ワンマン社長の特徴と対策。会社とあわないなら転職を考えるべき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
publicdomainq-0014095pqc

社長は会社の顔でもあるし、方向性や社風を決める存在です。特に中小企業ではワンマン社長が多く存在し、従業員で振り回されている方も多いのではないでしょうか?今回はそんなワンマン社長の特徴や対策、転職方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

目次

1,ワンマン社長が生まれる環境
2,ワンマン社長の特徴
3,対策や対処法は?
4,転職を考えるべき
5,ワンマン社長の会社はどんな会社になる?
6,まとめ

 

1,ワンマン社長が生まれる環境

絶対的な信頼があり、人としても魅力的なワンマン社長であれば従業員も付いて来ます。しかし大抵のワンマン社長はワガママで強欲、人の事など考えない利己主義な人が多いです。

ちなみにワンマン社長が生まれるのは、99パーセント以上の確率で「中小企業」となっております。大企業では様々な監視があり、ワンマン社長が生まれにくいのが現状ですね。

中小企業にありがちなダメなワンマン社長は、一体どういった環境で生まれてしまうのでしょうか?

 

2代目社長

よくあるのが父親が会社を築きあげて、その後を継いだバカな2代目です。父親は努力家で会社のことを第一に考えて頑張ってきたけど、2代目は譲り受けただけなのでダメ社長になってしまいます。

「社長」という肩書きをフルに使い、威張り散らすだけ。中には創設者以上に努力家で会社をさらに飛躍させる2代目社長もいらっしゃいますが、大抵は会社をダメにするか低迷させることが多いです。

 

家族経営

中小企業には家族で経営している会社が多く存在します

・社長 父親
・部長 親戚のオジサン
・係長 息子

などといった感じ。こういった家族経営の会社は誰も文句を言う人がいなく、社長がワンマンになる傾向が高いです。家族に対しては待遇が甘いけど、他の従業員には厳しい。給料にも大きく差があり、いい環境の仕事場とは言えません。

 

2,ワンマン社長の特徴

 

人の意見を聞かない

ワンマン社長は「自分が一番正しい!」と思い込んでいるので、周囲の意見を基本的に聞きません。何か反論したり注意すれば口で言い負かされるし、従業員の話を聞こうともしません。

あまりたて突くと「クビ」にされる可能性もあるので注意が必要です。そういった会社では大抵従業員は皆言いなりになっており、社長の気を使っているだけです。

 

気分や好き嫌いで物事を決める

例えば気に入った社員がいれば、その人は昇給も早いし出世コースを辿ることになります。普通の会社であれば社長は周囲に相談して、トータル的に見て「昇給」「昇格」などを決定していきます。

しかしワンマン社長の場合は、すべて独断で決めてしまうので、「社長に気に入られるかどうか」がすべてとなります。社長へのゴマすりが上手な人は、仮に仕事で実力がなくても出世する事が出来ます。

逆に本当に優秀な人であれば社長とぶつかることもあるので、結果的に仕事を辞めて転職してしまうでしょう。結果的に会社にはゴマすりの上手い仕事が出来ない人が残り、会社をダメにしてしまいます。

 

仕事がすべて

ワンマン社長の特徴でよくあるのが、「仕事がすべて」といった性格。プライベートを大切にしておらず、とにかく仕事ばかりしています。仕事に対する熱量はあるのですが、従業員との温度差も出てしまいます。

従業員は家庭やプライベートを大切にしますが、その事を理解できておらず嫌われる事もしばしばあります。

 

言う事がコロコロ変わる

社長であれば会社を伸ばさなければいけないので、その時その時に正しいと思った事をやるのは普通です。しかしこれがひどいと、従業員からは「自己中な社長」「面倒な社長」などと捉えられてしまい、部下がついてこなくなります。

振り回されている社員の気持ちを理解して、少しでも気を使う仕草ができると社員も納得してくれます。

 

人を育てられない

ワンマン社長は何でもすべて自分でやってしまうので、従業員を育てる事ができません。難しい仕事や知恵のいる仕事は全部自分でやり、雑務などの単純作業を従業員に押し付けます。

その場その場で見れば社長がすべて解決していくので効率がいいですが、長期的に見ると誰も育たなくなるのでダメになっていきます。従業員はいつまでたっても同じ仕事をしており、成長がなくやりがいも感じられません。

惰性で仕事をしている人は残りますが、向上心のある優秀な社員であればすぐに会社を辞めてしまうでしょう。

 

社員の事を考えない

ワンマン社長の特徴の1つに、「社員のことを考えない」というのがあります。仕事第一なので社員のプライベートや諸事情に関与しようとしません。

社員がプライベートで大きな問題を抱えてしまっていても、見てみぬフリをして出来るだけ関与しないようにします。

 

スポンサードリンク

3,対策や対処法は?

 

ゴマすりを覚える

ワンマン社長の会社に入社したのであれば、社長に気に入られることが何よりも大切です。どれだけ仕事で結果を出しても、社長に嫌われれば昇給は難しいしクビにされる可能性もあります。

ワンマン社長への対策・対処法としては、徹底的に気に入られるように努力すること。人によってはこれを不快に感じ、嫌がる方もいますが社会なんてそんなものです。

どこの会社にいても上司に気に入られるために働くわけだし、多少のゴマすりは必須になります。しかしこれはワンマン社長に少なからず好意を持てなければできません。

本当に社長のことが嫌いであれば、ずっとゴマすりを行う事は不可能だしどこかで耐えられなくなります。

 

ワンマン社長が苦手な仕事を勉強する

ワンマン社長に対抗するためには、社長が苦手な仕事を覚える事も対策に繋がります。例えば年配の社長であれば、ネットなどには弱いですよね?

そこでネットをおもいっきり勉強して、「こいつがいないと仕事が回らない」といった状況を作ってしまいます。社長と同じくらいの知識ですと、何かあれば辞めさせられてしまいます。

しかし圧倒的な知識や技術があれば、社長は会社が大事ですので、その社員に対して気を使うようになります。

 

仕事でのコネクションを持つ

社長が持っていない仕事のコネクションを持つ事も大切。例えば新しい得意先や営業先など。コネクションを持っている社員は会社では重宝されます。特にその得意先が大きければ大きいほど会社には大きな利益を運ぶことになるので、そのコネクションを持っている社員の扱いが悪くなる事はないでしょう。

 

社員一丸となって抗議する

もし社長に抗議したいのであれば、社員一丸となってすることをおすすめします。何か改善案があるのであれば、できるだけ社長に近い人物を見方につけて抗議してください。

人数が少なければ社長は話も聞きませんが、社内の大多数、または重要なポジションに就いている人が団結して抗議すれば話を聞いてくれるはずです。

 

4,転職を考えるべき

基本的にワンマン社長の会社で働く場合は、その社長と上手くやっていくしか道はありません。特に中小企業であれば社長に決定権がすべてあり、誰も歯向かう事は出来ません。

周囲に相談した所で誰も力にはなってくれず、解決、改善する事は難しいからです。ワンマン社長に嫌気が差しており、「仕事を辞めたい・・」と感じているならばすぐにでも転職を考えた方がいいです。

転職活動をする場合はリスクのない方法をとりましょう。

 

転職エージェントに登録する

転職エージェントに無料登録すれば、今の仕事場を辞めずに転職活動が行えます。「仕事を辞める」といったリスクがないので、安心して転職活動が行えます。登録は無料ですので、どんな就職先があるのかまずは見ておきましょう。

 

リクナビネクストに登録する

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


 

リクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】


 

MIDASで仕事の面接オファーを受け取る

MIIDAS(ミーダス)で無料登録を行えば、自分の適正に合った「仕事の面接オファー」を受け取ることができます。

自分の適性を入力するだけで、自分に合った就職先を探してくれるので助かります。さらに自分の市場価値やおおよその年収も知ることができます。5分で出来る無料診断なので、試してみるだけでも楽しいですよ。

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!


 

5,ワンマン社長の会社はどんな会社になる?

ワンマン社長がいる会社は全てが「悪」という訳ではありません。いい面もあるし中には働き易い会社だって存在します。

 

働き易い会社も存在する

ワンマン社長は仕事ができる人が多いです。会社の難しい仕事を全て引き受け、利益を最大限に引き出してくれます。そのおかげで従業員が難しい仕事をしなくても済み、嫌なストレスを社長がすべて背負ってくれます。

ワンマン社長の中でも社員を大切に扱っている人もおり、そういった会社であれば居心地よく働くことができます。

 

ブラック企業になりやすい

会社がブラック企業になりやすいのも事実です。なぜかといいますと、社長が法律や労働基準に疎く平気でサービス残業をさせたり、周囲に助言をする人がいないからです。

結果的にブラックなことも平気でやってしまい、従業員からは不満ばかりが募ります。「ワンマン社長=ブラック企業」とまでは言いませんが、ワンマン社長がいる会社では社員からの不満も多いものです。

キャリコネを使えば前もって職場の口コミを調べられるのでオススメ。

入社しようと思っている会社があるのであれば、評判や口コミなどをキャリコネで調べておきましょう。無料登録を行えば使えるようになります。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 

優秀な人材がいない

ワンマン社長の下では従業員が育ちません。元々優秀な社員であれば、自分の成長が見込めないことに気付き離職してしまうでしょう。社長の力で会社を存続することは可能ですが、会社が必要以上に大きくなったり社長の身に何かあれば「倒産」などに陥る可能性も高いです。

 

6,まとめ

以上です。今回はワンマン社長の特徴と、対策・対処法についてご紹介しました。ワンマン社長はどこで出会うか分かりません。

面接の段階では分からないものだし、見分けをつけるのは難しいです。ワンマン社長と上手くやっていくためには、仕事を頑張って成果を出すか、上手くゴマすりをして気に入られるしか道はありません。

どちらの対策も取りたくない場合は、転職を考えた方が無難と言えます。

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*