ネットショップにオススメの広告はリスティング広告!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
gf01a201503101000

ネットショップの集客方法の1つとして、「広告」があります。広告は闇雲に使っていては利益を削るだけで、とても危険な集客方法です。しかしうまく利益を取れる仕組みを作ることが出来れば、売上に直結するので短期的に成果が出やすいです。

スポンサードリンク

今回は個人的にネットショップ運営者にオススメする広告をご紹介します。


目次

1,ネットショップに広告は必要?
2,なぜリスティング広告がオススメか
3,リスティング広告の運用方法
4,その他の広告
5,まとめ


 

1,ネットショップに広告は必要?

まずネットショップに広告は必要かについてですが、広告がなくても売上は作れます。ただ広告なしの運営は、難易度が上がることだけ認識しておいて下さい。モールに入っていれば必要ないですが、自社ネットショップであれば、必ず「集客力」が何かかしら必要になってきます。

ブログであったりSNSなどのツールを上手く使って、集客が出来るのであればわざわざ広告に頼る必要はありませんね。こちらで解説しているので、興味があればどうぞ。

※関連記事
⇒「自社ネットショップで重要な5つの集客方法」はコチラから

 

2,なぜリスティング広告がオススメか

 

リスティング広告とは?

3,リスティング広告の運用方法
出典:http://liskul.com/what-is-listing-95

リスティング広告とは、グーグルで検索を掛けたときに上部に表示される広告のことです。クリックされる毎に課金される仕組みとなっており、ネットショップの会社であれば使っている所は多い人気の広告となります。

基本的に自社サイトを運営する場合に使う広告になりますね。広告を出すのは簡単ですが、どういったキーワードで出すか?どのようなユーザーに出すか?など奥が深く、広告の出し方の研究は必要になります。

 

リスティング広告は費用調整が出来る

リスティング広告は費用を調整できるので、小規模のネットショップ運営者にもオススメです。露出系の広告であれば、最初から何十万も取られてしまいます。

その分リスティング広告は、予算オーバーすれば広告の配信ストップすればいいので安心です。小額から始めることが出来て、試行錯誤しながら広告の精度を上げていけばいいのです。

 

大きな失敗が少ない

広告の管理画面でリアルタイムで使ったお金をチェックできるので、大きな損失を出すことが少ないです。ずっとほったらかしにしていれば別ですが、毎日管理していれば大きな損失を出すことはありません。

 

スポンサードリンク

3,リスティング広告の運用方法

3,リスティング広告の運用方法

リスティング広告は細かい設定が必要で、片手間で出来る程簡単でもないです。

私も最初は自分で運営していましたが、大雑把な設定で数字も解析せず、ただ広告費が流れている状況でした。

リスティング広告の運用では常に解析が必要です。いくつかの広告を出稿して、どちらが数字的に利益を出せているか確認しながら、よりよい広告を出稿していきます。

これが以外と大変です。数字を見るのが好きな方であれば、出来ると思いますが私は苦手なので専門の会社に委託しています。

 

安くていい代行会社を見つけよう

オススメの運用方法としては、やはりリスティング広告運用のプロに「委託」することです。少ない資金でも効率よく運用してくれる会社を探しましょう。

大体相場は広告費の「20%」と考えておいて下さい。10万円を広告に当てるのならば、20%の2万円を運用会社に手数料として支払う事になります。

安い金額で運用してくれる良心的な代行会社が見つかると、うまく広告で利益を伸ばしやすいです。ちなみに結果報告や解析結果を報告してこない適当な会社であれば、すぐに解約しましょう。

こちらではリスティング代行会社を探すことができます。

複数の代理店を完全無料で比較できるリスティング代行一括.jpで。


 

時間があるのならば自分で解析を

もし時間がある方であれば、自分で広告運用してもOKです。しかし数字の分析が必要なので、そういった作業が好きな方じゃないと厳しいですね。どういった広告出稿であれば、利益を出せるか探りながらやっていきます。

 

4,その他の広告

 

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、サイトに訪問したユーザーに対して発信する広告です。どこかのホームページを見ているときに、右上部分であったり文章の間に、閲覧したサイトが表示されている時がありませんか?一度訪問したユーザーに対して広告を配信するので、クリックが取りやすく成約にも繋がりやすいです。

 

アフィリエイト広告

アフィリエイトとは別の人に自社の商品を売ってもらって、手数料を支払う広告です。これを使うにはASPに登録が必要になります。

インターネット広告ならアフィリエイトB

 

5,まとめ

ブログなどはお客さんが来るのを待つ、「守りの集客」になります。しかし広告は積極的にお客さんにアプローチをする、「攻めの集客」になります。これは売上につながり易いですが、上手く広告運用をしなければその場限りの売上になってしまいます。

 

リピーターになってもらうのが重要

広告運用はお客さんを、リピーターに繋げなければ意味がありません。広告費を出稿して商品を売ったところで、その売れた商品単体の利益はたかが知れています。その後にもう一度同じお客さんから購入してもらうことで、やっと大きな利益に繋がっていきます。

特に広告経由での一度目の購入は、”単価が安い”傾向にあります。2度目、3度目になるとお店の事を理解してくれて、信頼が生まれてたくさん購入してくれるようになります。

 

ネットショップ出店なら楽天がオススメ!

楽天はECモールの中でも最大級の規模です。ネットショップを出店するなら、楽天は一番オススメです。資料請求は無料なので、一度料金や体制を確認してみましょう。

⇒【楽天市場】出店案内はこちら


 

ネットショッピングの仕入先はネッシーがオススメ!

ネットショッピングを運営するなら、「ネッシー」での仕入れをオススメします。
業界最大手で、ジャンルを問わず様々な商品を仕入れることが可能です。
費用は一切掛からず、開業前でも使えるのが嬉しいですね。無料会員登録すれば、商品の仕入れ価格が見れるようになります。

ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)


 

服の仕入れやオリジナルブランドを作るならイチオクネット!

イチオクネットはアパレル系に特化されたの仕入れサイトです。レディースメインですがメンズもあり、オリジナル商品の作成なども行ってくれます。登録は無料なので是非活用してください。

・アパレル仕入れならイチオクネット!





「Wowma!ワウマ」に無料出店しよう!

ワウマは現在急成長しているショッピングモールの1つ。初期費用や月額手数料が無料なので、ネットショップを運営しているのであれば出店するべきです。

【※今なら出店無料】

KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*