総務の仕事が辛い、辞めたいと感じる理由。総務からの転職について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

会社の中でも難しい立場なのが「総務」です。総務は役員と一般社員の間に位置して、意外と辛い事が多く大変な仕事です。

スポンサードリンク

総務をしており、「仕事を辞めたい」「仕事が辛い・・」と感じている人は多く、実際に総務から転職を考えている人も大勢いらっしゃいます。

そこで今回は、総務を辞めたい理由や、総務からのオススメの転職先などについてご紹介します。

目次

1,総務を辞めたいと感じる理由
2,仕事を辞められないときは退職代行サービスを使う
3,総務からの転職にオススメな職業は?
4,オススメ転職エージェント
5,総務が辛い、辞めたいのまとめ

 

1,総務を辞めたいと感じる理由

総務は仕事内容が幅広く、様々な人とコミュニケーションを取らなければいけません。一般職に比べて大変な事も多く、仕事に対する不満は後を絶ちません。

部下や役員との人間関係への不満、仕事へのやりがいに対する不満など、総務を辞めたいと感じる理由は様々です。まずは一般的に取り上げられる、総務を辞めたい理由をご紹介します。

 

総務を辞めたい理由1:仕事で評価されづらい

総務という仕事は、意外と仕事面で上司から評価を受け辛い傾向があります。

一般職の場合は同じ立場で働く人が大勢いるため、社員同士を比べて評価してもらえます。営業成績が周囲に比べて良かったり、仕事のスピードが他の社員より早ければ、その分評価されますよね?

しかし総務は他の人と仕事内容が異なるため、比べる対象が存在しません。さらに仕事内容が分散されており、個人の能力が仕事に反映しづらいため、上司から「評価」され辛い仕事です。

頑張っているのに仕事面で評価されないと、仕事に対するモチベーションが低くなります。

 

総務を辞めたい理由2:昇進できない、昇給できない

総務のポジションに一度就くと、給料や立場が固定されてしまうことが多いです。

総務という仕事は特殊な仕事です。代わりを立てるにも別の社員を育てるのに時間が掛かるので、基本的に同じ人がしばらく総務を続けることになります。

総務をしている間は、「昇進」「昇給」とは無縁になることがあります。

 

総務を辞めたい理由3:人間関係

総務は中間管理職となります。部下と役員の板ばさみに合う事が多く、人間関係でも苦労が耐えない仕事です。部下からは仕事に対する文句を言われ、役員からは部下に対する文句を言われます。

どちらとも上手く人間関係を築く必要があり、意外と大変な立場となります。

 

総務を辞めたい理由4:やることが多い

総務の仕事は部下のマネジメントから雑務まで幅広く行います。何か新しい仕事が出たり、困った事があれば、「とりあえず総務に任せる!」という風習があり、新しい仕事を任されたり、やることが多いポジションです。

小さな会社であれば、経理や人事も総務と一まとめになっており、総務がすべて一人で行うこともあります。特に年末や月末になると総務の作業量が増えるので、「仕事を辞めたい。」と感じる人も多いのではないでしょうか。

 

総務を辞めたい理由5:働く時間が長い

総務は幅広い仕事内容を行うため、どうしても一般職に比べて働く時間が長くなってしまいます。役員や一般社員が帰宅しても、総務だけ残っているのはよく目にする光景です。

 

2,仕事を辞められないときは退職代行サービスを使う

総務は全体の割合が非常に少なく、貴重な存在となります。仕事を辞めたくても役員から引き止められたりして、なかなか辞められない事も多いです。

「次の人が見つかるまで辞めないでくれ!」「今辞められたら困る!」など上司に言われて、ズルズル引き伸ばされると、退職時期を逃してしまいます。

このように仕事が忙しくて自分から辞められない場合は、退職代行サービスを使うのがお勧めです。

退職代行サービスとは、本人に代わって退職の意思を会社側に伝えてくれるサービスです。

 

オススメの退職代行サービス1:汐留パートナーズ法律事務所

汐留パートナーズ法律事務所は、弁護士が直接対応する「退職代行サービス」なので法律面でも安心です。民間の代行サービスに任せると、後々問題になるケースがあります。

会社側が納得してくれなかったり、最悪の場合は「訴訟」を引き起こされるケースも。

汐留パートナーズ法律事務所では最初から最後まで弁護士が対応してくれるので、トラブルに巻き込まれる心配がありません。相談は無料で、代行サービスの価格は54,000円です。

汐留パートナーズ法律事務所代行サービス

 

オススメの退職代行サービス2:退職代行Jobs

退職代行Jobsを使えば、会社への出社や連絡が一切不要で退職を行ってくれます。退職代行に掛かる費用は、29,800円。

正社員・契約社員・パート・アルバイトなど全て同じ料金で請け負ってくれます。退職代行利用者への無料カウンセリングを実施しており、専門家から話を聞くことが可能です。

価格は安いですが弁護士が対応するわけではないので、訴訟を起こされた場合手助けはしてもらえません。

退職代行Jobs

 

スポンサードリンク

3,総務からの転職にオススメな職業は?

続いては、総務からの転職にオススメしたい「職業」をご紹介します。総務は管理能力やマネージメントスキル、コミュニケーション力などが身につく仕事です。

転職を考えるなら、そういった経験を上手くいかせる職業がオススメです。

 

総務からの転職にオススメな職業1:マネージャー業、リーダー、店長など

総務のスキルを生かすには、「管理職」「マネージャー業」「店長」などを狙って転職するのがオススメ。例えば飲食店のマネージャー業、製造業のリーダー、お店の店長など。

こういった仕事は従業員のマネジメントを行ったり、職亜全体を管理できる広い洞察力が必要です。

最初から職場の店長やマネージメント業に就くのは難しいですが、そういったポジションを狙って転職するのはオススメです。過去に総務として働いた経験があれば、経歴が評価されるはずです。

 

総務からの転職にオススメな職業2:営業職

総務は努力が数字として現れないため、仕事で評価が受け辛いです。こういった事に不満がある場合は、「営業職」への転職がオススメです。

営業職は評価に数字が直結する仕事。どれだけ数字を伸ばせたかが、上からの評価に繋がります。

非常にシンプルですが、やりがいがあり、仕事を頑張る「意義」を感じる事ができます。トップ営業マンになれば、中間管理職以上の給料を貰う事も可能です。

 

総務からの転職にオススメな職業3:接客業、販売業

接客販売の仕事も、仕事での頑張りが評価されやすいです。総務と求められるスキルは違いますが、「人とのコミュニケーション力」「広い洞察力」はどちらも必要となります。

 

総務からの転職にオススメな職業4:人事

総務からの転職であれば、「人事」の仕事もオススメです。人事の場合も、人とのコミュニケーションを取る能力や、マネージメントスキルが必要となります。

総務で培った経験を生かせるのでオススメ。

 

総務からの転職にオススメな職業5:経理、事務

経理・事務はパソコンを使えれば、未経験者からでもスタートできます。総務をしていれば、ある程度のパソコン能力は身についているはずなので、経理や事務で1からスタートするよの良いでしょう。

 

4,オススメ転職エージェント

総務が辛い、総務を辞めたいと感じているなら、「転職エージェント」を利用してみてください。転職エージェントとはネットを使って利用できる転職サービス。

転職エージェントへの無料登録を行うことで、全国の優良求人をチェックしたり、転職アドバイザーへの転職の相談ができるようになります。

すぐに転職を考えていなくても、いざという時のために無料登録しておく事をオススメします。

 

転職ならリクルートエージェント(転職エージェント)


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

既卒、フリーターの方にオススメしたいジェイック


【公式サイト】
就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

ジェイックを使えば、無職やフリーターの方でも正社員として就職できます。こちらの転職エージェントでは、既卒やフリーターの方を積極的に支援しています。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

【ジェイックの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

非公開求人が多いマイナビエージェント


【公式サイト】
マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国展開する転職エージェントです。リクルートエージェントに比べると求人数が少なく、やや規模は小さめとなります。

ただし8割以上が非公開求人となっており、他のエージェントでは見つからない求人が多数載っているので、別の転職エージェントと併用して使うのがオススメです。

20代の若手に対して積極的にサポートを行っており、「20代既卒」や「20代社会人」であれば手厚いサポート体制が期待できます。

【マイナビエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,総務が辛い、辞めたいのまとめ

以上です。今回は総務が辛い、辞めたいと感じる理由や、総務からのオススメの転職についてご紹介しました。

総務は中間管理職になるため、立場的にも辛い思いをする事が多いです。役員と部下の板ばさみに合うし、上から評価を受け辛いのも辛いところ。

総務の仕事には向き不向きがあります。自分が「管理職には向いていないな・・」と感じるようであれば、転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントには全国の様々な求人が記載されており、自分が本当にやりたい仕事がきっと見つかるはずです。

 

キャリコネで企業調査を行う

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

これから転職先を探す場合は、まずはキャリコネで企業の口コミをチェックしておきましょう。それだけでも人間関係が良好で、環境の良い職場に入社できる確率が高まりますよ。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

   

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*