就職や転職がスムーズにできる人とできない人の違いや特徴。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
publicdomainq-0013377vis

世の中には「スムーズに就職できる人」と「なかなか就職できない人」が存在します。何回面接を受けても受からない人もいれば、面接一発で就職ができてしまう人もいらっしゃいますよね。これら二つの違いとは一体何なのでしょうか?今回は、就職・転職が「簡単にできる人」と「できない人」の違いについてご紹介します。

スポンサードリンク

目次

1,大手企業ばかり面接を受けてしまう
2,面接対策をしっかりしているか
3,これまでのキャリアを生かせていない
4,機械的な受け答えしかできない
5,丁寧な履歴書作り
6,自分だけの力で面接に挑んでしまう
7,第一印象がいい人と悪い人
8,余計なプライドを持ってしまう
9,転職エージェントを上手く使う
10,まとめ

 

1,大手企業ばかり面接を受けてしまう

誰しもが名のある大企業に就職したいと思っています。しかし大企業であればあるほど、その分倍率は高いし、就職も困難になりますよね。

学歴が高い人や何かズバ抜けた「長所」を持っているなら別ですが、特別何もないのであれば妥協して中小企業を選ぶことも必要です。

もちろん大手にはメリットも存在しますが、中小企業ならではのメリットも存在します。何も考えず大手企業ばかり面接を受けるのではなく、自分がやりたいと思える中小企業への面接も試してみましょう。

 

2,面接対策をしっかりしているか

一発で就職を成功させる人は、あらかじめ「面接」に対しても並々ならぬ努力をしています。逆に就職できない人は、「面接」の重要性を理解していません。

就職の面接1週間前に何度も受け答えの練習をするだけでも、本番ではスムーズに話せるようになるし、変に緊張するのを防ぐ効果があります。

面接の重要性を理解していない人は、面接の対策を怠っており、ぶっつけ本番で挑む人が多いです。そのせいで上手く会話のキャッチボールができず、いざ変わった質問をされたとき、上手く返せずに面接での評価を落としてしまいます。

家族や知人などに協力してもらい、面接の練習を繰り返しておくと、本番でも自然にやり取りができるのでオススメです。

 

スポンサードリンク

3,これまでのキャリアを生かせていない

就職できる人は、これまでのキャリアを就職に上手く生かせています。営業をずっとしてきた人であれば、次に営業の仕事に就こうとすれば、面接官も安心して採用できます。

しかしこれまでに事務職しかしていない人が、突然営業の仕事に就こうとすれば、失敗する確率も高く面接官は採用にも躊躇してしまいます。

全く違う業種にチャレンジするのもいいのですが、それにあった自分の「強み」や「長所」を上手く説明できなければ、面接官は「採用してみよう!」という気持ちにはなれません。

一度経験のある仕事やこれまで培ったことを生かせる仕事であれば、次の就職もすんなり決まる可能性が高いでしょう。

 

4,機械的な受け答えしかできない

就職できない人の特徴でよくありがちなのが、機械的な受け答えしかできない人です。本やネットには面接での対応方法はたくさん書かれています。

しかしそれを鵜呑みにして、すべて機械的な返答しかできなくなるのは避けるべきです。

テレビやネットの「お手本」は確かにいいのですが、それに付け加えて自分のアピールポイントも伝えるようにしましょう。

自己PRや志望動機は特に大切です。有り触れた言葉ばかり並べるのではなく、自分が実際思ったことや感じていることもしっかり言葉に出してください。

そうすることで面接官はあなたの考えを理解して、人間味を感じてくれます。機械的なことばっかり言ってる人って、どこか信用にかけるし愛着が持てないですよね。

 

5,丁寧な履歴書作り

忙しい面接官に効率よくアピールするには、丁寧で読みやすい履歴書を予め作っておく必要があります。ごちゃごちゃとアピールポイントを並べるのではなく、箇条書きで記入したりアンダー線などを使用してもいいですね。

これまでに働いていた企業名だけ書くのでなく、どんな実績を残していたかなど、面接官が興味を持つような内容を記入しておきましょう。

きちんと丁寧な履歴書を作っておけば、面接の時それが助けになるし、面接だけでは伝えられない内容も文書として伝えることができます。

さらに見やすい履歴書を作っておけば、面接官に向けて「丁寧」「文章を作るのが上手い」といった社会人としての”スキル”をアピールできます。

 

6,自分だけの力で面接に挑んでしまう

誰にでも「欠点」はあります。一人で就職活動や転職活動をしていると、客観的な意見をもらえず「欠点」に気づくことができません。

自分の欠点に気づけないままですと、毎回面接で同じ過ちをおかすことになります。ですので何度も面接に落ちており、理由が分からない場合は「転職エージェント」などを使って、プロに相談してみるのがおすすめ。

面接の受け答えなどリハーサルしてもらえば、自分に何が欠けていたのか指摘してもらえるし、今後の面接でもより上手く立ち回れるようになります。

「転職エージェント」は無料で使えるので、就職や転職のことで悩んでいる場合は、是非積極的に活用していきましょう。

 

7,第一印象がいい人と悪い人

会社の面接では、「第一印象」は思っている以上に重要視されます。面接官も人間なので、「この子はいい!」と感じれば、積極的に話を聞くし前向きに考えてくれます。

せっかく志望動機や自己PRが優れていても、声が小さかったり見た目がちゃんとしていないと、面接を前向きに行ってもらえません。

【面接官に好印象を与えるポイント】

・ハキハキと丁寧な敬語で話す
・清潔感がある
・礼儀や挨拶がしっかりできる
・素直
・会話のキャッチボールが自然

 

8,余計なプライドを捨てる

就職や転職活動では、余計なプライドを持ってしまうと成功の妨げになります。

「この会社で働きたい!」
「とにかく会社に貢献したい。」

面接官にいい印象を与えるには、こういった素直な気持ちをしっかりぶつけることが大切。

余計なプライドは捨てて、「働きたい」という思いを面接では全面的に伝えるようにしましょう。

そうするだけでも面接官が持つ印象は全然違うし、「合格させてあげたい」と少しでも感じてもらえます。

一生懸命で素直な人材は、面接官からも好印象を持ってもらえます。

 

9,転職エージェントを上手く使う

今転職活動をしている人や、これから行おうとしているのであれば「転職エージェント」を利用することをオススメします。

転職エージェントでは、転職のプロが的確なアドバイスをくれたり、就職でのサポートを全面的にしてくれます。

面接での相談はもちろんですが、いい会社の選び方や、自分に合った企業など様々な視点からサポートしてくれます。

 

仕事を辞めずに転職活動ができる

転職エージェントの最大の強みは、今の仕事を辞めなくても転職・就職活動ができることです。

今よりいい仕事の内定が決まってから今の仕事を辞めてもいいので、リスクが全くなく転職活動ができます。

仕事が終わってからや休みの日でも使えるので、時間が空いたときに上手く使うようにしてください。

 

リクルートエージェントに登録する

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】


 

リクナビネクストに登録する

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


転職エージェントや転職サイトは、とにかくできるだけたくさん登録しておいたほうがいいです。その中で自分に合った担当者がいるところや、いい企業が見つかる場所を使用していくようにしましょう。

各サイトによっては取り扱っている求人情報や、担当者のやる気もバラバラです。

すべて無料なので、いろいろ使ってみることで自分に合ったものを選ぶことができます。

 

10,まとめ

以上です。今回は就職や転職活動がスムーズにできる人と、できない人の違いについてご紹介しました。

就職・転職の成功率は個人差があります。面接で合格しやすい人はすぐに就職が決まるけど、逆に面接で落ちやすい人は毎回のように落ちます。

「第一印象」「アピールの仕方」「マナー」などは、自分では上手くやっているつもりでも、面接官から見ると欠点として見られることがあります。

就職活動が上手くいかない人は、自分で解決しようとするのではなく「転職エージェント」などのプロに相談するのがオススメ。

このような無料で使えるサービスをガンガン使って、就職や転職での力をつけていくことはとても大切です。

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*