転職活動が職場にバレる理由とは?転職がバレない方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

在職中に転職活動を行う場合は、最善の注意を払う必要があります。転職活動がバレたからと言って、突然クビになったり減給されることはありませんが、やはり周囲の目が気になるし職場で気まづくなりますよね・・・

スポンサードリンク

そこで今回は転職活動が職場にバレる理由と、転職がバレない方法についてご紹介してきます!

これから転職活動を行おうとしている方や、現在転職活動中の方であれば是非チェックして下さいね♪

目次

1,転職活動はバレないように行うべき!
2,転職活動がバレる理由とは?
3,転職活動がバレない方法・注意点
4,オススメ転職エージェント
5,転職活動は必ず在職中に行おう
6,まとめ

 

1,転職活動はバレないように行うべき!

転職活動が現在務めている会社にバレたからと言って、何かしらの罰則が発生する訳ではありません。仮に職場の上司に見つかったとしても、大抵の場合は見てみぬふりされます。

 

それでもバレないようにやるべき!

何も罰則がないとはいえ、実際の所どうなるかは分かりません。あなたが会社側にとって重要な存在であれば、会社側から「辞めないで欲しい」「今辞めてもらっては困る」などと、引き止められる可能性も考えられます。

上司に転職活動がバレてしまうと、「会社を辞める人間」として捉えられてしまい、間接的に昇給や昇進に響く恐れもあります。

実際に辞めるのであれば少しの期間耐えるのは簡単ですが、もしも辞めなかった場合は職場に居辛くなっちゃいますよね・・・・

転職活動が職場にバレて良い事は1つもありませんが、悪い事は少なからずありますので、やはりバレないように行うべきです。

 

2,転職活動がバレる理由とは?

転職活動は基本的には見つかりませんが、上手な転職方法やバレないポイントを理解していないと危険です。

それでは転職活動がバレる理由とは、一体何があるのでしょうか?

 

仲の良い同僚に話してしまう

これは一番多いミスなので気をつけて下さい。転職活動を行っていると、気心の知れた同僚には教えてしまう事があります。

「○○株式会社に面接に行こうと思う。」
「もっと給料の良い職場を見つけた・・」

こういった転職に関する話は、職場の仲間には絶対言わないようにして下さい。

仮に話をした同僚に広めるつもりがなくても、その同僚が誰か一人にでも話してしまえばすぐに広まってしまいます。

職場の会話なんて大した話題もないのですから、同僚の転職の話は格好のネタにされます。次々と広まって最後には一番知られたくない「上司」の耳にも入ってしまいます。

職場以外の友人や家族であれば相談するのも良いと思いますが、現在働いている職場の仲間には話さないようにしましょう。

 

ハローワークで鉢合わせ

規模の大きい会社ですと、総務や人事担当の人がハローワークに訪れていることがあります。そこまで頻繁に出入りすることはないと思いますが、手続きなどの関係で数回は顔を出します。

そんな時に、運悪く仕事を休んでハローワークに行ってしまったら鉢合わせになりますよね・・・

さらにハローワークは、在職者で退職の時期がはっきりしていない場合、仕事の紹介を行ってもらえない場合があるので注意が必要。

 

会社のパソコンや携帯の履歴

会社で使っているパソコンや支給された携帯からは、「転職関係のサイト」へのアクセスは絶対NG。

仕事中にちょっと時間が空いたからといって、会社のデバイスを利用してしまうと、思わぬ所で転職活動がバレる恐れがあります。

ネットの閲覧履歴や検索結果など、パソコン上ではどこに情報を残してしまうか分かりません。変に閲覧履歴を消去していると、上司が見た時に反って疑われてしまいますからね・・

職場で時間がある時に転職活動ができると良いですが、リスクが発生するので止めておきましょう。

会社のパソコンと自宅のパソコンで、同じグーグルアカウントでログインしている時は注意してください。パソコン同士で「同期」されていると、自宅で閲覧したサイトが、会社のパソコンにも閲覧履歴として残ってしまいます。

 

服装

転職エージェントの担当者に会いに行ったり、面接に行く時は一般的にスーツを着用される方が多いです。仕事の後にこういった場所に訪れる時は注意が必要。

普段カジュアルな服装で職場に行っているのに、スーツを着用していると「あれ?何か予定があるのかな?」「どこか企業にも訪れるのだろうか?」「もしかして仕事の後に面接の予定が?」このように周囲に勘ぐられる恐れがあります。

できれば職場での服装はこれまでと同じようにして、仕事が終った後にスーツに着替えるようにして下さい。

 

SNS

若い方を中心に何でもSNSにアップする習慣が身に付いています。

SNS上で会社の人と交流がないからといって、「今から面接行ってきます!」などと気軽にSNS上に転職活動をアップしてしまうと、どこで職場の関係者が見ているか分かりません。

友達の友達に会社の関係者がいたり、拡散されてしまい上司の目に留まる可能性も考えられます。

転職活動だけでなく、バレるとまずい情報はSNS上にアップするべきではありません。

 

会社のメールアドレスを使ってしまう

転職エージェントやハローワークなどに登録する場合は、メールアドレスが必要となります。この時に会社のメールアドレスを使わないように気をつけて下さい。

会社から個人用として支給されたメールアドレスでも、リスクマネジメントの一環で上司がチェックしている場合があります。

フリーのメールアドレスであれば、すぐに取得できるので、もしメールアドレスを持っていない方は取得しておきましょう。

 

スポンサードリンク

3,転職活動がバレない方法・注意点

 

会社に繋がるものは利用しない

「メール」「携帯」「パソコン」など会社側の所有物であるものは、転職活動には利用しないでおきましょう。バレないようにしているつもりでも、どこで監視されているか分かりません。

私物の携帯やパソコン、メールアドレスを使っていればバレるリスクを抑えられます。

 

有給休暇はここぞという時だけ使う

転職活動をしていると、転職先の面接などで有給を利用する事があります。しかし頻繁に有給を使いすぎると、会社側から怪しまれてしまうので注意が必要です。

連続して有給を取らずに、少し余裕を持ってスケジュール管理ができると良いですね。転職エージェントの担当者に説明しておけば、こちらに合わせた日程で面接を組んでくれますよ。

月に1回、2回程度の頻度であれば、有給を取得しても怪しまれる心配はないでしょう。

休日や仕事の後にスケジュールを組めるのであれば、できるだけ仕事時間外に行動した方が良いです。

 

これまで通り働く

転職を考え出すと、仕事面で手を抜く人がいらっしゃいます。せっかく今まで頑張って仕事をしてきたのに、最後に手を抜いてしまうと同僚や上司に悪い印象を与えるだけです。

最後までしっかり頑張り通せば、転職先が決まっても気持ちよく送り出してもらえます。

 

転職エージェントを利用する

転職活動には様々な方法がありますが、一番バレない方法であれば「転職エージェント」や「転職サイト」を利用する方法です。

ハローワークに通うとなると、やはり会社を有給で休む日が増えてしまいます。有給が突然増えれば上司からは怪しまれますよね・・・

さらにハローワークには、働いている会社の関係者が訪れている場合もあります。ハローワークで会社の関係者と鉢合わせになれば、いい訳のしようがないですからね。

その点転職エージェントは、基本的にインターネットですべて行えるのでリスクがありません。最終的な面接の場合は、有給を使うことになりますが、ハローワークのように頻繁に休む必要は無くなります。

 

4,オススメ転職エージェント

インターネットを使った転職サービスには、「転職エージェント」と「転職サイト」が存在します。

転職エージェントでは担当者が付き、面接や履歴書の作成、企業側との交渉など、転職関係全般をサポートしてくれます。

転職サイトは主に求人をチェックしたり、適性診断などを受けるサービスを利用するだけです。在職中の方であれば、スケジュール管理したりサポートがあったほうが便利なので、転職エージェントがオススメです!

 

リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。求人数がとにかく多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。

転職に関するサポートも受けられますので、転職に不安を抱える人でも、安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営している事もあり、様々な業種にコネクションを持っていることでも有名。他のエージェントでは取り扱っていない求人もありますので、是非無料登録を行い活用しましょう。

20年以上にわたって転職活動を支援しており、一人ひとりに合わせた転職のサポートを行ってくれます。

【リクルートエージェント】

 

キャリコネで企業調査を行う

キャリコネ転職サービスは、企業へのリアルな「感想・口コミ」などがチェックできるサイトです。実際に働いていた人が口コミを投稿しているので、非常に参考になります。ブラック企業など見つけるのにも便利ですね。

これから転職先を探す場合は、まずはキャリコネで企業の口コミをチェックしておきましょう。それだけでも人間関係が良好で、環境の良い職場に入社できる確率が高まりますよ。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 

DODA(デューダ)

DODA(デューダ)は、リクルートエージェントに続いてシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、必ず登録しておきたいエージェントとなります。

DUDAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

DODAエージェントサービス

転職はDODA

 

5,転職活動は必ず在職中に行おう

会社側にバレるのが恐くて、仕事を辞めてから転職活動を行う方が時折いらっしゃいます。しかし、仕事を辞めてから転職活動を行うと様々なデメリットが発生するのでオススメしません。

 

不安との戦いになる

仕事を一度辞めてしまうと、収入が途絶えることになり不安な時期が続きます。辞めてからすぐに就職先が見つかればいいですが、どうしても前職よりいい仕事を探すと多少時間を要すこととなります。

この段階で仕事を辞めていると、「早く次の仕事を見つけなきゃ・・・」と毎日が不安との戦いになります。家族にも心配をかけますし、精神的ストレスもかなり掛かってしまいます。

 

妥協してしまう

精神的に不安な状態が続くと、焦りが出て転職先を妥協してしまうことがあります。

本来であれば見送るであろう求人にも、「早く就職しないとマズイし、とりあえずここで働こう。」と焦りから妥協して就職してしまいます。

前職より待遇が悪いところに転職してしまうと、転職する意味がなくなってしまいますよね・・

無職の間でも精神的に余裕を持てる環境(例えば実家住まいなど)であればいいかもしれないですが、急いで就職しようとすると、妥協して再び転職活動を繰り返すことになります。

 

在職中であれば余裕を持った転職活動が行える

現在の仕事を続けながらの転職活動であれば、余裕を持って行動することができます。

「在職中の転職活動は会社に迷惑がかかる」「転職活動を行っているのが会社にバレるのが恐い・・」このように感じる気持ちは分かります。

しかし仕事を辞めると、それ以上にプレッシャーやストレスを感じるので危険です。

仕事を続けながら転職エージェントを利用すれば、よっぽどの事がない限り会社側に転職活動がバレる心配はありません。

 

6,まとめ

以上です。今回は転職活動が職場にバレる理由と、転職がバレない方法についてご紹介しました。

転職活動は職場にバレないように行うべきです!そのためには最善の注意をはかり、いつも通り生活すること。

ハローワークは有給を消化するペースが高くなるので、できれば転職エージェントや転職サイトを使って転職活動を行ってください。

【関連記事】・工場職・製造業への就職におすすめな転職エージェント・転職サイト

【関連記事】・高卒におすすめ転職エージェント&転職サイト。正社員で就職する方法

 

おすすめ転職エージェントランキング

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、100,000件以上の求人があると言われている転職エージェント。大手企業の求人が多く、担当者の当たり外れが少なく質が高いことも有名です。求人数も圧倒的に多い会社ですので、転職活動をするなら必ず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】

2位 リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートグループが運営している、大手転職サイトです。リクナビネクストに無料登録するだけで、「グッドポイント診断」が使えるようになり、自分のアピールポイントや書類選考対策、自己分析などに役立ちます。

さらにリクナビネクストでは、「スカウト登録」を行うことで、直接企業や転職エージェントから就職のオファーを受け取る事ができます。

グッドポイント診断LP


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*