口が悪い上司への、正しい接し方や対処法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一緒に働きたくない上司って世の中にたくさんいますよね。特に「口の悪い上司」「言葉使いの悪い上司」は、一緒にいるだけでストレスが溜まります。

スポンサードリンク

 

口の悪い上司って世の中にはたくさん存在します。

実際に「毎日上司にバカにされている・・」「上司にヒドイ口調で怒鳴られている。」このような経験をしている人は社会人には大勢いらっしゃいます・・・。

上司は目上の存在なので、どんな口調で怒鳴られても文句を言う事ができません。

それではどうすることもできないのか?いえそんな事はありません。あなたの行動次第では、口の悪い上司を黙らせる事だって可能です。

今回は口の悪い上司への正しい接し方や対処法についてご紹介します。

 

1,上司はなぜ口長が悪くなったり暴言を吐くのか?



「しっかり働けよバカ。」
「言う事聞かないならクビにするぞ!」
「チッ。(睨みながら舌打ち)」

これは実際に私が、昔勤めていた会社で言われたセリフです。こちらに落ち度があったとは言え、「バカ」「クビにするぞ」「舌打ちする」こういった言動や行動は、本来部下に使うべきではありません。

叱られるのは仕方ないとしても、もっと愛のある叱り方をして欲しいものです。これではただ暴言を吐かれているだけなので、非常に気分が悪くなります。

口調の悪い上司は、なぜ部下に対してこのような話し方や怒り方をするのでしょうか?まずは上司の口調が悪くなる「理由」を見ていきましょう。

【上司の口調が悪くなる理由】
●単に口が悪い
●部下のミスが多いから
●上から同じように責められているから
●部下が何も言い返さないから
●部下の事が嫌いだから

 

上司の口調が悪くなる理由1:単に口が悪い

上司が誰にでも怒鳴り散らしている場合、特に理由はありません。誰に対しても同じように暴言を吐いたり怒鳴っているのであれば、元々そういう人なのでしょう。

このような人は普段から言葉使いが悪く、何に対しても怒り口調で話してきます。

 

上司の口調が悪くなる理由2:部下のミスが多いから

上司の口調が悪くなったり、怒鳴る場合、自分自身に原因がある場合もあります。

例えば「極端に仕事ができない」「周囲に比べて仕事でのミスが多い」こういった場合ですね。このような場合、上司はあなたに対して「不満」を抱えています。

しかし上司自信どうする事もできないため、イライラして暴言を吐いたり、ついつい口調が悪くなってしまいます。

この場合、部下であるあなたにも原因があります。

 

上司の口調が悪くなる理由3:上から同じように責められているから

意外と多いのがこれですね。

上司の口調が悪い場合、その上司も上から同じように強く当たられている事が多いです。

上から当たられている分、そのストレスを発散するために、部下に同じようにあたりストレス発散をする訳です。

このような会社では負の連鎖が続いており、職場環境が悪くなりがち。皆がイライラしており、とにかく自分より立場の弱い「部下」で、ストレスを発散しようとしています。

 

上司の口調が悪くなる理由4:部下が何も言い返さないから

部下が全く反抗しない場合、上司が調子に乗ってしまい暴言を吐き続ける場合もあります。

何でもかんでも上司の言いなりになり「はい、はい」と答えていると、どんどん言葉使いが悪くなる事があるので注意。もちろん上司の言う事を聞くのは社会では当たり前ですが、時には自分の意見を言う強さも大切です。

 

上司の口調が悪くなる理由5:部下の事が嫌いだから

上司から個人的に嫌われている場合は、怒鳴られたり叱られる事も増えるかと思います。

先ほどの話に戻りますが、「仕事でミスが多い、仕事ができない」のはもちろんですが、「容姿が良いから気に入らない」「女性社員にモテるから気に入らない」「仕事ができるから気に入らない」このような事でも、上司に嫌われる場合があります。

 

2,口が悪い上司への正しい接し方や対処法

続いては、口の悪い上司への正しい接し方や対処法をご紹介します。

【口の悪い上司への正しい接し方&対処法】
●毅然とした態度で接する
●反論する
●仕事の実力で黙らせる
●さらに上の上司に相談する
●外部の人間に相談する
●会話の一部始終を録音しておく
●転職を考える

 

口の悪い上司への正しい接し方&対処法1:毅然とした態度で接する

口の悪い上司には、毅然とした態度で接するのが一番です。変に媚びたりアタフタするのではなく、堂々と相手の目を見て対峙しましょう。

自分が悪い時はすぐに謝る、悪くない場合は悪くない理由を説明する。これが基本的なスタンスとなります。

上司の口調が悪いのって、結局の所、自分が気にするかどうかです。何も気にしなければストレスも溜まりません。難しいかもしれませんが、毅然とした態度で接して、考え込まない事が大切です。

 

口の悪い上司への正しい接し方&対処法2:反論する

どうしても気に入らない場合は、上司に反論するのも良いと思います。その場合、正当な意見を準備して反論する事が大切。

正当な意見を持たないまま反論すると、必ず上司に圧倒され負けます。

1,部下とはいえ言葉使いが酷すぎる事
2,怒鳴るのではなく、力になってほしい事

このようなポイントを抑えて反論しましょう。とは言っても上司は立場が上になるため、できれば反論するのは避けた方が良いでしょう。

 

口の悪い上司への正しい接し方&対処法3:仕事の実力で黙らせる

「仕事が遅い」「仕事でのミスが多い」

このような理由で上司から強い口調で当たられている場合は、やはり仕事で結果を出して黙らせるしかありません。

仕事ができなくて怒られるのは普通の事です。限度はありますが、それを理由に上司に文句を言うのは間違っています。

 

口の悪い上司への正しい接し方&対処法4:さらに上の上司に相談する

自分の上司の口が悪い場合は、その事をさらに上の上司に「密告する」という対処法もあります。

この場合はできるだけ多く、「仲間」を作って密告する事が大切。一人で「○○さんは口が悪い!」など上に密告しても、ただの悪口になってしまいます。

しかし人数を集めて「○○さんのせいで皆が辛い思いをしている」と密告すれば、信憑性が高まりますよね?社会では一人の力では何も出来なくても、数名集まるだけで強い発言力を持つ事ができます。

 

口の悪い上司への正しい接し方&対処法5:外部の人間に相談する

上司の口悪くて大きなストレスになっている場合は、外部の相談窓口への相談を検討してみて下さい。

例えば「弁護士」「厚生労働省」「NPO法人」「法テラス」「法務省」といった、社外の人に相談すると、具体的な解決策を考えたり、法的な処置を取って解決してくれます。

会社側と対立する可能性もありますので、それだけの覚悟がある場合は、外部の人間に相談してみましょう。

 

口の悪い上司への正しい接し方&対処法6:会話の一部始終を録音しておく

あまりにも上司の暴言がヒドイ場合は、会話の一部始終を録音しておく事をオススメします。録音しておけば証拠になるので、後々トラブルになった時に提示する事ができます。

どれだけ暴言を浴びせられても何の証拠もなければ、「言った言わない」の攻防になるだけなので勝ち目がありません。

 

口の悪い上司への正しい接し方&対処法7:転職を考える

上司との関係が悪く、いつも怒鳴られてばかりいるようであれば「転職」を考えても良いと思います。転職となると負けたような感じがして嫌な気持ちは分かります。

しかしそのまま我慢してストレスを溜め続ける方が、よっぽど無駄な時間を過ごしていると思いませんか?

嫌な人に出会ってしまったら、戦うのではなく距離を取る事が大切です。転職してしまえば、口の悪い上司とも今後会わずに澄むのですから、これ以上の解決策はありません。

 

スポンサードリンク

3,上司を改善させるのは正直難しい・・

これまでいくつか口の悪い上司への対処法をご紹介しましたが、実際に上司に言葉使いを改善させるのは非常に難しいです。

直接反論したり、さらに上の上司に抗議すれば、もしかすると改善されるかもしれません。しかし間違い無くその上司からは嫌われるので、後々職場に居辛くなるのは目に見えています。

一番賢いのは、「毅然とした態度で接してストレスを溜めないこと」もしくは「転職して上司から離れること」のどちらかです。

我慢できるのであれば転職する必要はないですが、どうしても我慢できない場合は転職を考えてください。

 

4,転職エージェントで別の仕事を探してみよう

転職に少しでも興味があるならば、「転職エージェント」の利用をオススメします。転職エージェントとはネットを使って無料で利用できる転職サービス。

すぐに転職をしなくても、「どんな求人があるのかチェックしてみたい」「いざという時の為に転職の準備だけしておきたい」このような人にもオススメです。

上司にストレスが溜まっている場合は、すぐに転職する必要はありません。

転職エージェントなど便利なサービスを使って、いざという時の「逃げ道」を作っておくだけでも精神的に楽になるのでオススメです。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

5,口が悪い上司への正しい接し方や対処法のまとめ

以上です。今回は「口の悪い上司への正しい接し方や対処法」についてご紹介しました。社会に出れば口の悪い上司なんて星の数ほどいます。

大切なのはイチイチストレスを溜めないことです。無能な上司には毅然とした態度で接するのが一番です。

反論するのもありですが、やはり立場的に部下である自分が不利になるので極力オススメしません。暴言ばかりで辛い場合は、転職してしまうのが一番楽な解決策だと思います。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*