会社であれば、それを理由に仕事を辞めることができます。

「仕事場にいると体調がすぐれない」
「薬品のせいで慢性的な頭痛が出てしまう」

健康上の問題であれば専門家でない以上、上司も仕事を辞めないように引きとめることはできません。しかし完全なはつかないでおきましょう。

病院での診断書を要求されたりする可能性もあります。

 

一身上の都合

退社理由は聞かれる可能性が高いです。しかし法律上ではそれに答える義務はなく、単に「一身上の都合」とだけ答えてもOKです。

今まで働いてきたわけですから、同僚や仲のいい仕事仲間には必ず退職理由を聞かれますよね。仕事場の人との関係が大切でなければ、「一身上の都合」で理由を説明しなくてもOKだと思います。

 

別の仕事を手伝わなければいけない

例えば親族の会社であったり、知り合いの会社などに入るのも辞める理由になります。別の会社に入る場合は、給料が大きく関係していることがほとんどです。

「知り合いの会社でもっと給料をくれるというから、転職する。」

これをそのまま伝えるとあまりよくないので、「親族の仕事が忙しくて手伝うことになった」このような退職理由にしておきましょう。

「給料」を理由にするのではなく、「忙しいから手伝わなければいけない」といったニュアンスであれば、会社側も納得してくれます。

 

スポンサードリンク

3,言ってはいけないNGな退社理由

仕事を辞めるときには色々な理由がありますが、中にはストレートに言うべきでない理由も存在します。周囲の反感をかったり、仕事場にいて欲しいと引き止められる可能性があるからです。

ここではNGな退社理由についてご説明します。

 

給料が安い


「今の給料では生活が厳しい辞めたい」
「給料が安いから辞めたい」

上記の2つの理由では、どちらも「給料」に対して不満がありますが、言い方次第で受け取る側の気持ちは全然変わってきます。

まず「生活が厳しいから仕事を辞める」という理由は、どうしようもないことです。仕事場の人たちも同情してくれるし、新しい職場へ気持ちよく送り出してくれます。

しかし「給料が安いから辞める」と言ってしまうと、上司はいい気分にはならないし、文句を言ってくる可能性だってあります。

会社側も不景気な時代に頑張って給料を出してくれているわけですから、「給料が安い」とストレートに言うことはよくないです。

 

嫌いな人間がいる

仕事を辞める理由として多いのが、「人間関係」です。心から嫌いな人が仕事場がいると、それだけでも仕事を辞める理由になっちゃいますよね。

しかしこの理由もストレートに伝えてしまうと、何かと面倒なことが起きます。

まず考えられるのが、嫌いな人間と違った部署に配置される可能性があります。

「○○○さんが苦手なら、別の部署に異動してくれ。」

上司はこのように解釈してしまう可能性があります。

仮にその理由で仕事を辞められたとしても、嫌いな相手に辞める理由が伝わってしまい、仕事を完全に辞めるまで気まずい感じになってしまいます。

 

仕事が忙しすぎるから

残業や休みのない会社であれば、「辞めたい」と感じてしまうのも無理はありません。

しかし同じように働いている人からすれば、「根性がない」「やる気の問題」などと、冷ややかな目で見られてしまう可能性があります。

人によって仕事とプライベート、どちらにウエイトをかけるかは様々です。忙しくてプライベートな時間を持てないなら、充分仕事を辞める理由だと思います。

しかし人によってはそれが、「気に入らない」と感じる人もいるようです。

 

仕事がつまらないから

仕事がつまらない、やりがいがない、と感じて辞める人は多いです。特に若い世代の方々であれば、仕事にやりがいを求める方が多く、それを理由に辞めてしまうことが多いです。

しかしこれも仕事を辞める理由としては、言ってはいけないNGな理由となります。上司や年上の人たちは、仕事に「やりがい」「楽しさ」などを求めていません。

「仕事は辛いもの、我慢するもの」このように受け止めており、「つまらないからやめる」といった理由を理解してくれない人が多いです。

 

会社がつぶれそうだから

今の時代不況に陥っている会社はたくさん存在します。感のいい従業員であれば、「この会社は倒産するかもしれない」このように感じ取る方はいらっしゃいます。

ずっと会社に居続ければ、突然解雇を言い渡されるかもしれないし、リスクを常に抱えて働くことになります。

しかしこれをはっきり口に出してしまうと、会社側から何を言われるか分からないし、面倒の元にもなりえます。

ですので会社の経営が危険だと感じても、そのことについては触れずに他のことを理由にして転職するようにして下さい。
 

副業が軌道に乗ったので

会社員をしながら副業をしている方は意外と多いです。しかし会社によっては副業禁止の場所もありますし、副業を理由に退社届けを出すのはやめておきましょう。

副業禁止の会社であれば、まだ会社に籍があるのであれば何かしらのペナルティなどが課せられる可能性があります。

副業とは言わず、「新しく開業したい」といったニュアンスで伝えるようにしましょう。そうすれば応援してくれるはずです。

※関連記事
⇒サラリーマンや会社員の副業にはブログアフィリエイトが圧倒的にオススメ!

 

家族を理由に


「子供が生まれたので、子供との時間を大切にしたい」
「妻が大変そうだから家事を手伝ってあげたい」

家族を理由に仕事を辞めることは、NGな理由となります。なぜかと言いますと、日本ではまだまだ「男が働いて女が家事をする」このような風習が残っています。

ですので男が家事や子育てのために仕事をやめるというと、普通の上司であれば「それは間違っている」「普通じゃない」「男は働くのが仕事」などと、日本の古い考えを押し付けられる可能性があります。

 

4,大きな嘘はつかない方がいい

退社理由としては、あまり嘘はつかないほうがいいです。理由は、嫌味な上司であれば、「証拠」を求めてくる可能性があるからです。

「体調が悪いので辞めたい」⇒診断書の要求
「次の就職先が見つかった」⇒どこの就職先か根掘り葉掘り聞かれる
「金銭的に厳しい」⇒節約しろと言われたり、お金の使い道について聞かれる
「結婚するから退職する」⇒誰といつ結婚するのか聞かれる可能性がある

ここまでする人間は少ないですが、性格の悪い上司であったり一癖あると何を言い出すか分かりません。そこで嘘がばれてしまうと、仕事を辞めれなくなる可能性だってあります。

完全な嘘はつかないで、ある程度信憑性のある理由を選びましょう。

 

5,小さな嘘は必要

退職理由に「明らかな嘘」をつくのは良くありません。しかし「小さな嘘」はケースによって必要になってきます。

小さな嘘というよりも「建前上の理由」ですね。

例えばですが、「上司が嫌い」「仕事がつまらない」「給料が安い」こういったネガティブな退職理由ですと、そのまま伝えるのは難しいですよね・・・?

仮にバカ正直に伝えてしまうと、会社側や上司との関係が悪くなるだけです。こういった場合は退職理由に「建前上の理由」を使うようにしてください。

小さな嘘というよりも、何でも良いから適当な理由をこじつけるという事ですね。

●他にチャレンジしてみたい仕事がある
●営業ではなく販売業で力を試したい

オススメなのは、「別でやりたい職業がある」という意思を伝える事。何でも良いので興味のある仕事・職業を伝えれば、嘘ではないしポジティブな理由として捉えてもらえます!

 

6,会社への不満は言わないでおこう

会社への不満は、退社理由としてはあまりよくありません。例えば「残業が多かった」という会社不満で仕事を辞めたとします。

次の就職先が辞めた会社と接点があって、仕事を辞めた理由について調べられたとします。そこで理由が「残業が多かったから」と知ったら、新しい会社側はどう思うでしょうか?

「会社に問題がある」というスタンスではなく、「自分の都合で」といった理由のほうが、会社側も納得してくれるし後々面倒なことも起きにくいです。

社会ではどこでどう繋がっているか分かりません。前の職場の人が新しい仕事を紹介してくれることもあるし、仕事が見つからず前の職場に戻ることだって考えられます。

そういった可能性を考えて、適切な辞める理由を考えられるといいですね。

 

7,会社を辞めるときに注意したいこと

期日までは同じようにしっかり働く

「仕事を辞める」と決まった途端に、仕事に対して適当になったり休んだりする人がいます。これは社会人としてはやってはいけない行為だし、何のメリットもありません。

これまで信用を積み重ねてきたのだったら、最後まで信用は崩さない方が賢いです。そうすることで、今後何かあったときに前の職場の人に助けられるかもしれないし、困った時に力になってくれるかもしれません。

大抵の会社は「辞める1ヶ月前までに報告」と決まっていますが、できればもう少し余裕を持って早めに伝えられるといいでしょう。

そうすれば後継ぎなどもスムーズに行えるし、会社側に迷惑がかからず退社できます。

 

辞めたいという意思表示はハッキリする

退社を伝えると、理由によっては引き止められる事もあります。仕事の部署の異動であったり、給与、労働条件などについて相談してくることもあるかもしれません。

しかしその会社に全く未練がないのであれば、上司の説得にはあまり耳を貸さず、はっきりと辞める意思表示をしましょう。せっかく決意が固まったのに、上手く上司に説得されてしまっては振り出しに戻ってしまいますからね。

 

8,自分の適正に合った新しい仕事を見つける

仕事を辞めるのであれば、新しい仕事を見つけてからにするべきです。仕事が決まっていないのに辞めてしまうと、そのままズルズルとダメな人生を送る可能性があるし、その後の就職活動にも響いてしまいます。

転職サービスサイトを使えば、自分の適性を知って自分に合った仕事の面接オファーを受け取ることができます。

 

リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェント】

 

リクナビネクストに登録する

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


 

9,まとめ

以上です。今回は仕事を辞めるオススメな理由と、言ってはいけないNGな退社理由についてまとめました。

仕事を辞めるのであれば、最後の辞める理由や辞め方はとても重要です。それだけで自分への評価は変わるし、今後の人間関係にも少なからず影響が出てくるかもしれません。

「もう辞めるんだからどうでもいい」というスタンスではなく、「辞めた後にどこで会社の人と関わるか分からない。」という考えを持つことが大切です。

 

キャリコネで企業調査を行う

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

これから転職先を探す場合は、まずはキャリコネで企業の口コミをチェックしておきましょう。それだけでも人間関係が良好で、環境の良い職場に入社できる確率が高まりますよ。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

【関連記事】・仕事を早退するオススメの理由。会社から早く帰りたい時の最適ないい訳。

【関連記事】・営業職の仕事探しにオススメしたい転職エージェント・転職サイト

   

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*