引越し会社の「正社員」「バイト」がキツイと言われる理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越しの仕事は体力的に非常にキツイ仕事です。仕事を辞めたいと感じる人も多く、ネット上には引越しの仕事に対しての様々な相談が掲載されています。

スポンサードリンク

 

引越しの仕事は割りと給料が高く、体力自慢の男性にはオススメです。働くにあたり特別なスキルや経験が必要なく、未経験者からでもスタートできるのが嬉しい。

引越し作業員の給料は平均月収が35万円程度、平均年収だと400万円~500万円といった所です。

給料は割かし高いのですが、体力面ではかなりハードだし、お客を相手にするので接客に近い一面も併せ持っており、それなりに大変な仕事です。

今回は引越しの仕事がきつい、辞めたいと感じる理由や、引越し作業員からの転職についてご紹介します。

 

1,引越しの仕事がきついと感じる理由

まずは引越しの仕事がきついと感じてしまう理由について見ていきましょう。

引越し業者は重いものを運ぶため、一般的には体力面での大変さが挙げられます。例えば「重いものを持てない」「体力がもたない」などなど。

しかしそれ以外にも、引越し業者が「仕事がきつい!」と感じる場合はいくつか存在します。

【引越しの仕事がきつい、辞めたいと感じる理由】
●体力面
●腕力的な問題
●お客からのクレーム
●腰の痛み
●年齢的な問題
●仕事時間が長い
●職場の人間関係

引越しの仕事がきついと感じてしまうのには、上記のような理由が挙げられます。一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

引越しの仕事がきつい、辞めたいと感じる理由1:体力面

引越しは体を使う仕事なので体力が必要です。仕事中は常に立ちっぱなしだし、重いものを持って何度も往復しなくてはいけません。

夏場は暑い中、重い物を運ぶ必要があるし、冬場は極寒の中、寒さに耐えながら仕事を行います。

引越し場所でも作業の大変さは変わってきます。

特にきついのは、エレベーターのない3階、4階への荷物の搬送作業。重いものを二人がかりで持ち上げて階段を上る作業は、その作業だけで一日分の体力を消耗します。

 

引越しの仕事がきつい、辞めたいと感じる理由2:腕力的な問題

引越し作業員は体力はもちろんですが、「腕力」も必要となります。ベッドや棚、ソファーなど重い家具を運ぶため、単純に力がないと持ち上げる事ができません。

力の無い引越し作業員は、職場で役に立ちません。自分の無力さに嫌気が差し、「仕事を辞めたい」と感じる作業員も少なくありません。

 

引越しの仕事がきつい、辞めたいと感じる理由3:お客からのクレーム

引越し作業員はお客と直接やり取りをするため、クレームを言われる事も、しばしばあります。

例えば家具を壁に当ててしまったとか、時間通りに仕事が終らない事に対するクレームなどなど。

こういったクレームに対する処理は、現場の作業員がその場で行わなければいけません。慣れていないと焦ってしまうし、上手く対処するのが困難に感じます。

クレーム対応は少しずつ慣れていくので、時間が経過すれば上手く対処できるようになります。

 

引越しの仕事がきつい、辞めたいと感じる理由4:腰の痛み

引越し作業員は体を壊しやすいです。体を痛めるのは、腕、足、首など様々なパーツがありますが、その中でもっとも痛め易いのが「腰」です。

引越し作業員で腰を痛めている人は非常に多いです。仕事中はどうしても重いものを持って中腰姿勢になる事が多く、腰を痛めやすいです。

腰は一度痛めると慢性的なものになり、病院に通わなければいけなくなります。日頃からシップが手放せなくなり、腰の痛みから「仕事を辞めたい・・」と感じる引越し作業員は多いです。

 

引越しの仕事がきつい、辞めたいと感じる理由5:年齢的な問題

体を使う仕事を行っていると、やはり気になるのが「年齢」の問題。

20代、30代で引越し会社でバリバリ働いていても、40代にもなれば体力的な面で厳しくなっていきます。

もちろん働けなくなってから転職を考えても良いですが、40代になると良い転職先が見つからなくなります。

こういった問題もあり、若いうちに早期に別の職業への転職を考える人は増えています。

 

引越しの仕事がきつい、辞めたいと感じる理由5:仕事時間が長い

引越しの現場では、基本的に引越しが完了するまで帰宅する事ができません。ですので引越しが終らなければ、その分は「残業」という形で終るまで働かされます。

良心的な会社であれば、上手く時間配分を行ってくれますが、そうでない場合は注意が必要です。

中には引越しのバイトや正社員で、「夜中まで働かされた。」「毎日残業させられている。」というような意見も見受けられます。長時間働くと、体力的にもかなり疲れますので体調を壊しやすくなります。

 

引越しの仕事がきつい、辞めたいと感じる理由5:職場の人間関係

仕事の退職理由でもっとも多いのが「人間関係によるトラブル」です。

引越し作業員のような「力仕事」だと、働いている人にも「体育会系の人」「ガテン系の人」が多く在籍しています。

怖い人が多い職場に入社してしまうと、仕事のミスなどで怒鳴られることも多々あります。引越し作業員は基本的に上司と行動を共にするので、その上司次第で働きやすさが大きく違ってきます。

 

2,体力や力に自信があれば、引っ越しの仕事は続けられます

引越し作業員を続けるために必要なのは、「体力」「腕力」の二つです。

腰の痛みや年齢的な問題もありますが、結局の所、体力と腕力にさえ自信があれば仕事は続けられます。

50代まで引越し作業員として働いて、60代からはシルバー人材などで頻度を落として働く事も可能です。

 

スポンサードリンク

3,引越し作業員からのオススメの転職先について

続いては、引越し作業員からのオススメの転職先をご紹介いたします。引越し作業員からの転職を考えている場合は、是非参考にしてくださいね!

 

引越し作業員からのオススメの転職先1:営業

引越し作業員は外出して出先で仕事を行います。これとよく似ているのが「営業」の仕事です。営業の仕事では、引越しのように力は必要ありません。

いかにお客に上手く商品やサービスを紹介して、成約に繋げられるかがポイントとなります。大切なのは営業トークと、お客とのコミュニケーション能力。

営業の仕事は月収50万、100万と歩合制で給料を伸ばせるのも魅力的です。引越し作業員はどうしても固定給で決まっているため、営業職のように給料を伸ばせません。

 

引越し作業員からのオススメの転職先2:配送ドライバー

配送ドライバーの仕事は、引越し作業員とよく似ている仕事です。違いとしては、引越し作業員は大型荷物を運ぶのに対して、配送ドライバーは細かい荷物が多いという点。

配送の仕事でも重いものを運ぶ事はありますが、引越し作業員ほど多くはありません。

体力的にも配送業者の方が楽な場合が多いでしょう。荷物をトラックで運んで届けるという作業内容なので、元々引越し作業員だったのであれば、すぐに馴染めるはずです。

 

引越し作業員からのオススメの転職先3:トラック長距離運転手

そもそも重いものを持ちたくないのであれば、「トラックの長距離運転手」という選択肢もあります。

トラックの長距離運転手の場合は、荷物の積み込みや下ろす作業は、別の業者がやってくれる事がほとんどです。運転する距離は長いですが、重い荷物を運ぶ作業がないため、体力面では楽に感じます。

トラックの長距離運転手は給料も比較的高く、引越し作業員からの転職にもオススメです!

 

引越し作業員からのオススメの転職先4:工場・製造業

引越しの仕事に疲れてしまったのであれば、「工場・製造業」への転職をオススメします。

工場の仕事は基本的に定時で帰れることが多く、さらに接客をする必要がありません。力を使う事も少なく、給料も比較的高いと良いこと尽くしです。

工場の仕事を退屈に感じる人もいらっしゃいますが、それは裏を返せば、それだけ仕事が楽という事です。引越し作業員の仕事に疲れてしまった場合は、工場への転職を考えてみましょう。

 

工場探しならランスタッドがオススメ


【公式サイト】
ランスタッド

ランスタッドは、工場、製造業、梱包作業、軽作業などの仕事が充実している派遣紹介サイトです。求人数が多く、担当者のサポート体制にも高い評価があります。

電話やWEBで3分で簡単に無料登録が行えます!高時給の派遣の仕事が充実しているので、興味があれば登録して求人のチェックを行いましょう!

通常勤務はもちろん、短期の仕事も用意されています。

【ランスタッドの職種一覧】
製造・組立・部品加工・検査・マシンオペレーター・食品加工・検査・袋づめ・溶接・塗装 設備管理・マシンメンテナンス・製造系
・軽作業・仕分け・ピッキング・梱包・検品 品出し・在庫管理・清掃・物流・ドライバー・フォークリフト・玉掛け・クレーン

 

4,オススメ転職エージェント3社

転職エージェントとは、ネットを使って無料で利用できる転職サービス。全国の求人情報をネット上でチェックできるので、非常に便利でオススメです。

さらに転職エージェントでは、転職のアドバイザーに無料で仕事に関する相談が行えます。

「月収30万以上の仕事を探して欲しい!」「オフィスワークの仕事を探して欲しい。」など、希望の転職先を探してくれます。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,引越しの仕事がきつい、辞めたいのまとめ

以上です。今回は引越しの仕事がキツイ、辞めたいと感じる理由や、引越し作業員からの転職先についてご紹介しました。

引越し作業員を辞めたい理由は様々ですが、やはり体を使う仕事なので「体力」と「腕力」が一番大切です。この二つに自信があるのであれば、引越し作業員として働く事が可能です。

しかし既に体がきつかったり、将来的に考えて不安を感じる場合は、早めに別の職業への転職を考えておきましょう。

40代、50代になると転職できる仕事はほとんど無くなります。今のうちに行動して、長く働ける仕事を選ぶのがオススメです。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*