バスの運転手を辞めたい良くある理由とは?オススメの転職先もご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

公共のバスや民間のバスなど、世の中には様々なバスが走行しています。今回はバスの運転手を辞めたい良くある理由と、バス運転手からのオススメの転職先についてご紹介します。

スポンサードリンク

 

夜行バスの事故が相次いで起こった事もあり、バス運転手の仕事は何かと問題視されています。

「睡眠時間がない」「長時間労働で疲れる」「給料が安い」

バス運転手の仕事には、このようなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?残念ながら、バスの仕事ではこれらが当てはまる場合が多いです。

バスの運転手は肉体的にも精神的にも、非常に大変な仕事です。もし現在バスの運転手として働いており、「仕事を辞めたい。」と感じているならば、是非今回の記事を参考にして下さい。

 

バス運転手が「仕事を辞めたい」と感じる理由

まずはバスの運転手が実際に、「仕事を辞めたい!」と強く感じてしまう理由についてご紹介します。バス運転手はどのような時に、仕事が嫌になるのでしょうか?

【バス運転手が「仕事を辞めたい」と感じる理由】
●長時間労働
●休みが少ない
●給料が安い
●お客からのクレームが多い
●責任が大きすぎる
●運転疲れ
●腰痛
●連休が取れない

 

バスの運転手を辞めたい理由1:長時間労働

バスの運転手の拘束時間は基本的に、1日13時間、延長する場合は16時間まで認められています。もちろん人手不足なバス業界では、16時間ギリギリまで働かされる事が多いです。

朝5時に出社したとしても、帰りは夜の9時になる計算です。もちろんずっと運転している訳ではなく、「待機時間」などもありますが、それでも拘束時間が長いのは辛いことです。

なぜここまで勤務時間が長いかと言いますと、それは運転以外の時間は労働時間に含まれないからです。

バス運転手の業務では、待機時間や乗客を待っている時間は、労働時間として考えられていません。ですのでバスの仕事は、全体を通してみると長時間労働になりやすいです。

 

バスの運転手を辞めたい理由2:休みが少ない

バスの運転手の休日は、シフト制で決められている事がほとんどです。土日祝日も運営しているため、シフト制で平日に休みが割り当てられます。

休みの回数は大体月に6、7回程度。休みが週に1回程度なので、やはり少ないですね。

 

バスの運転手を辞めたい理由3:給料が安い

バスの運転手の給料体制は、勤め先によって大きく異なります。公共のバス、大企業のバスでは割りと給料が高いですが、民間の中小企業のバス会社だと比較的給料は安く設定されています。

大企業や公共のバスであれば、平均年収は400万円~500万円程度。中小企業の場合は年収が300万円とかなり落ちます。労働時間の長さを考えると、やはり時給が安く、給料に不満を持つ方が多いです。

 

バスの運転手を辞めたい理由4:お客からのクレームが多い

バスには毎日たくさんのお客さんが乗車するので、クレームが非常に起きやすいです。バスのクレームで比較的多いのが、「時間」の問題によるクレームです。

「到着時間に遅れた。」「いつもよりバスが来る時間が早くて乗れなかった。」こういった感じ。他にも「運転手の態度が悪い。」「運転が荒い。」このような運転手に対するクレームも意外と多いです。

クレームは直接運転手に投げてくる方もいらっしゃいますし、後からバス会社に電話などで連絡が来る場合もあります。

 

バスの運転手を辞めたい理由5:責任が大きすぎる

近年ニュースでも取り上げられていますが、「バスの高速道路での事故」は問題視されていますよね。このような背景もあり、バスの運転手は一層「責任感」「プレッシャー」を感じる方が増えています。

バスには何人、何十人もの方が乗車しているため、大きな事故に繋がれば乗客を危険にさらす事になります。もちろんバス会社にも責任はありますが、事故を起こした運転手がバッシングされるのは言うまでもありません。

大きな事故でなくても、急ブレーキによる軽傷なども考えられるため、日頃から運転には最善の注意を図らなければいけません。

 

バスの運転手を辞めたい理由6:運転疲れ

大型バスはそもそもサイズが大きいため、普通の車両に比べて運転が難しいです。運転していても通常車両以上に集中力が必要なので疲れます。

これを何時間、何十時間とぶっ続けで行うわけですから、心身共に疲れるのは当たり前ですよね。

 

バスの運転手を辞めたい理由7:腰痛

バスやトラック、タクシーなど、運転手でよく聞く共通の悩みが「腰痛」です。運転手は座っているだけですが、実は肉体的にも大変な仕事です。

同じ姿勢で長時間座っていると、腰痛を引き起こす事があります。特にバスの運転手には高齢の方が多く、腰痛で仕事を辞める方も中にはいらっしゃいます。

 

バスの運転手を辞めたい理由8:連休が取れない

バスの運転手は大型連休が稼ぎ時です。「ゴールデンウィーク」「お盆」「年末年始」はお客さんが増えますので、当然連休を取る事ができません。

家族がいる人にとっては、大型連休が全て仕事で潰れるのは辛いことです・・・。

 

バス運転手からのオススメの転職先

続いては、バスの運転手からのオススメの転職先についてご紹介します。

【バス運転手からのオススメの転職先】
●タクシー運転手
●長距離トラック運転手
●配送ドライバー
●介護タクシー
●その他の運転手の仕事
●公共のバス運転手
●工場・倉庫業

個人的にバス運転手からの転職でオススメしたいのは、上記の7つの職業。一つずつ詳しく説明します。

 

バス運転手からのオススメの転職先1:タクシー運転手

タクシー運転手は歩合制で給料が高くなるのが魅力的。特に首都圏であれば働き方次第では、高給を目指す事も可能です。バスのように一度にたくさんの人を乗車させるわけではないので、比較的プレッシャーが感じづらいです。

バスのように時間厳守もないですが、決まったルートではないため、ある程度の「土地勘」が必要です。

 

バス運転手からのオススメの転職先2:長距離トラック運転手

長距離運転手とバス運転手の大きな違いは、ずばり載せるのが「人」か「物」かの違いです。その点長距離トラックの運転手であれば、クレームがなく、バスほど仕事でのプレッシャーも感じません。

仕事内容はどちらも運転なので、意外とバスから転職される方も多いです。

 

バス運転手からのオススメの転職先3:配送ドライバー

バス運転手からのオススメの転職先では、配送ドライバーの仕事も人気です。配送ドライバーは決められた地域を担当する事が多く、そこまで土地勘は必要とされません。

決まったルートで荷物を届けるだけとなります。

ただし職場によっては、大型の荷物を運ぶ事もあり、体力的に疲れる事もあります。

 

バス運転手からのオススメの転職先4:介護タクシー

高齢者が増えている事もあり、介護施設やデイサービスでは「介護タクシー」という仕事が増えています。介護タクシーでは主にハイエースのようなバンで年配の方や体の不自由な方を送迎します。

車椅子を運んだり年配の方を支える「力」が必要なので、割と体力勝負な一面があります。

クレームやストレスは少ない仕事です。

 

バス運転手からのオススメの転職先5:その他の運転手の仕事

バス運転手のように運転する仕事がよければ、他にも「ミキサードライバー」「タンクローリー運転手」「ダンプカー運転手」など色々な職業が存在します。

 

バス運転手からのオススメの転職先6:公共のバス運転手

現在民間のバス会社に勤めているのであれば、「公共のバス運転手」に転職するのもありかなと思います。公共のバス運転手は、民間に比べて給料が高いです。

 

バス運転手からのオススメの転職先7:工場・倉庫業

工場や倉庫業は年配の方でも転職者が多く非常にオススメ。未経験者からでもスタートできるので、バスの運転手からの転職でも人気です。

最初から正社員として働く事も可能ですが、これは20代、30代の方向け。ある程度の年齢であれば、「派遣社員⇒正社員」への道を目指してください。

 

工場・軽作業探しにオススメなのはランスタッド


【公式サイト】
ランスタッド

工場・軽作業・製造業の仕事を探すなら、「ランスタッド」がオススメです。

ランスタッドは、工場、製造業、梱包作業、軽作業などの仕事が充実している派遣紹介サイトです。求人数が多く、担当者のサポート体制にも高い評価があります。

全国各地に拠点があり、主に派遣の仕事をメインに取り扱っています。工場や製造業では国内最大手。

電話やWEBで3分で簡単に無料登録が行えます!高時給の派遣の仕事が充実しているので、興味があれば登録して求人のチェックを行いましょう!

通常勤務はもちろん、短期の仕事も用意されています。

【ランスタッドの職種一覧】
製造・組立・部品加工・検査・マシンオペレーター・食品加工・検査・袋づめ・溶接・塗装 設備管理・マシンメンテナンス・製造系
・軽作業・仕分け・ピッキング・梱包・検品 品出し・在庫管理・清掃・物流・ドライバー・フォークリフト・玉掛け・クレーン

 

スポンサードリンク

おすすめ転職エージェント

転職をするならネットで転職するのがオススメです。ネットでの転職活動であれば、今働いている仕事を続けながら転職活動が行えます。

その分リスクがないので、安心して転職が行えます。ネットで転職するなら転職エージェントを使ってください。下記のサービスを利用すれば、無料で全国の求人をチェックできます。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

バス運転手が「仕事を辞めたい」と感じる理由のまとめ

以上です。今回はバスの運転手を辞めたいと感じる理由や、バス運転手からのオススメの転職先をご紹介しました。

バスの運転手は仕事を行う上で、「労働時間が長い」「クレームが多い」「仕事が大変」など様々なデメリットを抱えています。こういった事を理由に「転職」を考える方も少なくありません。

しかし職場によっては人手不足を理由に、「退職させてくれない!」こういった場合もあるので注意が必要です。

もし現在の職場で思うように退職させてもらえない場合は、「退職代行サービス」などの利用を考えてみてください。

 

オススメの退職代行サービス1:汐留パートナーズ法律事務所

汐留パートナーズ法律事務所は、弁護士が直接対応する「退職代行サービス」なので法律面でも安心です。民間の代行サービスに任せると、後々問題になるケースがあります。

会社側が納得してくれなかったり、最悪の場合は「訴訟」を引き起こされるケースも。

汐留パートナーズ法律事務所では最初から最後まで弁護士が対応してくれるので、トラブルに巻き込まれる心配がありません。相談は無料で、代行サービスの価格は54,000円です。

汐留パートナーズ法律事務所代行サービス

 

オススメの退職代行サービス2:退職代行Jobs

退職代行Jobsを使えば、会社への出社や連絡が一切不要で退職を行ってくれます。退職代行に掛かる費用は、29,800円。

正社員・契約社員・パート・アルバイトなど全て同じ料金で請け負ってくれます。退職代行利用者への無料カウンセリングを実施しており、専門家から話を聞くことが可能です。

価格は安いですが弁護士が対応するわけではないので、訴訟を起こされた場合手助けはしてもらえません。

退職代行Jobs

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*