Amazonでネットショップ出店するなら知っておきたい5つの事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
pak85_yogencard1278_tp_v

ネットショップを運営して数年経つのですが、今回はAmazonについて記事にしてみようと思います。

スポンサードリンク

結構Amazonからネットショップ新規出店する人って多いです。おそらく他のモールに比べて敷居が低いんですかね?手数料は高めですが確かに初期費用や月額手数料はそんな掛からないし、気楽に出店できるのかもしれません。

モールの規模としても楽天に次ぐ大きさですよね。ジャンルによっては楽天以上のものもあります。しかしAmazonも大型モールなのでそう甘くはありません。


目次

1,Amazon出店で知っておきたいこと
2,Amazonの広告は使えるが注意が必要
3,フルフィルメント by Amazon(FBA)はやっておくべき
4,アマゾンで売れ易いジャンル
5,Amazonは売れば売っただけ上位表示される
6,その他のアマゾンの情報
7,まとめ


 

1,Amazon出店で知っておきたいこと

Amazon出店

 

大口出品と小口出品がある

まずAmazonでは小口出品と大口出品というものがあります。特徴を下記にまとめてみます。

大口出品について
・オリジナル商品もアマゾン上にある商品も出品可能
・CSVというファイルを使って商品登録が一気にできる
・データ分析ができる
・月額料金4,900円+注文成約時にかかる販売手数料

小口出品について
・アマゾンにある商品のみ登録ができて、オリジナル商品は出品不可能
・一つ一つ商品登録をする必要がある
・データ分析ができない
・1点注文ごとに100円の基本成約料+注文成約時にかかる販売手数料

下記ジャンルは小口出品では出品できないようです。

【小口出品では出品できないジャンル】
時計、ドラッグストア、アパレル、シューズ、バッグ、コスメ、ジュエリー、食品&飲料、ペット用品

 

こう見てみると小口出品は出品できるルールが多く、一部の人しか選択することができなさそうですね。

 

アマゾンの成約手数料は高め

どこのモールに出店しても「成約手数料」という商品を販売する度に数パーセントをモール側に支払う費用が掛かってきます。これがAmazonは結構高めなんですよね。

プランやモールによっても違いますが、楽天であれば下記のようになります。

メガショッププラン:モバイル経由売上の2.5~4.5%(PC経由2.0~4.0%)
スタンダードプラン:モバイル経由売上の2.5~4.5%(PC経由2.0~4.5%)
がんばれ!プラン:モバイル経由売上の4.0~7.0%(PC経由3.5~6.5%)
ライトプラン:モバイル経由売上の4.0~5.5%(PC経由3.5~5.0%)

 

Amazonでの成約手数料はコチラになります。

Amazon手数料

Amazonの場合はプランではなくジャンルによって出店手数料が違います。大体は手数料が15%で一部上下するジャンルがありますね。

 

Amazonではその他の費用がかからない

成約手数料は高めですがその他のモールで掛かる費用がありません。楽天であればアフィリエイトやクレジット手数料など様々な手数料が引かれます。

アマゾンの場合は手数料15%の中にすべて含まれているんですね。手数料15%にすべてが含まれていると考えれば、ゴチャゴチャ引かれるよりかシンプルで分かり易いのでいいですね。

 

2,Amazonの広告は使えるが注意が必要

2014年9月ぐらいからAmazonスポンサープロダクトという広告が開始されました。私も最近よく使うようになったのですが、この広告は売上にも直結して悪くありません。

 

スポンサープロダクトはクリック型の広告(CPC広告)

スポンサープロダクト広告はクリック型の広告で、1クリック最低2円から入札ができます。この2円というのが驚きです。おそらく今後価格は上がっていくと思います。ちなみに楽天の場合はCPC広告だと80円くらいが最低価格だったと思います。

お客さんの画面で商品ページのカゴの下に挿入されている広告ですが、Amazonを使っている人であれば見たことがあるのではないでしょうか?

Amazon広告

関連性の高い商品ばかり並べてくれるので、クリックして入ってくるお客さんは質の高いお客さんが多いですね。

 

アマゾンで広告を使う時の注意点

「1クリック2円なんて安い」と思って広告を使いまくるのはやめましょう。最初にお話しましたが成約手数料が15%掛かっています。ですので広告費をMAXで使ってしまうと利益がでなくなる恐れがあります。

広告費を仮に売上の30%、商品の仕入れ原価が60%、売上高が100万円だったとしましょう。

売上100万円
ー手数料15万円(売上の15%)
ー広告費30万円(売上の30%を広告にかけた場合)
ー原価60万円(商品の仕入れに掛かったお金60%)
損失-5万円

 

このように手数料が大きいのでそこを加味した上で広告費を使わなくては、赤字になってしまう可能性があります。

 

スポンサードリンク

3,フルフィルメント by Amazon(FBA)はやっておくべき

FBAというのはアマゾンの倉庫に商品を預けて出荷作業を委託するサービスです。これによってアマゾンからの出荷となるのでFBA登録されている商品はすべて送料無料になります。

アマゾンのヘビーユーザーでも「FBA商品でしか購入しない(送料無料だから)」という人も多いらしいのでとても効果的な施策です。

店舗向けのアンケートでは全体の84.6%の出品者がFBAを開始する前と比較して「売上が伸びた」と答えているそうです。

 

FBAは在庫に余裕がなければできない

FBAは効果的ですがアマゾンに商品を預けることになるので、在庫に余裕がない店舗には向いていません。私のお店は基本的に商品の在庫をできるだけ持たない主義なので、各1点ずつしか商品在庫がありません。

ですのでアマゾンに商品在庫を預けてしまうと、他のモールで売れた時に出荷できなくなってしまいます。本当はFBAをやりたいのですが全商品各2点にする体力もないですし、今のところはあきらめています。

 

4,アマゾンで売れ易いジャンル

Amazon出店

どこのモールでも共通して言えますが強いジャンルというものがあります。楽天、ヤフー、DENAももちろん強いジャンルはあります。

amazonで強いジャンルは「本、CD」などが強いジャンルになります。最近ではアパレルにも力を入れているようでアマゾン上のアパレル市場も拡大していってますね。

 

モールの規模が大きいので基本的に何でも売れる

アマゾンはモールの規模が大きいので割りと何でも売れ易いです。ただし価格競争にもなりやすく値段が安い物だけが売れている傾向があるようです。価格競争ができなければオリジナルアイテムで勝負するのが得策ですね。

 

5,Amazonは売れば売っただけ上位表示される

モールで戦うのであればモール内での検索を最重要視しなければいけません。グーグルからの検索を狙う人もいますがそれであれば自社サイトをやった方が賢いです。

せっかくショッピングモールで販売するのであれば、モール内の購買意欲のあるお客さんを集めることが一番重要になってきます。

 

アマゾンでのSEO対策はとりあえず売ること

アマゾンでは売れた商品が上に上がる仕組みになっています。ですので強い店舗は売上を上げ続けられるし、弱い店舗はずっと売れないままです。

ちょっとおもしろいのが楽天と同じようにはいってないというところですね。楽天でたくさん売っていてもアマゾンでは売上を伸ばせずにいたり、楽天では売れてないけどアマゾンではかなり売っているような所もあります。

普通どこかのモールで売れていれば他のモールでも売れているものですが、アマゾンだけは癖があってそうでもないんですよね。

 

一気に売上が落ちる場合がある

アマゾンは私が出店しているモールの中でも一番安定がない気がします。売れ出すとどんどん伸びるのですが、一度売上が落ちだすと一気に落ちます。

他の店舗はどうか分かりませんので一概には言えませんが。

 

6,その他のアマゾンの情報

 

楽天のようにコンサルタントはつくのか?

楽天市場であればコンサルタントがつくシステムですよね。お客さんへのアプローチ方法や広告についてなど様々なことが相談できます。ページの編集などについては別で電話サポートする場所が設けられています。

アマゾンではコンサルタントは基本的につきません。電話サポートはあるので安心ですが、個人的には頼りにならないことが多いです。システムの使い方で電話サポートに電話しても、大抵アマゾン側も分からずあやふやになって諦めることがおおいですね。

 

amazonのシステムの使い勝手はどうか?

使いづらくはないのですがもう少し改善はしてほしいです。それと電話したときにしっかりサポートもしてほしいですね。CSVで一括商品登録もできるようなのですが、私は何回か試して諦めています。

何をするにしてもエラーが多くイライラしてきます。時間の無駄になるので今では1点1点商品登録を行っています。

 

amazonにはお店ごとのトップページやカテゴリページは存在しない

アマゾンにはお店のトップページやカテゴリページが存在しません。ですので楽天や他のモールのようにページを構築する手間はありません。

ひたすら商品登録して商品ページを作ってやるだけです。HTMLなどの知識も全く必要がなくて初心者でも安心してネットショップを出店できるのではないでしょうか?

 

固定客はつきにくい

アマゾンの独特な販売方法なのですが、「店舗の色を出さない」というのがあります。楽天であれば各お店のページがあって、楽天市場の○○○店というお店で買ったことになります。

しかしアマゾンの場合はすべての商品をひっくるめてアマゾンなのです。ですので店舗ごとにページが作られるわけでなく、商品ページのみの販売となっているんですね。

これはお店の色を出すことができず、アマゾンのお客さんを固定客として囲うことができないことを意味しています。固定客がいれば売上も安定してくるのですが。

 

7,まとめ

Amazon出店

アマゾンでネットショップを出店するのに少しはタメになりましたか?アマゾンは楽天や他モールと比べても少し特殊なので、後から「知らなかった」とならないためにもある程度の知識をつけてから出店するようにしましょう。

・アマゾンの成約手数料は高めだがその他手数料は掛からない
・広告は費用対効果はいいが、成約手数料のことも考えて出稿しなくてはいけない
・FBAは商品在庫に余裕が有ればやるべき
・amazonでは売った数が多ければSEO的に有利
・固定客(ファン)の獲得は他モールに比べて難しい

以上がまとめになります。アマゾンはお客さんが多くまだまだ新規店舗でも参入できるチャンスがあります。これからネットショップを出店する方も是非アマゾンでの出店を考えてみてはいかがですか?

 

ネットショップ出店なら楽天がオススメ!

楽天はECモールの中でも最大級の規模です。ネットショップを出店するなら、楽天は一番オススメです。資料請求は無料なので、一度料金や体制を確認してみましょう。

⇒【楽天市場】出店案内はこちら


 

ネットショッピングの仕入先はネッシーがオススメ!

ネットショッピングを運営するなら、「ネッシー」での仕入れをオススメします。
業界最大手で、ジャンルを問わず様々な商品を仕入れることが可能です。
費用は一切掛からず、開業前でも使えるのが嬉しいですね。無料会員登録すれば、商品の仕入れ価格が見れるようになります。

ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)


 

服の仕入れやオリジナルブランドを作るならイチオクネット!

イチオクネットはアパレル系に特化されたの仕入れサイトです。レディースメインですがメンズもあり、オリジナル商品の作成なども行ってくれます。登録は無料なので是非活用してください。

・アパレル仕入れならイチオクネット!





「Wowma!ワウマ」に無料出店しよう!

ワウマは現在急成長しているショッピングモールの1つ。初期費用や月額手数料が無料なので、ネットショップを運営しているのであれば出店するべきです。

【※今なら出店無料】

KDDIが運営するネットショッピングモールWowma!(ワウマ)



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*