トラック運転手の仕事がきつい、辞めたい!運送業からの転職について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
1107

運送業で働くトラックドライバーの仕事は、過酷でキツイ仕事です。給料が良い反面、労働時間が長く体力面でも非常に辛い仕事。

スポンサードリンク

若い男性が活躍する仕事ですが、あまりの過酷さで「仕事を辞めたい。」「仕事がきつい・・」と感じてしまう人が増えています。

今回は、トラックドライバーの仕事を辞めたい理由や、運送業からのオススメの転職方法についてご紹介します!

目次

1,トラック運転手がきつい、辞めたい場合はどうするべき?
2,転職エージェントに相談してみよう!
3,運送業がきつい、辞めたいと感じる理由とは?
4,運送業からの転職にオススメの職業
5,トラック運転手がキツイ、辞めたいのまとめ

 

1,トラック運転手がきつい、辞めたい場合はどうするべき?

近頃はブラックな運送会社が社会的な問題となっています。「長時間労働」「残業代の未払い」「休日が少ない」「休憩がない」など、運送会社は様々な問題を抱えています。

これらの問題で直接被害に合うのは、運送会社で働くトラック運転手です。

ネットショップの繁栄などもあり、大手運送会社は荷物の出荷量が年々増え続けています。その割には人手不足に陥っており、ドライバー、一人一人に掛かる負担が増え続けているのが現実です。

 

大手運送業者では不祥事が相次いでいる

【大手運送業者で起きた不祥事】
●運送ドライバーが荷物を海に捨てた
●ダイレクトメールやメール便を破棄
●一部給与の未払い

運送業者では上記のような不祥事が相次いでいます。運送会社によっては、一部業務停止や業務改善命令を受けている会社もあります。

仕事が忙しいのは良いことですが、ドライバーの人手不足のせいで、トラック運転手一人一人の仕事量が増え続けています。

こういった事が原因でキャパオーバーとなり、数々の不祥事が目立つようになっています。

 

仕事が限界と感じているなら、転職を視野に入れるべき

これまで何年もトラック運転手として頑張ってきた人だと、簡単に仕事を辞められないと思います。しかし「仕事がキツイ。」「ドライバーを辞めたい。」と本気で考えているなら、転職を視野に入れるべきです。

別の職業でもトラック運転手以上の給料を貰える仕事や、体力的に楽な仕事はたくさん存在します。

仕事は過剰なストレスを抱えたまま働き続けると、「鬱病」「精神疾患」などを患う恐れが出てきます。

こうなると仕事どころではなくなるので、その前に転職活動を行うべきです。

 

2,転職エージェントに相談してみよう!

トラックドライバーや運送業の仕事を辞めたいのなら、まずは転職エージェントに相談してみる事をオススメします。

転職エージェントとは、無料で使えるネット上の転職サービスです。無料登録を行うだけで、全国の様々な求人情報をチェックでき、さらに転職のプロのアドバイザーからサポートを受けられます。

 

転職ならリクルートエージェント(転職エージェント)


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

既卒、フリーターの方にオススメしたいジェイック

【公式サイト】
ジェイック

ジェイックを使えば、無職やフリーターの方でも正社員として就職できます。こちらの転職エージェントでは、既卒やフリーターの方を積極的に支援しています。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

【ジェイックの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

非公開求人が多いマイナビエージェント



【公式サイト】
マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国展開する転職エージェントです。リクルートエージェントに比べると求人数が少なく、やや規模は小さめとなります。

ただし8割以上が非公開求人となっており、他のエージェントでは見つからない求人が多数載っているので、別の転職エージェントと併用して使うのがオススメです。

20代の若手に対して積極的にサポートを行っており、「20代既卒」や「20代社会人」であれば手厚いサポート体制が期待できます。

【マイナビエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

スポンサードリンク

3,運送業がきつい、辞めたいと感じる理由とは?

続いては運送業がきつい、辞めたいと感じてしまう「理由」をご紹介します。仕事がきついと感じるのは、一体どういった時なのでしょうか?

 

運送業がきつい、辞めたいと感じる理由1:長時間労働

トラックの運転手は長時間労働で働くことが多いです。運送会社が受け持つ荷物量が増え続けているので、必然的にそれを配達するにはトラック運転手が長時間労働をする必要が出てきます。

最近でこそ社会的な問題になり緩和されつつありますが、それでも一般企業に比べれば労働時間は長いです。

会社によっては1日13時間以上労働をさせられることもあります。13時間座って過ごすのであれば良いですが、ほとんど休憩なしで荷物を運び続けるのは本当にキツイです・・・

 

運送業がきつい、辞めたいと感じる理由2:賃金の低下

運送業で働くトラック運転手の給料は、基本的には他の仕事に比べて割高です。年収500万、年収700万以上貰っている従業員はザラにいます。

問題なのは賃金が落ちていることです。

これまで運送業者は、こぞって顧客を得るために運賃を下げ続けていました。運賃が下がるという事は、仕事が薄利多売になるという事です。

利益を上手く出せなくなるので、必然的に従業員の賃金は下げざるお得なくなります。

運送業は体力面では本当にキツイです。しかしドライバーが仕事を続けられるのは、「給料の高さ」が魅力的でからでした。その給料が下がっている今、働き続ける意味がなくなっています。

 

運送業がきつい、辞めたいと感じる理由3:クレーマーの電話対応

運送業は荷物を預かっており、お客さんからのクレームが多い仕事です。

翌日配送が当たり前のようになっており、少しでも荷物が遅れると、すぐにクレームが入ります。ドライバーの携帯に電話が掛かってきて、「今日の午前中に指定しているんですけど?」「いつになったら荷物を持ってくるんですか?」など。

酷い時は怒鳴って電話を切られたり、遅いから荷物を受け取らないなどのクレームも出てきます。

こういった背景もあり、ドライバーは携帯を渡されていますが、「運転中」をいい訳にして電話に出ないドライバーが増えています。

 

運送業がきつい、辞めたいと感じる理由4:体力面での限界

トラック運転手は運転以外にも、「荷物の積み下ろし」「荷物の配達」を行う必要があります。小さな荷物であれば楽ですが、ダンボールなど重い荷物の場合は最悪です。

配達先によっては3階、4階までエレベーターなしで、重い荷物を抱えて上らなくはいけません。毎日重い荷物の配達があるので、腰や腕への負担が大きいです。

ドライバーによってはシップやサポーターなどを使い、体が悲鳴をあげていても無理して配達作業を行っています。

 

運送業がきつい、辞めたいと感じる理由5:残業代が支払われない

一部の運送会社では、「残業代の未払い」が未だに横行しています。誰もが知る大手の運送者でさえも、近年、残業代や給料の未払いが問題となっています。

ドライバー不足のせいで長時間の拘束が当たり前となり、さらにサービス残業として働かせられる・・・。こんな状況では、「仕事を辞めたい」と思うのが普通ですよね。

ちなみに月の残業時間が、80時間を越える場合は「過労死ライン」として定められています。平気で80時間以上残業をさせられている場合は、ブラック企業なので早期退職をオススメします。

 

4,運送業からの転職にオススメの職業

運送業は大変な仕事です。転職を考えるのであれば、別の職業に就くのが良いでしょう。トラック運転手の悩みや問題を解決してくれるような仕事には、どういったものがあるのでしょうか・・?

 

運送業からの転職にオススメの職業1:タクシードライバー

トラック運転手のように「運転手」の仕事が好きならば、タクシードライバーへの仕事がオススメです。

タクシードライバーは荷物の運搬がなく、割と楽に働ける仕事です。休みが自由に取れて、2日に1回は休日設定されている会社がほとんど。

歩合制なので給料の変動は激しいですが、精神的には楽な仕事です。

 

運送業からの転職にオススメの職業2:倉庫業

体を使う仕事への転職であれば、「倉庫業」などもオススメ。倉庫業などの物流関係は、運送業と仕事内容が似ています。

荷物の受け取りや倉庫の管理、フォークリフトを使って荷物の移動などが主な仕事内容となります。

トラック運転手ほどハードじゃないので、転職先としてはオススメです。

 

運送業からの転職にオススメの職業3:工場、製造業

工場・製造業の仕事は、ある程度給料が貰えて、さらに面倒な人間関係がないのでオススメ。

運転手はあまり社交的でない人が多いです。人と話すのが苦手だったり、作業をこなすのが得意な人ですね。そういった人なら、工場や製造業も向いています。

機械を相手に黙々と作業をするだけでなので、人との会話が少なく仕事に集中できます。

 

運送業からの転職にオススメの職業4:営業

運送業の高い賃金を維持したいのであれば、「営業」の仕事がオススメ。「保険会社」「自動車会社」「不動産会社」などの営業は、実績に伴い給料が上がります。

運送業以上の給料を貰っている人もたくさんいるので、運送業から転職して給料アップを狙っている人にはオススメ。ただし契約件数を増やせないといけないので、トーク力やプレゼン力が必要となります。

 

運送業からの転職にオススメの職業5:引越し屋

荷物を運ぶ力仕事が好きならば、「引越し」の仕事がオススメです。引越しの仕事は高い給料を貰えるので、運送業からの転職でも満足できるはずです。

ただし運送業以上に重い荷物を持つ事が多く、体力面では非常にキツイ仕事となります。

 

5,トラック運転手がキツイ、辞めたいのまとめ

以上です。今回は、トラック運転手の仕事が「きつい、辞めたい」と感じる理由や、運送業からの転職についてご紹介しました。

トラック運転手は労働時間が長く、重い荷物を運ぶため、体力面で非常に厳しい仕事です。しかし給料が良いので、なかなか転職に踏み出せない人も多いのが現状。

体は資本なので、限界を感じているならば「転職」をオススメします。体を壊してからでは次の仕事に就けなくなるので、早めに転職活動を行っておきましょう。

転職エージェントを使えば、現在の仕事を続けながら水面下で転職活動を行えます。リスクが無いので是非無料登録を行い、利用してみてくださいね。

 

キャリコネで企業調査を行う

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

これから転職先を探す場合は、まずはキャリコネで企業の口コミをチェックしておきましょう。それだけでも人間関係が良好な職場に入社できる確率が高まりますよ。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

   

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*