投資家になって自由なデュアルライフを手に入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

デュアルライフって言葉みなさん知っていますか?

1箇所で生活するのではなく、2箇所の居住地を持つことを差します。

スポンサードリンク

私は旅行がとても好きなのですが、旅行にいく度に「帰りたくないな」と思ってしまいます。

仕事は好きなので早く取り掛かりたいのですが、毎回こう思ってしまいます。

それは、旅行先は非日常的な場所だからですよね?

「毎日同じ事務所で、決まった時間に働く」

多分この行為に嫌気が差しているのかもしれません

好きな場所で自由な時間に仕事がしたいと、いつも思いますね。


目次

1,デュアルライフとは?
2,デュアルライフを手に入れるためには投資家になろう
3,デュアルライフのデメリット


  

1,デュアルライフとは?

デュアルライフとは、2つの地域で居住するライフスタイルのことです。

デュアルライフといえば、「本田直之」さんが有名です。

確かハワイと東京のデュアルライフだったはずです。

「暖かい春~夏は東京で暮らして、寒くなってくる秋~冬はハワイで過ごす」

理想的ですよね。

アジアなどであれば日本より物価が安いですし、そこまでお金も掛からないと思います。

それでも2箇所に行ったりきたりするので、そこそこは掛かりますが。

  

2,デュアルライフを手に入れるためには投資家になろう

とはいっても普通に勤めていては絶対不可能で、かといって無職でもお金が無くなったら終了してしまいます。

現在私は通販会社を経営していますが、デュアルライフとは程遠いのが現状です。

「好きなところで、好きな時間に働く」これを可能にする職業は、やはり投資家が一番だと思います。

投資であれば、基本的にパソコン一台で出来るものが多いです。

FXや株を始め、不動産投資など。

もちろんネットで稼げればいいので、ブログ運営やサイト運営、アフィリエイトでもOKです。

デュアルライフは住む場所にもよりますが、例えばハワイだと飛行機代や食事、家賃などもすべてが高いです。

そう考えるとやはり一番稼げて、時間の作れる「投資家」が合っている気がしますね。

働くことが前提なので、デイトレードでも全然大丈夫です。

1、ハワイで朝起きる
2、チャートを確認する
3、外で朝食&散歩をする
4、トレード開始
5、夕方17時には終わらせて、家族でディナー

理想的な生活ですよね?

こんな生活が実現できれば、何のストレスもなく幸せなライフスタイルが送れると思います。

  

スポンサードリンク

3,デュアルライフのデメリット

いいことばかり話してきましたが、やはりデメリットもあります。

「安定的に稼げる投資家」これを前提にお話しましたが、投資は損をすることだってあります。

ハワイで固定費(家賃や食費など)が掛かって、さらに投資で負けていれば、すぐに資金は尽きてしまいます。

投資で負けていれば、デュアルライフを楽しむということも出来ないでしょう。

ですからサラリーマンの方が突然仕事をやめて、投資家になってデュアルライフを送るなど不可能です。

時間をかけて投資をマスターして(最初はサラリーマンと兼業で)、安定して稼げるようになり、さらにある程度の資産を築けてからデュアルライフを実現するべきです。

経営者の方であれば、誰か任せられる人を見つけなくてはいけません。

小さい会社であれば、社長が数ヶ月離れるというのは、確実に会社の業績を悪化させる要因となるでしょう。

そこを乗り越えて、会社を任せられる体制を作ることが必須となってきます。

ここまで行くには、気が遠くなるような時間と努力が必要です。

けれど、将来の夢を考えながら努力するのは充実度が違います。

いやいや働いているくらいなら、大変かもしれないけど、先を見据えて努力するほうが私は絶対幸せな気がします。

 
※関連記事
⇒「沖縄に移住したい!~メリットとデメリットのまとめ~」はコチラから
⇒「FXで専業トレーダーより兼業トレーダーをオススメする理由」はコチラから
⇒「FX専業投資家の生活で将来幸せになれるか考えてみた」はコチラから
⇒「FXは家族に反対される?説得方法を考えてみる」はコチラから

 



Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*