楽天ネットショップ出店のプラン比較。費用の違いやおすすめプランは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
chart-2779139_960_720

楽天市場でネットショップを出店する場合、最初に決めるのが「プラン」の選択です。「がんばれプラン」「スタンダードプラン」「ライトプラン」と様々なプランが用意されていますが、どのプランがおすすめなのでしょうか?現役の楽天市場のネットショップ店長がお答えします。

スポンサードリンク

目次

1,楽天市場の出店プラン紹介
2,ライトプラン
3,がんばれプラン
4,スタンダードプラン
5,メガショッププラン
6,月商でシュミレーションを行う
7,楽天で最初に掛かる費用
8,その他ラーニングコスト
9,安く出店できるオススメモール
10,まとめ

 

1,楽天市場の出店プラン紹介

楽天市場には「メガショッププラン」「スタンダードプラン」「がんばれ!プラン」「ライトプラン」と4つの出店プランが存在します。

ネットショップを開業するには、まずこの中からどのプランで出店するのか決めなくてはいけません。

それぞれのプランによって、「月額出店料」「売上手数料」「商品数」「画像容量」などが異なります。自分の売上に合わせてプラン選びをする必要があります。

・【楽天市場】出店案内はこちら

 

2,ライトプラン

・初期費用   6万円
・月額費用   3万9800円
・販売手数料  3.5%~5.5%
・画像容量   500MB
・商品登録数  5000点まで
・最低契約期間 3ヶ月

ライトプランは楽天の中でも、もっとも下のプラン。よく「がんばれプラン」と比較されますが、月額費用が高く最低契約期間も短すぎるため使う人は少ないです。

ライトプランを選ぶのは、「短期間で試しに出店する」「期間限定商品を販売する」これら2つの場合くらいでしょうか。

正直3ヶ月ではせっかく出店しても、「商品登録」や「ページ作り」をして終ってしまいます。楽天で本格的に売るには、3ヶ月では何も分かりません。

あまり使う人もいないし、ライトプランは除外してもいいと思います。

 

スポンサードリンク

3,がんばれプラン

・初期費用   6万円
・月額費用   1万9500円
・販売手数料  3.5%~7.0%
・画像容量   500MB
・商品登録数  5000点まで
・最低契約期間 1年

これから楽天市場への出店を考えている人や、比較的小規模ネットショップ運営者であれば、「がんばれプラン」がオススメです。

私も楽天への出店時には、「がんばれプラン」から始めたし、ほとんどの出店者が同じだと思います。

楽天のプランの中でも、月額費用が一番安く抑えられ出店しやすく設定されています。「画像容量」や「商品登録数」が少なく感じるかもしれませんが、普通のお店であればこれでも十分すぎるくらいです。

私のお店は数年がんばれプランを使っていましたが、商品数や画像容量がオーバーする事はありませんでした。

まずはがんばれプランから初めて、売上132万円を目処に頑張りましょう。売上が132万円を超えた辺りから「スタンダードプラン」に変更するのが、一番費用を抑えられます。

 

4,スタンダードプラン

・初期費用   6万円
・月額費用   5万円
・販売手数料  2%~4.5%
・画像容量   5GB
・商品登録数  2万点まで
・最低契約期間 1年

スタンダードプランは、「中堅~大型ショップ」が使用する出店プランです。先ほども説明しましたが、売上132万円を超えたあたりからは、頑張れプランと費用を比較しても、コチラの方が安く済みます。

私も売上が130万を超えた辺りからは、スタンダードプランに変更しました。がんばれプランに比べて、「画像容量」や「商品登録数」も増えます。

 

5,メガショッププラン

・初期費用   6万円
・月額費用   10万円
・販売手数料  2%~4.5%
・画像容量   無制限
・商品登録数  無制限
・最低契約期間 1年

メガショッププランは楽天の中でも一番上のプランです。スタンダードプランと比較すると、「画像容量」「商品登録数」に大きな違いがあります。

何年も楽天でネットショップを運営していると、商品数や画像容量は増え続けます。こうなった場合は、いらない商品を削除するか、楽天でプラン変更するしかありません。

私のお店では「画像容量」も「商品数」もそこまでなかったので、スタンダードプランで十分でした。最高月商でも700万円くらいですので、この程度であればスタンダードでも十分対応できるかと思います。

ジャンルにもよるので一概には言えませんが。

 

6,月商でシュミレーションを行う

楽天市場には4つのプランがありますが、プラン選びで注目して欲しいのは「月額出店料」「システム利用料」です。

月額出店料とはプラン毎に毎月掛かる「月額費用」のことで、システム利用料とは売上に応じて掛かる「売上手数料」のことです。

「スタンダードプラン」では、売上に応じて2.0%~4.5%しか売上手数料が発生しますせんが、「がんばれプラン」ですと、3.5%~7.0%もの売上手数料が掛かります。

数字にすると小さく感じますが、実際売上に応じて計算すると、大きな金額になるので注意しましょう。

まずは「月商1000万円」でシュミレーションをしてみます。

 

月商1000万円の場合

※売上手数料は「スタンダードプラン4.5%」「がんばれプラン7.0%」でシュミレーションを行います。

▼月商1000万円(スタンダードプランでシュミレーション)▼

 
・売上手数料45万円(1000万円×4.5%=45万円)
・月額費用5万円
・合計50万円

 

▼月商1000万円(がんばれプランでシュミレーション)▼

 
・売上手数料70万円(1000万円×7.0%=70万円)
・月額費用1万9500円
・合計71万9500円

 

月商1000万円規模で「スタンダードプラン」と「がんばれプラン」で出店した場合の費用を比較すると、一ヶ月に掛かる費用が21万9000円も違います。

月商1000万規模ですと、プランが違うだけで一ヶ月にこれだけ費用が変わってきます。スタンダードプランを選んだ方が、断然「得」ということが分かりますね。

 

月商100万円の場合

続いては月商100万円規模のネットショップでシュミレーションを行います。

※売上手数料は「スタンダードプラン4.5%」「がんばれプラン7.0%」でシュミレーションを行います。

▼月商100万円(スタンダードプランでシュミレーション)▼

 
・売上手数料4万5000円(100万円×4.5%=4万5000円)
・月額費用5万円
・合計9万5000円

 

▼月商100万円(がんばれプランでシュミレーション)▼

 
・売上手数料7万円(100万円×7.0%=7万円)
・月額費用1万9500円
・合計8万9500円

 

月商100万円のネットショップですと、「がんばれプラン」と「スタンダードプラン」では費用が、5500円の違いとなります。月商100万円規模では、「がんばれプラン」を選んだ方が良さそうです。

売上規模が小さい場合は、「がんばれプラン」を選んだ方が安く済みます。逆に売上規模が大きくなると、「スタンダードプラン」を選び、「売上手数料」を抑えたほうが全体の費用が安くなります。

 

まずは売上手数料と月額費用で考える

「出品商品数」や「画像容量」など、見るべき点は他にもありますが、まずは「売上手数料」と「月額費用」のシュミレーションを比較してみて、料金が安くなるプランを選択しましょう。

(0~132万円) がんばれプラン
(132万円~) スタンダードプラン
(132万円~+商品数2万点以上) メガショッププラン

一般的には売上規模で考えると、上記のように当てはまります。「スタンダード」と「メガショップ」は、売上手数料は同じなので、「商品数」や「画像容量」などを基準にどちらにするのか考えます。

・【楽天市場】出店案内はこちら

 

7,楽天で最初に掛かる費用

先ほどプランごとに掛かる費用や、手数料についてはご紹介しました。

ただし注意点があります。楽天では「1年分の費用」を一括で支払う必要があるので、その費用が支払えるかどうかも、プラン選びではネックとなってきます。

こちらが初回出店料のプランを比較した一覧表となります。

メガショッププランでは6か月分の66万円、スタンダードプランも同じく6か月分の36万円、がんばれプランですと1年分の29万4000円が最初に支払う費用となります。

楽天市場は他のモールに比べて、断トツで売上を上げやすいです。しかし費用面でも敷居が高いので、厳しく感じる出店者も多く存在します。

 

8,その他ラーニングコスト

楽天市場ではその他にも様々なラーニングコストが掛かります。ラーニングコストは売上に対して掛かりますので、出店前に一通り把握しておくといいでしょう。

 

システムサービス利用料

商品が売れた時にお客さんに付与する、「楽天スーパーポイント」は店舗負担となります。売上の1%が費用として発生します。

「モールにおける取引の安全性~」というのも毎月の費用で発生します。昔はなかったのですが、ある時から請求されるようになりました。

イマイチ理解できませんが、「払え」というなら払うしかないですね・・・

続いては「アフィリエイト」ですね。アフィリエイト経由で売上が発生した場合は、売上の「1.3%~」を費用として支払います。

 

決済サービス利用料金

続いては決済サービスで掛かる費用です。

まずは「クレジットカード決済費用」ですね。これは、お客さんがクレジットカードで商品を購入した場合に費用が発生します。

「楽天マルチ決済」「楽天バンク決済」「楽天口座決済」も決済方法でお客さんが選べば、費用が発生します。ほとんどこの決済方法は選ばれないので、ほとんど考えなくてもいいでしょう。

楽天では、クレジットカードや代引きが決済手段で使われます。

 

オプションサービス利用料

オプションサービス利用料は、使わなければ費用が発生しません。「楽天S4」とは、SNSでのサポートのオプションです。私も以前は使ってみましたが、効果が感じられずすぐに辞めました。

「R-mail」はお客さんへ送るメルマガです。1つのアドレスにメルマガを送るのに、「0.75円」掛かるという意味ですね。1週間に1回であれば、無料でメルマガを配信できるのでそれで十分だと思います。

「海外販売サービス」は海外のお客さんに販売した時の手数料です。普通の商材であれば、ほとんどが日本での購入になるので気にする必要はないでしょう。

 

9,安く出店できるオススメモール

楽天市場で一番安くお勧めのプランは、「がんばれプラン」です。しかしそれでも「高い!」と感じるなら、別のモールへの出店も検討してみてください。

 

Wowma! [ワウマ]

現在急成長しているモールが、「ワウマ」です。KDDI株式会社が運営しており、「出店無料化」「ポイントばらまき」などといった様々な企画で盛り上げています。

店舗数、ユーザー数も大幅に増えており、これから飛躍するモールだと言えます。以前は数万円の月額手数料と、出店費用が必要だったのですが、現在は一時的にすべて無料で出店ができます。

タイミングよく波に乗る事ができれば、一気に売上拡大することも可能ですので、興味があれば下記から無料の資料請求を行ってください。

【※今なら出店料無料】
KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)

 

10,まとめ

以上です。今回は、楽天へのネットショップ出店での「プラン比較」についてご紹介しました。

ネットショップの規模によって、おすすめのプランは変わってきます。まずは簡単なシュミレーションを行い、どのプランが自分のお店に合っているのか考えてみましょう。

ネットショップを始めて間もないようであれば、「がんばれプラン」でOKだと思います。すでに他のモールや自社サイトで、月に300万、500万と売っているのであれば、最初からスタンダードプランを選択するのもありです。

・【楽天市場】出店案内はこちら

【関連記事】・ネットショップ出店・開業!おすすめのモールは?楽天,yahoo,ワウマ,比較!

【関連記事】・楽天市場で売れる商品って?ネットショップ出店におすすめなジャンル!

【関連記事】・楽天にネットショップ出店して売れるの?売上UPの方法やメリット、デメリットについて

 

ネットショップ出店なら楽天がオススメ!

楽天はECモールの中でも最大級の規模です。ネットショップを出店するなら、楽天は一番オススメです。資料請求は無料なので、一度料金や体制を確認してみましょう。

・【楽天市場】出店案内はこちら


 

ネットショッピングの仕入先はネッシーがオススメ!

ネットショッピングを運営するなら、「ネッシー」での仕入れをオススメします。
業界最大手で、ジャンルを問わず様々な商品を仕入れることが可能です。
費用は一切掛からず、開業前でも使えるのが嬉しいですね。無料会員登録すれば、商品の仕入れ価格が見れるようになります。

ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)


 

服の仕入れやオリジナルブランドを作るならイチオクネット!

イチオクネットはアパレル系に特化されたの仕入れサイトです。レディースメインですがメンズもあり、オリジナル商品の作成なども行ってくれます。登録は無料なので是非活用してください。

・アパレル仕入れならイチオクネット!





「Wowma!ワウマ」に無料出店しよう!

ワウマは現在急成長しているショッピングモールの1つ。初期費用や月額手数料が無料なので、ネットショップを運営しているのであれば出店するべきです。

【※今なら出店無料】

KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*