「3K」の具体的な職業・仕事・職種について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

よく仕事で「3K」という単語を使っている方がいらっしゃいます。3Kとは、「きつい」「汚い」「危険」を表現する言葉です。

スポンサードリンク

 

世の中の職業には、「3K」に当てはまる仕事が意外と多く存在します。今回は3Kに当てはまる具体的な職業・職種、さらに3Kの仕事で働くメリット・デメリットについてお話します。

現在「3K」の仕事に就いている人はもちろん、これから転職を考える人も是非参考にして下さい。

 

1,「3K」の仕事とは?

「3K」の仕事とは、簡単に言いますと「きつい」「汚い」「危険」この3つが当てはまる職業です。

3Kに当てはまる職業はたくさんありますが、代表的なもので言いますと「肉体労働」が挙げられます。「土木業」「建設業」「工場勤務」などですね。

いわゆる「ブルーカラー」と呼ばれる職種です。

ただし最近では「3K」に対する考え方が変化しており、必ずしも「きつい」「汚い」「危険」に当てはまる仕事だけでは無くなってきています。

例えば「看護師」も3Kに含まれますが、看護師の場合は「休暇がない」「規則が厳しい」「給料が安い」この3つで「3K」と呼ばれています。

他にも「汚い・臭い・帰れない」「臭い・危険・給料が安い」など、職種によって様々です。簡単に言えば「重労働」に属する、”人々から嫌がられるような仕事”を「3K」と呼びます。

 

2,具体的な「3K」の職業・職種をご紹介

続いては具体的な、「3K」の職業・職種について見ていきましょう。「3K」と一般的に呼ばれるものには、一体どのような仕事があるのでしょうか・・・?

【「3K」の具体的な職業・職種】
●土木業
●建設業
●看護師
●工場
●清掃業
●介護師
●農業・漁業・林業
●飲食業
●IT・WEBエンジニア

 

「3K」の具体的な職業・職種1:土木業

昔から「3K」と呼ばれている代表的な職業だと、「土木業」が挙げられます。土木業は汚れ仕事で、なおかつ体力的にきつく、現場が非常に危険です。

土木業だけでなく、「とび職」「舗装業」「左官業」なども同じように3Kに含まれます。これらの仕事は体力的に非常に厳しく、若い世代から嫌がられる仕事です。

体を動かすのが好きな人にとっては働きやすいですが、やはり辛く危険なので一般的には嫌がられる事がほとんどです。

 

「3K」の具体的な職業・職種2:建設業

建設業も3Kの代表的な職業です。建設業でもオフィスで働いたり、現場監督まで昇進していれば3Kには当てはまりません。

建設業や建築業の現場で働く場合、外仕事になるので体力的に辛いです。さらに仕事時間が長く、高い場所にも上るため仕事自体が非常に危険です。

さらに最近では「人手不足」が問題となっています。

 

「3K」の具体的な職業・職種3:看護師

看護師の場合は外仕事とは違い、「休暇がない」「規則が厳しい」「給料が安い」この3つで「3K」と呼ばれています。

3Kの意味合いは変わってきますが、やはり重労働で仕事がキツイ事が「3K」と呼ばれる原因に繋がっています。

他にも「夜勤がある」「人の生死にか関わるのでプレッシャーが大きい」「体力的に厳しい」など、様々な点が問題視されています。

非常に人気の職業ですが、その反面、仕事が大変なので文句を言う方も多い印象です。

 

「3K」の具体的な職業・職種4:工場

工場の場合は、必ずしも全てが「3K」に当てはまる訳ではありません。一般的に言われるのは「整備士」「鉄鋼業」など、肉体的にきつく、汚れる工場の仕事が「3K」に当てはまると言われています。

電子系や食品系では、綺麗で体力面でも楽な工場の仕事が増えています。こういった職場は「3K」には当てはまりません。

 

「3K」の具体的な職業・職種5:清掃業

清掃業は汚れ作業で体力面でもきつく、臭いもあるので「3K」にピッタリ当てはまります。清掃業と言っても職種は様々なものが存在します。

「ビル清掃」「ハウスクリーニング」「ゴミ収集」「病院清掃」などなど。

清掃業は経験がなくても行える仕事です。誰でもできますが、汚れ仕事なので嫌がる人が多いです。

 

「3K」の具体的な職業・職種6:介護師

介護師は老人をお世話する立派な仕事です。これから国を支えるといっても過言ではないですね。

しかし老人の「下の世話」や「入浴の手伝い」など、汚れ作業も多いので嫌がる人も大勢いらっしゃいます。介護職はさらに老人を運んだりするので、意外と力・体力面でも大変です。

デイサービス、老人ホーム、病院など、働く職場は様々です。

 

「3K」の具体的な職業・職種7:農業・漁業・林業

農業・漁業・林業これら3つの仕事は、体力的に辛く、非常に危険な職業です。家族ぐるみで行っている人も多いですが、最近では廃業していく方が増えています。

 

3K」の具体的な職業・職種8:飲食業

最近では飲食業さえも、「3K」の仕事と呼ばれるようになってきました。飲食業は給料が安く働く時間が長いです。

体力的に厳しく、どの職場も人手不足が深刻化しています。

 

「3K」の具体的な職業・職種9:IT・WEBエンジニア

IT・WEBエンジニアは給料も高く立派な仕事ですが、実際は働く時間が長く過酷な作業内容を強いられている事が多いです。

数年前だと、IT系は「ブラック企業」が多いことで有名でしたね。

 

スポンサードリンク

3,「3K」で働くメリット・デメリット

続いては、「3K」の仕事で働くメリット・デメリットについてご紹介します。3Kと聞くと嫌なイメージしか出てきませんが、実はそれなりに働くメリットも存在します。

まずはよく知られている「デメリット」から。

 

【「3K」で働くデメリット】
●体力的に厳しい
●働く時間が長い、休みが少ない
●臭い、汚れる

3Kの職業につくデメリットは、誰でも分かりますよね。主に言われるのは上記のような事柄。

 

【「3K」で働くメリット】
●学歴・経歴に関わらず誰でも働ける
●給料が高い職場もある
●人手不足の業界なので仕事が見つかりやすい

3Kで働くメリットには上記のような事が挙げられます。まず未経験者でも学歴・経歴関係なく、誰でも働けるのが魅力的です。

さらに職場によっては給料が高い場合もあります。3Kの仕事は一般的に嫌われる業界なので、人手不足で仕事が溢れている事が多いです。仕事が見つかりやすいので、これから「就職」「転職」を考える人にもお勧めです。

 

4,おすすめ転職エージェント

現在の職業に不満があるなら、「転職エージェント」を使い別の仕事を探してみるのがオススメ。転職エージェントとはネットを使い無料で利用できる転職サービスです。

簡単な無料登録を済ませるだけで、全国の優良求人をチェックしたり、転職のプロのサポートを受けられるようになります。

少しでも「転職」を考えているなら、是非無料登録を行いサービスを受けてみてください。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,まとめ

以上です。今回は「3K」の具体的な職業・職種についてと、「3K」の仕事で働くメリット・デメリットについてご紹介いしました。

一つ言っておきたいのは「3K」の仕事は、国や人々の生活を支えている職業ばかりです。どの職業もとても立派だし、無ければならない仕事です。

3Kの仕事は一般的には辛く大変なイメージですが、最近ではどの業種でも一般的に言われるようになりました。

3Kとは働いている人が、揶揄して言っているだけなので、正直そこまで気にする必要はないと思います。3Kの仕事でも、働きやすい職場、辛くない職場なんていくらでも存在しますからね。

「3K」という単語はあまり気にせず、その職場が自分に合っているのか、しっかり見極める事が大切です。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*