ネットショップで売れる名前の決め方とは?ショップ名の失敗・成功について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

ネットショップを開業するとなると、最初にお店の名前を決めなければいけません。ショップ名を適当に付けられている方が多いですが、ここは慎重に付けるべきです。

スポンサードリンク

ショップ名は売上に直接的には関わらないにしても、間接的には関わってきます。ですので適当につけるのではなく、ちゃんと考えて付けるようにして下さい。

今回はネットショップの名前を決めるときに、注意したいポイントや、名前の付け方などをご紹介します!

これからネットショップ開業を考えている方であれば、是非参考にして下さいね♪

目次

1,独自のネーミングを付けよう!
2,造語がオススメ
3,商品名やジャンルをショップ名に含める
4,長すぎる名前、記号などはNG
5,読みやく覚え易い、キャッチーな名前を付ける
6,これからネットショップ開業を考える人にオススメのサービス
7,まとめ

 

1,独自のネーミングを付けよう!

ネットショップの名前には、独自性のあるネーミングを付けるべきです

広く社会で使用されている「固有名詞」「キーワード」を使ってしまうと、様々なデメリットが発生してしまいます。

●ワールド
●ブラック
●フラワー
●カラー

ありふれたネーミングとは、上記のように日常的に使われているキーワードです。こういったキーワードや固有名詞をショップ名に付けてしまったら、一体どうなるでしょうか・・・?

 

検索結果で表示されない!

まずオリジナリティーのないショップ名は、お客さんがネット上で検索をかけても検索結果にお店がヒットしません。

頻繁に使われているキーワードは、他に検索結果が多すぎて自分のサイトを上位表示させる事が難しいです。これでは検索結果から集客する事が難しくなりますよね・・・?

これはグーグル検索だけでなく、楽天やアマゾンなどショッピングモール内でも同じ事が言えます。

実際に私もよくあるキーワードをショップ名に付けてしまい失敗しています。ですので、これからショップ名を考える方には是非注意して頂きたい。

ショップ名をつける時は、まずはその名前をグーグルで検索してみましょう。

検索結果が少ない、もしくは引っかからないキーワードをショップ名にしておけば、自分のサイトがすぐに検索結果に表示されるようになります。

 

独自性がないとお客さんにショップ名を覚えてもらえない!

ありふれたネーミングをショップ名につけてしまうと、お客さんが名前を覚えられません。どうせなら独自性があって、オシャレなネーミングを付けるべきですね!

 

2,造語がオススメ

独自性のあるネーミングと言われても、考えるのが正直難しいですよね・・・?どんなキーワードも大抵は検索でヒットするし、検索でヒットしない名前を見つけるのは困難です。

そんな時は、「造語」を使ってみましょう。

例えばファッションサイトであれば、「アパレル」と「ワールド」を組み合わせて、「アパルド」のようなイメージ。(ちょっとダサいですけど笑)

このように二つのキーワードを繋げて造語を作ってやれば、世界で1つのキーワードが出来ます。

「アパルド」はダサいですが、もっとキャッチーでオシャレな造語であれば、独自性もありお客さんにも名前をすぐに覚えてもらえます。

 

英語やフランス語を単語で使うのはあまりオススメしない・・

カッコよい英語やフランス語をそのままショップ名にされる方がいらっしゃいますが、これはあまりオススメしません・・・

たとえば、「apparat(アパラ)」という単語は、「豪華」「華美」という意味合いがあります。しかしこれをそのままショップ名に使ってしまうと、先ほどと同じように検索結果の競合が多くなります。

apparatという言葉を使っている世界中のサイトが検索結果のライバルになる訳ですから、上位表示させる事は難しくなりますよね・・?

英語やフランス語をショップ名に使う時でも、やはり造語にしたり何かしらオリジナリティーを付けた方がいいですね。

造語以外であれば、「apparat fasshon」のように単語同士を組み合わせて使えば、その分検索での競合を減らせます。

 

スポンサードリンク

3,商品名やジャンルをショップ名に含める

●メンズファッションプラス
●ライダース専門店クラフト

上記のように、商品名やジャンル名をショップ名に使うお店も増えています。

「メンズファッションプラス」は実際に存在するネットショップです。「メンズファッション」をショップ名に入れることで、一目で何のお店か分かりますよね。

下の「ライダース専門店クラフト」は、私が適当に名前をつけた架空のショップです。こちらも「ライダースが販売されている」というのが、ショップ名を見ただけで分かります。

 

ショップ名にジャンルを含めると検索で強くなる

ショップ名に「ジャンル」や「商品名」を入れると、検索でも強くなります。「メンズファッション」と入っていれば、メンズファッション関連のすべての検索で自分のサイトが上位表示されやすくなります。

ショップ名にメンズファッションを入れたからと言って上位表示される訳ではないですが、検索結果で有利になる事は間違いないです。

 

ブランディングで考える

ちなみに私の場合は「ジャンル」や「商品名」をネットショップの名前には含めていません。その理由はお店が安っぽくみえるから。

ネットショップでは商品名やジャンル名をお店の名前に組み込むネーミングがありふれていますが、セレクトショップやハイブランドでは考えられませんよね。

「GUCCI」「nano・universe」「BEAMS」「Louis Vuitton」etc…

価値の高いブランドは、わざわざ「メンズファッション」「ライダース」というような、検索結果を狙ったようなキーワードをつけません。

やはり安っぽさが出るし、ブランド価値が落ちますからね・・・

ブランディングを優先するのであれば、こういったネーミングはNG。しかし「安っぽくても売れれば良い!」という考えであれば、ショップ名にジャンルや商品名を含めても良いと思います。

 

4,長すぎる名前、記号などはNG

たくさんのキーワードで上位表示させようと、ショップ名をやたらと長くする人がいらっしゃいますが、これはNG。


●ボトム、アウター、レザー用品を取り使うメンズファッション専門通販サイトクラフト
●メンズシューズのことならお任せ!スニーカーやローファーを取り扱うサイト村井シューズ店

ショップ名が長すぎると正直かなり見辛いし、ショップ名を覚えられません。さらに検索でサイトが引っかかった場合でも、ショップ名は常に表示されるので、変に長いと非常に見えづらくなります。

こちらは「メンズファッション」というキーワードでのグーグル上の検索結果です。

グーグルの検索結果では、「メンズファッション通販 – ZOZOTOWN」のように、常にサイトの名前は語尾に表示されます。

ここに長ったらしいショップ名が載せられると、非常に見辛くなりますよね。

 

記号もNG

「♪」「★」といった記号は、ネットショップの名前には付けないでおきましょう。記号は華やかにするために使われますが、正直お店が安っぽくなるだけです。

さらに記号はグーグルの検索でも嫌われるので、検索結果に悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

5,読みやく覚え易い、キャッチーな名前を付ける

お店の名前はお客さんがすぐに覚えられる、キャッチーなネーミングを付けるべきです。

レディースファッションで「EMODA(エモダ)」というブランドがありますが、とっても覚え易いネーミングですよね。これは当時のプロデューサーである、「松本恵奈」さんが付けた名前です。

名前の由来は、自分の名前「MATSUMOTO ENA」に「MODE(モード)」を付け合せて「EMODA」としました。

名前にオリジナリティーがあるのはもちろんですが、何よりもキャッチーで覚えやすいですよね?

反対にフランス語の単語を例に挙げてみましょう。

「luxueux(リュクシュゥ)」こちらは、贅沢やゴージャスという意味合いがあるフランス語です。名前自体はローマ字でカッコよいですが、ショップの名前にしてしまうと、覚えにくいし読みづらいですよね?

これではお店の名前としては良い名前とは決して言えませんよね・・・

 

6,これからネットショップ開業を考える人にオススメのサービス

 

費用0円で出店できる「ワウマ」がオススメ

極力費用を抑えて出店したいのであれば「ワウマ」がオススメです。ワウマは現在出店料&月額手数料が無料で出店できるキャンペーンを行っています。

ワウマ内ではライバルの店舗数がまだ少なめなので、これから伸ばすにはピッタリなショッピングモールです。楽天に比べて知名度は少ないですが、ワウマでは様々な施策を行っています。

ワウマは「KDDI」が運営しているので、AUユーザーの囲い込みを行っており、今後益々拡大が見込めるショッピングモールです。

【※今なら出店無料】
KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)

 

本気で売りたいなら、楽天市場がおすすめ!

楽天市場は、昔より攻略が難しいと言っても、やはり一番売上が作りやすく安定するのでオススメです。

まだまだ楽天の集客に依存している通販サイトは多く、他のモールに比べても売上が作りやすいです。

楽天には様々な「プラン」が存在するので、興味があれば一度無料の資料請求を行い検討してみましょう。

・【楽天市場】出店案内はこちら

 

オススメ仕入れサイト:イチオクネット

「イチオクネット」には、レディースファッションの商材が多く販売されています。さらにオリジナル商品の製造ができますので、非常に強い武器となります。

最初からオリジナル商材を取り扱うのはオススメしませんが、何か売れる商品が見つかった時に、イチオクネットを使ってオリジナル商品として製造するのはオススメです。

私もメンズファッションでは、この戦略を使っています。

例えば仕入れた商品の売れ行きが思った以上に良かった時。この場合はその商品をそのまま作りこんでもらったり、ちょっとデザインを変えて自社ブランドとして作ってもらったりしています。

1度売れた商品なので実績があり、外注で作っても高い確率で完売します。実績がない商品で作りこんでしまうと、在庫がそのまま残るケースがほとんどです。

アパレル仕入れならイチオクネット!


 

7,まとめ

今回は、ネットショップの名前の決め方をご紹介しました。ネットショップでの名前は適当につける方がいらっしゃいますが、将来的に売上にも深く関わってくるので、慎重に付けたい所です。

ネットショップが売れるようになってから、「やっぱり名前を変えよう」と考えても正直変更するのは難しいです。名前を変えると、これまで積み重ねてきたものを「0」になってしまう可能性がありますからね・・

是非今回ご紹介した記事を参考にして、オシャレでカッコよく、売上にも繋がるショップ名をつけて下さいね。

服の仕入れやオリジナルブランドを作るならイチオクネット!

イチオクネットはアパレル系に特化されたの仕入れサイトです。レディースメインですがメンズもあり、オリジナル商品の作成なども行ってくれます。登録は無料なので是非活用してください。

・アパレル仕入れならイチオクネット!





「Wowma!ワウマ」に無料出店しよう!

ワウマは現在急成長しているショッピングモールの1つ。初期費用や月額手数料が無料なので、ネットショップを運営しているのであれば出店するべきです。

【※今なら出店無料】

KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*