既婚者の男性は転職できる?結婚してから仕事を変えるリスクや注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

独身であれば気軽に「転職」を行えますが、結婚していると簡単にはいかないですよね・・・妻子を養わなければいけないし、住宅ローンや生活費など様々なお金が掛かってきます。

スポンサードリンク

そんな時にリスクの高い”転職”など安易に行ってしまうと、家族が路頭に迷う心配がありますからね。

既婚者男性の転職活動は、独身男性に比べてハードルが高いです。しかし転職ができない訳ではありません!

 

 

1,既婚者でも転職するべき!

既婚者の場合、妻子を抱えますので独身男性に比べて、”転職でのリスク”が高まることは間違いありません。

だからと言って、条件の悪い会社や人間関係が合わない職場で働き続けるのはNG。

転職活動は職場環境をよりよくするための物です。多少のリスクがあるからと言って、一生同じ職場で働き続けるのは馬鹿げています・・・・

 

転職活動で様々な悩みが改善される

転職活動は、職場環境をよりよくするために行います。具体的には、「給料アップ」「人間関係の改善」「やりたい仕事に就く」「残業のない職場への転職」「土日休みの仕事への転職」などですね。

転職は確かにハードルが高くリスキーに感じますが、長い目で見ればたくさんのメリットがあります!

満足できていない職場で一生働くのは、転職活動をする何十倍もリスクがあると思いませんか?そんな辛い人生を送らないためにも、「転職」について最低限度の知識を入れておきましょう!

 

2,転職の際の注意点

結婚してから転職をするとなると、それなりの”リスク”が生じます。

まず結婚すると、大体の人が住宅ローンを組むことになります・・・

毎月10万近くの返済額がある訳ですから、仕事を辞めて払えなくなると、最悪住んでいる家の差し押さえが入ります。

他にも家族が生活するための、「生活費」が毎月発生します。仕事を辞めてしまうと一時的に無職になるので、その間の生活費は貯金から切り崩すことになります。

「生活費」と「ローン」、これらは最低限支払い続けなくはいけません。

 

既婚者男性は転職の順序を踏まなければいけない

「ローン」や「生活費」は、収入が無くても必ず支払っていけなくてはいけません。これらのリスクを回避するためには、上手く転職活動を行う必要があります。

既婚者の男性が転職活動で注意するべき最大のポイントは、正しい転職の順序を踏むことです!


●転職サイトに無料登録する
●良い求人を見つける
●具体的な給料や条件を確認した上で家族に相談する
●希望の職場の面接を受ける&内定を貰う
●現在の仕事を退職する

既婚者男性は転職でのリスクを抑えるために、上記のような手順を踏みましょう。次の仕事が見つかる前に突然仕事を辞めてしまったり、家族に相談なしで全て決めるのは絶対NG。

一家を支える大黒柱なのですから、リスクを管理して家族を安心させられる転職活動を行いましょう。

 

ハローワークはあまりオススメできない・・

一般的に転職活動といえば、「ハローワーク」を利用する人が多いです。しかしハローワークは基本的に平日しかやっていないので、行くには会社を休まなければいけません。

通うとなれば何度も休みを申請することになるので、働いている会社側に怪しまれる心配も出てきますよね・・・

さらにハローワークは掲載されている求人数が圧倒的に少なすぎます。

希望の条件に合った会社が見つからないので、転職活動が長期化する恐れがあります・・・

 

スポンサードリンク

3,妻を納得させるためには転職先を見つけてから退職する

結婚している男性が転職の際に最大の問題となるのは、「妻」「家族」の存在です。家計を支えている夫が突然「仕事を辞めたい!」「転職したい!」なんて言い出したら、ほぼ100%の確率で嫁は反対するでしょう・・・

これは当たり前です。反対しない奥さんは相当な理解力があるか、家計の事を全く考えていないおバカさんのどちらかです・・・

普通は家族へのリスクが高まるわけですから、”転職反対”を主張してくるはずです。

 

妻を納得させるには次の仕事を見つけるのが1番!

「仕事を辞めて転職しようと思う・・・」

こんな転職の伝え方では、絶対にOKを貰う事はできません。妻を納得させるには、次の仕事を見つけてから退職するのがベスト!

すでに次の仕事が見つかっており、具体的な給料や条件などが提示されていれば、妻も転職には納得してくれるはずです。

むしろ前の職場より条件が良ければ、賛同を得られるはずです。給料が数万円でも上がれば、家計はそれだけ楽になりますからね!

 

4,転職エージェントを使うべき

妻を納得させるためには、次の仕事を見つけてから現在の仕事を退職する事が必須条件となります。

ですので転職活動は、今の仕事を続けながら行うしかありません。それを可能にするのが転職エージェント転職サイトと言った、インターネットを使った転職サービス。

転職エージェントは無料登録を行うだけで、転職のプロが全面的にサポートしてくれます。非公開の求人をチェックしたり、他にも様々なサービスを受けられるようになるので非常に便利です。

 

担当者の力を借りよう

転職エージェントでは専任の担当者が付きます。希望の求人を見つけたり、面接の受け方、履歴書の書き方など様々な事をレクチャーしてくれます。

できるだけ早く希望の転職先を見つけるためにも、大手の転職エージェントでプロの力を借りるのがオススメです。

大手であれば企業とのコネクションも強いし、何より求人数が豊富に揃っています。

担当者の質も良いので、転職先をより早く見つけられるはずです!

 

5,おすすめ転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント


【公式サイト】
【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェントの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント2:DODA(デューダ)

転職サイトはdoda

【公式サイト】
dodaエージェントサービス

DODA(デューダ)は、業界でもシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、どのような職種にも強い転職エージェントです。

DODAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

【DODAの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア


【公式サイト】
パソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

【パソナキャリアの詳細】
・業種全般取り扱いあり
・対応地域 全国
・種類 転職エージェント

 

6,まとめ

以上です。今回は、既婚者の男性の転職活動についてお話しました。結婚してから仕事を変えのは、それなりにリスクや注意点が存在します。

しかしリスクがあるからと言って転職しないのはNG。給料が安い仕事やストレスが溜まる仕事を一生続けることに、何の価値があると思いますか・・・?

転職エージェントを利用すれば、リスクを最小限に抑えられるのでオススメです。希望の職場が見つかってから仕事を辞めれば、危険は少ないですよね。

次の転職先が見つかっていれば、パートナーも心よく転職に賛同してくれるはずです!現在の職場に”不満”や”悩み”を抱えている人は、まず転職エージェントに無料登録する事から始めてみましょう!

 

おすすめ転職エージェント

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*