調理師の仕事がきついから辞めたい。調理師からの転職や転職方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

調理師はレストランやファミレス、ホテルなどで料理を作るのが主な仕事内容となります。料理好きな人からは人気のある職業ですが、職場によっては離職率が高い傾向があります。

スポンサードリンク

調理師の仕事では開店前の仕込みから後片付けまで行います。ですので労働時間が長くなる傾向があり、思っている以上に過酷です。

職場によっては労働条件が悪く、「仕事を辞めたい。」「仕事がきつい・・」と感じている調理師の方が大勢いらっしゃいます。

とは言っても、やっと見つけた仕事なので、そう簡単には辞められないのが現状です・・・。

今回は、調理師の仕事がきついから辞めたい理由や、オススメの転職方法についてご紹介します!

目次

1,調理師がきつい、辞めたい場合はどうするべき?
2,調理師探しにオススメの転職エージェント
3,調理師がきつい、辞めたいと感じる理由とは?
4,調理師からの転職にオススメ職業
5,異業種への転職なら総合型の転職エージェントを使おう
6,調理師がキツイ、辞めたいのまとめ

 

1,調理師がきつい、辞めたい場合はどうするべき?

調理師の仕事は人手不足の影響もあり、仕事内容がハードな職場がたくさん存在します。ホテルやレストラン、日本料理、フランス料理やイタリア料理などは、特に厳しい世界です。

調理師専門学校を卒業して就職すると、仕事の大変さに嫌気が差し、すぐに退職する若者も少なくありません。

調理師は料理する事ばかり考えがちですが、実際には「仕込み」「後片付け」「掃除」など様々な雑用があり、ずっと立ちっぱなしなので体力面でもかなりキツイ仕事です。

簡単に仕事を辞めるのは良くないですが、辛くてどうしようもない場合は、「転職」も1つの選択肢として持っておくべきです。

 

調理師の職場には色々な種類が存在する

調理師の仕事には、ホテルやレストラン以外にも様々な職場が存在します。場所によっては割りと楽に働けて、休日もしっかり取れる職場が存在します。

本気で「仕事がきつい」「仕事を辞めたい」と感じているなら、別の職場への転職を検討してみましょう。

【調理師の主な就職先】
●レストラン
●和食料理店
●居酒屋
●パン屋
●旅館
●ホテル
●カフェ
●ファミレス
●学校給食係
●病院・介護施設の食事係
●お菓子職人

他にも食品工場へ転職したり、調理師でなくホールスタッフとして飲食業に残る事もできます。こういった同じ飲食業への転職であれば、これまでの経験やスキルを生かして働く事ができます。

無理に1つの職場に固執するのではなく、広い視野を持ち、もっと働き易い環境を探してみるのも良いと思います。

 

飲食業界への転職は簡単に行える!

「調理師⇒異業種」への転職は未経験からのスタートになるので、転職の難易度は高くなります。

しかし「調理師⇒調理師」「調理師⇒ホールスタッフ」「調理師⇒その他の飲食業」への転職であれば、接客や料理に対するスキル、経験があるので、割と簡単に転職が行えます。

調理師のスキルをそのまま生かして働きたいのであれば、別の調理師の仕事を探してみてください。

 

転職は仕事を辞めずに行う!

転職活動をする場合は、現在働いている仕事を辞めずに行ってください。仕事を辞めて転職活動となると、一時的に無職になるので、焦りやプレッシャーが出てしまいます。

そうでなく現在の仕事を続けながら転職活動を行い、次の職場が見つかったら今の職場を退職するようにしましょう。

そうすれば転職のリスクを最小限に抑えられます!

 

2,調理師探しにオススメの転職エージェント

調理師や飲食業の仕事を探す時は、飲食業特化型転職エージェントを利用してください。飲食業特化型の転職エージェントであれば、様々な調理師や飲食の仕事が掲載されています。

条件の良い職場がたくさんあるのでオススメです。

 

調理師探しにオススメの転職エージェント1:クックビズ


【公式サイト】
飲食特化の転職支援サービス【クックビズ】

調理師への転職を考えるのであれば、「クックビズ」がオススメです。クックビズは求人数が5万件以上掲載されている人気の転職エージェント。

飲食店に特化された求人を取り扱っており、幅広い飲食の仕事を見つける事ができます。

「フレンチ」「イタリアン」「居酒屋」などの、調理師やホールスタッフ、マネージャー、調理スタッフなど様々な職種が存在します。

さらに今なら転職が決まった場合、転職のお祝い金として3万円が貰えます!

飲食関係専門のプロのアドバイザーが、転職に関するサポートを全面的に行ってくれます。無料登録するだけで、クックビズの全てのサービスが利用できるようになります。

【クックビズの詳細】
・ジャンル:飲食、フード、バー
・種類:転職エージェント

 

調理師探しにオススメの転職エージェント2:フーズラボエージェント


【公式サイト】
飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント

フーズラボエージェントは、優良求人を多く取り扱う飲食特化型の転職エージェントです。

「年収400万~600万円」「週休二日制」「充実した福利厚生」など、質の高い求人が多く、年間相談実績は5,000件以上です!

大手企業、チェーン店、個人店、レストラン、ホテルなど、一般には掲載されていない非公開求人を、国内外問わず取り扱っています。

未経験や若手スタッフはもちろん、店長、料理長、幹部候補、商品開発、SV候補など幅広い職種が揃えられています。

独自レポート(従業員のインタビュー)や体験入店をフーズラボ自体が行っており、独自の情報を元に求人を紹介してくれます。企業の内部まで知った上で求人を紹介してくれるので、安心して転職できますね!

フーズラボでは専任のアドバイザーが、「履歴書の添削」「面接対策」「条件交渉」など転職のサポートを個別に行います。転職活動中はもちろんですが、転職後もサポートしてくれるので安心です。

【フーズラボエージェントの詳細】
・ジャンル:飲食、フード
・種類:飲食特化型転職エージェント

【関連記事】・飲食に強い転職エージェント特集!おすすめのエージェントを徹底比較!

 

スポンサードリンク

3,調理師がきつい、辞めたいと感じる理由とは?

「調理師がキツイ、辞めたい」と感じてしまう主な原因にはどのような物があるのでしょうか?続いては、調理が辛いと感じる理由を見ていきましょう。

 

調理師がきつい、辞めたいと感じる理由1:理想と現実のギャップ

調理師はオシャレでカッコ良い職業ですよね。イタリアンレストランやフレンチレストラン、パティシエなどはテレビドラマなどの影響もあり、憧れる人が大勢いらっしゃいます。

しかし実際には下積みの期間が長く、実際に料理を作れるようになるには時間が掛かります。

毎日仕込みや手伝い、掃除など行っていると、「こんな事するために料理の世界に入ったわけではない・・」と理想と現実にギャップを感じてしまいます。

 

調理師がきつい、辞めたいと感じる理由2:労働時間が長い

調理師はお店の開店前から仕込みを行い、開店後にも掃除や後片付けなどを行わなければいけません。当然、労働時間は普通の仕事に比べて長くなるので、「仕事がきつい、辞めたい。」と感じてしまう人が出てきます。

毎日朝が早く夜遅いと、飲みに行ったり出かけるのが難しいです。ストレス発散もできず、毎日が仕事と睡眠の繰り返しになります。

一時的なものであれば我慢できますが、何年も調理師を続けている先輩でさえも、同じように長時間労働させられているの現状です。

さすがに先が見えないまま長時間労働をさせられるのはキツイですよね・・・

 

調理師がきつい、辞めたいと感じる理由3:体力面での限界

調理師は一日中立っているので、足がとにかく疲れます。さらに動き回ったり、鍋やフライパンを使うので全身が疲れます。

鍋やフライパンってずっと持っていると、本当に重たくて手が痛くなります。腱鞘炎などに掛かる人も多く、過酷で大変な仕事です。

調理師でも洗い物をしたり掃除、雑用などは行います。どれも体を動かす仕事な上に、さらにそれを長時間続けなければいけません。

足腰や体全体を痛める人、体力面で限界を感じる人はたくさんいらっしゃいます。

 

調理師がきつい、辞めたいと感じる理由4:夏の調理場がとにかく暑い!

夏場でキッチンで調理をしていると、とにかく暑く体力が消耗させられます。立ち仕事で体を動かしているというのもありますが、料理には「火」を使うので、それが原因で暑くなります。

中華料理やイタリアン料理など、火をたくさん使う料理屋だと、年中キッチンは物凄く暑いです。これが体力を消耗させて、「仕事がキツイ」と感じさせます。

 

調理師がきつい、辞めたいと感じる理由5:職場の先輩、上司が怖い

調理師の仕事は意外と体育会系で、縦の関係が厳しい世界です。料理をしている人は熱心な方が多く、仕事に対していつでも本気です。

仕事中は常にピリピリしているし、後輩がミスでも出そうものなら、怒鳴ったり暴力を振るう人もいらっしゃいます。特に日本食や寿司職人は、上司が厳しいことで有名ですよね。

職場の人間関係には当たり外れがありますが、転職エージェントを使いあらかじめ相談しておけば、厳しい人間関係の職場への転職は回避できます。

 

調理師がきつい、辞めたいと感じる理由6:給料が安い

普通の調理師の給料は比較的安い事が多いです。お店のオーナーや有名店の一流シェフであれば高給を受け取れますが、普通の見習い調理師だと15万円~20万円くらいが相場となります。

好きで調理師の仕事をやっているのであれば良いですが、家族を養っていたり、料理に特別な感情がなければ、仕事を続けるのは難しいです。

飲食店は残業時間が長いですが、サービス残業として扱われる事も多く、給料には反映されません。労働時間が長い割に給料が安いので、「仕事を辞めたい・・」と感じる人が多いです。

 

調理師がきつい、辞めたいと感じる理由7:休みが少ない

調理師は基本的に定休日のみ休みとなります。土日祝日は仕事だし、GWやお盆なども仕事である事がほとんどです。

普段の休みが少ないのが当たり前ですが、さらに連休が取れずプライベートを楽しむ事ができません。もちろん職場によってはキチンと休みを確保してくれる所もあり、プライベートをしっかり満喫できます。

休みを重要視しているのであれば、入社前にしっかり調べておく必要があります。転職エージェントに相談すれば、休みの多い飲食店をピックアップしてくれます。

 

4,調理師からの転職にオススメ職業

続いては、調理師からの転職にオススメの職業をご紹介します。

 

調理師からの転職にオススメ職業1:会社の食堂、給食センター、病院などの調理師

会社の食堂、給食センター、病院などの調理師の仕事は、土日祝日が休みだったり、仕込みや残業がないので割りと楽に働けます。

普通のレストランなどの飲食店に比べれば、メリットだらけなのでオススメです。調理の仕事はそのまま続けられるので、これまでの経験を生かす事ができます。

通常の飲食店と違った働き方を求めている場合は、企業や団体向けの調理の仕事に転職するのがオススメです!

 

調理師からの転職にオススメ職業2:食品メーカー

食品メーカーではこれまでのスキルや経験を生かす事ができます。食品メーカーでは生産管理、営業、事務、企画などの仕事があります。

営業や企画、生産管理であれば、これまで働いてきた調理師の経験が役に立つはずです。

食品メーカーは割りと安定している企業が多く、将来性もありオススメです。自分で食品を企画・開発するのは、料理を作る調理師と少し似てる所がありますね。

 

調理師からの転職にオススメ職業3:飲食系のIT企業

レシピサイトや飲食店の紹介サイトなど、最近ではIT企業でも飲食系に特化された会社が増えています。

こういったIT企業では、飲食に関する知識が豊富な人を求めています。調理師として培った知識を、アドバイスできる職業です。

 

調理師からの転職にオススメ職業4:工場・製造業

調理師の長時間労働や休日の少なさ、サービス残業などに嫌気が差しているならば、「工場・製造業」への転職がオススメです。

工場・製造業は土日休みで、残業がない、さらに大型連休も取れるので、プライベートを充実させられます。私も美容師から工場に転職した事がありますが、本当に天国のように感じました。

毎日が楽しくなるのでオススメです!

 

調理師からの転職にオススメ職業5:販売員

調理はしたくないけど接客を続けたい場合は、「販売員」の仕事がオススメ。雑貨やアパレル、絵化粧品などの販売がオススメです。

販売員は未経験者からでもスタートできるので、調理師からの転職でも活躍できます!

 

5,異業種への転職なら総合型の転職エージェントを使おう

調理師の仕事が嫌になってしまい、飲食とは全く別の職業を探したいのであれば、「総合型転職エージェント」を利用してください。

総合型転職エージェントには、「営業職」「企画」「販売職」「経理職」「総合職」など様々な仕事が存在します。新しい仕事を見つけるには非常に便利なので、是非活用して下さいね。

続いては、私がオススメする総合型転職エージェント3社をご紹介します。

 

転職ならリクルートエージェント(転職エージェント)


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

既卒、フリーターの方にオススメしたいジェイック

【公式サイト】
ジェイック

ジェイックを使えば、無職やフリーターの方でも正社員として就職できます。こちらの転職エージェントでは、既卒やフリーターの方を積極的に支援しています。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

【ジェイックの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

非公開求人が多いマイナビエージェント



【公式サイト】
マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国展開する転職エージェントです。リクルートエージェントに比べると求人数が少なく、やや規模は小さめとなります。

ただし8割以上が非公開求人となっており、他のエージェントでは見つからない求人が多数載っているので、別の転職エージェントと併用して使うのがオススメです。

20代の若手に対して積極的にサポートを行っており、「20代既卒」や「20代社会人」であれば手厚いサポート体制が期待できます。

【マイナビエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

6,調理師がキツイ、辞めたいのまとめ

以上です。今回は調理師がキツイ、辞めたいと感じる理由や、調理師からの転職についてご紹介しました。

調理師は労働時間が長く、仕事内容も大変な世界です。それでも少しずつ労働環境は改善されているし、働き易い職場もたくさん存在します。

転職エージェントに相談すれば、調理師の働き易い職場を紹介してもらえます。プロ目線で転職先を探してくれるので、安心して任せる事が可能です。

異業種への転職を考える場合は、総合型の転職エージェントを利用してください。総合型転職エージェントであれば、飲食以外の様々な仕事を紹介してもらえます!

少し大変なくらいで仕事を辞めるのは良くないですが、本気で「きつい、辞めたい。」と感じているのであれば、転職がもっとも有効的な改善策です。

転職はあまり頻繁に繰り返すのは良くないですが、より良い職場を見つけるには1度や2度の転職は必要ですよ。

   

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*