なぜお金が貯まらない?貯まらない人の特徴や生活のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ppc_1manensatu4mai_tp_v

生活をしているとお金の支出が多く、なかなか貯まらないですよね?でもこれって実はその人の特徴や生活も関係しているんです。

スポンサードリンク

収入が多い方の方がもちろんお金は貯まりやすいですが、収入が低くてもしっかり貯金をしている方はたくさんいます。今回は「お金が貯まらない人の特徴や生活」についてまとめてみたと思います。


目次

1,お金の収支を把握する
2,ギャンブルはやめるべき
3,見栄を張らない
4,浪費癖を直す
5,新しい収入源の確保
6,できるだけローンを組まない
7,まとめ


 

1,お金の収支を把握する

収支を把握する

まずお金が貯まらない人の特徴としては、月ごとの収支を把握していない方がほとんどです。これは給料が多い少ないの問題ではありません。収入がいくらに対して、どれだけの支出が出ているか。どれだけ収入があってもここを把握していないと、収入の分だけ浪費してしまい貯金など全くできません。

 

エクセルで簡単な収支をつけよう

エクセルは非常に便利です。簡単な表を作るだけで収支が把握出来て、お金を貯める仕組みができます。最低でも月毎のファイルを作って管理していきましょう。一ヶ月に一度入力するだけなので簡単ですよね。

 

 

収入 給料 200,000
副業 20,000
支出 家賃 -70,000
食費 -30,000
合計 120,000

かなり簡単な表ですが、この程度のものでも一ヶ月の収支を把握することは出来ます。エクセルは自動で式も作れるので、計算をする必要もありません。最後の合計部分は貯金に回せますので、ここをどれだけ増やすかがポイントになってきますね。表を見て削れるところを最大限に削って、無駄を無くしていくことが大事です。どれだけ収入が大きくても、それ以上に支出が大きければ貯金が出来ないということが分かりますね。

 

2,ギャンブルはやめるべき

ギャンブルをしていればどれだけ収支でプラスをつけようが、すべてを使ってしまいます。ギャンブルは安定性などなく勝ち続けることは不可能に近いです。貯金してお金を貯めたいのであれば、まずはギャンブルをやめて下さい。「今月はこれだけ収支でプラスがついたから、その分は使っても大丈夫」こんなことを思っていれば、一生貯金とは無縁の生活となりギャンブルのために働く生活になってしまいます。

決められたお金(お小遣い)の中でやるのはいいと思いますが、それでも給料の本当に一部だけを使うのが好ましいですね。ギャンブルでお金を貯め続けるのは不可能なので、どうしてもやりたいなら、娯楽のためと割り切って小さなお金で遊ぶことをオススメします。

 

スポンサードリンク

3,見栄を張らない

「見栄」はお金が貯まらない人の特徴的な部分です。少しお金があると見栄を張る気持ちは分かります。でもこれをしてしまうと、全くお金が貯まらないどころか生活すら大変になってしまいます。

見栄でブランド物を買ったり、いい暮らしをアピールします。その程度ならまだマシなのですが、給料に合わない車を買ったりマイホームを持とうとします。

これは破滅の一歩と言ってもいいくらいに危険な行為です。周りからどんな目で見られようと関係ないと思いませんか?私も20代の頃はそういったことが気になりましたが、30代になってからは自分の幸せだけを考えられるようになりました。

周りからどう思われようが、自分と家族が幸せに暮らすことが一番大事です。

 

4,浪費癖を直す

お金が貯まらない人の特徴として”無駄な浪費癖”というのもあります。浪費をするポイントは、生活の中で無数に存在しますので積もれば大きなお金になります。

 

コンビニでちょっと買い物

「コンビニで物を買うな」とは言いませんが、大して必要でないものを買うのはよくありません。「これも買っておいた方がいいかな?」という感覚で物を買っていけば、年間で見れば大きな支出になります。必要な物を買いに行くのはいいですが、行ってから次々と商品をカゴに入れるのはやめましょう。

 

服やアクセサリーの購入

服は生活必需品だし、オシャレをするのは全然OKです。ですがいらないものを買わないようにするのは大事です。私の場合は買い物に行くときは、あらかじめ欲しいアイテムが見つかってから行きます。

例えば

・コートが欲しくなったからデパートにコートを探しに行く
・ネックレスが欲しいからデパートに行く

上記のように、あらかじめ欲しい物が出た段階で買い物に行きます。

・暇だから買い物に行く
・お金があるから買い物に行く

このようなことを繰り返すと手元にあるお金はすべて使ってしまいます。さらに本当に欲しくないものも買ってしまうので、とてもお金がもったいないです。

 

5,新しい収入源の確保

お金が貯まらない人の特徴としては、新しい収入源を増やそうとしません。給料だけでやりくりをしようとするので、どうしても収入が大きくなりません。給料でもうまく収支のバランスを取ればお金は貯まるのですが、大きく貯めようと思えば別の収入源があると全く違ってきます。お金持ちやお金が貯めれる人は、こういったことにも積極的に取り掛かっていきます。

 

ブログやサイト運営

インターネットを使った仕事であれば、休日や仕事の後でも出来ます。ブログやサイトを作ることは簡単なので、調べながら取り組めば誰でもできます。時間は掛かるし大変ですが、将来性があり大きな資産となることは間違いありません。

 

投資をやってみる

「投資」と聞くとお金持ちしか出来ないイメージを持つ方がいますが、そうではありません。1万円程度から出来るものもありますので、誰でも始めることができます。1万円の服1着買うのを我慢して、投資を試してみるのも悪くないと思いませんか?投資は努力や時間も必要だし、勝てる保証はありません。無駄な物を買うよりも、リターンがあるものにお金を使うべきです。

 

6,できるだけローンを組まない

できるだけローンを組まない

お金がたまらない人の特徴として「支払いを先延ばしする」といった特徴もあります。支払いが先延ばしできると、お金を使っても支払った気にならないので、無駄使いをしてしまいます。住宅ローンであればしょうがないですが、それ以外では現金で支払うのが理想的です。

 

クレジットカード

クレジットカードは特に注意が必要です。とても便利なのですが、現金での支払いがないので何でも欲しい物を購入してしまいます。

クレジットカードはポイント面でメリットが大きいのですが、お金が貯まらないのであれば使うのを控えるべきです。どうしても必要な大きい買い物などはポイントを付けたほうがいいので使用して、それ以外の細かい買い物は無駄に購入しないためにも使わないようにしましょう。

 

分割払いやリボ払い

分割払いやリボ払いのような、利子が発生する支払い方法も絶対に使うべきではありません。目先だけで見ると支払いが少なくて済みますが、結果的には利子で大きなお金を搾取されます。これが癖になれば利子だけでも結構な額になってしまいます。おそらく分割払いを使っていて、利子がいくら掛かっているか計算している人は少ないはずです。

お金がなくて買えない場合は、買うのを諦めるべきです。先延ばしにして買うという行動は、後から辛い思いをするだけです。今は我慢して、お金が貯まったら買いましょう。

 

7,まとめ

お金が貯まらない人の特徴はいくつもあります。

「収入が少ないから貯まらない」

こう応える人は多いですが、実際は違います。収入が多くても貯まらない人もたくさんいるし、収入が少なくてもお金を貯めれている人はたくさんいます。

・毎月お金の収支をつけて、いらない支出を削る
・見栄やギャンブルはやめるべき
・必要なもの以外買わない
・新しい収入源の確保を模索する
・ローンは出来るだけ組まない

上記がまとめになります。お金が貯まらない人は一度生活習慣を見直してみると、改善する点がいくつも見つかりますよ。

 
※関連記事
⇒「お金持ちを自慢することで得られるメリットとデメリット」はコチラから
⇒「モテないお金持ちの特徴はコレ!!モテるお金持ちになるには?」はコチラから
⇒「お金持ちの上手なお金の使い方を学ぼう」はコチラから
 



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*