使えない部下にストレスが溜まる!仕事ができない部下への対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
publicdomainq-0005277gix

やっと新しい部下が入ってきたと思ったら、覚えは悪いしミスばかりで使えない・・・さらに仕事が忙しいと、イライラしてストレスが溜まる一方ですよね。今回は仕事ができない部下の特徴と、それに対する対処法をご紹介します。

スポンサードリンク

目次

1,仕事ができない部下がいると地獄!
2,使えない部下ってどんな人?
3,使えない部下への対処法は?
4,もっと働きやすい会社を探してみる
5,まとめ

 

1,仕事ができない部下がいると地獄!

仕事には個人差があり、仕事ができる人とできない人では「差」が大きく出ます。私もアパレル経営をしており、これまで何人か人を雇ってきました。その中でもやはり、仕事の覚えるスピードや正確さには個人差があり、面接の段階では分からないものです。

常にチェックしていなければいけない

仕事ができない部下を抱えると、常に不安材料がある状態なのでチェックが大変です。何か仕事を終えるたびに上司がチェックする必要があり、時と場合によっては自分で仕事をするよりも時間が掛かることもあります。

覚えるスピードが遅いだけであれば、仕事を繰り返すことで力がつきチェックは必要なくなります。しかし根本的に仕事をする能力がない場合は、ずっとつきっきりになるのでかなり効率が悪くなります。

ミスが出ると上司のせいに

社長やトップの経営陣が、理解力のある人であれば大丈夫です。しかし理解力のない場合は、仕事ができない部下がミスをすると、その直属の上司が責められることになります。

「お前の指導が悪いから部下が育たない!」
「ちゃんと責任を持って仕事をしろ!」

現場にいない人は仕事ができない部下のことなんて分かりません。新入社員でミスばかりだしていれば、指導している上司が悪いと考えてしまいます。

おそらくそのような部下ですと、誰が教えてもミスを出してしまいます。そのトバッチリがくるのは辛いです。

残業や休日出勤も?

仕事ができない部下はミスが多いです。もう少しで仕事が仕上がる所だったのに、最後の最後でやらかしてしまう・・・こうなると残業はもちろん、休日出勤もあり得ます。

部下だけでは仕事にならないので、上司も付き合わされることになり大変な目にあいます。こんなことを繰り返されると、ストレスが溜まるしイライラしてしまいますよね。

毎日がイライラの連続!

仕事に余裕があるときであれば、部下に対してイライラとストレスが溜まる事もないのですが、忙しくてバタバタしている時は地獄です。

私も何度か経験があるのですが、そういった時に限って大きなミスをやらかすんですよね・・・・こっちが仕事に追われているときに、「この仕事ってどうやればいいんですか?」などと、前回教えた事をまた繰り返し聞いてきます。挙句の果てにミスをする。

こうなるとイライラやストレスが全開になり、仕事で疲れ果ててしまいます。

 

2,使えない部下ってどんな人?

使えない部下の特徴ってどういったものがあるのでしょうか?順に見ていきましょう。

覚えがとにかく悪い!

仕事を覚えてくれない人はやはり教えるのが疲れます。一度教えても、しばらく時間が経つと忘れてしまっている・・・タチが悪い部下ですと、「いえ聞いてないです」などと強気に反抗してくることもありますからね。

ミスを認めない

ミスを素直に認めてくれれば、説明して教えてあげれます。しかしそもそものミスを認めない部下は、使えないというよりも厄介な存在です。

「○○さんがやれと言ったので・・」

何かと責任転嫁してミスを認めない部下は、とっても大変です。変なプライドがあって何を言っても謝らないので、上司も教える気力がなくなってしまいます。

ミスを隠す

ミスを認めないのと同じように、「ミスを隠す」のも使えない部下の特徴。隠さなければ早い段階で手を打てたのに、怒られるのが嫌なのか、仕事が出来ないと思われるのが嫌なのか、ミスを自分だけで解決しようとしてしまいます。

自分で解決するのはいいけど、まずは上司に一言伝えるのができる部下の特徴です。

面倒なことから逃げようとする

仕事を選ぶのも使えない部下の特徴。自分が好きな仕事や面倒でない仕事には積極性があるけど、雑用などの細かい仕事は見てみぬフリをしてしまう。

「自分がやらなければ誰かがやるだろう」といったスタンスですが、意外と周囲や上司はやっていないことに気付いています。

同じミスを繰り返す

普通の人であれば、一度ミスを出して注意して、それが2回、3回続けば何か自分なりに対処法を考えてミスを防ぎます。

しかし仕事ができない部下ですと、何度も同じようなミスを繰り返してしまいます。この原因は、注意力がなくなっているからです。

大体同じようなミスを出す時は、仕事が忙しくテンパっている時です。

【関連記事】・仕事でミスが多い人の原因や特徴は?失敗を防ぐために行動や習慣を変える

協調性がない

周囲とあわせられないのも厄介な部下ですね。例えば休みや休憩を取るにしても、人と合わせることが出来ず自分で勝手に取ってしまう。会社勤めをするなら、「協調性」は非常に大切です。

どれだけ仕事ができても、周囲に合わせられないと孤立してしまうし仕事が続きません。社内の雰囲気を悪くするし、あまりいい部下とは言えませんね。

分かったフリをする

「新しい仕事をする時」「仕事でミスをした時」こういった場合は上司が仕事を部下に教えることになります。しかし仕事ができない部下は、話を聞いて分かったフリをすることがあります。

なぜこのような事をするかというと、仕事に対する責任感が低いことや、上司にバカだと思われたくないことが原因となっています。

仕事で分かったフリをしてしまうと、何かあったときに大きなミスに繋がるし、またどこかで1から教えなければいけません。

言うことを聞かない

年上の部下って人にもよりますが扱い辛いです。特に年功序列に対して変なプライドがある人。普通であれば仕事の経歴で上下関係が決まるのですが、何故か「年上が偉い」と考えてしまい、年下上司の言う事をききません。

この場合は何をいっても言う事を聞かないので、もっと上の上司や社長に相談するしかないでしょう。

責任感がない

定時になればすぐに仕事を切り上げて帰ってしまう・・・これも仕事ができない部下の特徴です。仕事よりもプライベートを優先してしまっており、仕事に対する責任間が全くない状態です。

仕事に対するモチベーションが低い人や、新入社員に多いです。

 

スポンサードリンク

3,使えない部下への対処法は?

褒めて伸ばす

日本人は、「褒めて伸びるタイプ」が多いと言われています。もし自分の周りに仕事ができない部下がいるのであれば、いつも怒っているかと思いますが、一度褒めてみて下さい。

怒られるとどうでもよくなる人は多いですが、褒められるとやる気が出る人も多いです。一度褒めてみて、仕事に対するモチベーションが上がっているようであれば、いい傾向です。

「今回の仕事は早かったね!」
「仕事頑張ってるから、社長に伝えておくよ!」

単純な人ですとちょっと褒めただけで気分がよくなり、別人のように働くようになります。使えない部下への1つの対処法として、「部下を褒める」を実行してみて下さい。

仕事を選んでやらせる

仕事ができる部下であれば、どんな仕事でも平均以上の結果を出してくれます。しかし使えない部下の場合は、すべてが平均以下となってしまいます。

ここで重要なのは、使えない部下の特徴や強みを知ることです。例えば「仕事は早いけど、ミスが多い人」こういった人であれば、ミスを出してもいいけど量をこなす仕事が向いています。

逆に「仕事は遅いけどミスを出さない部下」このような人であれば、スピードは求められないけどミスを絶対出してはいけない、正確さ重視の仕事。

こういった感じで、部下に合った仕事を選ぶのも上司の仕事となります。

メモを細かく取らせる

覚えが悪い部下であれば、「メモ」は必須です。メモを取っておくことで、何度も上司に聞かずに済むし自分で仕事を解決できるようになります。

すぐに忘れてしまう部下であれば、すべてのことをメモに書かせるようにしましょう。時間は掛かりますが、すぐに忘れるよりは遅くても少しずつ覚えてくれた方が、長い目で見たときに効果的です。

社長や上の上司に相談する

部下がいくら教えてもダメな時は、社長やもっと権限のある人に相談してみましょう。

「○○さんがいくら言っても直らない」
「ミスがひどくて今後が心配だ」
「私の言う事をきかない」

理解力のある経営者であれば、深刻に相談すれば話を聞いてくれるはずです。しかし「お前の教育が悪い!」「部下のしつけもできないのか!」などと罵声を浴びせてくる会社であれば、力になってくれないでしょう。

そんな時は転職をして、もっと伸び伸び働ける会社を探してみてもいいかもしれません。

 

4,もっと働きやすい会社を探してみる

仕事には個人差があり、仕事ができない部下、できる部下はどこの会社にいても存在します。1人使えない部下がいるぐらいで転職を考えるのはどうかと思いますが、伸び伸びと働けない会社であれば、他にもっといい転職先があるか探してみましょう。

・上司や社長が話を聞いてくれない
・仕事ができない部下が多すぎる

このような状況ですと、「部下」というより「会社」に問題があります。おそらく改善されることはないし、自分にかかってくるストレスは今後さらに増えていくはずです。

 

転職エージェントを使う

個人的には転職エージェントを使ってみるのがオススメ。今の仕事を辞めずに仕事探しができるので、リスクなく新しい仕事を探すことができます。

いい仕事がなければ転職する必要はないですが、どのような求人があるか登録してチェックしてみるだけでも価値はあります。さらに転職エージェントは、自分の適性にあった転職先を見つけてくれるので、とっても便利です。

 

リクナビネクストに登録する

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


 

リクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】


 

MIDASで仕事の面接オファーを受け取る

MIIDAS(ミーダス)で無料登録を行えば、自分の適正に合った「仕事の面接オファー」を受け取ることができます。

自分の適性を入力するだけで、自分に合った就職先を探してくれるので助かります。さらに自分の市場価値やおおよその年収も知ることができます。5分で出来る無料診断なので、試してみるだけでも楽しいですよ。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!


 

5,まとめ

以上です。今回は使えない部下や仕事ができない部下の特徴と、ストレスが溜まったときの対処法について解説しました。

仕事には必ず個人差があります。それは面接の段階では分からないし、「この人仕事できそうだな・・」と感じても実は全然ダメなときも存在します。

大変ですが、その部下の性格や特徴を知って根気よく教えていくしかありません。仕事ができない部下を一人前に育てることができれば、部下も育っていますが自分自身も大きく成長しているはずです。

今後部下を育てる上での糧となり、人材育成の能力が大幅に向上するでしょう。

しかし仕事が出来ない部下ばかりで、上司も何も助けれてくれないのであれば、転職を考えてみてもいいと思います。もっと働き易い会社はいくらでも存在するし、変にストレスを溜める必要もありません。

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*