とにかく休みが多い仕事・職業とは?休日がたくさん欲しい方にオススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近では、「仕事」よりも「プライベート」を重要視する方が増えています。休みが少ないと、好きな事もできないし毎日が楽しくありません。今回は、休みが多い仕事・職業についてご紹介します!

スポンサードリンク



「給料は安くてもいいから、休みがたくさん欲しい!」
「休みが多い仕事ってどういった職業があるの?」

仕事に対して上記のように考えている人は増えています。お金よりもプライベートを重要視する考え方は、特に若い世代の方に多いです。

プライベートを充実させるためにも、”休日が多い仕事・職業”にはどういった物があるのかチェックしておきましょう。

 

休みが多い仕事は本当に楽!

私は過去に「美容師」として働いており、当時は休みが本当に少なかったです。毎週月曜は定休日ですが、それ以外ですと月に2日好きな場所を休めるくらい。

月曜(4日)+2日ですので、月の休みは6日間が平均でした。これは本当に休みが少なく辛かったですね・・・

休みが少ないと連休が取れないので、体が休まらないし、どこにも遠出する事ができません。1日の休みは、ほとんどが疲れを取るために寝て過ごす事になります・・・・

毎週1日の休みでは、ストレス発散する時間なんてどこにもありません。

 

休みが多い仕事は天国に感じる!

私はある時、美容師での休みの少なさが嫌になり、「工場」への転職を決めました。美容師は花がある仕事ですが、やはり休みが少なすぎて自分には合わないと感じたからです。

工場へ転職して働き始めると、休みの多さに感動を覚えました。週休二日制で土日が休み。たまに祝日も休みになるので、連休がたくさん取れます。

さらに、「GW」「お盆」「お正月」は5日~10日程度の休みは確保されます。大好きな旅行にでも出かけられるようになり、仕事でのストレスも感じづらくなりました。

 

仕事で疲れている人は休みが多い職業がオススメです

現在仕事がハードで休みが取れない人は、「休みが多い仕事」への転職がオススメです。もちろん今の仕事が好きで頑張っているのであれば、続けるべきです!

しかし今の仕事がハード過ぎて嫌気が差しているのであれば、次に働く場所は絶対に「休みが多い仕事」にするべきです!休みが多い仕事に就くと、プライベートが充実するので、仕事でも驚くほどストレスを感じなくなりますよ!

それでは「休みが多い仕事・職業」を一緒に見ていきましょう!

 

1,タクシー運転手

タクシー運転手は会社にもよりますが、2日に1回休みと設定している会社が多いです。

タクシー運転手は休みがなく、仕事時間も長いと勘違いされている方が多いですが、実は1日交替で休みが取れる仕事なんです。

1日の勤務時間はAM8時~PM11時くらいと少し長めですが、実際はお客さんを待つ時間などもありますので、ぶっ通しで運転し続けるわけではありません。

身体的にもそこまで辛くなく、休みが多いので助かりますね。

 

歩合制なので給料は安い

タクシーの運転手は歩合制で給料が決まることがほとんどです。1日交替で休むことになると、その分仕事は減るので給料も少なくなります。

まともに働いても、手取り10万円~15万円くらいになるので、結婚などを考えますと少し厳しいかもしれません。

年配の方やアルバイト感覚であれば、タクシーの運転手もいいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

2,自動車関係の仕事

ディーラーや自動車メーカーなど、自動車関係の会社に勤める会社員の方々は、年間の休みは比較的多く貰っています。

自動車メーカーに勤める場合、年末年始やGW、お盆には、長いと10日近い大型連休を貰えるので、自然と年間の休みも多くなります。

これは自動車メーカーの工場が、すべてストップしますので、ディーラーなどで働く会社員も全員大型連休を貰えます。

 

BtoBの仕事がオススメ!

自動車関係で働く時は、メーカーの工場などで働くのがオススメです。BtoC(顧客向けサービス)ですと、お客さんの対応をする事になるので、土日が仕事になることが多いです。

自動車メーカーのディーラーなどがそうですね。大型連休は多いけど、土日休みは貰えません。

しかしお客さんとの接点が無い「BtoB」の仕事であれば、大型連休が貰えて、さらに土日も仕事が休みになります。

 

3,消防士

消防士は各市町村によって休みが異なります。

・日勤、夜勤の2交代制
・日勤、中勤、夜勤の3交代制
・24時間勤務で2日に一回休み

上記のように消防士には市町村によって休みが違いますが、一般的には”24時間勤務をして次の日が休み”という体制がほとんどです。

1日仕事に行けば次の日は休みなので、他の仕事に比べれば休みが多い仕事となりますね。

ただし落とし穴があるので、注意しましょう。

 

休みが完全自由なわけではない

消防士の場合、「1日交代で休みだから、週の半分は好きなように過ごせる。」という訳ではありません。

実際には、人手が足りない時に出動要請が掛かるかもしれないので、自宅待機していなければいかないこともあります。

せっかくの休みでも、自由に過ごせないのでは拘束されているのと同じですよね・・・

もちろんそれ以外にも、出勤要請のない「公休」や「年休」といった休みもありますので、年間の休みは比較的多くなります。

 

給料が高い!

消防士の30代の平均年収は600万円、40代になると平均年収は720万円となっており、通常の企業に比べても高い年収が設定されています。

休みが多い上に給料が高いのは、非常に魅力的ですね。

 

4,電子・電気メーカー

電子・電気メーカーの仕事も、土日休みで大型連休があるので休みが多くなります。電子・電気メーカーも基本的には「BtoB」のお仕事になるので、大型連休中は工場を完全に停止させてしまいます。

電気メーカーの販売員になると、土日が仕事になり休みが少ないので、電子・電気メーカで働く場合は工場で働くのがオススメです。

工場によっては、大型連休の休みにメンテナンスを行う事もあるので、完全に稼動しなくなります。

 

5,IT関係

最近ではIT関係の仕事で、在宅勤務を取り入れる会社が増えています。休日が多い仕事とは少し異なりますが、自宅で仕事ができるのであれば、その分ゆっくりストレスフリーで過ごせますよね。

【在宅勤務が多い仕事】
・システムエンジニア
・プログラマー
・ライター
・イラストレーター
・デザイナー

パソコン一台でどこででも出来る仕事ですと、会社によっては在宅勤務を推奨してますので、そういった職場探しをしてみましょう。

在宅勤務であれば人間関係のストレスなどからも開放されるので、伸び伸びと働くことができます。

ネットショップの運営や雑務では厳しいですが、エンジニアやプログラマーなどのパソコンのスキルを持った仕事ですと、在宅勤務は比較的多いです。

【オススメプログラミングスクール:CodeCamp】
CodeCampはオンラインでプログラミングを勉強できるサービス。プロの現役エンジニアが個別指導を行なってくれるので、質問もできて成長が早いです。無料でレッスンを体験する事ができるため、プログラミング初心者の方でも気軽に受けられます。ネット上で希望の日時を指定するだけでOK。
 
プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

 

6,医療関係

医療関係の仕事も、基本的には土日が休みとなります。「医者」「看護師」「医療事務」「歯医者」など、様々な仕事がありますが、その中でも特に休みが多い仕事が、医療機器メーカーでの営業の仕事です。

病院が土日休みとなるので、それにあわせて医療機器メーカーの営業も土日は休みになります。ただし職場によっては、「夜勤」「休日出勤」が入ってきますので注意が必要。

 

7,公務員全般

公務員は消防士も含めて、土日祝日が休みで比較的民間企業に比べれば休日が多い仕事となります。

手当てや福利厚生なども充実しており、しっかり休みが取れて給料も高いので人気の職業となります。代表的な職場としては「市役所」が挙げられますね。他にも「警察官」「消防隊」「中央官庁」「県庁」などがあります。

ただし仕事自体は楽ではありません。就職するのも難易度が高いし、上司や同僚などとの人間関係は民間企業と同じようにあります。恵まれない職場ですと、やはり休みが多いとはいえ長く続けるのは厳しいでしょう。

国家公務員の場合は給料が高いですが、地方公務員は給料が安いことも指摘されています。

 

8,金融業界

銀行や証券会社など、「金融業界」の仕事は休みが基本的に多いです。土日祝日はすべて休みだし、年末年始やゴールデンウィークも長期休暇が貰えます。

さらに銀行員の場合は、従業員の不正を防ぐために年に1回、1週間程度長期休暇を取らなければいけません。これは法律で決まっており、その休みの間に従業員の不正を調べるためです。

金融関係はどの仕事も給料やボーナスが高く、仕事自体も安定しています。

欠点としては仕事での「ノルマ」が多く、お金が絡むのでそれなりにストレスがあり大変な事ですね。

 

オススメ9,工場・製造業

「工場・製造業」の仕事は、職場によって代わりますが休みが多く取れる事が多いです。職場の選び方としては、「交代制」や「夜勤」を行っていない職場選びが大切です。

交代制や夜勤を行っている職場だと、土日や大型連休も機械をフル稼働している事がほとんどです。ということは、従業員も常に出勤しなければいけないという事になります。

反対に「交代制」「夜勤」を行っていない工場ですと、土日祝日はもちろん、大型連休も機械をストップさせてしまいます。従業員も機械に合わせて仕事を休むことになるので、自然と休日が増えるという訳です。

私は過去に2回工場で働いた事があります。どちらも休みが多く「QW」「お盆」「年末年始」は連休が取れましたね。

工場は業務体型によって年間の休日数が全く異なるので、しっかり条件を見て決めるようにしましょう。

 

オススメ10,インフラ系の仕事(電気、ガス、鉄道系)

電気、ガス、鉄道系などインフラ関係の職業は、休みが多い仕事となります。インフラ系の仕事でも、「個人向けサービス」を行っている場合は、一部休みの日も働く事があります。

しかし基本的には土日祝日が休みで、大型連休も多いです。さらにインフラの仕事は、有給の消化率が高いことでも有名ですね!有給をたくさん使えるという事は、その分年間の休みも増えるという事になります。

 

オススメ11,ルート営業、企業向けの営業

一般の営業職は土日も仕事な場合が多く、休みは決して多くありません。しかし「ルート営業」「BtoB向けの営業」であれば、土日祝日は休みになるので休日は比較的多め。

「ルート営業」は既存のお客さんに、商品を紹介していくだけです。飛び込み営業をする必要もなく、ノルマもないので通常の営業に比べて楽です。

一般消費者への営業ではなく、医療関係の商品を病院側に販売する仕事や、食品をスーパーに販売する仕事など、主に「BtoB」の仕事を選ぶようにしましょう。

 

オススメ12,経理や事務

経理事務といった仕事も、平日勤務がほとんどです。

経理や事務職は、主に「データ入力」「資料の作成」「仕分け」といった仕事内容になりますので、お客さんに合わせて仕事をする必要がありません。

ですので、基本的には土日祝日が休みです。経理や事務は、仕事さえ終らせられれば定時で帰れるので、他の職業に比べて残業も少ないですね。

 

オススメ13,税理士・会計士

税理士会計士の仕事は資格が必要です。資格を取るまでは大変ですが、取ってしまえばそれなりに高い給料で雇ってもらえます。職場によっては定時で帰れる場所も多く、高額な給与が貰えます。

会計事務所でも税理士でなく一般社員であれば、資格がなくても働く事は可能です。一般職の場合、税理士に比べて給料は落ちますが、定時で帰れる職場も多いですよ。

休みは土日祝日がほとんど。稀に個人でやっており忙しい会社ですと、土曜日の勤務をお願いされる事があります。

 

オススメ14,清掃員

建物の清掃員の仕事は主に土日祝日が休みとなります。駅やデパート、学校や会社など様々な清掃を任されますが、基本的に掃除をして定時には帰る事になります。

自分のペースで掃除をしているだけなので、ストレスは少なく仕事内容も楽です。清掃業者の仕事内容としては、トイレ掃除を中心に窓拭き、床磨き、ゴミの回収などといつくかの仕事があります。

「ビルクリーニング技能士」「建築物環境衛生管理技術者」といった資格を取ると、通常の給料から手当てを受け取れるようになるのでオススメ。

清掃員は掃除をするスペースが狭ければ、忙しくないし時間に余裕を持って働けます。代わりの清掃員がいれば、有給も取り易いです。

 

オススメ15,アルバイト・派遣社員

休みを自分で調整したいのであれば、「アルバイト」「派遣社員」がオススメです。正社員でありませんが、仕事での融通が利きます。

単発で働ける仕事であれば、自分のペースに合わせて仕事を入れる事が可能です。他にやりたい事がある方や、お小遣い稼ぎであれば「アルバイト」「派遣」でも十分間に合います。

 

オススメ16,リゾートバイト

リゾートバイトは普通の仕事と違い、1シーズンだけ働く仕事です。「スキーのインストラクター」「海の家のバイト」などが挙げられますね。

1シーズンだけ働くので、短期でお金を貯めたり、長く仕事を続けたくない人にオススメです。リゾートバイトには若い方が多く、女性と知り合ったり、新しい交流関係を作るきっかけになります。

普段は居酒屋などでバイトを行い、夏や冬だけリゾートバイトで働くのも楽しいですよ♪

リゾートバイトを探すなら、「リゾートバイト.com」がオススメ。求人数が多くバイトの時給が高いことでも有名です。無料登録して、どのようなリゾートバイトがあるのかチェックしてみましょう!

リゾート地で働くならリゾートバイト.com!時給は業界No.1!!!

 

オススメ17,教員

中学や高校の教員は、やり方次第では休みを多く取れます。現在は週休二日制になっているので、教師も基本的には同じように休めます。

教師でも「運動部」の顧問になってしまうと、やはり休みが少なくなります。春休みや夏休みは部活に参加しなくてはならないし、休日が部活で潰れる事もあります。

生徒指導部やイベントへの参加などへの有無によっても、教師の休みの頻度は大きく変わってきます。

部活や担任などを上手く断り有給を使う事ができれば、教師はたくさん休みを取れる職業です。

 

オススメ18,投資家

自分で投資を行う「投資家」は、毎日が休みのようなものです。株のデイトレで朝1時間で何十万、何百万と稼ぐ人もいれば、長期のトレードで何もせず稼ぐ人もいらっしゃいます。

収入さえあれば、好きな時にいくらでも休める仕事です。ただし甘い世界ではないので注意が必要。

中には借金まみれで自己破産する人もいらっしゃいます。投資は明暗が大きく分かれる世界。安定して勝てるようになるには、想像以上の努力や資金が必要です。

 

オススメ19,社長(ビジネスオーナー)

社長と言っても、社長自ら「労働」を行っていても休みは多く取れません。そうではなく「ビジネスオーナー」として、仕事を部下に任せるのが休みを多く取れる条件です。

社長は第一線に立っていると、誰よりも働かなければいけません。毎日最後まで残って、休日出勤も行う。こんなのは当たり前です。

社長が労働を続けていると、こんな状況がずっと続いてしまいます。楽になりたければ、部下を育成して自分の仕事を任せることに尽力しましょう。

部下に仕事をすべて託せるようになれば、ビジネスオーナーとして毎日自由に生きられます。

 

オススメ20,塗装関係

外仕事は天気の影響を受けやすく、仕事が休みになる事が多々あります。外仕事の中でも、「塗装業」は雨の日は休みになる事が多いです。

外壁塗装などは雨の日には行えませんからね。室内での仕事があればそちらを行いますが、そうタイミングよく見つかりません。

塗装をやっている方は、天候次第で突然休みになるので、年間休日はかなり多くなります。

 

オススメ21,郵便局員

郵便局員は、週休二日制で年末年始やゴールデンウィークの連休も貰えます。さらに年間20日の有給は消費しなくてはならないので、年間で見ても休みが多い仕事に属します。

ただし郵便局でもこれは窓口で働く局員のみです。

配達員やその他の業務に携わる社員は、休日も変わってきますので注意。

 

休みが多い仕事のチェックポイント

休みが多い仕事には、いくつかの共通点があります。仕事を探す際には是非参考にして下さい。

 

大企業がオススメ!

大企業は福利厚生も整っており、従業員の休みなどに対してもシビアに考えています。最近では様々な労働問題が取り上げられており、大企業ではしっかりと休みが取れる体制を作っています。

有給の消化なども積極的に行っていますので、中小企業に比べて休みが多く取れる事が多いです。

 

やっぱりBtoB

企業間取引のBtoBの仕事は、顧客を相手にする「接客業」や「販売業」に比べて休みを多く取れます。お客さんを相手にしていると、どうしても土日や大型連休中は仕事をしなくてはいけません。

しかし企業間で取引を行う会社ですと、取引先の企業が休みになるので、それにあわせて自社も休みになることがほとんどです。

 

メーカーを選ぶ

「トヨタ」「パナソニック」「オリンパス」「ホンダ」といった、日本の大手メーカーは大型連休があり、年間休日も多く設定されています。

メーカーの工場に勤めれば、長い連休に加えて土日祝日も休めます。

 

結局の所は会社次第

「休みが比較的多い仕事」は存在しますが、それ以外でも休みがたくさん取れる会社はたくさん存在します。

職業や業種など関係無しで休みが多く取れる会社は、結局の所、会社の方針次第となるので、転職サイトや転職エージェントを使い調べるしかありません。

休みの多い仕事を探したい場合は、一度転職サービスを使ってチェックしてみましょう。

 

休みが多い仕事は転職サイト&転職エージェントから探す

転職エージェントで無料登録を行い、担当者に「休みの多い仕事を探して欲しい!」と伝えれば、担当者が仕事をピックアップして紹介してくれます。

もちろん担当者とのやり取りが面倒であれば、転職サイトで休日が多い仕事を自分で探してもOKです。

無料登録ですべて使えますので、どういった仕事があるのか気になる場合は是非登録して使ってみて下さい。

 

転職サイト上での休みが多い仕事の探し方

転職サイトでは「週休2日制」「年間休日120日以上」という条件に絞って、求人情報を探す事が可能です。

他にも「有給休暇取得率」「平均残業時間」などから、仕事を探してもOK!このような探し方をすれば、休みが多い仕事がすぐに見つかります。

他の転職サービスに比べて格段に便利なので、是非無料登録して使ってみてくださいね。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

まとめ

以上です。今回は、休みが多い仕事・職業についてご紹介しました。

休みを多く取れる仕事には、職業や業種なども関係してきますが、結局の所「会社次第」ということになります。

今回ご紹介した「職業」や「チェックポイント」などを参考にして、転職エージェントで実際に休みが多い仕事を探してみましょう。

エージェント側に直接、「休みが多い仕事を探している!」ということを伝えれば、今回ご紹介した業種以外でも、休みが多い仕事をたくさん紹介してくれますよ。

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*